以前こんな風なことを書きました。

ハッキリしているのは人の死は普遍的なものであるが、宗教的な儀式や世俗的な慣習は非常に移ろいやすいものであるということです。
要するにそんなものは生きてる側の都合でコロコロ変わるのです。
普遍性なんて一見ありそうで実はあんまりない気がします。

生きてる人間が生きてる人間の都合に合わせて動くのは自由です。
自分らの時間と空間の範囲内でね。

でも、亡くなった方々は『亡くなったヒトの都合』で動いてます。
生きてる人間の嗜好や流行りに乗っかる義理もありませんしね。

で、ここからが本題です。
読経をしたりマントラを唱えたりすると亡くなられた方が所謂『成仏』をするのかといえば先ずほとんどしないと思います。

どうしてそう思うのかといえば、今まで成仏していないお坊さんのエネルギーと少なからぬ人数遭遇してきたからです。
ヒーリングをしているその過程でってことですが…

しかもそのお坊さん達の多くはいわゆる験力のある人々です。 
それは一般的に死者を成仏させるチカラがあると考えられてる人ということです。 
少なくともカタチばかりの儀式をやってた人ではないだろうと感じます。

そんなお坊さん達ですが、亡くなられた方々を成仏させるどころか死んでからも生きてる人間にダメージを与えています。
実際にヒーリングしている人の不調の箇所から出てくるわけですからね…
そして、それが決して稀有な例ではないということなのです。

もし読経などの宗教的な儀式自体に魂を浄化するチカラがあるとするなら、とっくの昔にご自分たちがキレイになってなくちゃならないヒトたちですからね。
何十年も読経や宗教的な儀式を日課とされていたはずので…
ただ、実際はそうなっていないんですよね…

それでも、もし「読経したら成仏したよ」という実例があったとしたなら、それは薬で言うところのプラシーボ効果みたいなモノだろうと思います。
主に亡くなられたヒトの側がそれに何らかのチカラがあると強く深く信じていたために何らかの効果が現れたんじゃないでしょうか? 
一言でいえば生前の刷り込みが良い方に作用したってことです。

ハッキリ申し上げて所謂除霊やお祓いみたいなことをする目的で読経とかマントラ唱えるみたいなことをされるのはやめといた方が無難です。
良くて何にもないか、悪けりゃ何かに憑かれて変な万能感に支配されるようになったりするからです。
人外のチカラを授かることが如何に危険かについてはこのブログで繰り返し述べてまいりましたがね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp