『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングに関するあれやこれや・自分が体験した不思議な出来事など思い付くまま気の向くままに野性の勘?で書き綴っております(笑)

憑かれる

「これはフィクションです」という体の話 (捧げモノ篇)

よくテレビドラマとかの最初に出る定型文みたいなのがありますよね?
こういうヤツです↓

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

このブログは基本的に私の実体験を基にその経験から導き出された「独断と偏見」または「独断と妄想」を文章にしたものです。
ただ、そのまんま書いて色々と差し障りが出ると困るので、それなりに『書くこと』に躊躇いがあったりもするんですよね。
なので、時には実名をボカしたり、時にはハードな内容はわざとソフトに緩めたりして語ってまいりました。

でも、それじゃピンボケ過ぎて、中々核心が伝わりにくいこともあるのかなって気が、最近特にするのです。
で、これからは実験的に「あくまでもこれはフィクションです!」という体(テイ)で、少し踏み込んだ内容の記事を時々書いてみようと考えております。

中身については『こんなの全部作り話だろ!」と思っていただいても結構だし、「幾ばくかの事実が含まれているかも知れない…」とっていただいても結構です。
読む人にとって、少しでも何かのヒントになれば幸いと存じますm(_ _)m

以前にこのシリーズで呪術合戦の話を2度ほどしました。
しかもそれは国を超え時を越えて組織的に行われてたりもするって話をです。
今回もその系統のお話になります。

現世は目に見える部分でも生き馬の目を抜くような世界である。
ましてや眼に見えない部分ではもっと凄まじい「やるかやられるか」の暗闘が繰り広げられている。

それは現実の利害損得と深く関係している。
表側の巨大な利権を巡り、裏側では呪術合戦が日々行われているということだ。

そういった呪術合戦が時空間を跨いで大勢の人々を巻き込み、多大な影響を与えてきたのだ。
遥か昔から歴史の歯車を回すカタチでね…

手塚治虫に『どろろ』という漫画がある。
ざっくり言えば武士である父親が己れの立身出世のための生贄として自分の息子の身体のパーツをたくさんの妖怪変化に捧げるという話だ。

それと似たようなことは実際に世界のあちこちにはある。
中には自分たちの栄耀栄華のために息子どころか末代までの子孫すべてを『捧げモノ』にしてしまう人間も居た。
全部じゃないが、憑き物筋と呼ばれる家系の中にもそんな血筋があったりもする。

もっと言えば、民族ごと全部『捧げモノ』にしてしまった人々とかも居る。
この『捧げモノ』ってのは、その時代だけではなくその民族が存在する限り半永久的に続く契約となっているのだ。

その人々は今も自らのことを『契約の民』と呼び、いにしえの契約書のことを『聖書』と呼んでいる。
そして、今現在も世界史に多大な影響を与え続けているのだ。
この世の裏側には闇より深い暗黒が潜んでいるのかも知れない…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「マジで憑かれる5秒前」のサイン

『憑かれる』といってもオカルト映画か何かみたいに異常でド派手な怪異が目の前で分かりやすく起こるなんてことは滅多にありません。
もしもそういうことが起こるとしても随分状況が進行してしまった後のことでしょう。
所謂『末期症状』ってことです。

最初はその人の内側からジワジワとゆっくり浸食されていきます。
水の中に一滴一滴墨汁を垂らしていくようにね…

透明な水の色は墨汁の闇の色に少しずつ少しずつ染まっていきます。
浸食された部分は自分では無いモノに差し替えられていくのです。

差し替えられた部分は元からある部分と比べてもよくよく観察しないと違いが分かりません。
よく見れば違うのですが、ちょっと見には違いが分からないくらいの速度で憑依するモノの色に染まっていきます。

差し替えられた部分が大きくなればなるほど周りから見れば明らかにオカシク見えるようになります。
元々持っていた『その人の色』では無くなるからです。

でも、大抵の場合そこまで行くには相当な時間が掛かることでしょう。
一瞬で何かに入り込まれるなんてことは早々ないですから
あるとすれば、完全に心神喪失状態になっているか、その人ご自身が進んで人外のモノに己れを捧げているか、のどちらかでしょう…

繰り返しになりますが、憑かれるというのは基本ジワジワとゆっくり変わっていくということです。
だから、軽く考えてる人が多いのです。
ただ、それを軽視してずっとほって置くと最後には丸ごと全部持っていかれるかも知れません。

最近また「地味ぃ〜に憑かれてる」状態の実例を拝見しました。

(引用はじめ)
隣に寝ている娘が「足が痛いからマッサージをして!」と頼みます。私はマッサージをします。「ヒーリングをしようか?」と声をかけると「ヒーリングはいらない」ときっぱり断られた。と、その後すぐに「宇宙存在からヒーリングしてもらった方がいいって言われるからやっぱりヒーリングして!」とヒーリングを求めます。宇宙存在っていうのも笑えるけれど耳元でハッキリと言われるから娘もそれに答えるしかなさそうだった。
(引用終わり)

これの何が問題かっていうと「自分がしたくなかったことを眼に見えないモノに指示されてわざわざしていること」です。
要するに言いように操られているわけです。

そして、人外のモノに操られていることを進んで許容してしまっています。
それを「良いこと」だと思ってむしろ積極的に受け入れようとしているのです。

この進んで許容する状態こそが「マジで憑かれる5秒前」のハッキリとしたサインです。
見逃さないで対処してほしいと切に願います!

関連記事   憑依の連鎖


『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

ご本人が望んで起こる『完全憑依』

所謂『憑かれる』といってもオカルト系の漫画みたいにド派手な怪奇現象が起こるなんてことはそうそうはありません。
もし起こったとしても随分状況が進行した段階でのことです。
それも誰にでも分かることってのは少ないでしょう…

憑きモノってのは最初はその人の内側からジワジワとゆっくり浸食していきます。
浸食した部分はその人じゃないモノにアハ体験のように差し替えられていくのです。

アハ体験というのは、差し替えられた部分がご本人からは分かりづらくなってるという意味です。
意識して見れば違うのでしょうが、意識しなければ中々違いが分からないでしょう。

差し替えられた部分が大きくなればなるほど周りから見れば明らかにオカシク見えるようになります。
良くない意味で変化が表面にまで現れるってことです。

ただ、幾らオカシクたってその人が自分のオカシイことにピンと来なければそのおかしさに遅かれ早かれ慣れてしまいます。 
やがてそのオカシイ方がごく当たり前のことのように感じられるようになるのです。その人の中ではね…

そこまで来るともう浸食のスピードはジワジワでもゆっくりでもなくなります。
一挙にその人でないモノに中身を呑み込まれ、人でないモノに差し替えられていくのです。

しかし、世の中には憑かれたことを良い意味でスゴいんだって思ってる人が結構いらっしゃいます。
「何処ぞの神さまが憑いた!」とか「龍が憑いた!」とか憑き物自慢をされる方々です。

その方々からしたら多分「良いモノに憑かれるのは所謂一つの『憑き物』と全然は違うだろ!」ってことなのかも知れません。
でも、何がどんな風に憑かれようと『憑かれる』ってことには変わりはないのです。
現実にナニかに憑かれて、人として良くなったなんてケースに出会ったことはないですしね…

(引用はじめ)
夫婦共々毎日神憑りしてますが、夫婦にとってこれが普通の日常です。ほぼ赤龍王の意識で喋るので主人は少し萎えてますが、主人は主に雲龍の意識でたまに黄龍王の意識ですね
(引用終わり)

そもそも憑かれるってのは「自分の心や身体の中に自分じゃないモノが侵入してくること」を意味してるわけです。
相手が何だろうと憑かれるってのは『異物』に侵入されることに他なりません。

ましてやそんな『異物』に自分の言葉を明け渡して、そいつの意識でお喋りしてるとか相当ヤバいところまで行っちまってると言えるでしょうね。
いつ心を完全に乗っ取られて全面的に憑依されても不思議ではない状態かと思います。
ご本人がそれを望んでる状況ですから…(ー ー;)



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

ガッツリ何かに憑かれたら本人には『それ』が分からなくなります

「身も心も支配されて完全に操られている状態」を所謂『憑依』とするならそういった人はごく少数でしょう。 
ただ、様々な波動エネルギーの影響を受けて、心や身体に大きく変調を来たしてしまう人というのは世の中には大勢いらっしゃいます。 
そういった状況をここでは一応「憑かれた状態」としておきます。 

『憑かれた状態』といってもオカルト映画みたいな誰でも分かるド派手な怪奇現象が起こるなんてことはまずありません。
見た目はもっとずっと地味です。

最初はその人の内側からジワジワとゆっくり浸食されていきます。
浸食された部分は本来のその人では無いモノに差し替えられていくのです。

差し替えられた部分は元からある部分と比べると擬態したカメレオンみたいになっています。
よく見れば違うのですが、ちょっと見には違いがわからない感じと申しましょうか…

差し替えられた部分が大きくなればなるほど周りから見れば明らかに言ってることや行動がオカシク見えるようになっていきます。
「何かあの人オカシイよね!」って感じも増大していくのです。

ある意味その時が『憑かれた状態』から引き返せる最大のチャンスです。
明らかにオカシイことが隠せなくなっているからです。

しかし、世の中には『憑かれた状態』をすごく良いことだと勘違いされる方が結構いらっしゃいます。
神社巡りとかをすることで何か特別なチカラを授かろうなんて考えのあるスピリチュアルな人の中にはそういうタイプは多い気がします。

その手の方々からしたら上記の『憑かれた状態』というのが、多分「所謂カミサマとかに自分だけが手厚く構ってもらってるスペシャルな状態」のように感じられているのでしょう。
実際以下のような事例も拝見しておりますしね…

(引用はじめ)
神社に行って自分が気がついていなくても、参拝することでそこの神社の神様とご縁が結ばれたり、実際に落ちた氣を補充してくれたり、あなたを後押しするために見えない眷属を授けてくださったり、あなた自身が神社に力を与えるために呼ばれていたり、その時はわからなくても参拝した意味はちゃんとあるんだって
(引用終わり)

つまり、呼ばれていった神社仏閣とかで、人外のモノと悪魔の契約をしたり、物の怪パワーを注入されたり、目に見えない何か変なモノを憑けられたり、生命力をチューチュー吸い取られたりするわけです。
呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーンとそういう場所に行かされてる時点で、すでに『相当ヤラレてる状態』なんですけどね…
その上なおも引き寄せられるように、ほにゃららホイホイに引っかかるみたいにヤラレに行く『鴨ネギな人』が後を絶ちません。
残念なことですがね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

所謂一つの『操れる系』と「マジで堕ちてく5秒前」

「全部とはいかないけど、この世の可成りの部分はテクニカルに操れるんじゃないか」と考えてる人って世の中には結構いらっしゃる気がします。
そういう人々の心の奥底には「やり方さえ間違わなければ人間なんて簡単に操作出来る! チョロいもんだ!」っていう想いがあるのでしょう。
その手のメンタリティを持つ人をごく個人的に『操れる系の人』と呼んでいます。

何故「チョロいもんだ!」と思ってるかというと、過去に人を操ることが出来た成功体験を『経験値』として持っているからです。
簡単にいえば、操ることに一度ならず何度も成功したので、人間なり世界なりをナメ切ってるんですよね…

例えば目端の利く女の子なら早いうちから『男』の方から手を貸させる手練手管とかを覚えたりするものです。
良くも悪くも『生きるための知恵』としてね。

そういう経験を積み重ねて所謂『世渡り上手』になった女性は若いうちから「世の中なんてチョロいもんさ!」と見切ったりします。
そして、色んなことが自分の思い通りに操れるんだと勘違いし出すのです。

その人が美形なら尚更、世間を自分の手のひらの上で転がしてるような気分になったりもします。
まぁ、男性でもそれと似たような人はごまんといらっしゃるでしょう。

これって霊能者とか呼ばれるような人たちでも同様です。
眼に見えない世界のことで色々と見えたり聞こえたり操ることが出来たりしたら、それが『普通で当たり前のこと』だと信じるようになるのです。
そういう霊能者みたいな人々が操るエネルギー体をここでは仮に式神と呼びます。

ここでいう『式神』とは特定の人間や集団などが何らかの霊的・呪術的な方法を用いて意図的に使役することの出来るエネルギー体全般のことを指します。 
昔の陰陽道で言わていたような狭義のモノとは違うとお考えください。

今の世でも呪術的な方法によって何らかのエネルギー体を使役しようと試みる人々は後を絶ちません。 
使役されるエネルギーには死霊・生き霊・物の怪・オニなど様々なモノがあります。
当然その大きさやそのチカラの強さも千差万別です。
 
ただ、操ってる者がその『式神』をいつでも何処でも操れ、制御出来る保証なんてありません。
場合によったら操ってる者と『式神』の関係性がひっくり返ることも十分あり得るでしょう。

一言でいえば取り憑かれるってことです。
そうやって取り憑かれた者は『式神』だったモノに逆に操られるようになります。

一番恐ろしいのは取り憑かれてる人ほど操られているのに操っているつもりになることです。
それどころか「オレって何でも操れるようになったぜ! スゲェ!」くらいの勢いになります。

以前「人は『マジで堕ちてく5秒前』が一番万能感に溢れている」って話をしました。
人外のモノを操っているつもりで操られるようになった状態の人がまさに『それ』です。

なので、「自分は眼に見えない存在を自在に操れるんだ!」みたいなことを普通に言う人には近づかない方が無難です。
その話がどこまで本当か嘘かに関係なくね…




『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「ホントの霊能力は神さまがくれるモノだ」とかいう話

「身も心も支配されて完全に操られている状態」を所謂『憑依』とするならそういった人はごく少数でしょう。 
ただ、様々な波動エネルギーの影響を受けて、心や身体に大きく変調を来たしてしまう人が世の中には少なからずいらっしゃいます。 
そういった状況をここでは一応「憑かれた状態」としておきます。 

「憑かれた状態」といっても最初はその人の内側からジワジワとゆっくり浸食されていきます。
浸食された部分は本来のその人では無いモノに差し替えられていくのです。

差し替えられた部分は元からある部分と比べると擬態したカメレオンみたいになっています。
よく見れば違うのですが、ちょっと見には違いがわからない感じと申しましょうか…
差し替えられた部分が大きくなればなるほど周りから見れば明らかに違和感が大きくなっていきます。

その時が『憑かれた状態』から引き返せる最大で最後のチャンスです。
明らかにオカシイことが本人以外には隠せなくなっているからです。

ただし、引き返すためにはその人自身の明確な認識が重要になります。
自分の状態のおかしさにはっきりと気付くことが必要なのです。

しかし、世の中には憑かれたことを良い意味でスゴいんだって思う人々がいらっしゃいます。
「何処ぞの神さまが憑いた!」「龍が憑いた!」といって憑き物自慢をされる方々です。

その方々からしたら多分「良いモノに憑かれるのは所謂一つの『憑き物』と全然は違うだろ!」ってことなのかも知れません。
「未成仏霊とかの良からぬモノに憑かれるのとは話が違うよ!」って感じなのでしょう。

でも、何がどんな風に憑こうと『憑かれる』ってことには変わりはないのです。
現実に「憑かれて人生良くなった!」なんてケースに出会ったことはないですしね…

そもそも憑かれるってのは「自分の心や身体の中に自分じゃないモノが侵入してくること」を意味します。
相手が何だろうと憑かれるってのは『相手に自分を奪われていくこと」に他なりません。

(引用はじめ)
私たちが本当に身につけなければならないのは、あてものをするような低級な霊能力なんかではなく、周りの人も自分も幸せになる神霊能力です。
神霊能力は言葉の通り真正の神がかりによる、能力です。
(引用終わり)

最近また以上のような文章を拝見しました。

真正の神がかりって一体何でしょう?
ていうかその『カミ憑り』の正体どうこういうっていう前に「誰にとっても神憑りは良いものだ!」って前提になってる時点でもう十分危険な話だなと個人的には思うんですけどね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

見えないモノに少し触れることと所謂『憑依』との違い

所謂『憑かれる』といってもオカルト映画みたいな誰でも分かるド派手な怪奇現象が起こるなんてことは滅多にありません。
もし起こったとしても随分状況が進行した段階でのことでしょう。

最初はその人の内側からジワジワとゆっくり浸食されていきます。
浸食された部分は自分では無いモノに差し替えられていくのです。

差し替えられた部分は元からある部分と比べると擬態したカメレオンみたいになっています。
よく見れば違うのですが、ちょっと見には違いがわからない感じと申しましょうか…

差し替えられた部分が大きくなればなるほど周りから見れば明らかにオカシク見えるようになります。
違和感も増大していきます。

でも、大抵の場合そこまで行くには結構な時間がかかっていると思います。
一瞬で何かに入り込まれるなんてことは早々ないですから。
もしあるとしたらものすごく心が不安定で弱ってる状態でしょう。

(引用はじめ)
こういう時は湯船に熱めのお湯をはって日本酒と塩を入れ、お風呂に入ります。
さらにお風呂でゴスペル唄ってました。
魔を追い払うイメージで。
で、今朝起きたらスッキリでした。
なんともありません。
魔は無事に追い払われたようです。
(引用終わり)

最近以上のような文章を拝見しました。
この方はご本人曰く「魔に憑かれた」のだそうです。

この方のおっしゃる魔ってのがどういうモノか分かりませんが、憑かれたというよりひっ付かれた程度のようです。
ていうか単に身体が疲れただけのような気もしますけどね…
何しろお風呂に入って取れるくらいのモノですから。

この魔に憑かれたという言葉が、単なる例えとして使われているのならいいのですが、そうじゃないのなら厄介です。
お風呂に入って取れるくらいのモノが魔物だと本気で信じておられるのならね…

一生本物の憑依物に出会わなければいいのですが…
出会ってしまったならキツい状況になるでしょうねぇ…

スピリチュアルな世界にはこういうタイプの方って少なからずいらっしゃる気がするのです。
こういうタイプってのは眼に見えないアチラさんをユル〜くファンタジーのように見てる人々のことですけどね。

軽く見たままそういった類いのモノに意識を向けない方が無難です。
人外のモノとちょいと接触した程度で「私は憑かれた!」とか考えない方がいいってことです。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「何かのエネルギーを召喚する」とかいう話

このブログでいう式神とは特定の人間や集団などが何らかの霊的・呪術的な方法を用いて意図的に使役することの出来るエネルギー体全般のことを指します。 
昔の陰陽道で言わていたような狭義のモノとは違うとお考えください。

他に適当な言葉が見つからないので『人間の側が何らかの手段で使いこなそうとするエネルギー体すべて』を式神という言葉で表現しています。
言葉としてはどちらかというと使い魔と言った方が近いのかも知れません。

実際何らかの呪術的な方法によってエネルギー体を使役しようと試みる人々は古今東西後を絶ちません。 
後を絶たないどころかソフトな装いに変わって増えている気がします。

エネルギー体を使いたがる人ってのは当然自分はそういったモノが十分使えるはずだと思ってる人ですよね?
「使ってるつもりで使われるなんてことがあるかも知れない」なんて多分想定外なんじゃないでしょうか…

(引用はじめ)
召喚」ってなかなかに難しいものなのですよ。
召喚したいものが来てくれるわけじゃない。
来てくれないほうが多いはず。
じゃ何がやってくるのか?
本人は召喚するつもりだから「ドア」あけて
待つわけ。
ふだんは開けないドア。
なんでも入れるんですよ、そこから。
とんでもないものがやってきたりする。
(引用終わり)

最近召喚ってことについて以上のような文章を拝見しました。
召喚ってのはざっくり言えば「天使や悪魔や使い魔を魔術的な方法で呼び出すこと」だろうと思います。
まぁ、私流に言い直すなら「人外のモノを自ら好んで招き寄せる」ってことです。

何故招き寄せるかといえば招き寄せることによって何らかの利益を得たいがためですよね。
ここでいう利益というのは金銭なことに限らず「自分が得をするようなこと全般」です。

何らか自分が得をするようなことを目指して人外のモノを招き寄せればそりゃ危険ですよね。
何がって自分の欲望によって人外のモノに取り込まれる可能性が最初から高いからです。

呼び出す人間のガードが緩々でグズグズな状態での得体の知れないエネルギー体の「召喚!」って話です。
そりゃどう考えてもキケン以外の何物でもないでしょう。

波動的にしろ現実的にしろ何かに触れれば触れるほどそのモノと共鳴し合い繋がりやすくなるのです。
誰であれ相手が何であれそれは変わることはありません。

繋がるということはいつも良いことばかりじゃないのです。
「相手が善なるモノなら如何なる危険もあり得ない」なんてもし考えてるなら相当ヤバいですからね、ソレ!



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

超常的なチカラと「眼に見えない『何か』に取り込まれる」っ話

こんな話があります。

狩猟を趣味にしていた或る人が、いつしか鳥や動物の次の動きが何もかも気味悪いほど瞬時に分かるようになってしまい、「これは明らかに人間の感覚ではない」とふと気付いたんだそうな…
そこで「自分は山に取り込まれつつある」と感じて無性に怖くなり、それ以来一切猟を止めたんだとか

この話を聞いて、今のスピリチュアル界隈の人なら飛び上がって喜ぶところだろうなと思いました。
そんなスゴい感覚を手に入れたってことでね…

人外のモノが人間を誑し込むためによく使う手が「不思議な映像を相手の脳裏に写し出す」という方法です。 
思考の末のぼんやりとしたイメージではなく、鮮明で生々しい場面が唐突に脳裏に差し込まれたりするのです。

それでコロッとヤラレてしまう人々が所謂スピリチュアル〜な世界には随分と多い気がします。 
ここでいう「ヤラレてしまう」というのは人外のモノの用意したマヤカシに絡め取られてしまうことです。

で、マヤカシに絡め取られた人というのは十中八九浮かれています。
ここでいう「浮かれている」というのは万能感に支配された状態のことです。
「神秘体験をする→価値観のコペルニクス的転回が起こる→万能感に支配される」というスパイラルを繰り返してやがては天まで昇る勢いになってしまったりするのです。

そして、万能感に支配されて天に昇ってしまうと『その人』的には無敵になります。
「自分に出来ないことなど何もないのだ!」って感じでね…

上記の話の方はスピリチュアルなファンタジーからは感覚が遠くて助かったんだと思います。
特別なチカラをむやみに欲しがるタイプなら危うかったんじゃないでしょうか?

実際スピリチュアルな人の多くが一生懸命『特別』を求めようとします。 
特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 

もちろん何を求めようとその人の自由ですが、特別を求めれば求めるほど三次元的な日常からはズレやすくなります。 
三次元的な日常からズレればズレるほど物の怪など人外のモノが作り上げたファンタジーな世界に嵌まりやすくなるのです。

あと、最近は「龍に憑かれちゃったよぉ〜!」とか何故か大喜びで吹聴されてる方々がいらっしゃいます。
そういうタイプの人だと「スゴいチカラと引き換えなら、山に取り込まれるのも満更悪くもないよねぇ(^^)」とか普通に思いそうで怖いです…

だけど、借り物のチカラはどこまでいっても借り物に過ぎないんですよね。
しかも、取り込まれたら最後『自分』って存在が溶けて無くなる…
そこら辺を全部承知の上で、それでもなお「眼に見えないスゴいチカラが欲しいんだ!」っておっしゃるのなら、もう「後はご自由に!」ってことですけどね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

『憑かれたこと』をなぜか喜ぶスピリチュアル

「身も心も支配されて完全に操られている状態」を所謂『憑依』とするならそういった人はごく少数でしょう。 
ただ、様々な波動エネルギーの影響を受けて、心や身体に大きく変調を来たしてしまう人というのが世の中には少なからずいらっしゃいます。 

ヒーリングなどしておりますとそういう現場に日常的に出会うのです。
そういった状況をここでは一応「憑かれた状態」としておきます。 

『憑かれた状態』といってもオカルト映画みたいな誰でも分かるド派手な怪奇現象が起こるなんてことは滅多にありません。
もし起こったとしても随分状況が進行した後のことでしょう。

最初はその人の内側からジワジワとゆっくり浸食されていきます。
浸食された部分は本来のその人では無いモノに差し替えられていくのです。

差し替えられた部分は元からある部分と比べると擬態したカメレオンみたいになっています。
よく見れば違うのですが、ちょっと見には違いがわからない感じと申しましょうか…

差し替えられた部分が大きくなればなるほど周りから見れば明らかにオカシク見えるようになっていきます。
違和感も増大していくのです。

ある意味その時が『憑かれた状態』から引き返せる最大のチャンスです。
明らかにオカシイことが隠せなくなっているからです。

引き返すためにはその人自身の認識が重要になります。
自分の状態のおかしさに気付くことが必要なのです。

しかし、世の中には憑かれたことを良い意味でスゴいんだって思う人々がいらっしゃいます。
「何処ぞの神さまが憑いた!」とか「龍が憑いた!」とか憑き物自慢をされる方々です。

その方々からしたら多分「良いモノに憑かれるのは所謂一つの『憑き物』と全然は違うだろ!」ってことなのかも知れません。
「未成仏霊とかの良からぬモノに憑かれるのとは話が違うよ!」って感じなのでしょう。

でも、何がどんな風に憑こうと『憑かれる』ってことには変わりはないのです。
現実に憑かれて良くなったなんてケースに出会ったことはないですしね…

そもそも憑かれるってのは「自分の心や身体の中に自分じゃないモノが侵入してくること」を意味してるわけです。
相手が何だろうと憑かれるってのは『相手に侵食されていくこと」に他なりません。

そんな『異物』を自分の中に入れて「気持ち悪くない。むしろ清々しい!」なんて感じるとしたら、もうすでに感覚として相当ヤバいところまで行ってしまってるんじゃないでしょうか?
最初は感じるであろう憑かれるってことに対する『違和感』を無視し続けない方がご自身のためだと思いますけどねぇ。
それでも憑かれたいっていうのなら「どうぞご自由に!」ってことですが…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp
ランキング参加中


記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ