『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングに関するあれやこれや・自分が体験した不思議な出来事など思い付くまま気の向くままに野性の勘?で書き綴っております(笑)

ココロ

「人が住まなきゃカミサマも居ないのだ」とかいう話

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。
そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。

今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているとお考えください。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。

世の中の多くの人々が想定するいわゆる神さまってのは人間に何らかの御利益を与える存在として認識されています。
ぶっちゃけた話「自分に何か得になることをしてくれるのが神さまだ」っていう理解です。

人間と極めて近しい存在として神さまという超自然的な存在は設定されているのです。
「人間なんて関係ないぜ!」って神さまの話はほとんどないでしょう。

じゃあ何故そんな風に神を規定するのか?というと、そもそも見えない『何か』に神という名を付けたのは他ならぬ人間だからです。
「神というのはあれでそれでこれで、こういうモノなんだ!」みたいな概念を造ったのが人間だってことです。

もっと簡単にいえば、何処かの誰かが神さまって呼びたい何かを「これは神さまだよ〜」って呼んでるだけの話です。
で、それを裏付けるようなお話を最近拝見しました。

(引用はじめ)
いや、誰も住んでいない誰の物でもない家なのだから、神様がいないのは当たり前なのですが (中略) 土地も新しくてどの神様の領域でもない。家の中にももちろんいらっしゃらない。
(引用終わり)

簡単に言えば「住宅展示用のモデルハウスには神さまは居ない」というお話です。
逆にいえば「誰かの持ち家になり、人が住むようになって初めて神さまが居るようになる」ってことなのでしょう。

世に「卵が先か、鶏が先か」って話がありますが、「神が先か、人間が先か」ってことで言えば、引用文では明らかに「人間が先だ!」って『設定』になっています。
「はじめに神ありき」ではなく「はじめに人間ありき」人主神従ってことです。

てことは当然人間が居ないところには神もいないってことになりますよね?
「いやいや、それは人間の作った家屋だけの話で、自然の中とか他の場所にはちゃんと神さまはいらっしゃるのです!」みたいな話なら、余計辻褄が合わなくなりますしね。

私が申し上げるのもナンですが、普通に考えるなら「人間が居ようと居まいと関係なく神さまは太古の昔から遍くこの世界にいらっしゃるのです!」みたいな汎神論的な『設定』にした方が『カミサマ噺』としては無理なく辻褄は合うと思うんですけどねぇ。
まっ、どちらにしても所謂一つのファンタジーであることには変わりはありませんが…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

世界人口の爆発と超高齢社会という幻想

例えば「寿命100歳時代の到来!」みたいなことをおっしゃる方がいらっしゃいます。
「超高齢社会の到来は必然!」みたいな話です。

それは「医療技術は際限なく進歩し、それとともに社会保障も際限なく進歩するはずだ!」という前提があってのお話だと思います。
残念ながら多分そんな世界はやって来ないでしょう…
医療技術の発展はともかく社会保障の際限のない発展はないからです。

世界人工が75億人から120億人へと倍々ゲームで爆発している状況においては社会保障は必然的に世界的規模で劣化の一途を辿るでしょう。
「誰もが近代的な医療が受けられる体制が完全に崩壊する社会的な『退化』が逃れようもなく起こるだろう」ってことです。

もっと言えば医学の進歩したからといってその医学の進歩の恩恵をみんなが受けられるわけではないということです。
医学の進歩とは無関係に亡くなっていく人々の方が圧倒的な多数になるであろうということなのです。

以上のようなことをこの前書きました。
別に不安を煽りたくて、こんなことを申し上げているわけではありません。

一番言いたいのは地球は無限じゃないってことです。
進歩進歩と言っても何処かで頭打ちになるってことです。

人間は永遠に進歩し続けることは出来ないのです。
寿命が縮むってのはその一つの証左です。

(引用はじめ)
福祉、医療、教育、環境、労働の分野はもちろん、外資に都合の悪い制度は全てISDS訴訟の対象になると思った方がいいよ。現に自由貿易に加盟した各国はそんな風に訴えられてんだから。まして外資保険にとって高額療養費制度や国皆保険制度は最大の障壁だからさ、真っ先に提訴されるんじゃないのかな。
(引用終わり)

所謂経済的なグローバリズムが行き着くところまで行き着けば国民皆保険は必然的に無くされると思います。
無くなるのではなく、意図的に無くなるように仕向けられるのです。
それによってほっといても貧乏人の寿命は縮みます。ソフトタッチな人工淘汰が起こされるってことです。

とはいえここで申し上げたいのは「暗黒の未来がやって来るぞ!」なんていう安手の予言などではありません。
言いたいのは、高度に洗練された競争社会なんてモノがバラ色の未来を作り出すことは今後もないだろうってことです。

未来において必要なのは、果てしない競争による『創造』などではなく、人類という『膨張していく種』が否応なく迫られるであろう『共生』だと強く感じます。
ここでいう共生とは、出来もしない言葉遊びの『馴れ合い』などではなく、憎悪と悲しみに溢れていてもそうせざるを得ない『みんなで共に生きること』の実現です。

しかしながら、イケイケどんどんの競争バンザイ主義者がある日突然『みんなで共に生きること』を迫られたところで出来ますか?
逆に『自己責任論』を声高に叫びだすのが関の山です。

人間『心にもないこと』は中々身につかないのです。
せいぜい上っ面だけなぞる程度しか出来ません。

「手遅れになる前に『競争』と『共生』についてもう一度よ〜く考えてみた方がいいんじゃないかなぁ」と老婆心ながら思うのです。
あまり時間も残されてませんので…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

本質的な自信と所謂一つの『操れる系』

前回に引き続き自信について述べてみます。

ここでは「自分という存在を根拠なく信じられること」を自信という言葉で表現します。
それが本質的な意味での自信です。

具体的には『自信』とは「自分がこの世界にいるのは至極当たり前だ」と気負いもなくごく普通に実感出来ている状態のことを指します。
 もっと言えばそもそも『自信』の有無について考える必要がない状態のことです。
呼吸する前に空気があるかどうかなんて確認しないようにね。

それぞれの自信の有無については胎児の時の状況が大きく深く関わっています。 
「自分が無条件に認められている!」と十分感じて生まれてこれるかどうかがその後の人生の大きな分かれ目になるのです。

この世界に生まれてくる時に「自分は無条件に認められている!」という感覚があれば『自信』のある人になり、なければ『自信』のない人になります。 
どう考えたって世の中の大半はその感覚のない人たちで占められてるんですよね…

じゃあ、「認められているとか認められていないとかって相手は誰なんだ?」というとそれは親です。 
もっと言えば主に母親です。

親に認められて生まれた子は「自分はこの世のど真ん中に居ていいんだ!」と物心つく前から感じてるわけです。 
つまり、物事の熟練や知識量なんてことに何の関係もなく、生まれながらにして持ってるのが『自信』ということです。  

以上のようなことをこれまで何度も申し上げできました。
他にこういうことをおっしゃる方も少ないように思います。

(引用はじめ)
よく考えてみたら、「自信がない」ことに、これといった根拠がなかったりする。
だったら、「自信がない」はやめて、「何となく自信がある」ぐらいに設定し直そう。
そして、すこーしずつ、「自信満々」にシフトするの。
(引用終わり)

自信についての根拠の有る無しを考えてる時点で、自信っていうモノがよく分かってない証拠の気がします。
そもそも本質的な意味での自信に根拠なんてないからです。

それに自信は自らがテクニカルに設定するような類いのモノでもありません。
端から出来もしないことを出来ると思って進めば当然心は迷います。

世の中には「この世の可成りの部分はテクニカルに操れるんじゃないか」と考えてる人が結構いらっしゃいます。
その手の人々の心の奥底には「やり方さえ間違わなければ人間なんて簡単に操作出来る! チョロいもんだ!」っていう想いがあるのでしょう。

そういうメンタリティを個人的に『操れる系』と呼んでいます。
本質的な意味での自信ってのは『操れる系』が操れるような代物では元々ないのです。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「脳を騙して自信をつける」とかいうファンタジー

最近の世間では「人の心なり、身体なり、時には運命さえもインスタントに操れるはずだ!」って考えが流行っているように見受けられます。
「やり方さえちゃんとして間違わなければ人間なんて割と簡単に操作出来るもんだ! チョロいぜ!」とどこかで思っているのです。

その手のメンタリティをを個人的に『操れる系』と呼んでいます。
『操れる系』の人ってのはどこの世界にも大勢いらっしゃいます。

特に心に関することって『操れる系』の思考をする人が多いです。
ここでいう『操れる系』の思考ってのは「きっと顕在意識で潜在意識を支配出来るはずだ!」ってのをベースに考えることです。

この手の思考をされる方は「心の全てを今現在の自分の顕在意識でコントロール出来るはずだ」と無邪気に信じてるような気がします。
ひどくテクニカルでインスタントな思考ですよね…

ここでいう『インスタント』とは何時でも何処でも何にでも単純明快な答えを求めようとする心の持ちようのことです。
テレビのお笑い番組で例えればシチュエーションなんて関係なく「とにかく出てきて3秒でドカンと笑わせなくちゃダメなんだよ!」みたいな感じのね…

一言でいえば何よりも『手っ取り早いこと』を最優先させる発想です。 
で、そうなると『あやふやさ』や『回りくどさ』をヒドく嫌うようになります。

だから、インスタントな在り方はテクニカルな場合が多いです。
しかもマニュアル化された薄っぺらいテクニックが満載って感じのね…
取扱説明書を見て、直ぐにちゃちゃっと出来る感じじゃないと中々インスタントにはならないですからねぇ。
そんな感じの文章を最近また拝見しました。

(引用はじめ)
脳は騙されやすいから、根拠のない自信で人生を動かしていける。根拠を探し出すと、不安材料を見つけて動けなくなるから、勘違いや根拠のない自信で最初の波に乗ることが大事。
(引用終わり)

自信についての根拠の有る無しを考えてる時点で、自信っていうモノがよく分かってない気がします。
そもそも本質的な意味での自信に論理的な根拠なんてないのです。

ここで言うところの『自信』とは「自分がこの世界にいるのは至極当たり前だ」と気負いもなくごく普通に実感出来ている状態のことを指します。 
もっと言えばそもそも『自信』の有無について考える必要がない状態のことです。
呼吸する前に空気があるかどうかなんて確認しないようにね。

脳を操作して自信をつけるって無理だと思いますよ。
そういう考え方自体無理があるってことなのです。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

朝散歩の精神的効用を改めて知りました!

森羅万象すべてのモノには波動があります。 
波動があるというのはずっと動き続けているということです。 

逆にいえばずっと動き続けることで活性を保っています。
当然ながら動きが鈍くなればなるほど活性は落ち波動的に澱みます。

波動的に澱めば波動のレベルも下がります。
波動のレベルが下がれば色々良からぬモノが寄ってきやすくもなるのです。

もし心がドヨヨ~ンと重くなったり、ジトッと暗くなったりしたら、個人的には先ず「心の風通しを良くしよう!」と考えます。
澱んでる時は心の内側に向かって引きこもりになりがちです。

だから、とりあえず物理的に外に出てみることも一つの手です。
自分の場合だと朝散歩に出ます。
少なくとも私にとっては散歩は心の風通しを良くするための一つの作業です。

散歩について以上のようなことを書いたことがあります。
また別の記事ではこんなことも書きました。

物事を俯瞰的に見ることが大切だということをこれまで何度か書いてきました。
それは自分の主観から少しでも離れて物事を見るための『間を取る』ということです。

例えば頭が混乱したらそのまま考え続けても良い答えが出ることはほとんどありません。
一回考えるのをやめて横に置いといて頭を冷ましてからもう一度取り出して考えた方が物事は見やすくなるのです。
それが時間的に『間を取る』ってことです。 

それとは別に頭が煮詰まったら散歩とかに出て、一度外の空気を吸ってくるって方法もあります。
それが空間的に『間を取る』ってことです。 

どちらも散歩の効用みたいなことを述べています。
まぁ、ごくごく個人的な経験談として漠然と「散歩は良いよ!」てな話なんですけどね(^-^)
それが最近精神科医の方の文章を拝見して何となくですが「そういうことか!」と腑に落ちたのです。

(引用はじめ)
「うつ病に最も良い治療法は、朝早く起きて朝散歩することです。」
「うつ病 の治療には、セロトニンを活性化してください。セロトニンは、午前中に日光に当たると活性化します。歩く事も重要。」
(引用終わり)

「朝散歩が良いのにはちゃんと根拠があったんだ!」と今更ながら気付いた次第です(^^;)
何年も何年も朝散歩してきて遅すぎですよねぇ(笑)

別にうつ病でなくても心がドヨヨンとした時は朝散歩がオススメです!
寒くない時期は空気が澄んでる早朝で!



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

自然に対する『畏れ』と机の上で踊る『操れる系』

以前にこんなことを書きました。

一から十まで自然を支配し、自然現象を操作することは人間には出来ない芸当です。 
それって簡単な話「毎日の天気や地球の自転をどこぞの一個人が自由自在に操れます!」って言ってるのと同じだからです。
そんなことは一個人じゃなくても国家規模でも無理です。

でも、スピリチュアルな人々の多くはそれが出来ると何とな〜く信じてるみたいなんですよね。
万が一そういうことが本格的に出来たら眼に見えない世界だけではなく現実社会も支配出来るはずです。
自然を操作出来れば政治や経済も操作出来るからです。

まぁ、一言でいえばこれって陰謀論のことです。
ここでいう陰謀論的なモノの見方とは「歴史の流れの大枠はフリーメイソン?みたいな闇の勢力によって意図的に作り上げられているのだ!」というような考え方のことです。 

陰謀論というのは大抵机上の論理に彩られています。
机の上ではもっともらしく見える理屈にです。

で、陰謀論者の多くが『操れる系』に属しています。
ここでいう『操れる系』ってのは「この世の可成りの部分はテクニカルに操れるに違いない!」てな具合に考えてる人のことです。
そういう人々の心の奥底には「やり方さえ間違わなければ人間なんて簡単に操作出来る! チョロいもんだ!」っていう想いがあるのでしょう。

以前もこのブログで書きました「人工台風とか人工地震などが影の支配者たちによって現実社会でバンバン起こされている!」なんて考え方がその一例です。
随分ぶっ飛んだ陰謀論の一つのカタチですがね…

じゃあ、なんでそんな風に考えられるのかといえば一言で言うなら自然をナメてるのです。
もう少し小難しく言うなら人間を自然と比肩し得るモノとして設定しているのです。
実際はそんなことにはなってないのですがね…

それでは、机上の論理ではない生々しい『自然』ってのは実際どんなものなのでしょうね?
最近その分かりやすい実例を拝見しました。

(引用はじめ)
昔山小屋でバイトしていた時に、怪我した人、亡くなった人も見てきたけど、連れの女性を亡くした人の「こんなに天気が悪くなるとは思わなかった」という声は、今でもたまに思い出す。最初のボタンの掛け違えが全てを狂わせるのが山。
(引用終わり)

ここにあるのは山の話ですが、海だって川だって『自然』のコトワリとしては同じだと思います。
「最初のボタンの掛け違えが全てを狂わせる」って言葉に、『自然』の底知れぬ深淵を覗いたことのある人間が持つ戦慄と畏れを感じます。

『操れる系』の人にはそうした自然に対する素朴な戦慄と畏れが感じられないのです。
だからこそ人工台風とか人工地震なんてことを真顔でおっしゃるのかも知れませんがね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

『全ては気持ちの持ちよう論』とバリアのチカラ

このブログではこれまでにスピリチュアルな『根性論』というものについて繰り返し書いてきました。
ここでいう『根性論』とは「気力が充実さえしていればよっぽどのことがない限り世の中大抵のことは精神力で乗り切れるのだ〜! 」みたいな考え方のことです。
霊的なことで言えば「精神力というか気力が充実してさえいれば霊的に悪いモノであってもあんまり強くないエネルギーならそんなに恐れる必要なんてないのだ〜! 」みたいな感じでしょう。

で、スピリチュアルな根性論の一つに『全ては気持ちの持ちよう論』ってのがあります。
『全ては気持ちの持ちよう論』ってのは「全ての問題は自分で作ってるだけだ! だから、気の持ちようを変えれば何でも解決するんだよ!」という感じのモノです。
「自分さえコントロール出来れば世界は変わる!」っていう前提から出発しているのです。

霊的なことで言えば「霊障みたいなものは『自分』の内面が外に現れているだけだ」という話になるでしょう。
所謂霊障というのは「幽霊の正体見たり枯れ尾花」的に単にその人の心が作り出してるだけのものだって話です。(その人たちの頭の中ではね)

(引用はじめ)
生霊飛ばされて大変とか…
だけど、それは結局自分次第。
バリア張れてたらそんなもん無問題と思ってる。自分の「気」も低迷してるからこそ生霊なんかが引っ付きやすい。あとネガティブ思考も引っ張るからね。
(引用終わり)

生きてる人間が一番怖いって人も多いですからね、生き霊を問題ないってのはあまりにも安易な判断かと感じますねぇ…
少なくとも『全ては気持ちの持ちよう論』で乗り切れるほど生易しくはないのは確かです。

それはご本人が幾ら頑健だろうと幾ら気を付けようと病気になるときにはなるってのに似ています。
根性だけで病気にならないのなら病院なんて要らないってことになるでしょうけど、そうはならないわけでね…

あと、この方のおっしゃるバリアってのがどんなモノか存じませんが、どんなバリアであれ完全無欠なバリアなんて何処にも存在しません。
だから、あまりにもバリアを過信するとすごく危険なことだと思いますねぇ。

ていうか生き霊というか生きてる人の想念エネルギーを自分の張ったバリアで全部弾き返せると本気で考えてるなら、それは相当ヤバい考え方です。
人間出来もしないことを出来ると信じてしまうと見えるモノも見えなくなっちまいますからねぇ…

先ず根性論では解決しないこともあるのを認識した方が無難でしょうね。
眼に見えない世界は危険がいっぱいなので、ご自分の限界を見据えないと本気でヤバいと思います。

眼に見えない世界はもちろん、目に見える世界だって十分百鬼夜行ですのでね。
ナメてたら本当にヤバいですよ〜。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

コペルニクス的転回とホンモノを見分ける方法

森羅万象すべてのモノには波動があります。
波動があるというのは常に動いているということです。 

動き続ければブレやらズレやらユガミやらが必然的に現れます。 
そのブレやらズレやらユガミやらを毎日コツコツ修正する作業がある意味『生きる』ということなんじゃないでしょうか。

しつこく何度も以上のようなことを書いてきました。
何故かといえば『不変のブレない自分軸』みたいなモノを求めたがる人が後を絶たないからです。

生あるものにとって不変とは澱むことに他なりません。
ある一ヶ所に踏みとどまることは劣化することです。

つまりは進んでいくしか手はないのです。
生き続けるにはそれしか道はありません。

けれど、進めば必ずブレます。
進んでブレなければ進歩してないと言ってるのに等しいのです。

人間は元々主観的な存在です。
純粋に客観的な視点を持つ人間などというものは一人も存在しません。

主観というものには大なり小なり偏りが存在します。
一人一人が見てる『世界』というのにはそれぞれに常に偏りがあるということです。

人は偏ってるから、進めば必ずブレるのです。
そのブレを小まめに修正していかないとバランスを崩します。
バランスを崩したままほっとけば心は振り切れて何処かへぶっ飛んでいくでしょう…

なので、人間の心絡みの言説について、それが所謂ホンモノかどうかを見極める方法は簡単っちゃ簡単です。
己れ自身にも、そしてこの世界そのものにも「コペルニクス的転回がいつでもあり得るのだということ」を腹の中に抱えて語られているかどうか、そこを見ればいいのです。

(引用はじめ)
コペルニクス的転回とは、それまでの認識が、天地がひっくり返るように変わってしまうことである。
(引用終わり)

じゃあ、逆にコペルニクス的転回を許容出来ない心の状態はどんなモノか見てみたいと思います。
それを見ることによってホンモノが何か?を認識しやすくなるはずなのでね。

それも簡単っちゃ簡単です。
「絶対があると信じ、絶対に向かって突き進もうとする心があるかどうか?」ってところを見ればいいのです。

例えば絶対普遍の真理だとか世界の全てを創造した絶対神だとかを信じたがる者かどうかです。
絶対真理だの絶対神だのがコペルニクス的転回と相性が悪いのは普通に考えてもお分かりになるんじゃないでしょうか?
そんなモノに惑わされずバランスを取り続けることが大切なのだとますます感じる今日この頃です。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

ラリった状態とやたらと啓蒙したがる人々

以前こんなことを書きました。

昔整体を習った時先ず感じたのが整体師の世界って「上から目線の人が多いな」ってことです。
「オレって色々分かってる人だからお前らとは違うよ!」って風な奇妙な優越感みたいなものをお持ちのように感じました。
もちろんすべての人がそうだって言うつもりはないですがね。

同じ感覚を所謂スピリチュアルな世界にも感じます。
基本『上から目線』で「私は分かってる人、他人は分からない人」って捉えているように見えます。
「分からないヤツらにちょっくら教えてやるか!」みたいなココロが透けて見えるのです。

分かってるというのは何がそんなに分かってるんでしょうかね?
私には『そこ』が分からないのです。

「周りの人間より自分は本質的に優っているんだ!」という根拠のない優越感を持つと「自分は無知蒙昧な人間を啓蒙していいんだ! いや、むしろ啓蒙すべきだ!」という傍迷惑な使命感が湧き上がってきたります。
私はそれを『ラリった状態』と呼んでいます。

『ラリった状態』の人は他人に対してはアグレッシブになっていくものです。
理由は上記した通り「分かってない奴らにオレ様が本当のことを教えてやるよ〜!」的な精神に溢れているからです。

では何故そんな感じになってしまうのかというと「自分はこんなにスゴいのに十分認められてな〜い! 世の中の奴等はもっとオレ様を認めやがれ!」という風な鬱屈した感情が心の奥底にあるからです。
要するに コンプレックスから来る支配欲が原因なのです。

でも、ご本人の中では「自分は人一倍優れた人間だから愚民を啓蒙してやってるんだよ! 何が悪い!」てな感じなんでしょうね…
教えたくてウズウズしてしまうタイプの人です。

で、そういうタイプの人がやりがちなことを挙げてみます。

① 問われもしないのに突然相手に教え出す。
ネットの世界とかにありがちですが、突然見も知らぬ人に対して「お前の言ってることは間違ってるぞ!」とかメッセージを送ったりするのです。
知らない人に対してすごく荒々しい言葉遣いをするパターンが多いです。

② 自分の持論をいきなり注釈もなく語る
相手に分からそうとあまり思ってないんじゃないかという「遅れずについて来い」方式の語り口の人って結構います。
①の勝手に教え出したパターンでしかも「遅れずについて来い」方式の語り口だと相当迷惑です。

③ 何でも知ってる感をぐいぐい突きつけてくる
とにかく「お前より自分の方がモノを知ってるからな!」って感じがすごいです。
「オレの知ってるのが正解だ!」感も強いです。

①も②も③もご本人は良かれと思ってやってるのかも知れませんが、第三者から見たらドン引きなので止めといた方がいいのになぁと老婆心ながら思うのです。
まぁ、ラリってる人ほど自分がラリってるとは中々気付かなかったりしますけどねぇ(ー ー;)



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「ホンモノの神とニセモノの神がいるのだ」とかいう話

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。
そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。

今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているとお考えください。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。

つまり、人間と極めて近しい超自然的な存在に対して神さまという名前は与えられているのです。
名前を与えてきたのは古今東西の人間たちです。
そもそも「あれでそれでこれで、こういうモノには神さまという名前を付けよう!」って概念を作ったのも人間ですから。

もっと簡単にいえば、何処かの誰かが神さまって呼びたい何かを「これは神さまだよ〜」って呼んでるだけの話なのです。
だから、別の人が同じモノを「これは悪魔だよ〜」って言えば悪魔って名前になります。
そう呼んでる人にとってはね!

ただ、それはその人たちが神だ悪魔だと呼んでるモノの実態がどういうモノであるのか?ということとは、全然別の話ですがね。
例えば川を流れているモノのことを水と呼ぼうとH2Oと呼ぼうと川を流れるモノの実態が変わるわけじゃないってことです。

とにかく人間が神さまと呼んでるモノの多くは何らかのエネルギー体としては実在するわけです。
亡くなったヒト、物の怪、オニ、式神、蟲、生き霊などのエネルギー体、それらエネルギー体の合体した得体の知れないモノ、エネルギー体の入った岩とかの物、エネルギー体の入った物のある場所、果ては宇宙人なるモノまでカミサマにしてしまってます。

まぁ、「貧乏神でも疫病神でも神は神」ってことなんでしょう。
そもそもの神というモノの成り立ちを考えれば「何でもあり」ってのは実に神らしいとも言えます。

で、また最近こんな文章を拝見したのです。

(引用はじめ)
しかしまあ、日本には何でこんなに多いんでしょうか、「神」と呼ばれる存在が。。。
理由は「ホンモノの神を知らないから」、もしくは「以前知っていたけど封印させられた」のどちらかだと思います。
(引用終わり)

この方によると「神にはホンモノの神とニセモノの神がいる」ってことになるんでしょうねぇ。
でもね、神をホンモノとニセモノに分けること自体すごく危険なやり方だと思いますよ。
「いつでもどこでも誰に対しても『自分』は正しい!」っていう『執着』に非常にたどり着きやすい思考法だからです。

そうなれば、自分を客観視することが段々出来なくなっていくでしょうね。
誰がどんな神を信じようとそれは自由ですが、唯一絶対のホンモノの神なんてモノを信じだしたら相当ヤバい状況だと個人的には思っています。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

ランキング参加中


記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ