以前予言についてこんなことを書きました。

例えば火山が噴火すれば途端にそのスピリチュアルな意味について雄弁に語りたがる人たちが少なからず現れます。
今までもそうでしたし、今後も何か大きな危機的な出来事が起こるたびに予言風味の解説をする方々が繰り返し大勢現れるでしょう…
今の状況を見て「やっぱりな…」と感じてしまうのです。

何か災害が起こるたびに「今回のことはすでに予言されていた!」とかおっしゃる方が現れたりします。
また「これは神からの警告だ!」などとおっしゃり、聖書だのナントカ神示だのを取り出して『解説』を試みられたりするわけです。

次にまた天変地異など起こればやっぱり同じようなことをおっしゃる方々がたくさん出てくるでしょう…
人間は大昔からずっと似たようなことを繰り返している気がします。

「天変地異のたびに予言めいた発言をしたがる人々が現れる」というのは絶対ハズレない予言ですよねぇ。
で、こういった予言をされる方の発言というのはリバーシブルになっていることがすごく多いのです。

例えば最近以下のような文章を拝見しました。

(引用はじめ)
 地震に限らず、火山活動、気象異変についても、今後一層激化する可能性は大です。
 「大きな祈り」が実践できるのなら、大惨事を回避できる可能性もあります。
(引用終わり)

先ず「これから様々な気象異変が今後一層激化する可能性は高い!」と予言めいたことを語ります。
「ただし、大きな祈りが実践され成就すれば天変地異は回避されます」と続けるのです。
ここにリバーシブルな伏線が張ってあります。

: まず予言めいたことを意味深に語る → 該当するようなことが起これば「言っていた通りになったでしょう!」という

: まず予言めいたことを意味深に語る → 該当するようなことが起こらなければ「大いなる祈りのチカラで最悪の事態は回避された!」という

つまり、事態に合わせて表にしたり裏にしたりという往年の東京コミックショー (古っ) のようなことが出来るのです。
これを適宜やれば、どう転んでも『絶対外れない予言』が完成します。

確かに時には時の波動があります。
時の波動は場のエネルギーに影響を与えます。
場のエネルギーは自然に影響を与えるのです。

だから、天変地異に関連することもあるでしょう。
ただ、時の波動の変化を人間が完璧に察知することなど元々困難です。

予測ならある程度は可能でしょうが、予言となると話は別です。
それでも、未来のことを知りたがるのが人ってものかも知れませんがね…
個人的にはあまり深入りしない方がいい分野だとずっと感じてますけどね。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp