『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングに関するあれやこれや・自分が体験した不思議な出来事など思い付くまま気の向くままに野性の勘?で書き綴っております(笑)

但し書き

所謂一つの『但し書き』とスピリチュアル

眼に見えない世界のことはハッキリとした裏が取れません。
なので、言いたい放題になりがちです。

だから、誰かの言ってることが真っ当かどうかを判断する場合何らかの物差しが必要です。
私にとっては但し書きってのが一つのバロメーターになります。
『タダシ書き』が付けば辻褄が合わないことでも何とな〜く辻褄が合ったような気になりがちだからです。

タダシ書きってのは往々にしてダブルスタンダードの隠れ蓑として使われます。
ここでいうダブルスタンダードというのは「同じようなことをしていても自分は何時も正しいけど相手は間違っている」という風な矛盾した考え方のことです。

相対的な現実を絶対的なものとして固定化すると必ずそうなります。
現実は揺れ動いていますし、それに連れて自分という存在も常に揺れ動いているからです。

動いてるものを動かないものとして捉えれば歪みが出るのは当然です。
その歪みの一つがダブルスタンダードということです。

このダブルスタンダードの大きな問題としてはそれにハマっている人の多くが自分がダブルスタンダードだとは思ってないというところです。
それどころか大半は「自分は何時も真実の側にいる」と信じています。

で、辻褄が合わなくなります。
そして、辻褄が合わなくても気付かないのです。
或いは気付かないフリが『自分』に対して出来てしまうのです。

何故かといえば考えることにタダシ書きが多いからです。
タダシ書きが付くことで何とな〜く辻褄が合ったような気になるのです。

例えば「自分の拝んでるのは本当の稲荷のキツネだけど、誰それの拝んでるのは邪悪な妖狐である」みたいなことをおっしゃる方がいらっしゃいます。
「キツネは神さまです。ただし中には妖狐ってのがいてそれは妖怪なんです」ってな話です。
以上のように但し書きを付ければ解釈変更は幾らでも出来ますからねぇ。

で、「スピリチュアルは基本全部偽物である。ただし、私のスピリチュアルだけは本物なのだ!」
或いは「世の中にあるヒーリングと名のつくものには効果が無い。ただし、自分のやっているヒーリングだけは効果絶大である!」
こんな感じのことを本気で信じてしまう人も出てきます。

スピリチュアルな世界には脱スピリチュアルや偽物のスピリチュアルを糾弾することを謳うブログとかが結構多いのも特徴です。
しかも、そういうブログほど良くも悪くもコテコテのスピリチュアルだったりします。
ご本人たちは多分無自覚でしょうが…

但し書きが多いスピリチュアルな世界の中でもその界隈は特に但し書きの宝庫であろうと個人的には思っています。
まあ、スピリチュアルなのに「ただし、自分は (悪い意味での) スピリチュアルとは全然違うのだ」みたいに考えてる時点で後はお察しください。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ





※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

所謂一つのスピリチュアルな世界の曖昧模糊としたコトバ

眼に見えないアチラ側のことってのは往々にして『言ったもの勝ち』の世界です。
誰にでも掛け値なく分かる『裏付け』が何処かにあるわけじゃないのでね。

だから、逆に誰かの言ってることが真っ当かどうかを判断する為には何らかの物差しが必要になります。
まぁ、物差しというより判断の為の材料と言った方が近いかも知れませんがね。

『タダシ書き』ってのはその材料の中でも重要な要素です。
それは辻褄が合わないことでも何とな〜く辻褄が合ったかのように見せる『接着剤』になるからです。

例えば「自分の拝んでるのは本当の稲荷のキツネだけど、誰それの拝んでるのは邪悪な妖狐である」みたいなことをおっしゃる方がいらっしゃいます。
「キツネは神さまの使いです。ただし中には妖狐ってのがいてそれは妖怪なんです」ってな話です。

以上のように『タダシ書き』を付ければ解釈変更は幾らでも出来ます。
「可能性は無限大!」ってヤツです。

っていうか色んな人々があの手この手で解釈変更をしまくっているのが所謂スピリチュアルの世界なんだろうと感じます。
解釈を変えれば基本設定も変えられますしね。

例えば「物の怪も祀れば神に成る。ただし、祀るのを止めれば祟りを為す」なんて話があります。
「『祀れば神、祀らねば物の怪』って何じゃいな?」って個人的には思いますけどね…
設定のやり方次第で何にでも変更可能ってことです。

で、この何でも変更を可能にしているのが設定そのものの曖昧さです。
スピリチュアルな用語ってのは一般的な言葉に比べても、より一層『意味』が曖昧模糊としています。

その意味付けのボンヤリ感が設定変更には都合がいいのでしょう。
つまりは『タダシ書き』を付けやすいってことです。

例えば魔物、悪魔、悪霊…似たような言葉ですよね。
それらの言葉はあちこちですご〜くテキトーな感じで薄ぼんやりと使われています。

言葉の『意味』がハッキリしないと何が何やら分かりません。
逆にいえば何が何やら分からないなら、どんな『解釈』でも可能だってことです。
『タダシ書き』という接着剤で幾らでも繋いでいけますしね。

ただね、そうやってボンヤリとボンヤリを繋ぎ合わせてても、長い目で見てればボロは出てきます。
ここでいう「ボロが出る」というのは、「どうにもこうにも話の辻褄が合わなくなっていく」ってことです。
「机の上の理屈として」ではなく、その身に現れる『現実』としてね…



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

タダシ書きはマヤカシを見破るための一つの物差しです

眼に見えない世界のことはハッキリとした裏が取れません。
なので、言いたい放題になりがちです。

だから、誰かの言ってることが真っ当かどうかを判断する場合何らかの物差しが必要です。
私にとっては但し書きってのが一つの物差しになります。
『タダシ書き』が付けば辻褄が合わないことでも何とな〜く辻褄が合ったような気になりがちだからです。

例えば「自分の拝んでるのは本当の稲荷のキツネだけど、誰それの拝んでるのは邪悪な妖狐である」みたいなことをおっしゃる方がいらっしゃいます。
「キツネは神さまです。ただし中には妖狐ってのがいてそれは妖怪なんです」ってな話です。
以上のように但し書きを付ければ解釈変更は幾らでも出来ますよね? 

でも、但し書きが全部ダメだっていうわけではありません。
元々0か100かの話ではないですしね。

例外はあちこちにあるものですが、その例外を盾に強引に辻褄を合わせようとするのがオカシイと申し上げています。
で、そういう人が世の中には大勢いらっしゃるのです。

特にスピリチュアルな世界では最初にも申しました通りやりたい放題です。
タダシ書きオンパレードなんです。

「元気があれば何でも出来る!」じゃないですが、「ただしって付ければ何でも説明出来る!」って本気で思ってる人が結構いそうで怖いのです。
ジョーダンじゃなくてマジでね!

本物を見分ける一番簡単な方法は、但し書きの数と質を見ればいいです。
それは但し書きの数と質を物差しとして使うってことです。

タダシ書きってのは往々にしてダブルスタンダードの隠れ蓑として使われます。
ここでいうダブルスタンダードというのは「俺の物は俺の物、お前の物も俺の物」という風な恣意的な考え方のことです。

(引用はじめ)
「ダブルスタンダード」とは二つ以上の類似した事象に対して一貫性のない別の判断をそれぞれの事象につけるような行為・態度。
(引用終わり)

例えば死後の世界についてワールドワイドに一貫性のあることをおっしゃっている『霊界の事情通』を寡聞にして存じ上げません。
宗教だとか人種だとか時代だとかでコロコロ変わる死後の世界って何なのでしょう?

その説明は各人各様で『てんでんばらばら』です。
そして、あまりに整合性を取れなくなったら苦し紛れにタダシ書きを付けるのです。
そういう意味で但し書きは一貫性の無さの印です。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

ダブルスタンダードと『タダシ書き』のマジック

絶対的な「正しい!」に取り憑かれるとダブルスタンダードになります。
ここでいうダブルスタンダードというのは「同じようなことをしていても自分は何時も正しいけど相手は間違っている」という風な矛盾した考え方のことです。

相対的な現実を絶対的なものとして固定化すると必ずそうなります。
現実は揺れ動いていますし、それに連れて自分という存在も常に揺れ動いているからです。

動いてるものを動かないものとして捉えれば歪みが出るのは当然です。
その歪みの一つがダブルスタンダードということです。

このダブルスタンダードの大きな問題としてはそれにハマっている人の多くが自分がダブルスタンダードだとは思ってないというところです。
それどころか大半は「自分は何時も真実の側にいる」と信じています。

で、辻褄が合わなくなります。
そして、辻褄が合わなくても気付かないのです。
或いは気付かないフリが『自分』に対して出来てしまうのです。

何故かといえば考えることにタダシ書きが多いからです。
タダシ書きが付くことで何とな〜く辻褄が合ったような気になるのです。

例えば「自分の拝んでるのは本当の稲荷のキツネだけど、誰それの拝んでるのは邪悪な妖狐である」みたいなことをおっしゃる方がいらっしゃいます。
「キツネは神さまです。ただし中には妖狐ってのがいてそれは妖怪なんです」ってな話です。
以上のようにタダシ書きを付ければ解釈変更は幾らでも出来ますよね? 

他にも神社仏閣をスピリチュアルにやたらと鑑定したがる方とかいらっしゃいます。
そういう方は「A神社とB神社は同じ系統の神様を祀っている。ただし、B神社の方は今は魔物が入り込んでるから良くない」なんてことをおっしゃるのです。

そうやって恣意的な判断を繰り返すと結局「何でもあり」になります。
「何でもあり」のマジックハンドで正当化と正統化が可能になるのです。
もちろん「その人の中では」ですけどね…

(引用はじめ) 
正当化
自分の言動などを、道理にかなっているように見せること。
正統 
その時代、その社会で最も妥当とされる思想や立場。 
(引用終わり)

何が危険かってダブルスタンダードと但し書き理論が揃えば「何でも正しい!」って風に装えることです。
自分を納得させるための『理屈を超えた理屈』としてね。

そして、多くの人々がその危険性に気付いてないのが一番危険だと感じます。
ゆるゆると確実に心が腐っていくところがね…



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00  

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

決めつけと思考停止とスピリチュアル

「幽霊なんているわけない!何故なら自分は見たことがないからだ!」って人が世の中には結構いらっしゃるみたいです。 
「それって不思議だな」とずっと思ってきたのです。

 その思考方法が不思議なのです。 
先ず幽霊以外の何かを判断する場合を考えてみてください。

一般社会で何でもかんでも「自分が知らないからそれは無いのだ」って言い張る人がいたら単に「無知な人だな(~_~;)」と認定されるでしょう。
例えば「地球が自転してるなんて誰が見たんだよ⁉︎  教えろよぉ〜(笑)」みたいなことを本気で言ってたら嗤われます。

会社の会議など何かのプランを提案する場面では、それなりの根拠を示した上でプレゼンしなければ相手にされないはずです。
逆に何の根拠もなく「そんなプランはあり得ない!」って一刀両断にしたら周りは納得するんですかね?
普通は納得しませんよね。

別にここで幽霊否定派の人に「幽霊を信じろ!」なんて押し付けたいわけではありません。
何を信じようと信じまいとそれぞれの自由です。
ただ、「オレがいないって言ってんだからいないに決まってんだろ!」というジャイアン的な物の捉え方はアブナイんじゃないかと申し上げたいのです。

じゃあ、ここから何がアブナイかについて箇条書きにします。

1. 自分自身の決めつけによって思考停止に陥ってしまう。
思考停止することによって心の中が澱んで劣化が早まる。
先ず「幽霊は居ないに決まっている」みたいな『固定された心の場所』から話が始まるので思考の柔軟性が低下する。

2. 何でもありの『タダシ書き』思考をするようになる。
幽霊否定だけが他の事柄を判断するルールと違うので『但し書き』を付けざるを得ない。つまり一般的な筋道を適用出来ない。
しかし、『タダシ書き』ばかり付けていると『例外』だらけになってドンドン辻褄が合わなくなっていくのを止められない。

3. 「幽霊なんているわけない!何故なら自分は見たことがないからだ!」って簡単に言い切れるのは所謂『世間の常識』ってヤツが全面的に自分をバックアップしいてるという安心感があるから。
少なくともそういうことをおっしゃる人の心の奥底には「正義は常に我にあり」って想いがバッチリあるはず。

まあ、すごく権威主義的なんですよね。
しかもその権威主義にご自身は気付いてないからエスカレートしやすい。
借り物の権威で他者を圧しようとしたりね…

以上が「幽霊なんているわけない!何故なら自分は見たことがないからだ!」って考え方がヤバい理由です。
でも、これは幽霊否定派だけではなく、実は正反対のはずのスピリチュアル礼賛派の人にも結構多い思考方法なんですよね。
「絶対の真理みたいなモノを自分はいつも味方に付けてるんだ」って感じが満点なところがね…



『このブログを浄化します』 

募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

波動のレベルと散りばめられたフェイク

波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。

何度も書いてきましたが、真実は何時もシンプルでナチュラルです。
しかしながら、その本来シンプルでナチュラルなものが何時でも必ず分かりやすい状態に置かれているかと言えばそうとは限りません。

それは何故か?
この世が真贋ごちゃ混ぜのマーブル模様の世界になっているからです。

つまり、贋モノが大量に出回っているために先ず贋モノがどういうものが見極めることが必要になります。
本物自体は幾らシンプルでナチュラルであっても先に大量のフェイクの罠を掻い潜らないことにはそこまで辿り着かなかったりするのがややこしいわけです。

例えば強力なチカラを持つ物の怪であれば人間の感覚を狂わすことが可能です。
実際夢に出てくる天使の振りをした所謂『悪魔』は神々しく光り輝いて非常に暖かい存在に感じられたというような話が色んな方の体験談としてあります。
それは所謂『キツネに化かされた』状態と同じなんだと思います。
無いものを有るように見せ掛けたイリュージョンだということです。
ドヨヨ~ンとしたものをスカッと見せたり、暗いものを明るく見せたりしているのです。

夢で悪魔に騙されなかった人は理屈ではない『違和感』を感じたと言います。
幾ら神々しくても何処かしっくりこないのです。
そのしっくりこない感じを大切にしてほしいと思うのです。

あと、自分が化かされていることに気付かずに物の怪の作ったマトリックスな世界を真実だと信じ続けてしまっている人がいます。(スピリチュアルな世界に多いですが)
マトリックスな世界はシンプルでもナチュラルでもないので、そういう方々は但し書きや注釈を加えて何とか辻褄が合うようにしようと一生懸命になります。
それって結局楽にはならないんですけどね…

まあ、そんな訳でこの世に存在するってことはある意味「詐欺師とかがウヨウヨ居る猥雑な街の巷をずっと歩いて行くようなもの」です。
そこにいる詐欺師たちの話が幾ら上手であっても所詮はフェイクだということです。
そのフェイクの間に砂金のように本物が交ざっているのもまた事実ですが… 


『このブログを浄化します』


ブログランキング参加中!このブログがお気に召したらクリックお願いします↓↓

癒し・ヒーリング ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 http://wiki.livedoor.jp/orion12/d/

営業時間:月~土 10:00~21:00

ご予約はメールにて24時間受け付けております。
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。
メールアドレス:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

怪奇現象と波動のレベル

以前にも申しましたが、私の携帯電話は日々何だかんだとあり、ちゃんと動かないのが最早普通と化しております(笑)
型落ちとはいえ一応新品になったんですけどね…

携帯電話に限らず電波や電気に関わるアイテムは波動的な影響を受けやすいようです。
波動的な影響と言っても大体は物の怪のせいなんですけどね。
スピリチュアルな人の中にはそういったエネルギー的な現象を「波長が合わないためだ」とおっしゃる方がいらっしゃいます。
いわば彼我の相性が原因というニュアンスなんでしょうね。
「自然霊みたいなものでも相性が悪ければ様々な怪しい出来事が起こるし、良ければ次々に幸運が舞い込んでくる」というようなことみたいです。

まあ、でも私個人はそんな風には思いません。
繰り返し述べてきたように、波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。

例えば突然パソコンが誤作動したりフリーズしたりするとしたらそれは波動のレベルの低いエネルギーの影響を受けているからであって、キツネやヘビなど所謂『眷属』とかいう存在との相性が悪いせいなどではないということです。
「このキツネはチカラは強くてご利益も凄いけどその分扱いが難しくて気を付けないと祟りますよ」みたいな注釈が要るとしたら結局そういう『但し書き』が必要な波動のレベルの存在なのです。

真実は何時もシンプルでナチュラルであり、矢鱈と『特別』とか『例外』の多い話に対しては眉に唾をつけたほうが無難です。
要するに幾ら尤もらしい理屈を付けたところで、怪奇現象を引き起こすようなエネルギーに波動のレベルの高いモノはないということです。


『このブログを浄化します』


ブログランキング参加中!このブログがお気に召したらクリックお願いします↓↓

癒し・ヒーリング ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 http://wiki.livedoor.jp/orion12/d/

営業時間:月~土 10:00~21:00

ご予約はメールにて24時間受け付けております。
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。
メールアドレス:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

波動は自然の法則で動くもの

波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。

波動のレベルというのは自然の流れで変わるものだと思います。
自然というのは当たり前ですがこの地球の上普くあるものです。
その時その場所で形態は様々ですが、根っこの部分は共通しています。

共通しているからこそ人類の科学は発展してきました。
もし自然に世界共通の法則性がなければ産業も貿易も成り立ちません。
それぞれの民族、それぞれの文化、それぞれの宗教で『自然』というモノが別々なら貿易なんて必要ないからです。
単純な話電車はアメリカでも日本でも中国でも構造は基本的に同じです。

波動というものもアメリカだろうとイスラム教だろうとロシア人だろうとこの日本でいう波動と同じ波動です。
まあ、当たり前ですが…

何故こんなことをくどくどと述べるかと申しますと、スピリチュアルとかのお話になった途端自然の法則は度外視されてしまうことが多いからです。
たくさんの注釈と但し書きによって…

根本的には日本で通用することは他の国でも通用するし、逆もまた真なりです。
ニュートンの法則が全世界で通用するように!

眼に見えない世界だけは自然の法則性の圏外にあるとはどうしても考えられません。
だって、地球の中で起こることはすべて地球の自然の一部だからです。

要するにそれが本当なら本質的な部分はワールドワイドに通用するのが当たり前ということです。
スピリチュアルであろうとなかろうとね

真実は何時もシンプルでナチュラルです。


『このブログを浄化します』


ブログランキング参加中!このブログがお気に召したらクリックお願いします↓↓

癒し・ヒーリング ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 http://wiki.livedoor.jp/orion12/d/

営業時間:月~土 10:00~21:00

ご予約はメールにて24時間受け付けております。
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。
メールアドレス:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

波動の本質とエネルギーの感じ方

波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。

波動は感じるものですのでその感じ方は千差万別です。
例えば波動のレベルが低いのでもズシンと感じるかグワ~ンと感じるかドヨヨ~ンと感じるかは人にもよるし時と場合にもよるでしょう。
重いと言っても色んな重さの感じ方があるということです。

ただ、波動が高いとされるモノを如何なる感じ方であろうと、もし重く感じるとしたらやっぱりおかしいのです。
それは多分波動の感じ方のセンサーが狂っているか元々波動が高くないかのどちらかだと思います。
もし有名な書籍や著名な人物が「これは凄く善いものだ」と明言していたとしても。

真実は何時もシンプルでナチュラルです。
1+1が時と場合によって3になったり4になったりすることなどありません。
但し書きを付けて例外を作ることは出来ないのです。

何故こんなことをしつこく書くのかといえば、波動的なことに関して色んな『但し書き』や『例外』を主張される方々が世の中には後を絶たないからです。
「この波動エネルギーは荒々しくて重く感じる人もいるかも知れないけど、その分パワーは強くて効果があるんです」とか
「〇〇の波動エネルギーは強い分頭が重くなったり一時的に気分が悪くなる人が中にはいるかも知れませんが、それは一種の好転反応で心配いりません」みたいな理屈を展開されます。
展開されるのは自由ですが波動的な真実を伝えているかはまた別のお話です。
そして、何よりもそういう波動エネルギーを使うことで苦しむ人が出ないことを願うのです。

出来るならみ~んなが温かで穏やかな波動に包まれますように


『このブログを浄化します』


ブログランキング参加中!このブログがお気に召したらクリックお願いします↓↓

癒し・ヒーリング ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 http://wiki.livedoor.jp/orion12/d/

営業時間:月~土 10:00~21:00

ご予約はメールにて24時間受け付けております。
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。
メールアドレス:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

『賢い人だけが見える糸』とクリアーな心

波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。

以上のようなことを繰り返し何度も書いてきましたが、 波動のレベルを知るのは結局己れの『感覚』だということです。
それが自分の心の声なのです。
この心とは顕在意識の表層ではなく胸の奥にあるハートのことです。

ただ、顕在意識がクリアでなければハートの声は感じにくくなってしまいます。
クリアでない人ほど頭の中に何故か知識や思考をいっぱい詰め込んでいます。
もちろん何を詰め込もうとそれぞれの自由ですが、それが現実の場面で先入観の元になりやすいのは確かなようです。

スピリチュアルな人のほうが反って理屈に片寄ってしまう人が多いのは何故なんでしょうかね…
例えば聖書や仏典に自分の理論の正当性の根拠を求めたり、著名な人物の語ることに自らの言葉の裏付けを求めたりされます。

申し訳ないのですが、『但し書き』の多いお話・『注釈』の多い理屈には思わず眉に唾を付けてしまうのです。
だって、何だかそういうのって熱心に説明されればされるほど真実味を感じづらいんですよね~。

ごめんなさいm(__)m
でも、それが私の偽らざる『感覚』なんです。
それは波動を感じているのと同じ意味の『感覚』です。

賢い人しか見えない糸(賢者の知識)など求めるより「王様は裸だ!」と素直に叫んでしまう少年のココロのほうを大切にしてほしいなぁと切に願います。
そのほうが圧倒的に楽しいと思うから(笑)

真実は何時もシンプルでナチュラルです


『このブログを浄化します』


ブログランキング参加中!このブログがお気に召したらクリックお願いします↓↓

癒し・ヒーリング ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 http://wiki.livedoor.jp/orion12/d/

営業時間:月~土 10:00~21:00

ご予約はメールにて24時間受け付けております。
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。
メールアドレス:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

ランキング参加中


記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ