『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングに関するあれやこれや・自分が体験した不思議な出来事など思い付くまま気の向くままに野性の勘?で書き綴っております(笑)

万能感

ラリった状態とやたらと啓蒙したがる人々

以前こんなことを書きました。

昔整体を習った時先ず感じたのが整体師の世界って「上から目線の人が多いな」ってことです。
「オレって色々分かってる人だからお前らとは違うよ!」って風な奇妙な優越感みたいなものをお持ちのように感じました。
もちろんすべての人がそうだって言うつもりはないですがね。

同じ感覚を所謂スピリチュアルな世界にも感じます。
基本『上から目線』で「私は分かってる人、他人は分からない人」って捉えているように見えます。
「分からないヤツらにちょっくら教えてやるか!」みたいなココロが透けて見えるのです。

分かってるというのは何がそんなに分かってるんでしょうかね?
私には『そこ』が分からないのです。

「周りの人間より自分は本質的に優っているんだ!」という根拠のない優越感を持つと「自分は無知蒙昧な人間を啓蒙していいんだ! いや、むしろ啓蒙すべきだ!」という傍迷惑な使命感が湧き上がってきたります。
私はそれを『ラリった状態』と呼んでいます。

『ラリった状態』の人は他人に対してはアグレッシブになっていくものです。
理由は上記した通り「分かってない奴らにオレ様が本当のことを教えてやるよ〜!」的な精神に溢れているからです。

では何故そんな感じになってしまうのかというと「自分はこんなにスゴいのに十分認められてな〜い! 世の中の奴等はもっとオレ様を認めやがれ!」という風な鬱屈した感情が心の奥底にあるからです。
要するに コンプレックスから来る支配欲が原因なのです。

でも、ご本人の中では「自分は人一倍優れた人間だから愚民を啓蒙してやってるんだよ! 何が悪い!」てな感じなんでしょうね…
教えたくてウズウズしてしまうタイプの人です。

で、そういうタイプの人がやりがちなことを挙げてみます。

① 問われもしないのに突然相手に教え出す。
ネットの世界とかにありがちですが、突然見も知らぬ人に対して「お前の言ってることは間違ってるぞ!」とかメッセージを送ったりするのです。
知らない人に対してすごく荒々しい言葉遣いをするパターンが多いです。

② 自分の持論をいきなり注釈もなく語る
相手に分からそうとあまり思ってないんじゃないかという「遅れずについて来い」方式の語り口の人って結構います。
①の勝手に教え出したパターンでしかも「遅れずについて来い」方式の語り口だと相当迷惑です。

③ 何でも知ってる感をぐいぐい突きつけてくる
とにかく「お前より自分の方がモノを知ってるからな!」って感じがすごいです。
「オレの知ってるのが正解だ!」感も強いです。

①も②も③もご本人は良かれと思ってやってるのかも知れませんが、第三者から見たらドン引きなので止めといた方がいいのになぁと老婆心ながら思うのです。
まぁ、ラリってる人ほど自分がラリってるとは中々気付かなかったりしますけどねぇ(ー ー;)



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

心のブレーキを壊してもロクなことにはなりません

今時の所謂スピリチュアルな世界では「とにかく何でも制限を外すのが良い」というような風潮があるように思います。
何故か無条件に「制限があるのは悪いことでそれを取ればハッピーになれるんだ」という感じのモノが多いです。

本当にそうでしょうか?
普通に考えれば制限を加えるということは何か制御しなくちゃいけない理由がそこにあるからそうしているのです。

例えば自動車にはアクセルとブレーキが付いています。
だからこそ安心してクルマを走らせることが出来るのです。

人の心にもアクセルとブレーキの役割をするものは付いています。
それはオプションで付けてるわけではなく、標準装備されてるということです。

じゃあなければ危なくてしょうがないですよね。
生きていく上での適度なスピード感を維持出来なくなりますので。

別の言い方とすると、心のブレーキが外してしまうと単にブレーキが効かなくなるだけではなく、アクセルをより強く踏み込むようになるってことです。
そうすると心にいつも『万能感』や『高揚感』などに満たされる心の状態になっていきます。。
具体的には「私は覚醒しました〜!」とか「ありのままで全てOK!」とか「ワクワクすれば何でも出来る〜!」みたいな一種独特な『躁状態』になるのです。 

スピリチュアルな考えの人の一部に実際に非合法なドラックに走る人がいるのは決して偶然ではないと思います。
上に書いたような『躁状態』を維持するためにそれがどうしても必要なんでしょう…

結局薬でラリったような状態じゃなければ常時『万能感』や『高揚感』を維持することなんて出来ないということです。
であればその『万能感』や『高揚感』自体『幻』なんですよね〜。
見果てぬ夢と申しましょうか…

ブレーキとアクセルは二つで一つです。
一日でいえば昼と夜です。
切り離そうとすること自体無理があるのです。

それでも、世の中にはこの心のブレーキをぶっ壊して無くしてしまいたいって思う人々が後を絶ちません。
何故かといえば心のブレーキが作動すればするほど閉塞感というか気持ちの上で息苦しさは増すからです。

今ある陰鬱な閉塞感から逃れたい!
そのためにはブレーキを外してアクセル全開で高揚感や万能感に浸りたいと考えるのです。
だから、自己啓発系やスピリチュアル系の人の多くが張りつめた高揚感や万能感に満ち溢れているのは故あってのことなのです。

その一番分かりやすい例が引き寄せの法則ってヤツでしょう。
あれって「自転車のブレーキをわざと壊してから、急な坂道を引力に任せて下っていこうしている」みたいなものです。
上手くいってもいかなくても、やり方自体非常に危険です…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「ラリって万能感を得ようとすること」のリスクのの大きさ

自分が望めば何でも出来てしまうんじゃないかと思えるほどの 万能感 
天から特別な使命が自分だけに与えられているような 高揚感 
チカラのある人外のモノとコラボすれば、時には上記のようなあれやこれやわ手に入れたり出来るでしょう。 

でも、それってまるで眼には見えない覚醒剤の如きモノを摂取するようなものなんですよね…
現実世界に失望してグッタリしていた人がいきなりシャキーンとして全世界を手に入れたようなハイな気分になれる類いのおクスリをです。

ただ、それを手に入れられたとしても、良いこと尽くめとはいかないのは現実の覚醒剤の場合と同じです。 
まず一生そのまんまでいられるわけじゃありません。

万能感と高揚感が切れれば激しい空虚感と失望感がやって来ます。
麻薬でいうところの所謂一つの禁断症状みたいなヤツです。

それから逃れようとまた万能感と高揚感を得られるようになりふり構わずモガくわけです。
その挙句多くの人が物の怪やオニとかがばら撒いてるトラップのようなマヤカシに絡めとられていきます。

目に見えない覚醒剤に手を出せば、遅かれ早かれ大きなツケを払う時はやって来ます。 
いわゆる心のドーピングってのと似たり寄ったりのやり方ですからねぇ…

ここでいう『心のドーピング』というのは、心を不自然なやり方で一気に高活性の状態にしようとする行為のことを指します。
それを繰り返せば消耗がやたらと早くなって電池切れを起こす可能性が高くなるからです。

ドーピングで得られるギラギラしたエネルギッシュさはそれをしなくなると急激に失われてしまいます。
その誰にでも分かるほど心も身体も動かなくなった状態をここでは『電池切れ』と呼んでいます。

心のドーピングで得られる万能感や高揚感はクスリにラリった人の幻覚とよく似たものです。
似ているというのはある種の強制力を以て「良い夢を見よう!」とするその在り方がです。

スピリチュアル〜な人々の中にはマリファナ解禁など現実のドラックに対しても非常に肯定的な意見を継続して発信される方がいらっしゃいます。
個人の権利として様々な意見をおっしゃること自体は自由ではあります。
ただ、そういうモノに親しみを感じるってのはラリっていたいという願望が心の奥にあるからなんじゃないでしょうかねぇ…

個人的には本物であれ眼に見えないモノであれ、クスリでラリった状態を推奨する人々に賛成する気にはどうしてもなれないのです。
心のドーピングもスピリチュアルな覚醒剤も、そして現実のマリファナもね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

想像力を失うほど『人間らしさ』も失います

「劣等な個体(出来損ない)は間引き、より優秀な個体を選び品種改良して育てる」というやり方が農業や畜産業などではごく普通のこととして今この瞬間も行われています。
つまり、人工淘汰的なやり方ってのは人間以外に対してはすでに現代においては当たり前になっているってことです。

その矛先がいつか人間自身に向かわないという保証が果たしてあるでしょうか?
少なくとも人間社会のシステムの中にはそれは無いと思います。

それでも、もしそうならないための最後の歯止めともいうべきモノあるとすれば、それは人間一人ひとりの心の中にしかあり得ません。
それをザックリいえば決して『人間らしさ』を失わないってことです。

ここでいう『人間らしさ』とは他者に対する想像力を持っていることです。
で、想像力とは己れの無知に対する自覚とそれを基にした一生懸命察したり慮ったりしようとする心の働きのことです。

一生懸命察したり慮ったりしようとする心が正常に働いていれば、他者の痛みや苦しみまた喜びや希望などに対して否応なく敏感になります。
それこそが『人間らしさ』の大元です。

先ず自分の無知を皮膚感覚で知ることが想像力を養う第一歩です。
逆に知ったつもりになればなるほど想像力を失っていきます。
「オレは何でも知ってるんだぜ!」みたいな人は想像力が乏しいと考えて先ずハズレはありません。

何故なら、人間というのは本質的に無知な生き物だからです。
たまたまとかではなく、根っから無知なのです。

心の許容量の小さな人間ごときが何でも知っているわけがないのですから当たり前です。
繰り返しになりますが、その心の許容量の少なさをカバーするモノこそが想像力なのです。

で、この想像力の反対側に有るモノが万能感です。
万能感とは己れの絶対正義あるいは自分だけが掴んでいる真理とやらに基づいているからです。

古今東西世の中の多くの人々がこの真理とやらを手に入れたくて仕方なかったんだろうなと感じます。
今この瞬間もそういう人は大勢いらっしゃいます。

でも、ハッキリいってそれは見果てぬ夢です。
人はブレ続ける者としてこの世界に存在しているからです。

ブレ続けることの中には想像力があります。
先ほども申し上げたように想像力こそが人間らしさの深源なのです。
よって、所謂『真理』を追い求め続ける者はやがて必ず人間らしさを失うことになるでしょう。
偶然ではなく、必然として!



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

スピリチュアルな『万能感』は止めどなく人を傲慢にします

以前にこんなことを申し上げました。

そもそも所謂『スピリチュアル』というモノ自体が人間という種族に対する万能感が半端なく強いんだろうなぁと感じるのです。
逆にいえば人間という存在のバカさ加減をナメてるんだと感じます。
「俺たち人間ってのはきちんとスピリチュアルな理解を得られさえすればテクニカルに何でも出来ちまうんだぜぃ!」みたいな感じと申しましょうか…

上記のような感じは元々持ってたのですが、折々に出会う出来事が「やっぱりな」という想いをより強くしてきました。
例えば以下のような話です。

(引用はじめ)
明らかに、セミの一生は、セミよりも上の存在である第3者を意識して作られている。
その対象者は、唯一、地上生物の中で神の作品の素晴らしさを理解できる存在である「人間」だ。
セミ自身は分かっていないだろうけど、セミは「人間を楽しませるために」土の中からモゾモゾと出てきて、(中略) 鳴き始めるのだ。
(引用終わり)

一言でいえば「人間を楽しませるためにセミはこの世に存在するのだ」ってことのようです。
おぞましいまでの傲慢さですよねぇ…
でも、この方は多分ご自分のことを1ミリも傲慢だとか思ってない気がします。

唯一、地上生物の中で神の作品の素晴らしさを理解できる存在が「人間」であるという設定をされているくらいですから。
人間に対する万能感がハンパないのでしょう。

ただ、そもそも神という名を考え出したのは他ならぬその『人間』です。
「神というのはあれでそれでこれで、こういうモノなんだ!」みたいな概念を造ったのが人間だってことです。

なので、人間が地球上に現れる前には所謂神様と呼ばれる存在は居ません。
そして、人間がこの世界に現れたのは地球の時間で言えばつい最近なのです。

人間が文明らしい文明を持ったのは地球の時間なら一瞬前です。
それは同時に神と呼ばれるモノがこの世に誕生したのが一瞬前だということを意味しています。

そういう意味で「唯一、地上生物の中で神の作品の素晴らしさを理解できる存在が「人間」である」という話は正しいのです。
なにせ神という作品を作ったのが人間ですからね。

とにかく「神さまという虎」の威を借る狐ならぬ『万能感』ってのは、人間を残酷なまでに傲慢にするってことです。
個人的には「(本来人間の創造物である) 神さまが宇宙を創造した」なんていう本末転倒な話には出来るだけ近付かない方がいいのになぁって思っています。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「自分はすごい!」っていう『自己洗脳』を勧める自己啓発

スピリチュアルな人の多くが一生懸命『特別』を求めようとします。 
特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 


もちろん何を求めようとその人の自由ですが、『特別』を求めれば求めるほど三次元的な日常からはズレやすくなります。 
三次元的な日常からズレればズレるほど物の怪など人外のモノが作り上げたファンタジーな世界に嵌まりやすくなるのです。

それで実際人外のモノが作り上げたファンタジーにコロッとヤラレてしまう人々が所謂スピリチュアル〜な世界には大勢いらっしゃいます。 
ここでいう「ヤラレてしまう」というのは人外のモノの用意したマヤカシに絡め取られてしまうことです。

で、マヤカシに絡め取られた人というのは十中八九浮かれています。
ここでいう「浮かれている」というのは万能感に支配された状態のことです。
「神秘体験をする→価値観のコペルニクス的転回が起こる→万能感に支配される」というスパイラルを繰り返してやがては天まで昇る勢いになってしまったりするのです。

そして、万能感に支配されてココロが天に昇ってしまうと『その人』的には無敵になります。
「自分に出来ないことなど何もないのだ!」って感じでね…

ていうか『特別』を求めること自体そういう万能感に溢れた状態を目指すことなのだと思います。
簡単にいえばそれは、「オレってスゴい人間だぜ!」ってキラキラした眼で思えるようになろうとすることです。

(引用はじめ)
『自分はすごいんだ!』という言霊を教えてもらいました。
この言霊を唱えていると、どんどん自己肯定感が高まっていき…人生が自分の望む方向へ引っ張られていくんです。
(引用終わり)

とある自己啓発系では『自分はすごいんだ!』と毎日唱えることを推奨されてるみたいです。
それで、自己肯定感がアップするということらしいんですが、突き抜ければ『万能感』になるんだろうなと感じます。

ていうか毎朝毎晩『自分はすごいんだ!』『自分はすごいんだ!』って何度も唱えてる人居たら普通にヤバいっすよねぇ。
少なくとも個人的には相当ヤバいんじゃないかと思うんですよねぇ…

そうやっていつの日か『自分はすごいんだ!』ってのをガッツリ自分に信じ込ませることに成功したりしたら、その人は一体どうなってしまうんでしょう?
多分「オレが本気出したらこんなもんじゃねぇ」とか「世の中の人間は私をマトモに評価しようとしないのよ💢」とか『現実離れしたこと』を考えだすようになります。

それは現実と心の中の世界が分離していくってことに他なりません。
あくまでもその人の中では『自分はすごいんだ!』ってのがリアルでしょうから、目の前にある現実は受け入れがたくなるでしょう。
目の前にある現実は『ショボくれた自分』しか表現してはくれないからです。

そうなると本当の現実に立ち返るか、それともますますドップリと『自分はすごいんだ!』というファンタジーの世界に耽溺するか選ばなければならなくなります。
そして、多くの人がファンタジーの海に呑み込まれて沈んでしまうのです。

そうなる前に帰ってきた方がいいんじゃないでしょうかねぇ?
そう願います!



『このブログを浄化します』 


呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「この世の真実は全てお見通しだぜ!」って思いたがる人々

眼に見えない世界に真摯に向き合えば向き合うほどアマゾンの密林に踏み込んだ生物学者のような気分になるはずです。
『発見』がそこら中に転がっている世界だってことです。

アマゾンとか行けば新種の生物がわんさかいそうですからね。
多分人類の知らない生き物がそこら中に当たり前に居るんだと思います。

我々のいるのはそういう世界だってことです。
そういうっていうのは「人間の無知に基づく新発見が溢れる世界だ」ってことです。

発見がそこら中に転がってるってのを逆にいえば知らないことだらけだってことです。
もっと簡単に言えば生身の人間ってのは一人残らず無知に溢れているということです。

でも、実際はどうかといえば所謂スピリチュアルな世界の人々の多くが「自分は見えない世界の全てを知り尽くしているぜ」って感じを醸し出しています。
簡単にいえば分かったつもり満々な感じです。

そもそも所謂『スピリチュアル』というモノ自体が人間という種族に対する万能感が半端なく強いんだろうなぁと感じるのです。
逆にいえば人間という存在のバカさ加減をナメてるんだと感じます。
「俺たち人間ってのはきちんとスピリチュアルな理解を得られさえすればテクニカルに何でも出来ちまうんだぜぃ!」みたいな感じと申しましょうか…

何処かそういうニオイを漂わせているのが所謂『スピリチュアル』な人達ではないでしょうか?
「スピリチュアルな叡智をお手本通りキチンと持てるようになれば、最終的には何でも『分かる』ようになりますよ」って風なね…

以前に以上のようなことを書きました。
まぁ、別にスピリチュアルに限らず、「無知なヤツらは知らないだろうがオレは世界の真実を知ってるぜぃ!」てな感じをプンプン漂わせてる人って世の中には少なくない気がします。

何故そうなるかというと劣等感が強いからです。
リアルな自分の承認欲求が満たされないからです。
「本当の私はこんなもんじゃないのよ! みんな分かりなさいよ!」という心の叫びです。

で、ここまで申し上げてきたことを短くシャープに表した文章に出会いました。

(引用はじめ)
この論稿も、真柱、プロセスを考慮できない人は理解不可、プロセスの抜けた善悪観念の奇麗ごとだけでは、この現世の真実<理>は見えてきません。
(引用終わり)

「この現世の真実<理>は見えてきません」って書かれてるってことは当然この方にはそれ(現世の真実)がまるっと見えてるって前提なのでしょうね…
でもね、個人的には人間って種族は (スピリチュアルな方々の予想を遥かに超えて) もっとずっとバカなんだと思います。
もちろん自分も含めて全人類的にね。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ





※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

無知の知と「自分は『世界』の全てを知っている!」という万能感

眼に見えない世界に真摯に向き合えば向き合うほどアマゾンの密林に踏み込んだ生物学者のような気分になるはずです。
『発見』がそこら中に転がっている世界だってことです。

アマゾンとか行けば新種の生物がわんさかいそうですからね。
多分人類の知らない生き物がそこら中に当たり前に居るんだと思います。

我々のいるのはそういう世界だってことです。
そういうっていうのは「人間の無知に基づく新発見が溢れる世界だ」ってことです。

発見がそこら中に転がってるってのを逆にいえば知らないことだらけだってことです。
もっと簡単に言えば生身の人間ってのは一人残らず無知に溢れているということです。

でも、実際はどうかといえば所謂スピリチュアルな世界の人々の多くが「自分は見えない世界の全てを知り尽くしているぜ」って感じを醸し出しています。
簡単にいえば分かったつもり満々な感じです。

そもそも所謂『スピリチュアル』というモノ自体が人間という種族に対する万能感が半端なく強いんだろうなぁと感じるのです。
逆にいえば人間という存在のバカさ加減をナメてるんだと感じます。
「俺たち人間ってのはきちんとスピリチュアルな理解を得られさえすればテクニカルに何でも出来ちまうんだぜぃ!」みたいな感じと申しましょうか…

何処かそういうニオイを漂わせているのが所謂『スピリチュアル』な人達ではないでしょうか?
「スピリチュアルな叡智をお手本通りキチンと持てるようになれば、最終的には何でも『分かる』ようになりますよ」って風なね…

個人的には人間ってのは (スピリチュアルな方々の予想を遥かに超えて) もっとずっとバカだと思っています。
もちろん自分も含めてね。

例えていえば人間ってのは西遊記に出てくる「お釈迦さんの手のひらの上の孫悟空」みたいなものです。
それ以上の存在だと思ってしまった時点で心は結構迷子になってるんじゃないでしょうか?

で、またこんな感じの文章に出会いました↓

(引用はじめ)
世界の真理や地球の真実を知りたくて様々な文献を漁りましたし、潜在意識や魂のことだけではなくて世界の闇の部分にも向き合ってきましたし、その中で衝撃的な事実もありましたし受け入れるのに時間がかかったものもありました。
まだ知らないことはあるとは思いますが、今のところ調べ尽くした感があります
(引用終わり)

「調べ尽くした感」って言葉がスルッと出てくる時点で、すでに相当ファンタジーな世界に入り込んでるだろうなと感じます。
本来なら色んなことを知れば知るほど「自分はな〜〜んにも知らないんだな!」ってことを否応なく思い知るはずだからです。

これってまさに「自分は世界の果てまで飛んでいけた!」と思い込んた孫悟空と同じ境地ですよねぇ…
そう考えると『無知の知』を提唱したソクラテスってホント偉大なんだなと改めて思うのです。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「人は『マジで堕ちてく5秒前』が一番万能感に溢れている」って話

スピリチュアルな人の多くが一生懸命『特別』を求めようとします。 
特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 


もちろん何を求めようとその人の自由ですが、特別を求めれば求めるほど三次元的な日常からはズレやすくなります。 
三次元的な日常からズレればズレるほど物の怪など人外のモノが作り上げたファンタジーな世界に嵌まりやすくなるのです。

それで実際人外のモノが作り上げたファンタジーにコロッとヤラレてしまう人々が所謂スピリチュアル〜な世界には大勢いらっしゃいます。 
ここでいう「ヤラレてしまう」というのは人外のモノの用意したマヤカシに絡め取られてしまうことです。

で、マヤカシに絡め取られた人というのは十中八九浮かれています。
ここでいう「浮かれている」というのは万能感に支配された状態のことです。
「神秘体験をする→価値観のコペルニクス的転回が起こる→万能感に支配される」というスパイラルを繰り返してやがては天まで昇る勢いになってしまったりするのです。

そして、万能感に支配されてココロが天に昇ってしまうと『その人』的には無敵になります。
「自分に出来ないことなど何もないのだ!」って感じでね…

最近以下のような話を拝見しました。
世界救世教という新興宗教の教祖が昭和26年頃にされた講話だそうです。

(引用はじめ)
神憑りの八、九割までが狐霊であって、狐霊の八、九割までが邪霊であるから人を瞞すことなど本能的であり、人間に悪いことをさせるのは何とも思わないどころか、むしろ面白くて仕様がないのである。
という訳で彼らの中でも高級なやつになると憑依する場合、何々神だとか何々如来、菩薩、竜神などと言い、本人にもそう思わせると共に人にも信じさせようとするので、御本人もすっかりその気になってしまい、生き神様扱いにされて多くの人から敬われ、贅沢三昧に耽るのがよくあり、これが狐霊の本性である。 
(引用終わり)

以上の内容について100%無条件に賛同するものではありません。
その宗教についても詳しいことは存じ上げませんしね。
ただ、「人が人外のモノに取り込まれていく過程」の描写としては相当的を射ているものだと感じます。

70年近い「過去」の発言ですが、21世紀の「現在」になっても基本的な状況はあまり変わっていないような気がします。
特に「何々神だとか何々如来、菩薩、竜神などと言い、本人にもそう思わせると共に人にも信じさせようとする」ってところとか…
今もまた龍が流行ってるみたいですしね。

「日本の有名な神や宇宙人、天使、龍」などが自分のバックに憑いてると感じるようになったり、そういったモノを自分が使役出来ると思ってたりする人がもし自分の周りにいたら気をつけた方がいいですよ。
それって冗談抜きで『マジで堕ちてく5秒前』って段階ですからねぇ…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

『万能感』を追い求めるほど人は『想像力』を失います

人間というのは本質的に無知な生き物です。
人間ごときが何でも分かるわけがないのですから当たり前です。

でも、知らない部分は何かで補わなきゃなりません。
その何かとは簡単にいえば想像力です。 
ここでいう想像力とは知らないなら知らないなりに一生懸命察したり慮ったりしようとする心の働きのことです。

先ず自分の無知を皮膚感覚で知ることが想像力を養う第一歩です。
逆に知ったつもりになればなるほど想像力を失っていきます。

想像力とは自分の無知を知ることから始まるからです。
「オレは何でも知ってるんだぜ!」みたいな人は想像力が乏しいと考えて先ずハズレはありません。

一生懸命察したり慮ったりしようとする心の働きが鈍くなると感情や感覚が鈍感になります。 
他人のものはもちろんそのうち自分の感情や感覚にまで鈍感になっていくのです。

先ず自分の無知を皮膚感覚で知ることが想像力を養う第一歩です。
逆に知ったつもりになればなるほど想像力を失っていきます。
「自分に分からないものは無いんだぞ!」という万能感に満たされるからです。

所謂一つの『スピリチュアル』の世界を外側から拝見していて感じるのは、万能感を渇望する人が集まるところだなぁってことです。
「人間はホントは万能であるはずだ」という価値観の元にして「どうやったらその万能感を得られるか?」を探求する世界のように感じます。
その根拠には「全知全能の神に似せて作られたのが人間だから」というキリスト教的な考え方が根底に横たわっているのだろうと推察します。

少なくともそこに「人間は本来的に万能ではない!」と認識している気配はありません。
そうじゃなけりゃ「引き寄せ」とか「ありのままに!」とか「覚醒した!」とかいう言葉がバンバン出てくるはずがないからです。

そういうのは「ワタシは何もかも分かってしまったんですよ」的な想いが根っこにあるからこそ出てくる言葉なんじゃないでしょうか。
或いは今全貌は分からなくても真理の探求が完成したあかつきには「何もかも分かるようになる時が必ず来るはずだ!」って想いが根底にある人の言葉なのです。

そんなこんなで「これさえあれば無敵になれるぜ!」みたいな凄いワザとかチカラとかを何とか手に入れたい、或いは手に入れることが出来ると信じている人が世の中には少なからずいらっしゃるのです。 
「人間の本質は万能である」という価値観に基づいてね。

そんな「無敵をもたらすスゴい技(仮)」を個人的に『魔法』って呼んできました。
ハリーポッターの物語に出てくるような不思議で強力な『あっという間に願いを叶えるチカラ』のことです。

しかし、その魔法を手に入れようとする行為では結局鈍感しか手に入らないのです。
所謂一つのスピリチュアル的な魔法を手に入れようとすることは人として一番大事な想像力から自らの意志で遠ざかることに等しいってことです。
そこんとこよくよく考えてほしいと願います。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

ランキング参加中


記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ