『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングに関するあれやこれや・自分が体験した不思議な出来事など思い付くまま気の向くままに野性の勘?で書き綴っております(笑)

カミサマ

ブラック企業の社員のようなカミサマ

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。
そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。

今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているとお考えください。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。

世の中の多くの人々が想定するいわゆる神さまってのは人間に何らかの御利益を与える存在として認識されています。
ぶっちゃけた話「自分に何か得になることをしてくれるのが神さまだ」っていう理解です。

人間と極めて近しい存在として神さまという超自然的な存在は設定されているのです。
「人間なんて関係ないぜ!」って神さまの話はほとんどないでしょう。

じゃあ何故そんな風に神を規定するのか?というと、そもそも見えない『何か』に神という名を付けたのは他ならぬ人間だからです。
「神というのはあれでそれでこれで、こういうモノなんだ!」みたいな概念を造ったのが人間だってことです。

もっと簡単にいえば、何処かの誰かが神さまって呼びたい何かを「これは神さまだよ〜」って呼んでるだけの話です。
だから、別の人が同じモノを「これは悪魔だよ〜」って言えば悪魔って名前になります。
そう呼んでる人にとってはね!

ただ、それはその人たちが神だ悪魔だと呼んでるモノの実態がどういうモノであるのか?ということとは、全然別の話ですがね。
例えば川を流れているモノのことを水と呼ぼうとH2Oと呼ぼうと川を流れるモノの実態が変わるわけじゃないってことです。

とにかく人間が神さまと呼んでるモノの多くは何らかのエネルギー体としては実在するわけです。
亡くなったヒト、物の怪、オニ、式神、蟲、生き霊などのエネルギー体、それらエネルギー体の合体した得体の知れないモノ、エネルギー体の入った岩とかの物、エネルギー体の入った物のある場所、果ては宇宙人なるモノまでカミサマにしてしまってます。

で、何でそういったモノまでカミサマとして崇めるのかというと、自分達に対して「得になることをしてくれる」と考えられているからです。
逆にいえば「自分らに得にならなきゃその時点でただの幽霊か化け物!」って理解なのです。

(引用はじめ)
神さまは肉体ない霊体のみの存在として、ほとんど休みなく働き続ける存在です。
(中略) 自分の成すべき事を自覚し、世のため人のために自発的に働き続ける霊的存在のみが「神さま」と呼ばれます。
(引用終わり)

この方の神さまに対する姿勢って、まるで何処ぞのブラック企業の社長の社員に対する姿勢そのまんまですよねぇ。
「サービス残業当たり前! 休日出勤当たり前! 身も心も会社に捧げて働いて働いて働きぬけ!」てな感じです(ー ー;)
所謂一つのカミサマが『神さま』で居続けるのって、めちゃくちゃハードル高そうです…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「コネの有無で御利益が変わる」とかいうカミサマの話

このブログにおけるカミサマという言葉が何を表しているかということについて改めて書いておきます。
ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。

今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているのです。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。

じゃあ何故そんな風に神を規定するのか?というと、そもそも見えない『何か』に神という名を付けたのは他ならぬ人間だからです。
「神というのはあれでそれでこれで、こういうモノなんだ!」みたいな概念を造ったのが人間だってことです。

では、神さまと呼ばれるモノは全て人間の空想上の産物であり、実際にはどこにも存在しないモノであるのかというとそうでもありません。
実在する眼に見えない何かを神さまと呼んでいる場合もあるってことです。
実在すると言っても物理的に存在するわけではないでしょうけどね…

とにかく何らかのエネルギー体としては存在するわけです。
亡くなったヒト、物の怪、オニ、式神、蟲、生き霊などのエネルギー体、それらエネルギー体の合体した得体の知れないモノ、エネルギー体の入った岩とかの物、エネルギー体の入った物のある場所、果ては宇宙人なるモノまでカミサマにしてしまってます。

で、何でそういったモノまでカミサマとして崇めてるのかというと、それが自分たちに何らかの御利益を与える存在であると考えられているからです。
ぶっちゃけた話「自分らに何か得になることをしてくれる存在が即ち神さまなのだ! 何にもしてくれなきゃ神さまでも何でもない!」って話です。

最近また以下のような文章を拝見しました。

(引用はじめ)
基本的に、自分と関係のある神様を祀る神社へ行けば、たいていの憑き物など落ちてしまいます。
(引用終わり)

これは憑き物を落とすにはどうしたらいいのかって話に対する答えのようです。
で、ここで述べられてる神様を要約すると以下の2点になるかと思います。
① 一個人と深く関係を結ぶ性質のモノである
② 一個人にマンツーマンで御利益を与える性質のモノである

およそ最初に申し上げた私の規定したカミサマの定義にすっぽり収まるものです。
ただし、その神様とやらがその人にとってずっと『良いもの』であり続けるかどうかは分かりません。

御利益を与えられるなら、逆に祟りだって与えられるかも知れない…
少なくとも無条件に良いモノばかり与えられるとは限らないでしょう。
「カミサマと呼ばれてるモノだから良いこと尽くめに決まってる!」なんて考えるのはあまりに虫のいい話だと思いますよ〜。


『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

カミサマを使い放題に出来るとかいうスピリチュアル

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。
そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。

今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているとお考えください。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。

じゃあ何故そんな風に神を規定するのか?というと、そもそも見えない『何か』に神という名を付けたのは他ならぬ人間だからです。
「神というのはあれでそれでこれで、こういうモノなんだ!」みたいな概念を造ったのが人間だってことです。

もっと簡単にいえば、何処かの誰かが神さまって呼びたい何かを「これは神さまだよ〜」って呼んでるだけの話です。
その証拠に神さまという言葉ほど古今東西世界中の誰もが知っていて、しかもここまで曖昧模糊とした意味を持つ言葉はそうそうありません。

とにかく人間は実に様々なモノに神さまという名を付けてきました。
亡くなったヒト、物の怪、オニ、式神、蟲、生き霊などのエネルギー体、それらエネルギー体の合体した得体の知れないモノ、エネルギー体の入った岩とかの物、エネルギー体の入った物のある場所、果ては宇宙人なるモノまでカミサマにしてしまっています。

或いは実在しない架空の概念にも神さまって名前は付いてたりします。
まあ、何でもありですよねぇ。

で、そういうあれやこれやのカミサマに対して人間の側にも実に色んな態度が存在します。
昔なら盲目的にひたすら崇め奉るといった態度の人が多かったのかも知れません。

でも、今のスピリチュアル〜な方々のなかには「立ってる者は親でも使え」的感覚の人も少なくないように感じます。
つまり、「カミサマってのは利用できるモノだ」みたいな観点で見てるってことです。

(引用はじめ)
大祓詞という祝詞があります。これに霊力を乗せて術として発動させると何が起こると思いますか?  ある神さまに、あらゆる罪穢れを全部押し付ける事になります。
(引用終わり)

祝詞一つで人間のあらゆる罪や穢れを或るカミサマとやらに全部押し付けることが出来るって話です。
その発想自体相当ナメてますよねぇ。

それじゃ、まるでカミサマは人間のゴミ処理係ってことですもん。
まぁ、現実にはそんなカミサマは何処にもいないだろうし、人間にそんな大層なことが出来るわけもないでしょうがね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp


「生きてる人が亡くなってカミサマになる」とかいう話

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。
そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。

今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているとお考えください。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。

世の中の多くの人々が想定するいわゆる神さまってのは人間に何らかの御利益を与える存在として認識されています。
ぶっちゃけた話「自分に何か得になることをしてくれるのが神さまだ」っていう理解です。

人間と極めて近しい存在として神さまという超自然的な存在は設定されているのです。
「人間なんて関係ないぜ!」って神さまの話はほとんどないでしょう。

じゃあ何故そんな風に神を規定するのか?というと、そもそも見えない『何か』に神という名を付けたのは他ならぬ人間だからです。
「神というのはあれでそれでこれで、こういうモノなんだ!」みたいな概念を造ったのが人間だってことです。

もっと簡単にいえば、何処かの誰かが神さまって呼びたい何かを「これは神さまだよ〜」って呼んでるだけの話です。
だから、別の人が同じモノを「これは悪魔だよ〜」って言えば悪魔って名前になります。
そう呼んでる人にとってはね!

ただ、それはその人たちが神だ悪魔だと呼んでるモノの実態がどういうモノであるのか?ということとは、全然別の話ですがね。
例えば川を流れているモノのことを水と呼ぼうとH2Oと呼ぼうと川を流れるモノの実態が変わるわけじゃないのとそれは同じです。

(引用はじめ)
神さま になる事を神上がりと呼んでいます。肉体の死後、霊体のみの存在になって、神さまとしての仕事をするようになります。
(引用終わり)

過去に色んなことをおっしゃる方々を拝見してきました。
「神さまと人間は対等だ」という人、「神さまは人間と友だちになりたいのだ」という人、「人間一人一人がカミサマの一部なのだ!」という人、「人間一人一人の中に神さまは居るのだ!」という人などなどです。

まあ、その方々のお話からしても結局「人間が神さまのベース」ってことになるのでしょう。
で、ここに新たに加わったのが「人間が亡くなってジョブチェンジしたのが神さまだ!」というお話です。

「神ジョブの幽霊=カミサマ」ってのも分かりやすくていいのかも知れません。
ただ、「亡くなった途端に神さまとしての仕事をさせられる」って『設定』が、なかなか今風でブラックだなぁと個人的には思ってしまいますけどね(ー ー;)



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「カミサマと人間って実は対等なんだぜ!」とかいう話

このブログにおけるカミサマという言葉が何を表しているかということについて改めて書いておきます。
ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。

今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているのです。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。

じゃあ何故そんな風に神を規定するのか?というと、そもそも見えない『何か』に神という名を付けたのは他ならぬ人間だからです。
「神というのはあれでそれでこれで、こういうモノなんだ!」みたいな概念を造ったのが人間だってことです。

では、神さまと呼ばれるモノは全て人間の空想上の産物であり、実際にはどこにも存在しないモノであるのかというとそうでもありません。
実在する眼に見えない何かを神さまと呼んでいる場合もあるってことです。
実在すると言っても物理的に存在するわけではないでしょうけどね…

とにかく何らかのエネルギー体としては存在するわけです。
亡くなったヒト、物の怪、オニ、式神、蟲、生き霊などのエネルギー体、それらエネルギー体の合体した得体の知れないモノ、エネルギー体の入った岩とかの物、エネルギー体の入った物のある場所、果ては宇宙人なるモノまでカミサマにしてしまってます。

で、何でそういったモノまでカミサマとして崇めてるのかというと、それが自分たちに何らかの御利益を与える存在であると考えられているからです。
ぶっちゃけた話「自分らに何か得になることをしてくれる存在が即ち神さまなのだ! 何にもしてくれなきゃ神さまでも何でもない!」って話です。

最近以下のような文章を拝見しました。

(引用はじめ)
神さんが上で、人間が下の存在というふうにしないことが大切とのこと。
僕らは本来は神さんと同等の存在で、ただそれを忘れているだけ。
(引用終わり)

「天は人間の上に神を作らず、人間の下に神を作らず」ってとこでしょうか。
ただねぇ、それだとやがて誤った万能感に行き着く可能性が高い気がしますけどね…
行き着く果ては「オレこそが神さま! 神さまはオレだ!」ってなるでしょうから…

少なくとも遅かれ早かれ超自然なモノに対する畏れってのがなくなっていくと思うのです。
聖書に出てくるバベルの塔を作った人々みたいにね…

そもそもこの世界には人間が今まで一度もカミサマと認知したことがない『眼に見えない大きな存在』なんて山ほど存在するのです。
そういう『眼に見えない大きな存在』はこの世界の自然の中にひっそりと存在しています。
この世の大きな動きに関係しながらね。

個人的には「人間と対等だ」という神さまをわざわざ設定するよりも、そういう『眼に見えない大きな存在』にナチュラルな畏敬を感じていた方がよっぽど心穏やかに生きていける気がしますけどね。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「神と人とは持ちつ持たれつなのだ」とかいう話

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。
そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。

今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているとお考えください。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。

世の中の多くの人々が想定するいわゆる神さまってのは人間に何らかの御利益を与える存在として認識されています。
ぶっちゃけた話「自分に何か得になることをしてくれるのが神さまだ」っていう理解です。

人間と極めて近しい存在として神さまという超自然的な存在は設定されているのです。
「人間なんて関係ないぜ!」って神さまの話は皆無とは申しませんが、ほとんどないでしょう。

で、現実として人間は本当に様々なモノを神さまって呼んできたわけです。
亡くなったヒト、物の怪、オニ、式神、蟲、生き霊などのエネルギー体、それらエネルギー体の合体した得体の知れないモノ、エネルギー体の入った岩とかの物、エネルギー体の入った物のある場所、果ては宇宙人なるモノまでカミサマにしてしまってます。

以上のようなこのブログにおける神さまに関する前提を毎回のようにしてきました。
曖昧模糊として、どうにでも解釈出来る神さまという言葉が、まるで万人が共有する真理のように使われていることにむちゃくちゃ違和感があるからです。

神さまって言葉ほど自分勝手にみんながてんでんバラバラの意味で使ってる言葉はないと思います。
しかも、てんでんバラバラなのに神さまって言葉を使った途端、みんながまるで『同一のモノ』を指してるような奇妙な気分になるのです。

実態は同一どころか真反対のモノを想定して神だと言ってたりするわけですが…
不思議ですよねぇ。

こんな言葉を拝見しました。
「神は人の敬いによって威を増し、人は神の徳によって運を添う。」

簡単に言えば「神と人とは持ちつ持たれつなんだぜ」ってことなのでしょう。
で、「神は人の敬いによって威を増す」ってことは逆にいえば人間が拝まなけれりゃ神さまは廃れるってことですよね?
つまり、人間から栄養源を得なくちゃカミサマは所謂神でいられないのです。

あと、神社・仏閣・教会などに居るモノが全て、みんなが思ってるような『アリガタ〜イ存在』などではないって事実があります。
時にはとんでもなくエゲツない眼に見えないエネルギー体がそこに居たりもするのです。
まあ、それも含めて人の言うカミサマってヤツなんですけどね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

人間のエネルギーをたくさん必要とする所謂カミサマ

この世界では膨大な数の思念が一カ所に集まり凝縮することによって新たな別のエネルギー体を生み出すということが実際にあり得るのです。 
例えば強烈な怨みのエネルギーがたくさん結び付けば『怨みの精霊』のような新たなエネルギー体に生まれ変わります。 
あたかもポイントカードにポイントがMAXに貯まって何か新しい賞品に変わるように… 
私はそれを『物の怪』と呼んでいます。 
まあ、一般的な言葉で言えば自然霊というのが一番近いのかも知れません。 

この世には個人的な物欲をはじめ様々なカタチと大きさの欲望が数限りなく渦巻いています。
そういった欲望の群れが一つの集合体となり、ある時化学変化のようなものを起こして、一つの意思あるエネルギー体と化したモノがここで言う『キツネ』です。 

なので、キツネは人の欲と絶えず深く強く関わり、煽ってきます。
キツネの栄養源が人間の欲望だからです。

栄養源を吸収するほどキツネのチカラは強くなり巨大化します。
逆に栄養源が無くなれば弱くなり小さくなってしまうのです。

これは何もキツネに限ってことではありません。
他の物の怪においても構造は全て同じです。

人間由来の想念エネルギーがそのモノ達にとっては栄養満点なエサなのです。
何とかして少しでも多くのエサにありつこうとアレヤコレヤと仕掛けて来ます。

以上のようなことをこれまで繰り返し述べてきました。
人間のエネルギーが人外のモノの栄養源であり、その栄養源の多寡によってチカラが強くなったり弱くなったり、その存在が大きくなったり小さくなったりするってことです。

(引用はじめ)
神社のご祭神は、多くのエネルギーが必要なんですよね。
(中略) エネルギーが入らないと枯渇してしまいます。だから常にエネルギーを循環させてないとダメなんです。
(中略) 人が来ない神社は廃れます。
そうなると、神さまは力が出せません。
(引用終わり)

引用の文の通りなら「神社の神は人間からエネルギーを貰わなければドンドン弱っていく」ということになります。
エネルギーが無くなると廃れてしまうので常に人間のエネルギーを補充しなくちゃいけないって話です。
それって丸っきり物の怪の在り方そっくりなんですよねぇ…

確かにチカラの強い物の怪は大きな神社仏閣にいることが少なくありません。
参拝客が多いのでエネルギーも多いって寸法です。

人間に所謂御利益を与えることによって、見返りに人間のエネルギーを吸い取ってチカラとするのです。
まぁ、実際のところは欲にかられた人間が鴨がネギ背負った状態でどうぞどうぞとやって来るわけですが…
巷間では随分美化されてますが、以上が物の怪と人の持ちつ持たれつのお話です。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「前世の記憶が無いのは神に預けて生まれるからだ」とかいう話

このブログにおけるカミサマという言葉が何を表しているかということについて改めて書いておきます。
ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。

今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているのです。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。

じゃあ何故そんな風に神を規定するのか?というと、そもそも見えない『何か』に神という名を付けたのは他ならぬ人間だからです。
「神というのはあれでそれでこれで、こういうモノなんだ!」みたいな概念を造ったのが人間だってことです。

だから、世の中の多くの人々が想定するいわゆる神さまってのは人間に何らかの御利益を与える存在として認識されています。
ぶっちゃけた話「自分に何か得になることをしてくれるのが神さまだ」っていう理解です。

人間と極めて近しい存在として神さまという超自然的な存在は設定されているのです。
「人間なんて関係ないぜ!」って神さまの話は皆無とは申しませんが、ほとんどないでしょう。
まあ、カミサマを作ったのが人間ですから、それは当然ですよね。

(引用はじめ)
ちゃんと魂に「神の教え」を浸透させることが出来ているかどうかをテストするために、前世までの記憶を神に預けて記憶喪失の状態で生まれてくる。
(引用終わり)

この方によると人の一生というのはどうも「魂に神の教えを浸透させるためにある」らしいです。
で、前の人生でそれをちゃんと出来たかをテストするために神さまに記憶を預けて生まれてくるのだそうです。
私からしたら、神の教えってのは結局何処ぞの人間の教えに過ぎないんですけどね…

それに私は『この世』というのは言ってみれば「学校の夏休み」みたいな世界だと思っています。
どういうことかというと「ある一定時間 (人生) の中で自分がやるべき宿題を抱えて『敢えて』やって来ている世界」ということです。

その宿題は夏休みの期間中 (生きてる間)どういうやり方をしても構いません。
ただ、休みが終わった時 (亡くなった時) に提出しなくちゃなりません。
簡単に言えばこの世は何らかの課題を果たすための勉強部屋みたいなものじゃないでしょうか。 

そう捉えると前世の記憶なんて元々それほど大切ではないのです。
ていうか逆にこの世での宿題をするためには邪魔になりかねないモノです。
それだけのことじゃないでしょうかねぇ?



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

トモダチを欲しがる『カミサマ』とやら話

このブログにおけるカミサマという言葉が何を表しているかということについて改めて書いておきます。
ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。

今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているのです。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。

じゃあ何故そんな風に神を規定するのか?というと、そもそも見えない『何か』に神という名を付けたのは他ならぬ人間だからです。
「神というのはあれでそれでこれで、こういうモノなんだ!」みたいな概念を造ったのが人間だってことです。

そして、人間がこの世界に現れたのは地球の時間で言えばつい最近なのです。
人間が文明らしい文明を持ったのは地球の時間なら一瞬前です。

それは同時に神と呼ばれるモノがこの世に誕生したのが一瞬前だということを表しています。
人間が言うところの神様ってのは、あくまでも『人間を助ける為に存在するモノ』ですからそれは当然でしょう。

(引用はじめ)
世の東西を問わず、様々な地域で信仰されている神様たちは、あらゆる人達と友達になりたがっています。
ところが、大半の人間は恐れ多くて、友達になるなんて恐れ多いと思っています。
なので、神様は人間の友達がなかなかできないことや、いつも同じ人間ばかりに囲まれていることに、悩んでいらしゃるようなのです。
(引用終わり)

「この文章による」とですが、「神さまってのは人間に積極的に関わりたがる」なんてレベルのモノじゃないってことになりますよね。
それどころか人間に対して「寂しいからボクのお友だちになってよぉ〜」くらいのレベルだって話です。

これって「神さまと人間とは同じレベルだ!」って言ってるのと同じなんですよねぇ。
「① 神さまってのは元々人間と同じくらい波動のレベルが低いんだよ」ってことか、または「② 人間って種族は所謂神さまと同じくらい波動のレベルが高いんだよ」ってことか、二つに一つです。

①だと神さまって (悪い意味で) あまりにも人間くさいモノってことになりますし、②だと人間は所謂一つの神さま並みにスゴい存在だって言ってるのと同じになります。
①であれ②であれこの話は「神は人間を遥かに超越した存在である!」っていう概念を破壊してますけどね…

まあ、でもそもそも神さまって存在自体人間が考えたモノですので、それを人間のイマジナリーフレンドにするっていうのも有りなのかも知れません。

イマジナリーフレンドとは、「空想の友人」のことであり、心理学、精神医学における現象名の1つである。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「神社には人間の願望実現のための装置がある」というファンタジー

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。
そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。

今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているとお考えください。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。

世の中の多くの人々が想定するいわゆる神さまってのは人間に何らかの御利益を与える存在として認識されています。
ぶっちゃけた話「自分に何か得になることをしてくれるのが神さまだ」っていう理解です。

人間と極めて近しい存在として神さまという超自然的な存在は設定されているのです。
「人間なんて関係ないぜ!」って神さまの話は皆無とは申しませんが、ほとんどないでしょう。

以上のような神さまに関する (テレビでいうところの) 前説明をこのブログでは何度もしてきましたが、最近この前説にバッチリなお話を拝見しました。
要約するとこんな感じです↓

「神社って宇宙に願い事を放つシステムの場所として作られている。上手いことお願い事が通ったら拝殿の3角のてっぺんから願い事が光の柱みたいなものになって宇宙に送られる。」

この方によるとカミサマどころか神社そのものが人間の願望実現のシステムとして作られたということらしいです。(あくまでも「この方の中では」のお話ですが)
ただ、人間に何かくれる眼に見えない存在ってのが居るとしたも交換するモノ無しでは何でもくれるわけじゃありませんがね。

何か貰いたければ何かを差し出す必要があります。
それをこのブログでは所謂『悪魔の契約』って呼んできました。

ここでいう所謂『悪魔の契約』というモノについて説明します。
人外のモノに誘導され操られて何らかの現世利益(金儲けや立身出世、超自然的なチカラの取得など)と引き換えに物の怪とギブアンドテイクの関係になることです。

念のため申し上げれば、本当に『悪魔』なるモノと契約書を交わしてたりしているわけではありません。
ていうかキリスト教などで偶像化されている所謂『サタン』と呼ばれるモノが実在しているとは個人的には思っていないです。

亡くなったヒト、物の怪、オニ、式神、蟲、生き霊などのエネルギー体、それらエネルギー体の合体した得体の知れないモノなどなどの『人外のモノ』が悪魔の契約の相手です。
そういったモノに呼びかけ、願いを叶えたならその代償を支払わなければならなくなるってことです。

神社は「所謂『悪魔の契約』などをする場」などでは端からありません。
人間のための願望実現のシステムなんて元々そこには存在しないってことです。

そういうことをするための場所として、もしそこを使うならその『報い』はいつかガッツリと受けることになるでしょうね…
己れ自身の『穢れ』としてガッツリと!



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

ランキング参加中


記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ