『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングに関するあれやこれや・自分が体験した不思議な出来事など思い付くまま気の向くままに野性の勘?で書き綴っております(笑)

除霊

チカラ対チカラの応酬を良しとする者の行きつく先

例によって例のごとく独断と偏見で申し上げれば、除霊とは自分と見えない何かとのチカラ比べです。 
チカラ比べには終わりがありません。

いつまで経っても何処まで行っても上には上がいるからです。
眼に見えないチカラの話ですがね…

よって、除霊を続ける限りいつでも相手をねじ伏せられるだけの『より強くより大きなチカラ』を求め続けなくちゃなりません。
そうしなければ、いつの日か相手からねじ伏せられてしまう日が来るかも知れないからです。

そうでなくても相手がいる限りはいつも一方的なやりたい放題が出来るとは限りません。
常に『返り討ちに遭う可能性』は存在するってことです。

返り討ちにまで会わなくても返り血くらいは浴びるかも知れないです。
そういうことを長く続ければ続けるほど返り血を一滴も浴びない可能性は限りなくゼロに近付いていくでしょう。

そこにあるのは『斬った張った』の殺伐としたココロの世界です。
やってやられて、やられてやって…何処まで行ってもキリがないのです。
最後に行き着くのは相手を消し去るか、さもなくば自分が(除霊に失敗して)花と散るかの道なのでしょう…

以上のようなことを今まで繰り返し述べてまいりました。
改めてハッキリ申し上げると、そういう『斬った張った』はやめた方がいいのになと個人的には強く感じています。

でも、上記のようなことを全て承知の上でそれでもどうしてもやりたいっておっしゃるのなら後はご本人の自由だと思います。
ただし、やられたからって狼狽えないこと、他人のせいにしないことです。
ご自分で選ばれた道なのだから!

で、ここからが本題です。
「やってやられて、やられてやって…何処まで行ってもキリがない」のはなにも除霊だけに限りません。
他にも色々とあります。

例えばネット上には論破しただのされただろと言って強い言葉をぶつけ合う世界とかがあります。
内容は二の次でとにかく相手を言い負かした方が勝ちみたいなフィールドです。

これにも当然キリはありません。
キリがないどころかどんどんエスカレートしていくことが多いです。
相手を打ち負かすことがスゴい快感に感じようになるみたいです。

しかし、やっぱり『返り討ちに遭う可能性』は常に存在します。
なんですが、相手を打ち負かす快感に耽溺するようになった人にはそれが見えません。
その時点ではもう「自分が負けるはずがない!」という万能感に支配されるようになっているからです。

そういう方の大きな特徴に何があろうと自分の負けや劣勢を認めないってところがあります。
認めたら多分チカラ比べの世界には二度と戻れなくなるんでしょうね、万能感を失うので…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

生兵法は大怪我のもと (スピリチュアル篇)

以前にこんなことを書いたことがあります。

例えばですね〜 
プロ野球のピッチャーのレギュラーシーズンにおける豪速球を昨日今日野球を始めた少年野球の子どもに本気で打たせようとする人はいないのです。 
当たり前ですよね! 
途轍もなくレベルが違いますから!

でもね、スピリチュアル〜な世界だとそれと似たような筋の話が何故か『当たり前』じゃなくなるんですよね。 
嘘みたいですが、ホントのことです。 
本当は眼に見えない世界だからこそ慎重でなければならないはずなんですがね… 


我流の『お祓い?』というか『除霊?』みたいなモノを「簡単に出来ること」として『ズブの素人さん』に安易に勧めている人が世の中には結構いらっしゃいます。 
しかも、事前にしっかり『注意事項』を伝達するわけでもなく、そういうことを「誰彼構わずいきなりやっても良い!」と考えているように見えます。

スピリチュアルな事柄に携わっていても所謂霊的なことに関する危険性に対してひどく鈍感なんだと思います。
多分ご自分があまり危険な目にあったことがないので、「元々危険なことなどどこにもないのだ!」と勝手に決めつけてるのかも知れません。

一言でいえばそういうことに対して「チョロいもんだ!」とナメて掛かってるわけです。
こういうのを昔の人は「生兵法は大怪我のもと」っておっしゃいました。

(引用はじめ)
「生兵法は大怪我のもと」とは、中途半端な知識や技術に頼ると、かえって大失敗をするということのたとえ。浅い知識やうろ覚えの技術は、かえって危険なものである。
(引用終わり)

世の中には「浅い知識やうろ覚えの技術」が大好きな人々が大勢いらっしゃるみたいです。
浅い知識やうろ覚えの技術が使い物にならなかった時どうなるかという想像力に乏しい方々が大勢ね…

(引用はじめ)
霊は自分で退治出来ます
(中略) 自分でも出来るんだ!! 私だって霊や生霊をやっつけられるんだ!! そう思い浄化を怠らずに続ける事で神様・ご先祖様もとても力強く助けて下さいます
(引用終わり)

このブログでずっと申し上げてきましたが、除霊とは自分と見えない何かとのチカラ比べです。
この方もお書きになってますが、「やっつけるか or やっつけられるか」の世界です。
チカラ比べには終わりがありません。

よって、除霊を続ける限りいつでも相手をねじ伏せられるだけの『より強くより大きなチカラ』を求め続けなくちゃなりません。
そうしなければ、いつの日か相手からねじ伏せられてしまう日が来るかも知れないからです。

そんな世界に「浅い知識やうろ覚えの技術」だけで関わろうとするのは、十分すぎるほど『無謀』な行為ですよねぇ…
なので、そんな『無謀』な行為を他人に気軽に勧める人が居るとしたら、よっぽど何も知らないか、故意に人をハメようとしてるか、どちらかに違いないのです。

関連記事   スピリチュアルな根性論とお手軽な除霊



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「無敵! ポジティブシンキングの巻」みたいな話

このブログではこれまでにスピリチュアルな『根性論』というものについて繰り返し書いてきました。
ここでいう『根性論』とは「気力が充実さえしていればよっぽどのことがない限り世の中大抵のことは精神力で乗り切れるのだ〜! 」みたいな考え方のことです。
霊的なことで言えば「精神力というか気力が充実してさえいれば霊的に悪いモノであってもあんまり強くないエネルギーならそんなに恐れる必要なんてないのだ〜! 」みたいな感じでしょう。

で、スピリチュアルな根性論の一つに『全ては気持ちの持ちよう論』ってのがあります。
『全ては気持ちの持ちよう論』ってのは「全ての問題は自分で作ってるだけだ! だから、気の持ちようを変えれば何でも解決するんだよ!」という感じのモノです。
「自分さえコントロール出来れば世界は変わる!」っていう前提から出発しているのです。

霊的なことで言えば「霊障みたいなものは『自分』の内面が外に現れているだけだ」という話になるでしょう。
所謂霊障というのは「幽霊の正体見たり枯れ尾花」的に単にその人の心が作り出してるだけのものだって話です。

(引用はじめ)
憑かれて気持ち悪くなったり、心身が悪化してしまう霊さんの正体は何かというと、自身のネガティブな自我が大きくなって、そこから発する悪い波動からできた邪気です。
(中略)これが悪霊の正体です。
この場合、自分の考え方言動をポジティブな方向へ変えれば浄霊できます。
(引用終わり)

この方によるとネガティヴな『自分』が今までに作り上げてきた邪気と呼ばれるエネルギーが悪霊の正体らしいです。
てことはネガティヴシンキングばかりしている人は悪霊だらけってことになります。
さしずめメンタルヘルスに問題がある人とかは『悪霊の巣窟』ってことになるんでしょうねぇ…(-_-)

逆にポジティブシンキングを行えば即『浄霊』になるらしいです。
これってこれから行うポジティブシンキングで、それまでの人生で蓄えたものすごい量のネガティヴシンキングをすべて浄化可能ってことですよね…?

言わば「ポジティブシンキングは霊的に無敵なのだ!」ってところでしょうか…
ポジティブシンキングするだけで今まで貯め込んできたネガティヴな想念エネルギーがあっという間に無くなっていくわけですからねぇ
ポジティブシンキング浄霊説こそスピリチュアルな根性論の極北なのかも知れません(ー ー;)

もちろんポジティブシンキングをすること自体は決して悪いことではないでしょう。
ただ、それまで出来上がったあれやこれやのネガティヴなモノをそれだけでまるっと対処出来るかといえば不可能だと思います。

人の心に潜む闇ってモノはすごく根が深いものです。
生半可なポジティブシンキングなど、あっという間に呑み込んでしまうほどにはね…



『このブログを浄化します』 


呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

知ったかぶりして『眼に見えない何か』をナメるということ

以前にこんなことを書いたことがあります。

例えばですね〜 
プロ野球のピッチャーのレギュラーシーズンにおける豪速球を昨日今日野球を始めた少年野球の子どもに本気で打たせようとする人はいないと思うのです。 
当たり前ですよね! 
途轍もなくレベルが違いますから!

でもね、スピリチュアル〜な世界だとそれと似たような筋の話が何故か『当たり前』じゃなくなるんですよね。 
嘘みたいですが、ホントのことです。 
本当は眼に見えない世界だからこそ逆に慎重でなければならないはずなんですがね… 


我流の『お祓い?』というか『除霊?』みたいなモノを「簡単に出来ること」としてズブの素人さんに安易に勧めている人が世の中には結構いらっしゃいます。 
しかも、事前にしっかり注意事項を知らせるわけでもなく、そういうことを誰彼構わずいきなりやっても良い!と考えているように見えます。

スピリチュアルな事柄に携わっていても所謂霊的なことに関する危険性に対してひどく鈍感なんだと思います。
多分ご自分があまり危険な目にあったことがないので、「元々危険なことなどどこにもないのだ」と勝手に決めつけてるのかも知れません。
一言でいえばそういうことに対して「チョロいもんだ!」とナメて掛かってるわけです。

(引用はじめ)
悪霊はオンライン上で嫌がらせをしてくる人と同じだと思ってください。
生きている人間だろうと、死霊だろうと、生き霊だろうと、“悪意”という点では何ら変わりないのです。
相手はこちらの意識に反応しているのですから、大抵は無視することで離れていきます。
(中略) 人を呪い殺せるような強い霊は、いないわけではないですが、まともに生きていたら、出会うことはほとんどないでしょう。
(引用終わり)

この方にとっていわゆる悪霊ってのは「ちょいと嫌がらせをしてくるイヤな奴」いう程度の認識なのでしょう。
「そんなものはこちらが敢然と無視しとけば、そのうち勝手に居なくなりますよぉ!」てな感覚をお持ちのようにお見受けします。

でもね、もしかしたらいわゆる悪霊の中にはとんでもなく執念深く攻撃的なストーカーみたいなモノも存在するかも知れないじゃないですか?
少なくともそういったモノが絶対に存在しないって保証はどこにも無いのです。

引用文の方も「人を呪い殺せるような強い霊は、いないわけではない」とおっしゃってるわけですしね。
そういうモノと万が一遭遇したらどうするんでしょうかね?
やっぱり無視するだけなんでしょうか?
それって『相当ヤバいこと』だと思いますけどね!

世の中『知ったかぶり』ほど危険なモノはありません!



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ





※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

所謂『除霊』のアブナイ世界

例によって例のごとく独断と偏見で申し上げれば、除霊とは自分と見えない何かとのチカラ比べです。 
チカラ比べには終わりがありません。

いつまで経っても何処まで行っても上には上がいるからです。
眼に見えないチカラの話ですがね…

よって、除霊を続ける限りいつでも相手をねじ伏せられるだけの『より強くより大きなチカラ』を求め続けなくちゃなりません。
そうしなければ、いつの日か相手からねじ伏せられてしまう日が来るかも知れないからです。

そうでなくても相手がいる限りはいつも一方的なやりたい放題が出来るとは限りません。
常に『返り討ちに遭う可能性』は存在するってことです。

返り討ちにまで会わなくても返り血くらいは浴びるかも知れないです。
そういうことを長く続ければ続けるほど返り血を一滴も浴びない可能性は限りなくゼロに近付いていくでしょう。

そこにあるのは『斬った張った』の殺伐としたココロの世界です。
やってやられて、やられてやって…何処まで行ってもキリがないのです。
最後に行き着くのは相手を消し去るか、さもなくば自分が(除霊に失敗して)花と散るかの道なのでしょう…

以上のようなことを今まで繰り返し述べてまいりました。
で、最近また以下のような文章を拝見したのです。
典型的なやってやられて、やられてやっての世界です。

(引用はじめ)
除霊の依頼。
クライエントの話ではどうやら「拝み屋」に関わって「蛇」を取り憑けられたというもの。
(中略) 「拝み屋」が絡んでいる以上、こちらも最悪の場合は命を取られる可能性もあるため、2週間ほど前から食事制限や心身修行により除霊の準備を整える必要がありました。
(引用終わり)

私は今まで常に『返り討ちに遭う可能性』は存在すると申し上げてきました。
この方も「最悪の場合は命を取られる可能性もある」と書かれています。

引用文で述べられてることが確かならば、除霊ってのは人外のモノとのチカラ比べであるとともに、時に霊能者同士の戦いでもあるってことでしょう。
戦うということには当然勝ち負けが付いて回ります。  

一方に「勝ち」があれば、片方には必ず「負け」があるのです。 
戦う限りは常に勝つ可能性とともに『負ける可能性』も同時に背負ってるのです。 
たまたまではなく、必然としてね!

結局何かを力尽くで所謂一つの『除霊』をするという行為は負の因果を積み上げるてるのと変わりません。 
『破壊』をもたらす原因は破壊的な結果しか生まないからです。

それは他人をチカラ尽くで支配し続けた人間の末路によく似ています。
自分が他者にやったことの報いが最後には熨斗を付けて利息付きでガッツリと返ってくるのです。
いつか必ずね!



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ





※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

所謂『魔境』にすでにハマってる人の実例 

(引用はじめ)
主によく語られる魔境の意味は『神秘体験などに囚われ、意識の拡張により自分のエゴが肥大し、精神のバランスを崩した状態である』といわれている。
簡単に説明すると現実世界では通常体験出来ない現象や思想を感じた時「特別な何かを得た、感じた」と思い、その出来事・物事にとらわれてしまう、のめり込んでしまうといった状態になることではないだろうか。
しかも、本人はその事に気付いていないという部分が何より大きいと思われる。
(引用終わり)

魔境に入った人というのは十中八九浮かれています。
ここでいう「浮かれている」というのは高揚感に支配された状態のことです。

「神秘体験をする→価値観のコペルニクス的転回が起こる→高揚感に支配される」という道筋を辿る人って少なくない気がします。
高揚感に支配されると浮き足立ちます。
浮き足立つと現実的な感覚を失って突拍子も無いことでも簡単に信じるようになるのです。

そんな魔境の入り口としてよくあることの一つに「声なき声が聞こえる」ってのがあります。
耳で聞いてるわけではなく、脳に直接入ってくるみたいに聞こえるパターンが多いです。
しかも段々ハッキリ聞こえ出したりします。

それでコロッとヤラレてしまう人々が世の中には随分と多い気がします。 
ここでいう「ヤラレてしまう」というのは人外のモノの用意したマヤカシに絡め取られてしまうことです。

最近また魔境にヤラレてるであろう人のお話を拝見してしまいました。
以下は引用ではなく、話の筋を私の言葉でダイジェストしたものです。

ある夜恋人が霊に取り憑かれてしまいました。
その時を境にそれまで心霊現象とは全く無縁だった自分が霊と頻繁に交信するようになったのです。
ある日助けに来てくれた今は亡き祖母とともに度重なる霊障に苦しむ彼女の対処をしていると、いきなり祖母から「空海と僧侶の一団がやって来た!」と伝えらました。
やって来た空海と僧侶の一団はあっという間に悪霊を消し去っていったのです。

要約すると「ある日突然空海と坊さんの一団が現れて、自分たちを助けてくれた!」ってことになります。
で、ご本人はその話を素直に信じているわけです。

私からしたらこれって典型的な魔境ってヤツに見えるんですけどね…
安倍晴明とか空海とか「今のスピリチュアル界隈で持て囃されている過去の『スター』の誰かが自分のところにひょっこりやって来て不思議なチカラを貸してくれる」ってパターンがね!

何で縁もゆかりもない一個人のところへ突然昔の有名人がやって来て除霊みたいなことをしてくれるって思えるのでしょう?
もし現実社会で、見ず知らずの他人が有名な会社とかの名前を名乗って「貴方に良い話を持ってきました!」とか言って、突然訪ねてきたらどうでしょう?
そりゃ完璧に詐欺師の手口だと思いますよね〜

霊的なことだろうとリアルなことだろうと、そんな自分にばかり都合のいいことがホイホイ起こるわけがないのです。
マヤカシでもなければね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「お経を読むと波動が上がる」とかいう話

随分以前にこういうことがありました。 
ある書店の店頭で読経のCDがかけられていたことがあったのです。 
誰でも覚えられる般若心経みたいな本に附属のCDです。 

そこには様々な波動エネルギーが集まってきてました。 
ハッキリ申し上げて波動のレベルの低いエネルギーです。 
エンドレスで流れる読経はエネルギーをどんどん集めてましたが、集めたエネルギーを浄化してはいませんでした。 

以上のようなことを6・7年前書いたことがあります。
そのまんま実話です。

読経をしたりマントラを唱えたりすると亡くなられた方が所謂『成仏』をするのかといえば先ずしないんじゃないでしょうか。
どうしてそう思うのかといえば、ヒーリングしている過程で今まで成仏していないお坊さんたちと少なくない回数出会ってきたからです。

しかもそういったお坊さん達のほとんどは、験力のある人々のようでした。 
いわゆる死者を成仏させるチカラがある僧侶だと考えられていた人々であるということです。 
少なくともカタチばかりの儀式をやってた人ではないだろうと思います。

そんなお坊さん達ですが、亡くなられた方々を成仏させるどころか死んでからも生きてる人間にダメージを与えています。
実際にヒーリングしている人の不調の箇所から出てくるわけですからね…
そして、それが決して稀有な例ではないということなのです。

もし読経をすることに魂を浄化するチカラがあるとするなら、とっくの昔にご自分たちがキレイになってても不思議ではないはずですよね?
何十年も読経を日課にされていたはずので…
ただ、実態は必ずしもそうなってはいないんですよね…

なぜそんな話をまた述べたかと申しますと以下のような文章を拝見したからです。

(引用はじめ)
お経を読むことも「不成仏霊が、成仏させて欲しくて寄ってくるから危険」という噂がまことしやかに囁かれているそうですが、これもありえない話です。
お経を読むと、読んでいる人やその場所の波動が上がるので、不成仏霊はかき消されてしまったり、近寄れなくなります。
安心してお経を読んで大丈夫です
(引用終わり)

何を信じるかはそれぞれの人の全くのご自由です。
その人の中にそれが止まっている限りにおいてはね。

ただ、「安心してお経を読んで大丈夫です」とかおっしゃるのは如何なものでしょう…
そりゃ、明らかにやりすぎってもんです。
それを本気にして実行してしまう方が出てくるかも知れませんので! 



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「眼に見えないナニカにすがって除霊をする」って話

例によって例のごとく独断と偏見で申し上げれば、除霊とは自分と見えない何かとのチカラ比べです。 
チカラ比べには終わりがありません。

いつまで経っても何処まで行っても上には上がいるからです。
眼に見えない『何か』の話ですがね…

よって、除霊を続ける限りいつでも相手をねじ伏せられるだけの『より強くより大きなチカラ』を求め続けなくちゃなりません。
そうしなければ、いつの日か相手からねじ伏せられてしまう日が来るかも知れないからです。

そうでなくても相手がいる限りはいつも一方的なやりたい放題が出来るとは限りません。
常に『返り討ちに遭う可能性』は存在するってことです。

返り討ちにまで会わなくても返り血くらいは浴びるかも知れないです。
そういうことを長く続ければ続けるほど返り血を一滴も浴びない可能性は限りなくゼロに近付いていくでしょう。

そこにあるのは『斬った張った』の殺伐としたココロの世界です。
やってやられて、やられてやって…何処まで行ってもキリがないのです。

以上のようなことを今まで繰り返し述べてまいりました。
で、最近また以下のような文章を拝見したのです。
典型的なやってやられて、やられてやっての世界です。

(引用はじめ)
女性が突然苦しみ出し声もでなくなるような霊障が何回か起きました。私から見ると霊の仕業と分かったので除霊をしましたが霊はまったく離れません。
(中略) これはマズいと思い不動明王様にお願いして霊を払ってもらうのですが、なぜか少しすると霊は戻ってきて、また霊障を起こします。
(引用終わり)

所謂スピリチュアルな世界で霊的な能力と呼ばれるようなモノがあります。
そういったチカラには大体二通りのパターンがあるように感じられます。 

一つには人間が生き物として生まれながらに持っている所謂『第六感』です。 
一般的には勘とか呼ばれるモノです。

個人的にはそれは他の五感と並列的に在るものだと思っています。
特別な人間に与えられた特殊なチカラではなくね。

もう一つは『物の怪』など目に見えない存在から何かの拍子に後天的に与えられた超自然的なチカラ です。 
本来その人が持っていなかったモノなのでそのチカラはあくまで借り物です。

神や仏と呼んでるモノに『お願い』をしてお祓いをするってのは後者のやり方に等しいです。
それでも、祓えないっていうのなら、より強力な眼に見えない存在にすがってどうにかするしかないでしょうね。
そういうやり方を続けていくのらばですが…
個人的にはやめといた方がいいと思いますけどねぇ。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「インスタントな呪術をシロウトに勧める」って話

5、6年前こんなことを書きました。

もちろんこの世の中は生きている人の想念エネルギーだけで成り立っているわけではなく、その他にも数限りないエネルギー体が存在します。 
得体の知れない強烈なエネルギーに遭遇する機会だってあるかも知れません。 

少なくともそんなことはなあり得ないという保証は何処にも無いのです。 
スピリチュアル〜なことをしていれば尚更ね… 

なので、自己流・我流の『お祓い』とか『除霊』の如きものはくれぐれもなさらないでほしいと思います。
「自分のところからパパッと追っ払うような方法を」ということをですが… 

況してや他人にそんな方法を勧めないでほしいのです。 
あまりにも危険が危なくてデンジャラスなことなので… 

危険性の高いことをしていて、偶然危ない目に出会わなかったとしてもそれは決して必然などではないのです。
「たまたまその時は運が良かった」というだけに過ぎないのです。 


以上のように「他人に勧めないでほしい」と述べましたが、今現在も『色んなモノ』を他人に勧める人は後を絶ちません。
『お祓い』とか『除霊』に限らず、インスタントな呪術みたいなモノが好きな人々がそれだけ多いってことでしょうか…

(引用はじめ)
・紙を切り抜いて、人の形を作ります。
・頭頂に1分程当て、自分の存在をコピーします。
・胴体に「取り返す」と書きます。
(中略) これで、吸血鬼でも捕食者でも攻撃先がこの形代になります。
(引用終わり)

多分所謂エナジーバンパイアみたいな人から身を守るために考えられた方法なのでしょう。
所謂スピリチュアルな世界では他人の生体エネルギーを吸い取る人のことをエナジーバンパイアと言うらしいです。

その方法そのものについてここでどうこう言うつもりはありません。
ただ、それを素人さん向けに当たり前のように教えておられるのは如何なものでしょうか?
正直「そりゃヤバいんじゃないの!?」と感じています。

呪術的なこととかは「それがどういうモノであるか」十分に分かったような人がそれなりの覚悟をもってやればいいんじゃないかと考えます。
個人的には誰であれ「そういう類のことはやらない方が良い」とは思いますけどね…
まぁ、「そういう人たちはそういう人たちのサークルの中でご自由におやりください」ってことです。

要は呪術とかよく分かってない人間を分からないまま巻き込まないでほしいのです。
しかも簡単で危険がないって風を装ってね…
それは罪作りってモノですので!



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

スピリチュアルな『チカラ比べ』の実際

例によって例のごとく独断と偏見で申し上げれば、除霊とは自分と見えない何かとのチカラ比べです。 
チカラ比べには終わりがありません。

いつまで経っても何処まで行っても上には上がいるからです。
眼に見えない『何か』の話ですがね…

よって、除霊を続ける限りいつでも相手をねじ伏せられるだけの『より強くより大きなチカラ』を求め続けなくちゃなりません。
そうしなければ、いつの日か相手からねじ伏せられてしまう日が来るかも知れないからです。

そうでなくても相手がいる限りはいつも一方的なやりたい放題が出来るとは限りません。
常に『返り討ちに遭う可能性』は存在するってことです。

返り討ちにまで会わなくても返り血くらいは浴びるかも知れないです。
そういうことを長く続ければ続けるほど返り血を一滴も浴びない可能性は限りなくゼロに近付いていくでしょう。

そこにあるのは『斬った張った』の殺伐としたココロの世界です。
やってやられて、やられてやって…何処まで行ってもキリがないのです。

以上のようなことを今まで繰り返し述べてまいりました。
で、最近また以下のような文章を拝見したのです。

(引用はじめ)
私:「出て行け!悪魔化した蛇よ。この者の身体を明け渡せ」
 
憑き物:「いやじゃ。これはわしの身体じゃ。お前などに指図される筋合いはないわ」
 
私:「ならば、四方八方より龍神を召還するぞ!龍神様、龍王様のお力をいただいて、お前を調伏いたすぞ。喰われたいのか?」
 
憑き物:「いやじゃ、喰われたくはない。龍を呼ぶでない」
(引用終わり)
 
まぁ、これって「みんながイメージするようなコテコテのお祓い風景の一コマ」って感じですよね。
憑き物を祓うためにより強いアチラさんを呼び出すぞと脅したりスカしたりする方式です。

自分のバックのチカラを誇示するスタイルと申しましょうか…
これぞ『ザ・除霊』って雰囲気ですよね。

でも、もしこの人のおっしゃる龍神やら龍王やらがこのヘビよりチカラが弱かったらどうなるんでしょうね?
やっぱりそれもよくあるように「相手のチカラが強すぎて『私のチカラ』では払いきれません!」とか言って退散されるんでしょうかね?

チカラ比べの世界なら、相手のチカラが自分より強ければやられる前に退散するかやられてしまうか二つに一つしかありません。
だから、そういう世界にいる限り必然的により強いチカラを求めるしかないんですよね…
負けたくなければ…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp
ランキング参加中


記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ