『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングに関するあれやこれや・自分が体験した不思議な出来事など思い付くまま気の向くままに野性の勘?で書き綴っております(笑)

正しいの比べっこ

真理の探究とやらにのめり込むほど人の気持ちが見えなくなります

目の前に100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 
みんな自分が正しいと思っているからです。 

もしその100人の中の1人が自分の「正しい!」を何処までも妥協なく押し通そうとすれば最終的に何らかのチカラを行使して相手を捩じ伏せるしかなくなります。 
万人が心から納得する「正しい!」なんて何処にもないからです。

知力・暴力・権力…如何なるチカラであれ、チカラを年がら年中行使し続けることを是とするならば、遅かれ早かれ他者に対する『オラついた気持ち』が染み付いていくでしょう。
『正しいの比べっこ』というのは本質的に「やってやられて」の世界ですので、心は殺伐とせざるを得ないのです。

じゃあ、『正しいの比べっこ』というのは本質的に「やってやられて」の世界ってのはどういうことかというと正しい!って想いは自己完結しないモノであるということです。
「正しい!って想いは自己完結しないモノである」というのはどういうことかと言うと「正しい!ってのはそもそも他者との比較の上でしか成り立たない」ということです。
だから、結局『正しいの比べっこ』は「自分が正しいと思ってることを他人にも正しいと認めさせたい」っていう承認欲求のぶつかり合いなのです。

自分が正しい!というコダワリを持って他者と比較していれば、遅かれ早かれ他者に、自分の正しい!を押し付けたくなるのは当然です。
そして、自分の「正しい!」を他者に押し付ければ心の許容量は必然的に減少していきます。

 単純に考えてみてください。
「自分が正しい! 自分が正しい!」と年がら年中考え続けているような人が他人に対して寛容でいられるかどうかを。

以上のようなことをこれまで繰り返し申し上げてまいりました。
ここでいう『正しいの比べっこ』ってのが、どういうモノであるかの説明としてね。

それで、この『正しいの比べっこ』を一般的な言葉に直すと真理の探究ってヤツになります。
つまり、私が『正しいの比べっこ』と書いてる箇所を真理の探究って言葉に置き換えてもらっても普通に成り立つってことです。
異論をお持ちの方も多々いらっしゃるとは存じますが、少なくともこのブログではそういう意味で使ってる言葉とお考えくださいm(_ _)m

で、最近以下のような文章を拝見して、「やっぱり世の中には似たようなことを感じる人はいらっしゃるんだな」と思ったのです。

(引用はじめ)
人というのは不思議なもので、他人の気持ちが分からなくなればなるほど、自分が正しいという思いが強くなります。
(引用終わり)

ただ、上にも書いた通り私はこの文章とは筋道は逆だと感じています。
他人の気持ちが分からなくなるから自分が正しいという思いが強くなるのではなく、「正しい!を追い求めるから、他人の気持ちが分からなくなるのだ」とね。
そして、それこそが『真理の探究』なるモノにのめり込まない方がいい大きな理由の一つです。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

サトリ系をこじらせると「正しい!」に取り憑かれます

このブログでは神秘体験をするしないに関わらず、覚醒とか悟りとかをいわゆるスピリチュアル〜に探求されている方々、もっと言えば「ワタシもこれからドシドシ悟ってくわよ!」って感じのノリの人々すべてを 『サトリ系』と呼んできました。 
サトリ系の人の悟りって「この世界における普遍不動の原理原則をある種の万能感とともに手に入れること」ではないかと個人的には思っています。
言わば『ブレない正しさ』を自分のモノにすることです。

でも、「進歩っていうのはあっちへぶつかりこっちで躓きながら、その結果として何かを掴むことで初めて成り立つものだ」と思うのです。
たまたまでは無く必然としてね。

なので、ずっとブレないというのは何も進歩してないというのと同じです。
『ブレない正しさ』を目指すというのは自ら進んで『進歩』から遠ざかるということです。 
「試行錯誤を放棄する!」と宣言しているのに等しいわけですから。

結局サトリを目指すってことは「自ら進歩を手放すぞ」って宣言することに他なりません。
そして、サトリを目指せば目指すほど「ブレない!」という澱みに心を囚われるのです。

(引用はじめ)
悟り系スピリチュアルの殆どの実践者は、(中略) 指導者クラスの人達さえ、勘違いの教えを説いている。
自分自身を審神するスキルも勇気もないから、迷妄の世界に嵌ってしまう。
彼らはそのエゴによる下らないプライドに捕われ続けている。
故に、私の教えは間違っていました…とは今更言えないだろう。
(引用終わり)

悟り系スピリチュアルの殆どの実践者は間違っているっていうことらしいです。
それって逆にいえばその「殆ど」に入らない自分は正しいのだってことです。

目の前に100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 
みんな自分が正しいと思っているからです。 

もしその100人の中の1人が自分の「正しい!」を何処までも妥協なく押し通そうとすれば最終的に何らかのチカラを行使して相手を捩じ伏せるしかなくなります。 
万人が心から納得する「正しい!」なんて何処にもないからです。

『正しいの比べっこ』というのは本質的に「やってやられて」の世界なのです。
じゃあ、『正しいの比べっこ』というのは本質的に「やってやられて」の世界ってのはどういうことかというと「正しい!って想いは自己完結しないモノである」ということです。

「「正しい!って想いは自己完結しないモノである」というのはどういうことかと言うと「正しい!ってのはそもそも他者との比較の上でしか成り立たない」ということです。
『正しいの比べっこ』とは結局「自分が正しいと思ってることを他人にも正しいと認めさせたい」っていう承認欲求のぶつかり合いなのです。

よって、サトリ系を目指せば思考停止と心の荒々しさを呼び込むことになります。
ていうかそれしか呼び込まない気がしますけどねぇ…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「正しい!」の比べっこと『決めつける』ための言葉

目の前に100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 
みんな自分が正しいと思っているからです。 

もしその100人の中の1人が自分の「正しい!」を何処までも妥協なく押し通そうとすれば最終的に何らかのチカラを行使して相手を捩じ伏せるしかなくなります。 
万人が心から納得する「正しい!」なんて何処にもないからです。

知力・暴力・権力…如何なるチカラであれ、チカラを年がら年中行使し続けることを是とするならば、遅かれ早かれ他者に対する『オラついた気持ち』が染み付いていくでしょう。
『正しいの比べっこ』というのは本質的に「やってやられて」の世界ですので、心は殺伐とせざるを得ないのです。

じゃあ、『正しいの比べっこ』というのは本質的に「やってやられて」の世界ってのはどういうことかというと正しい!って想いは自己完結しないモノであるということです。
「正しい!って想いは自己完結しないモノである」というのはどういうことかと言うと「正しい!ってのはそもそも他者との比較の上でしか成り立たない」ということです。
『正しいの比べっこ』は結局「自分が正しいと思ってることを他人にも正しいと認めさせたい」って気持ちのぶつかり合いなのです。

自分が正しい!というコダワリを持って他者と比較していれば、遅かれ早かれ他者に、自分の正しい!を押し付けたくなるのは当然です。
そして、自分の「正しい!」を他者に押し付ければ心の許容量は必然的に減少していきます。

 単純に考えてみてください。
「自分が正しい! 自分が正しい!」と年がら年中考え続けているような人が他人に対して寛容でいられるかどうかを。

重要なのはその状態が自分自身にもダメージを与えるということです。
荒々しさが肥大化すればするほど心の毒となって己れを苦しめるのです。

最近こんな文章を拝見しました。

(引用はじめ)
邪教のたいへん危険で恐ろしいところは、信者が自覚せずに黒魔術を使っていること
(引用終わり)

この文章のたいへん危険で恐ろしいところは、邪教とか黒魔術とか『決めつける言葉』を使ってるところです。
邪教って使うということは「自分は相手よら圧倒的に正しい!」って宣言してるのと同じですからね。

邪教に代表されるような関係性を固定する言葉を使いたがる時点で、心は固定化してしまってるんだろうなと推測出来ます。
「自分は必ず正しくて相手は必ず間違っている」という関係性の固定化です。

そういう類いの言葉を日頃から話の中に差し込んでくる人には気をつけた方がいいでしょう。
マウンティングがその人の中では『当たり前のこと』になってる場合が多いですからね。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

自分にだけ『都合の良い事実』と所謂一つの『陰謀論』

何かを知るということはその分『己れの無知』を知ることでもあります。
光に気付けば気付くほどその周りにある闇の深さも同時に思い知らされることになるからです。

なので、得てして知るということにはある一定の苦しさを伴うものです。
その苦しさがイヤでイヤで知ることから逃げ出してしまう人も少なくありません。

そういう人たちは物事にすぐに単純明快なオチを付けたがるものです。
「原因をちゃんと知ることさえ出来れば物事にはいつでも明確なオチが付き、万事上手くいく」って信じていたいのでしょう。

そうやって何でも直ぐにオチを付けたがる人の行き着く『最果て』が所謂『陰謀論』なんだと思います。
ここでいう陰謀論的なモノの見方とは「人類の歴史の全てはごく少数だが超強力な闇の勢力によって連綿と精密に作り上げられてきたのだ!」というような考え方のことです。

そういう考え方に無闇にハマってしまうと『都合の良い事実』にばかりに目が行くようになります。
ここでいう『都合の良い事実』とは自分の考えた陰謀論にとって不都合な部分を取り除いた『本当にあった出来事』のことです。

その都合の良い事実をパッチワークのように繋ぎ合わせていけば楽々と陰謀論に辿り着きます。
それで世界がスッキリくっきり見えたような気分になるのです。
要するに「きっちりオチが付く」ってことです。

きっちりオチを付けようとすればするほど心は迷います。
何故なら、「人の世は何時も無知に溢れている」からです。

他者と自分との間でオチを付ける方法の一つとして『正しい!の比べっこ』があります。
これまで『正しい!の比べっこ』には終わりがないってことについて繰り返し述べてきました。

目の前に100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 
みんな自分が正しいと思っているからです。 

もしその100人の中の1人が自分の「正しい!」を何処までも妥協なく押し通そうとすれば最終的に何らかのチカラを行使して相手を捩じ伏せるしかなくなります。 
万人が心から納得する「正しい!」なんて何処にもないからです。

じゃあ、現実にチカラを発揮出来ずに相手を捩じ伏せられなかった者は『正しい!の比べっこ』を止めるのかといえば多くの人々は止めないのです。
現実と幾ら違っても、自分の頭の中の正しい!を普遍の真実だと考えようとします。

例えば自分たちに不利な裁判の判決が出たらすべて不当判決という、選挙の結果が気にくわなければ予めそうなるように裏で操作されたモノだという、みたいな話です。
もっと身近な例なら、「自分が出世出来ないのは上司に嫌われて嫌がらせをうけてるからだ!」(実際は単に仕事が出来ないせいだったりする)というストーリーです。

思考の在り方が非常に陰謀論的であることがお分かりになると思います。
現実に即して考えるのではなく、自分がそうあってほしいという願うオチの方に無理にでも現実を合わせようとするのです。
それやってると結局自分が苦しくなるんですけどね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「正しい!」の比べっこってのはどこまでもキリがないのです

目の前に100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 
みんな自分が正しいと思っているからです。 

もしその100人の中の1人が自分の「正しい!」を何処までも妥協なく押し通そうとすれば最終的に何らかのチカラを行使して相手を捩じ伏せるしかなくなります。 
万人が心から納得する「正しい!」なんて何処にもないからです。

知力・暴力・権力…如何なるチカラであれ、チカラを年がら年中行使し続けることを是とするならば、遅かれ早かれ他者に対する『オラついた気持ち』が染み付いていくでしょう。
『正しいの比べっこ』というのは本質的に「やってやられて」の世界ですので、心は殺伐とせざるを得ないのです。

自分の「正しい!」を他者に押し付ければ心の許容量は必然的に減少します。
 単純に考えてみてください。
「自分が正しい! 自分が正しい!」と何時も考え続けているような人が他人に対して寛容でいられるかどうかを。

『答え』は自ずから明らかだと思います。
そして、それが「正しい!」を押し通すと何故『オラついた気持ち』に染まっていくのかの答えの一つでもあります。

でも、もっと言えば「正しい!ってのは自己完結しないモノである」という『答え』もあります。
こっちの方がより本質的な『答え』なのでしょうけどね…

じゃあ、「正しい!ってのは自己完結しないモノである」というのはどういうことか説明します。
簡単に言えば「正しい!ってのは常に他者との比較の上にしか成り立たない」ということです。

「正しい!」ってのは「自分が正しいと思ってることを他人にも正しいと認めさせたい」って気持ちの表れってことです。
これはどんな人の心の中にもあります。
良いとか悪いとかではなくね。

ただ、最初にも申し上げたように「正しい!」とは何処まで行っても相対的なモノです。
100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 

その一方一人の人間にとって「正しい!」はいつも自分の「正しい!」です。
そして、その「正しい!」は常に他者に対して承認を求めるモノなのです。

よって、「正しい!」の比べっこを善しとしてどこまでも突き進むなら、いつか必ず相手に『承認の無理強い』を行うことになるでしょう。
オレの「正しい!」はオレの「正しい!」、お前の「正しい!」もオレの「正しい!」というジャイアン的な境地に到達しますので。

しかし、そういう人がいつもジャイアンになれるとは限りません。
相手のチカラが強ければ、自分はジャイアンのつもりでも『のび太の役』をやらされることもあるからです。

以上見てきたように「正しい!」の比べっこというのは構造的に『キリがないモノ』です。
「ほどほどにする」っていうのも一つの道かなと思います。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

鈍感のチカラに魅入られると人は『思いやり』を失います

目の前に100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 
みんな自分が正しいと思っているからです。 

もしその100人の中の1人が自分の「正しい!」を何処までも妥協なく押し通そうとすれば最終的に何らかのチカラを行使して相手を捩じ伏せるしかなくなります。 
万人が心から納得する「正しい!」なんて何処にもないからです。

知力・暴力・権力…如何なるチカラであれそれを他に対して行使し続けるなら波動的に荒々しく尖っていきます。 
つまり、『正しいの比べっこ』というものをやればやるほど必然として荒々しい波動に染まっていくということです。 

自分の「正しい!」を他者に押し付ければ押し付けるほどそれと反比例して心の許容量は減少します。
 単純に考えてみてください。
「自分が正しい! 自分が正しい!」と何時も考え続けているような人が他人に対して寛容でいられるかどうかを。

答えは自ずから明らかだと思います。
そして、それが「正しい!」を押し通すと何故荒々しい波動に行き着くかの一つの答えでもあります。

波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。 
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 

『正しいの比べっこ』を続けていけば、心は遅かれ早かれ荒々しくなっていきます。
心が荒々しくなれば必然的に波動のレベルは低くなるのです。

また心の許容量が減少すれば当然心の眼で見える範囲が狭くなります。
その結果何でも分かったような気分になります。
何でも分かったような気分になれば、それと引き換えに想像力を失うのです。

人間というのは本質的に無知な生き物です。
人間ごときが何でも分かるわけがないのですから当たり前です。

でも、知らない部分は何かで補わなきゃなりません。
その何かとは簡単にいえば想像力です。 
ここでいう想像力とは知らないなら知らないなりに一生懸命察したり慮ったりしようとする心の働きのことです。

一生懸命察したり慮ったりしようとする心の働きが鈍くなると感情や感覚が鈍感になります。 
他人のものはもちろんそのうち自分の感情や感覚にまで鈍感になっていくのです。
その意味で鈍感とは人間らしさを失う第一歩です。

しかし、激烈に競争する社会を生きていくためのある種のチカラになるのも事実です。
それは『正しいの比べっこ』をする時に使うチカラと同じ種類のモノです。

だから、鈍感のチカラに魅入られる人が多いのかも知れませんが、ほどほどにしといた方がいいじゃないでしょうかねぇ…
結局楽にはならないので…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「正しい!」の比べっこと大義名分 (その2)

目の前に100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 
みんな自分が正しいと思っているからです。 

もしその100人の中の1人が自分の「正しい!」を何処までも妥協なく押し通そうとすれば最終的に何らかのチカラを行使して相手を捩じ伏せるしかなくなります。 
万人が心から納得する「正しい!」なんて何処にもないからです。

知力・暴力・権力…如何なるチカラであれそれを他に対して行使し続けるなら波動的に荒々しく尖っていきます。 
つまり、『正しいの比べっこ』というものをやればやるほど必然として荒々しい波動に染まっていくということです。 

自分の「正しい!」を他者に押し付ければ心の許容量は必然的に減少します。
 単純に考えてみてください。
「自分が正しい! 自分が正しい!」と何時も考え続けているような人が他人に対して寛容でいられるかどうかを。

『答え』は自ずから明らかだと思います。
そして、それが「正しい!」を押し通すと何故荒々しい波動に行き着くかの一つの答えでもあります。

思い起こせばウチの家庭は放任主義なんてものでさえなく、子どもは野放しって感じでした。
そんな家庭での記憶には嫌なことも決して少なくないのですが、今にして思うと「つくづく良かったなぁ」と感じることが一つはあります。

「何が何でも負けるな!」とか「 やられたらやり返せ!」みたいなアグレッシブな刷り込みをほとんどされなかったことです。
それについては本当に感謝してますね。
そうじゃなけりゃもっと数段強く「勝て!勝て!負けるな!」っていう教育という名のマインドコントロールに晒されていたはずですので。

とはいえこの世界に生きてる限りはやっぱりある種の勝利至上主義に染まらずにいられません。
この社会では大なり小なり誰もが勝利を目指して戦うのです。
そういうシステムですから…

で、話は最初に戻りますが、「正しい!」ってのが何故そんなに必要かといえばものすごくザックリ言うと勝たなくちゃならないからです。
勝つためにはどうしても大義名分が必要です。

なりふり構わず力尽くで相手をねじ伏せただけでは最終的に「勝った!」という『意味』にはなりません。
社会的に認知された『勝利』というモノには誰もを例え渋々でも納得させるような『正当な根拠』ってのが要るのです。

なので、チカラを欲する者ほど『大義名分』を欲しがります。
「正しい!」を追い求める者が必然的に荒々しい波動に染まってしまうことの一つの原因がそこにあります。

チカラを追い求めることと「正しい!」を追い求めることはどうしたって切り離しがたいのだろうなと感じます。
少なくともこの現世においては…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

『これさえあれば健康法』は絶対正義を目指す者の最後のパラダイス

世の中には身体の事になると直ぐにご自分の信奉されている健康法とかのキモの部分に話を持っていきたがる方が結構いらっしゃいます。 
「あの病気の原因もこの不調の原因も全てはコレだ!」みたいな感じにおっしゃるのです。

特徴は「ある特定の食物や運動の過多や不足さえ改善すれば健康は取り戻せる!」みたいな単純明快さです。
それを私は『これさえあれば健康法』って呼んでるんですがね…

『これさえあれば健康法』は間違ってるわけではありません。 
むしろ理屈としては正しいのです。

ただ、良くも悪くも非常にインスタントです。
単刀直入に言えば物事の在り方として薄っぺらいってことです。

最近世間ではこの『これさえあれば健康法』みたいなモノが百花繚乱です。
『これさえあれば健康法』と別の『これさえあれば健康法』が火花を散らしてたりもしています。

何故でしょう?
それは健康というのが誰にとっても身近な問題であり、健康増進というのがみんなの関心事であるからでしょう。

しかも『健康』ってのは古今東西老若男女問わず揺るがない価値です。
健康に正面切って反対する者など何処にもいません。

で、ここからが本題です。
健康が誰もが反対し得ない価値だとしたら『正しいの比べっこ』をしたい人にとってこれほど有り難い武器はないってことににります。
『これさえあれば健康法』の超強力なバージョンを自分が持っていればその時点で無敵になれるからです。
まあ、実際は無敵だとその人が思い込んでるだけなんですがね…

目の前に100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 
みんな自分が正しいと思っているからです。 

もしその100人の中の1人が自分の「正しい!」を何処までも妥協なく押し通そうとすれば最終的に何らかのチカラを行使して相手を捩じ伏せるしかなくなります。 
万人が心から納得する「正しい!」なんて何処にもないからです。

この『万人が心から納得する「正しい!」』ってのを健康という価値観に求めるようになった人が『これさえあれば健康法』に魅せられるんじゃないでしょうか?
そして、やがては病気という穢れを厭うようになるのではないかと…
本当は病気は穢れではなく、健康マニアの人にとって『穢れ』ってだけですけどね。

「健康で長生きすることだけが生きることの『価値』ではない!」
ヒーリングをする者だからこそ敢えて今そう申し上げておきたいと思います。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

所謂一つの『魔女狩り』の時代

目の前に100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 
みんな自分が正しいと思っているからです。 

もしその100人の中の1人が自分の「正しい!」を何処までも妥協なく押し通そうとすれば最終的に何らかのチカラを行使して相手を捩じ伏せるしかなくなります。 
万人が心から納得する「正しい!」なんて何処にもないからです。

知力・暴力・権力…如何なるチカラであれそれを他に対して行使し続けるなら波動的に荒々しく尖っていきます。 
つまり、『正しいの比べっこ』というものをやればやるほど必然として荒々しい波動に染まっていくということです。 

自分の「正しい!」を他者に押し付ければ心の許容量は必然的に減少します。
 単純に考えてみてください。
「自分が正しい! 自分が正しい!」と何時も考え続けているような人が他人に対して寛容でいられるかどうかを。

これまで繰り返し以上のようなことを書いてまいりました。
その危険性についても述べました。

今ニュース等をほんの少し見るだけで、この『正しいの比べっこ』が激烈に世界中で巻き起こっていることが分かると思います。
個人の範疇を遥かに超えてね…

『正しいの比べっこ』が先鋭化すればそのうち必ず所謂一つの『魔女狩り』の時代がやって来ます。
それは、より強力な『正しい!』を手に入れた者たちが「自分たちは『正しくない者』を問答無用で裁く権利を与えられたんだ!」と信じるような世界になるってことです。

そして信じるだけではなく、実行するのです。
実行することこそが絶対的な正義だからです。
むしろそうしないのは、悪なのです。
もちろんその人たちがそう信じているだけの話ですがね…

つまり、『正しいの比べっこ』が煮詰まった先の先には偶然ではなく必然として所謂一つの『魔女狩り』があるのです。
ここでいう『魔女狩り』とは自分が間違ってると思うものを力づくで滅ぼそうとする行為のことです。

普通に考えれば正しいか正しくないかは常に流動的であり相対的です。
何処かに固定出来るものではありません。

しかし、『魔女狩り』ってのは自分に「正しい!」という目盛りを固定し切れた人が出来るのだろうと思います。
ていうかそうじゃなければ最後までやり切れる事柄ではないでしょう。

『魔女狩り』がやり切れるのは心が荒々しさの方向に振り切れてるってことです。
逆に振り切れてなければ『魔女狩り』なんてやろうとはしないでしょうけどね…


『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

ドメスティックバイオレンスと「正しい!」の比べっこの末路

ドメスティックバイオレンスを行う人の特徴を調べて簡単に纏めてみました。

① 恋人や妻など自分の支配下にあると思っている人間に対して束縛しようとする。

② 自分の思い通りにならないと暴力を振るったり、暴言を吐いたりするようになる。

③ 怒りの沸点が他人より明らかに低い。

④ 被害妄想的な傾向が強い。

⑤ 自分のことは棚に上げる。自分からは謝らない

何故そうなるかというと支配欲が強いからだと思います。
思い通りにコントロールしたいという欲望が人一倍強いのです。

本当は恋人や妻だけではなく自分が関わっている場は全部支配したいのでしょう。
でも、現実には無理だと分かっているので怒りの感情は常に貯まり続けています。

被害者意識が強くてすぐに「馬鹿にされてるんじゃないか?」と感じるのも支配したいけど支配出来ないという鬱屈が心の中に常にわだかまっているからではないでしょうか?
理想と現実がかけ離れているので何時もイラついている傾向が強いのです。

で、これって「正しい!」の比べっこの一つの到達点だと思うのです。
成れの果てと申しましょうか…

目の前に100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 
みんな自分が正しいと思っているからです。 

もしその100人の中の1人が自分の「正しい!」を何処までも妥協なく押し通そうとすれば最終的に何らかのチカラを行使して相手を捩じ伏せるしかなくなります。 
万人が心から納得する「正しい!」なんて何処にもないからです。

知力・暴力・権力…如何なるチカラであれそれを他に対して行使し続けるなら波動的に荒々しく尖っていきます。 
つまり、『正しいの比べっこ』というものをやればやるほど必然として荒々しい波動に染まっていくということです。 

自分の「正しい!」を他者に押し付ければ心の許容量は必然的に減少します。
 単純に考えてみてください。
「自分が正しい! 自分が正しい!」と何時も考え続けているような人が他人に対して寛容でいられるかどうかを。

答えは自ずから明らかだと思います。
そして、それが「正しい!」を押し通すと何故荒々しい波動に行き着くかの一つの答えでもあります。

溢れるほどの支配欲と自分の「正しい!」を過度に主張したい心が合体した時にドメスティックバイオレンスは生まれやすくなる気がします。
もちろんDVの起こる原因が全てそれだけってことではありませんがね…

ただ、最終的に暴力や暴言は『破壊』しかもたらさないのは確かです。
『支配』ではなく『破壊』をです。
暴力を振るう人自身に対してもね…


『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp
ランキング参加中


記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ