『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングに関するあれやこれや・自分が体験した不思議な出来事など思い付くまま気の向くままに野性の勘?で書き綴っております(笑)

特別

「使命を果たす者には常にスペアが用意されている」って話

世の中には他から抜きん出た『特別』なチカラを持ちたくて仕方のない方々が大勢いらっしゃいます
具体的には権力や金の力から始まって超能力みたいなオカルトなモノまで色々ですけどね…

ただ、『特別』なチカラを持つってことはその裏付けとなる『特別』な立場と『特別』な役目も付いてきます。
そうじゃなければ他からそのチカラの『正当性』を認められませんので。

例えばの話、ある会社の人事部長に人事に関する大きな裁量権が与えられているとすれば、それは人事部長という『立場』にあるからです。
人事部長の『立場』にそういう『権力』が与えられているのは、人事を円滑に行うという『役目』が与えられているからです。
もっと言えば人事を通じて会社を発展向上させるという『使命』が与えられているのです。

しかしながら、一般社会ではそんな『使命』について一々声高に『特別』なものとして語られることはありません。
また、その『使命』を果たすための『役目』もまたありふれた日々の『業務』としてコツコツと地味にこなされていくだけです。

スピリチュアルやら宗教やらに関係している人々の中には「自分たちが特別な使命を神なら宇宙人やらに与えられてる!」と本気で信じている方々がいらっしゃいます。
人類とか地球とかの運命に関わる特別で壮大な『使命』とやらをです。

でもね、その人の『使命』とやらが万が一「地球を救え!」みたいな壮大なものであったと仮定しても、その『使命』を果たすのに見合うだけのチカラが与えられているだけであり、そのチカラを使うのに見合うだけの『役目』を与えられているだけのことです。
それ以上何ら特別な使命も権限も与えられはしないのです。
「ある種の選民思想を満足させるような特別感はどこにも無い」ってことです。

『使命』とかって言葉を好む人ってのは、自分が『特別』に選ばれた人間だと思いたがる傾向が強いように思えます。
それは十中八九自分のプライドが満たされないことに対するコンプレックスの裏返しです。
だから、自分は他人とは違う『特別』な運命の下にある人間だと思いたがるのです。

先ほどの例えでいうと人事部長になって人事に関する大きな裁量権を与られた途端、まるでそれが自分という個人に与えられた権利のように振る舞う人がいらっしゃいます。
『役目』に対応して与えられた権限を、何故か自分という個人が元から持っているチカラであるかのように勘違いしてしまうのです。
で、これに対する答えを敢えてブラック会社の苛烈な上司風に言うと「お前の代わりなんざぁ! いっくらでもいるんだよ!」ってことになります。

先ほども申し上げたように「地球を救う!」みたいな壮大な使命があったとしても、それを行うための要員や機会には絶えずスペアが用意されています。
要は自分だけが唯一無二の存在として、特別な使命を与えられているなんてことにはなってないということです。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

『特別な人間』になりたくてハマるスピリチュアル

世の中には『特別』であることを求める人がたくさん存在います。  
特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 
『特別』に憧れ、『特別』に囚われているといったほうがいいかも知れませんが… 

ここで言う『特別』とは例えば「自分は他人より世界の真実を知っている!」とか「自分は神より選ばれた人間である!」とかいう優越感に溢れた状態のことです。  
そういう状態になりたいと渇望し、「既にそうなったに違いない!」と思い込みたい方々が大勢いらっしゃるわけです。  

そういう方々が行き着く果てが所謂スピリチュアルな世界なのでしょう。
少なくとも『特別』を求める人が立て籠もる『最後の砦』としてスピリチュアルが有るのは確かだと思います。

何を求めようとその人の自由ですが、特別を求めれば求めるほど三次元的な日常からはズレやすくなります。 
三次元的な日常からズレればズレるほど物の怪など人外のモノが作り上げたファンタジーな世界に嵌まりやすくなるのです。

それで実際人外のモノが作り上げたファンタジーにコロッとヤラレてしまう人々が所謂スピリチュアル〜な世界には大勢いらっしゃいます。 
ここでいう「ヤラレてしまう」というのは人外のモノの用意したマヤカシに絡め取られてしまうことです。

で、マヤカシに絡め取られた人というのは十中八九浮かれています。
ここでいう「浮かれている」というのは万能感に支配された状態のことです。
「神秘体験をする→価値観のコペルニクス的転回が起こる→万能感に支配される」というスパイラルを繰り返してやがては天まで昇る勢いになってしまったりするのです。

そして、万能感に支配されてココロが天に昇ってしまうと『その人』的には無敵になります。
「自分に出来ないことなど何もないのだ!」って感じでね…(ー ー;)

以上のようなことをこれまで何度も申し上げて来ました。
特別を求める人の末路ってヤツについてね…

で、最近「万能感に支配されてココロが天に昇ってしまったらどうなるのか?」の分かりやすい例を拝見しました。
以下のような感じです。

(引用はじめ)
〇〇さんは宇宙最高機関アインソフ評議会メンバーのお一人だそうです。
簡単にいうと宇宙には (中略) 様々な機関がありますが、その中でとくに先鋭部隊、宇宙の超エリート達で構成される評議会がアインソフ評議会
(引用終わり)

宇宙の超エリートと呼ばれる方が21世紀の日本のスピリチュアル業界に普通にいらっしゃるということらしいです。
これをジョークではなく、ホントーに本気でおっしゃってるのだとしたら、万能感がノンストップで溢れてる状態ですよねぇ(-_-)
ヤバいなぁって思います…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「ありふれた平凡さ」こそが人としての最強!

世の中には『特別』であることを求める人がたくさん存在います。  
特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 
『特別』に憧れ、『特別』に囚われているといったほうがいいかも知れませんが… 

ここで言う『特別』とは例えば「自分は他人より世界の真実を知っている!」とか「自分は神より選ばれた人間である!」とかいう優越感に溢れた状態のことです。  
そういう状態になりたいと渇望し、「既にそうなったに違いない!」と思い込みたい方々が大勢いらっしゃるわけです。  

優越感を渇望する人は当然劣等感に苛まれている人です。
強いコンプレックスこそが『スペシャルな自分』を夢見させるのです。

そういう方々が行き着く果てが所謂スピリチュアルな世界なのでしょう。
少なくとも『特別』を求める人が立て籠もる『最後の砦』としてスピリチュアルが有るのは確かだと思います。

スピリチュアルな世界において一番特別感が出せるモノは何か?
それは霊感とか霊能力とか呼ばれるモノではないでしょうか?
そういったチカラには大体二通りのパターンがあるように感じられます。 

一つには人間が生き物として生まれながらに持っている所謂『第六感』です。 
一般的には勘とか呼ばれるモノです。

個人的にはそれは他の五感と並列的に在るものだと思っています。
特別な人間に与えられた特殊なチカラではなくね。

もう一つは『物の怪』など目に見えない存在から何かの拍子に後天的に与えられた超自然的なチカラ です。 
本来その人が持っていなかったモノなので、チカラを貸してくれるモノの影響によって出来ることやチカラの強弱は変わっていきます。

(引用はじめ)
私が特殊能力に基づいて霊的次元の距離感が計れるというのは、私自身の魂が本来人間とは別系統の存在だからです。なので、本来人間には備わらない筈の能力を持っています。
(引用終わり)

以上の文章をもう少し分かりやすくするなら「自分が人間離れした優秀な能力を持ってるのは、凡百の人間とは全然違う特別な魂を持ってるから!」って意味になるでしょう。
「何か特殊能力系のバトル漫画かファンタジー系のラノベに出てきそうな設定だな」って感じがします。

先ほども申し上げたように、人間に元々備わった『勘の類い』以外の所謂霊能力ってのは、十中八九人外のモノに授けられたチカラじゃないかと推測しています。
だから、「ありふれた平凡さという『普通能力』を持った者こそが本当は人として最強!」なのです。(まぁ、本当は『強い弱いの話』じゃないですが、バトル漫画風に言えばね(笑))



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

役目も使命も『特別なモノ』ではありません

波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。 
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 

波動のレベルが高くなるということは、強力で常人に真似の出来ないような『超能力』を手に入れることではなく、『特別』が大好きな方々からはバカにされるような温かで穏やかな『平凡力』を身に付けることだと思うのです。 
ありふれた日常の中にある平衡感覚を以ってね。  

ただ、世の中には『特別』なチカラがほしくて仕方ないって人が多い気がします。
『特別』なチカラを欲しがるということはそれを使える裏付けとなる『特別』な立場と『特別』な役目も同時に欲していることです。
そうじゃなければ他からそのチカラの『正当性』を認められませんので。

例えばの話、ある会社の人事部長に人事に関する大きな裁量権が与えられているとすれば、それは人事部長という『立場』にあるからです。
人事部長の『立場』にそういう『権力』が与えられているのは、人事を円滑に行うという『役目』が与えられているからです。
もっと言えば人事を通じて会社を発展向上させるという『使命』が与えられているのです。

しかしながら、一般社会ではそんな『使命』について一々声高に『特別』なものとして語られることはありません。
また、その『使命』を果たすための『役目』もまたありふれた日々の『業務』としてコツコツと地味にこなされていくだけです。

スピリチュアルやら宗教やらに関係している人々の中には「自分たちが特別な使命を神なら宇宙人やらに与えられてる!」と本気で信じている方々がいらっしゃいます。
人類とか地球とかの運命に関わる特別で壮大な『使命』とやらをです。

でもね、その人の『使命』とやらが万が一「地球を救え!」みたいな壮大なものであったと仮定しても、その『使命』を果たすのに見合うだけのチカラが与えられているだけであり、そのチカラを使うのに見合うだけの『役目』を与えられているだけことです。
それ以上何ら特別な使命も権限も与えられはしないのです。
「ある種の選民思想を満足させるような特別感はどこにも無い」ってことです。

『使命』とかって言葉を好む人ってのは、自分が『特別』に選ばれた人間だと思いたがる傾向が強いように思えます。
それは十中八九自分のプライドが満たされないことに対するコンプレックスの裏返しです。
だから、自分は他人とは違う『特別』な運命の下にある人間だと思いたがるのです。

先ほどの例えでいうと人事部長になって人事に関する大きな裁量権を与られた途端、まるでそれが最初から自分の物であったかのように振る舞う人がいらっしゃいます。
『役目』に対応して与えられた権限を「初めから自分が持っていたチカラ」のように何故か勘違いしてしまうのです。

『役目』とか『使命』とかは元よりドヤ顔で振り回すようなモノではなく、粛々と果たすべきモノです。
端から『特別』に与えられ私有物などではないからです。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

『特別』を求める心とスピリチュアルな『チカラ』

世の中には『特別』であることを求める人がたくさん存在います。  
特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 
『特別』に憧れ、『特別』に囚われているといったほうがいいかも知れませんが… 

ここで言う『特別』とは例えば「自分は他人より世界の真実を知っている!」とか「自分は神より選ばれた人間である!」とかいう優越感に溢れた状態のことです。  
そういう状態になりたいと渇望し、「既にそうなったに違いない!」と思い込みたい方々が大勢いらっしゃるわけです。  

優越感を渇望する人は当然劣等感に苛まれている人です。
強いコンプレックスこそが『スペシャルな自分』を夢見させるのです。

そういう方々が行き着く果てが所謂スピリチュアルな世界なのでしょう。
少なくとも『特別』を求める人が立て籠もる『最後の砦』としてスピリチュアルが有るのは確かだと思います。

スピリチュアルな世界において一番『特別』感が出せるモノは何か?
それは霊感とか霊能力とか呼ばれるモノではないでしょうか?

それらは学歴とも運動神経とも容姿とも無縁です。
霊能力の世界は言わばコンプレックスを持つ者に残された行き止まりのパラダイスなのです。

で、そういったチカラには大体二通りのパターンがあります。 
一つには人間が生き物として生まれながらに持っている所謂『第六感』です。 
一般的には勘とか呼ばれるモノです。

個人的にはそれは他の五感と並列的に在るものだと思っています。
『特別』な人間に与えられた特殊なチカラではなくね。

もう一つは『物の怪』など人外のモノから何かの拍子に後天的に与えられた超自然的なチカラ です。 
本来その人が持っていなかったモノなので、チカラを貸してくれるモノの影響によって出来ることやチカラの強弱は変わっていきます。

『特別』が好きな人が求めるチカラは大抵後者の方です。
人外のモノ絡みのチカラってことです。

(引用はじめ)
(スピリチュアルな) 集まりの中で「能力」があるとか、あなたには無いとか、そんな言葉が何度も出てたいへん不快になったというお話を伺いました。
(中略) 自分を承認してほしいタイプの人です。視える、聴こえるということを「すごい」「特別な人」と言ってほしくて、こちらが何も頼んでもいないのに、いきなりオーラを見たり、何か憑いてると言ってきたり…
(引用終わり)

以上のお話は『特別』を求め、霊能力を求める人々の現実を如実に表しています。
そこにあるのは結局チカラ自慢、チカラ比べの殺伐とした世界です。
別に霊能力に限らず、スピリチュアルに限らず、それがチカラを求め、『特別』を求める者の行きつく果てなんだろうなと思います。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「自分はすごい!」っていう『自己洗脳』を勧める自己啓発

スピリチュアルな人の多くが一生懸命『特別』を求めようとします。 
特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 


もちろん何を求めようとその人の自由ですが、『特別』を求めれば求めるほど三次元的な日常からはズレやすくなります。 
三次元的な日常からズレればズレるほど物の怪など人外のモノが作り上げたファンタジーな世界に嵌まりやすくなるのです。

それで実際人外のモノが作り上げたファンタジーにコロッとヤラレてしまう人々が所謂スピリチュアル〜な世界には大勢いらっしゃいます。 
ここでいう「ヤラレてしまう」というのは人外のモノの用意したマヤカシに絡め取られてしまうことです。

で、マヤカシに絡め取られた人というのは十中八九浮かれています。
ここでいう「浮かれている」というのは万能感に支配された状態のことです。
「神秘体験をする→価値観のコペルニクス的転回が起こる→万能感に支配される」というスパイラルを繰り返してやがては天まで昇る勢いになってしまったりするのです。

そして、万能感に支配されてココロが天に昇ってしまうと『その人』的には無敵になります。
「自分に出来ないことなど何もないのだ!」って感じでね…

ていうか『特別』を求めること自体そういう万能感に溢れた状態を目指すことなのだと思います。
簡単にいえばそれは、「オレってスゴい人間だぜ!」ってキラキラした眼で思えるようになろうとすることです。

(引用はじめ)
『自分はすごいんだ!』という言霊を教えてもらいました。
この言霊を唱えていると、どんどん自己肯定感が高まっていき…人生が自分の望む方向へ引っ張られていくんです。
(引用終わり)

とある自己啓発系では『自分はすごいんだ!』と毎日唱えることを推奨されてるみたいです。
それで、自己肯定感がアップするということらしいんですが、突き抜ければ『万能感』になるんだろうなと感じます。

ていうか毎朝毎晩『自分はすごいんだ!』『自分はすごいんだ!』って何度も唱えてる人居たら普通にヤバいっすよねぇ。
少なくとも個人的には相当ヤバいんじゃないかと思うんですよねぇ…

そうやっていつの日か『自分はすごいんだ!』ってのをガッツリ自分に信じ込ませることに成功したりしたら、その人は一体どうなってしまうんでしょう?
多分「オレが本気出したらこんなもんじゃねぇ」とか「世の中の人間は私をマトモに評価しようとしないのよ💢」とか『現実離れしたこと』を考えだすようになります。

それは現実と心の中の世界が分離していくってことに他なりません。
あくまでもその人の中では『自分はすごいんだ!』ってのがリアルでしょうから、目の前にある現実は受け入れがたくなるでしょう。
目の前にある現実は『ショボくれた自分』しか表現してはくれないからです。

そうなると本当の現実に立ち返るか、それともますますドップリと『自分はすごいんだ!』というファンタジーの世界に耽溺するか選ばなければならなくなります。
そして、多くの人がファンタジーの海に呑み込まれて沈んでしまうのです。

そうなる前に帰ってきた方がいいんじゃないでしょうかねぇ?
そう願います!



『このブログを浄化します』 


呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

『特別』を求める心と「人間には霊感は無い」とかいう話

世の中には『特別』であることを求める人がたくさん存在います。  
『特別』に憧れ、『特別』に囚われているといったほうがいいかも知れませんが… 

ここで言う『特別』とは例えば「自分は他人より世界の真実を知っている!」とか「自分は神より選ばれた人間である!」とかいう優越感に溢れた状態のことです。  
そういう状態になりたいと渇望し、「既にそうなったに違いない!」と思い込みたい方々が大勢いらっしゃるわけです。  

優越感を渇望する人は当然劣等感に苛まれている人です。
強いコンプレックスが『スペシャルな自分』を夢見させるのです。

そういう方々が行き着く果てが所謂スピリチュアルな世界なのでしょう。
少なくとも『特別』を求める人が立て籠もる『最後の砦』としてスピリチュアルが有るのは確かだと思います。

スピリチュアルな世界において一番特別感が出せるモノは何か?
それは霊感とか霊能力とか呼ばれるモノではないでしょうか?
そういったチカラには大体二通りのパターンがあるように感じられます。 

一つには人間が生き物として生まれながらに持っている所謂『第六感』です。 
一般的には勘とか呼ばれるモノです。

個人的にはそれは他の五感と並列的に在るものだと思っています。
特別な人間に与えられた特殊なチカラではなくね。

もう一つは『物の怪』など目に見えない存在から何かの拍子に後天的に与えられた超自然的なチカラ です。 
本来その人が持っていなかったモノなので、チカラを貸してくれるモノの影響によって出来ることやチカラの強弱は変わっていきます。

また人外のチカラで成される予言や透視みたいなモノにはバグが多かったりします。
時に突拍子もなくズレたことを言い出したりもするのです。
「改名しないと地獄に堕ちるわよ!」とかねぇ(-_-)

最近は宇宙人好きな人がホント多いので、宇宙人からお告げ?みたいなのを受けたがる方も少なくありません。
所謂一つのチャネリングってヤツですね。

(引用はじめ)
地球に生まれてくる人は、規制によって霊感がない状態になるという話を宇宙人さんから聞きました。

「霊感は能力を上げたりする事はできない」と、以前宇宙人さんに言われた事がありました。
(引用終わり)

この引用元の方は地球人には霊感がないのにご自身はちゃんとチャネリングが出来てるわけです。(その方の中ではですが)
ということは「自分は途轍もなくスペシャルな能力を持っている人間だ!」っておっしゃってるのと同じですよね?

その特別感ってヤバくないですか?
少なくとも個人的には相当ヤバいぞ!って感じますけどね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp





「人は『マジで堕ちてく5秒前』が一番万能感に溢れている」って話

スピリチュアルな人の多くが一生懸命『特別』を求めようとします。 
特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 


もちろん何を求めようとその人の自由ですが、特別を求めれば求めるほど三次元的な日常からはズレやすくなります。 
三次元的な日常からズレればズレるほど物の怪など人外のモノが作り上げたファンタジーな世界に嵌まりやすくなるのです。

それで実際人外のモノが作り上げたファンタジーにコロッとヤラレてしまう人々が所謂スピリチュアル〜な世界には大勢いらっしゃいます。 
ここでいう「ヤラレてしまう」というのは人外のモノの用意したマヤカシに絡め取られてしまうことです。

で、マヤカシに絡め取られた人というのは十中八九浮かれています。
ここでいう「浮かれている」というのは万能感に支配された状態のことです。
「神秘体験をする→価値観のコペルニクス的転回が起こる→万能感に支配される」というスパイラルを繰り返してやがては天まで昇る勢いになってしまったりするのです。

そして、万能感に支配されてココロが天に昇ってしまうと『その人』的には無敵になります。
「自分に出来ないことなど何もないのだ!」って感じでね…

最近以下のような話を拝見しました。
世界救世教という新興宗教の教祖が昭和26年頃にされた講話だそうです。

(引用はじめ)
神憑りの八、九割までが狐霊であって、狐霊の八、九割までが邪霊であるから人を瞞すことなど本能的であり、人間に悪いことをさせるのは何とも思わないどころか、むしろ面白くて仕様がないのである。
という訳で彼らの中でも高級なやつになると憑依する場合、何々神だとか何々如来、菩薩、竜神などと言い、本人にもそう思わせると共に人にも信じさせようとするので、御本人もすっかりその気になってしまい、生き神様扱いにされて多くの人から敬われ、贅沢三昧に耽るのがよくあり、これが狐霊の本性である。 
(引用終わり)

以上の内容について100%無条件に賛同するものではありません。
その宗教についても詳しいことは存じ上げませんしね。
ただ、「人が人外のモノに取り込まれていく過程」の描写としては相当的を射ているものだと感じます。

70年近い「過去」の発言ですが、21世紀の「現在」になっても基本的な状況はあまり変わっていないような気がします。
特に「何々神だとか何々如来、菩薩、竜神などと言い、本人にもそう思わせると共に人にも信じさせようとする」ってところとか…
今もまた龍が流行ってるみたいですしね。

「日本の有名な神や宇宙人、天使、龍」などが自分のバックに憑いてると感じるようになったり、そういったモノを自分が使役出来ると思ってたりする人がもし自分の周りにいたら気をつけた方がいいですよ。
それって冗談抜きで『マジで堕ちてく5秒前』って段階ですからねぇ…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

所謂一つの『覚醒』と浮かれて行きつく『魔境』

スピリチュアルな人の多くが一生懸命『特別』を求めようとします。 
特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 

もちろん何を求めようとその人の自由ですが、特別を求めれば求めるほど三次元的な日常からはズレやすくなります。 
三次元的な日常からズレればズレるほど物の怪など人外のモノが作り上げたファンタジーな世界に嵌まりやすくなるのです。
その自分仕様のファンタジーな世界が所謂魔境です。

(引用はじめ)
主によく語られる魔境の意味は『神秘体験などに囚われ、意識の拡張により自分のエゴが肥大し、精神のバランスを崩した状態である』といわれている。
簡単に説明すると現実世界では通常体験出来ない現象や思想を感じた時「特別な何かを得た、感じた」と思い、その出来事・物事にとらわれてしまう、のめり込んでしまうといった状態になることではないだろうか。
しかも、本人はその事に気付いていないという部分が何より大きいと思われる。
(引用終わり)

魔境に入った人というのは十中八九浮かれています。
ここでいう「浮かれている」というのは万能感に支配された状態のことです。

ちょこっと浮かれたくらいならまだ引き返せます。
ただ、心が振り切れてしまうと現実世界に戻ってくるのが中々難しいです。

(引用はじめ)
自我意識は、鍛えればどんどん波動が上がります。
意識自体は、3次元波動から10次元波動(神界)まで高めることが出来ます。
10次元レベルに到達すると、日常生活の中で神々や宇宙の高次元意識と交信するようになります。
僕は、この状態を覚醒と呼んでいます。
(引用終わり)

「オレの意識は10次元波動(神界)まで到達した! いつでも神さまと交信出来るんだぜぃ!」って心の状態ってねぇ…どうなんでしょう?
これぞ『ザ・魔境』って感じですがね…

で、それを覚醒と呼ぶんだそうです。
先ほど「魔境に入った人というのは十中八九浮かれています。」と書いた状態がソレです。

正直世の中で言われるところの『覚醒』ってのは十中八九この「万能感に支配された行け行けドンドンなココロのこと」ではないかと個人的には思っています。
「神さまやら高次元やらに直接繋がっちまってるんだぜ!オレは!」みたいな浮かれ具合を感じるのです。

まぁ、浮かれるなとは申しませんが、あまり浮かれすぎると帰り道が分からなくなりますよって話です。
行きはヨイヨイ帰りは怖いと歌にもあります通り『心の足元』の明るいうちに帰られた方が無難じゃないでしょうかね?
闇に染まりすぎる前に…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

振り切れたココロと直ぐそこにある魔境

スピリチュアルな人の多くが一生懸命『特別』を求めようとします。 
特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 

もちろん何を求めようとその人の自由ですが、特別を求めれば求めるほど三次元的な日常からはズレやすくなります。 
三次元的な日常からズレればズレるほど物の怪など人外のモノが作り上げたファンタジーな世界に嵌まりやすくなるのです。

じゃあ何故そんなに『特別』を欲しがるのでしょうか?
それは一言でいえば「うだつが上がらない」からです。

最近の言葉にすれば「リア充ではない」ってことです。
現実の世界で充たされてないから、神秘的でファンタジーな世界に魅せられるのです。

「現実社会では煤けたone of them(~_~;)  でも、それはあくまでも世を忍ぶ仮の姿!  眼に見えない世界では凄いチカラを持ったヒーローのはずなのダァ」みたいな気持ちが彼或いは彼女を駆り立てるのです。
実生活に不平不満があればあるほどそういう類いの『設定』にコロッと心がやられてしまいます。

その『設定』っていうのを一言でいえば『魔境』に入るってヤツです。
今までこのブログで何度も書いてきましたがね…

(引用はじめ)
主によく語られる魔境の意味は『神秘体験などに囚われ、意識の拡張により自分のエゴが肥大し、精神のバランスを崩した状態である』といわれている。
簡単に説明すると現実世界では通常体験出来ない現象や思想を感じた時「特別な何かを得た、感じた」と思い、その出来事・物事にとらわれてしまう、のめり込んでしまうといった状態になることではないだろうか。
しかも、本人はその事に気付いていないという部分が何より大きいと思われる。
(引用終わり)

魔境に入った人というのは十中八九浮かれています。
ここでいう「浮かれている」というのは万能感に支配された状態のことです。

ちょこっと浮かれたくらいならまだ引き返せます。
ただ、心が振り切れてしまうと現実世界に戻ってくるのが中々難しいです。

ここでいう「振り切れた」というのは中二病全開みたいな状態のことですがね。
例えば以下のような…

(引用はじめ)
私が地球の浄化活動を初めてから約10年近くになります。
最初の頃は見えない世界が見えたり聞こえたりするだけだったので、もう何がなんだかよくわからない世界でした。
しかも、宇宙人や人が作り出した偽神から攻撃されるようになって、7年ぐらいはバトルの連続でした。
もちろん全員倒しましたけどね。
(引用終わり)

全員倒したってドラクエか何かでしょうか…?
この方が所謂一つの『バトル』の世界からいつの日か帰還されることを願います。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

ランキング参加中


記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ