ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。
そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。

今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているとお考えください。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。

世の中の多くの人々が想定するいわゆる神さまってのは人間に何らかの御利益を与える存在として認識されています。
ぶっちゃけた話「自分に何か得になることをしてくれるのが神さまだ」っていう理解です。

人間と極めて近しい存在として神さまという超自然的な存在は設定されているのです。
「人間なんて関係ないぜ!」って神さまの話はほとんどないでしょう。

じゃあ何故そんな風に神を規定するのか?というと、そもそも見えない『何か』に神という名を付けたのは他ならぬ人間だからです。
「神というのはあれでそれでこれで、こういうモノなんだ!」みたいな概念を造ったのが人間だってことです。

もっと簡単にいえば、何処かの誰かが神さまって呼びたい何かを「これは神さまだよ〜」って呼んでるだけの話です。
だから、別の人が同じモノを「これは悪魔だよ〜」って言えば悪魔って名前になります。
そう呼んでる人にとってはね!

ただ、それはその人たちが神だ悪魔だと呼んでるモノの実態がどういうモノであるのか?ということとは、全然別の話ですがね。
例えば川を流れているモノのことを水と呼ぼうとH2Oと呼ぼうと川を流れるモノの実態が変わるわけじゃないってことです。

とにかく人間が神さまと呼んでるモノの多くは何らかのエネルギー体としては実在するわけです。
亡くなったヒト、物の怪、オニ、式神、蟲、生き霊などのエネルギー体、それらエネルギー体の合体した得体の知れないモノ、エネルギー体の入った岩とかの物、エネルギー体の入った物のある場所、果ては宇宙人なるモノまでカミサマにしてしまってます。

で、何でそういったモノまでカミサマとして崇めるのかというと、自分達に対して「得になることをしてくれる」と考えられているからです。
逆にいえば「自分らに得にならなきゃその時点でただの幽霊か化け物!」って理解なのです。

(引用はじめ)
神さまは肉体ない霊体のみの存在として、ほとんど休みなく働き続ける存在です。
(中略) 自分の成すべき事を自覚し、世のため人のために自発的に働き続ける霊的存在のみが「神さま」と呼ばれます。
(引用終わり)

この方の神さまに対する姿勢って、まるで何処ぞのブラック企業の社長の社員に対する姿勢そのまんまですよねぇ。
「サービス残業当たり前! 休日出勤当たり前! 身も心も会社に捧げて働いて働いて働きぬけ!」てな感じです(ー ー;)
所謂一つのカミサマが『神さま』で居続けるのって、めちゃくちゃハードル高そうです…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp