『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングに関するあれやこれや・自分が体験した不思議な出来事など思い付くまま気の向くままに野性の勘?で書き綴っております(笑)

霊能力

「霊的なチカラは劣化しない」というファンタジー

森羅万象すべてのモノには波動があります。  
波動があるというのはずっと動き続けているということです。 

逆にいえばずっと動き続けることで活性を保っています。
マグロなどの回遊魚が速く泳ぐことで新鮮な空気を取り込むようにね。

ただ、ずっと動き続ければ否応なく劣化します。
生き物でいえばそれは老化するということです。

当然ながら生き物には限りがあります。
生まれたものには遅かれ早かれ必ず死がやって来るのです。

死が逃れられないものなら劣化することからも逃れられないということです。
そして、大抵のことは長い時間が過ぎるほど劣化しやすくなるものです。

まあ、何にしろ動くことによって始めてエネルギーが生まれます。
しかし、動くことによって否応なく劣化も始まるのです。

無生物であってもそれは同じです。
例えばバッテリーでもほっとけば電気が飛んで劣化していきますよね。
新品をそのまんま仕舞っといてもそのうち使えなくなるものです。
つまり、目に見えないエネルギーだって劣化するのです。

この世にあるすべてのモノは時を経て劣化し、やがては滅んていくものです。 
平家物語風にいえば『盛者必衰』です。 
そのコトワリに例外はないのです。

(引用はじめ)
霊力というのは呼吸のようなもので、本当は使っても消耗してなくなったりしないものらしいです。容量は個人差ありますが。
(引用終わり)

この方のおっしゃることが確かなら、霊力というモノはイリュージョンなんだろうと思います。
単なる幻影ってことです。
まあ、霊力というモノがどんなものかは存じ上げませんが…

あと、霊力というものは呼吸のようなものらしいのですが、呼吸というのはそこら辺にある空気をざっくり吸い込むことしか出来ません。
呼吸に限らずエネルギーの出し入れというのは全てそういう仕組みになっています。
まとめて全部取り込んでから必要なものだけ吸収して不要なものは排泄してしまうという構造です。

呼吸ってのはアバウトゆえに修正が効きやすい性質のものですが、一方アバウトゆえに不純物を取り込みやすい構造になっています。

不純物が入れば当然消耗しやすいです。
例えば埃っぽい空気を吸い込めば咳き込んでしまいます。
激しく咳き込めば咳き込むほど体力を消耗しますが、不純物を排泄のための当然の身体の反応なのです。

「この世界には消耗しない不滅のチカラがある!」なんて話をされる方がもしいたら眉に唾をたっぷりつけた方が無難です。
『盛者必衰』っていうこの世のコトワリから外れた話ですのでね。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

ホントにあった「霊能力で因縁を消す」とかいう怖い話

霊能者というのがどういう範疇の人たちを指すのか実際のところよく存じ上げません。
ていうか特に深く考えたことはないのです。

一般的なイメージで言えば霊能者ってのは「霊的なモノをその眼や耳でハッキリと見たり聞いたりすることが出来て、しかも除霊やお祓いと呼ばれる行為が十分可能な人」ってところになるじゃないでしょうかね?
つまり、霊能者と呼ばれるかどうかのボーダーラインは「霊的な良からぬモノを対処して霊障と呼ばれるような眼に見えない障害の類いを改善出来るか出来ないか」というところにあるということです。

あくまでも素人が考える霊能者のイメージの話です。
そういう世界の専門の人には専門の人の分類ってのがあるのかも知れません。

そう思ってたら最近霊能者と名乗っていらっしゃる方が仕事内容について述べておられる文章に出会ったのです。
その方によると霊能者の仕事というのは「依頼主の家に関係のある霊体は浄化・浄仏、つまり供養をし、魔物や念体、妖怪、狐などは全て消し去り、依頼主自身や、依頼主の先祖が犯したことによる過去から来る因縁をも消していく」ものらしいです。

これを拝見して正直「あれ! ちょっと待てよ〜」と感じてしまいました。
「依頼主自身や、依頼主の先祖が犯したことによる過去から来る因縁をも消していく」ってねぇ、「イヤイヤ、なんですか、それ!?石が流れて木の葉が沈むって話になってませんか? 」って思うんですよ〜。

そんなこと不可能だろうとしか思えません。
何故なら本質的に『非合理』だからです。

何らかの現象があるならば必ずそれ相応の原因が存在します。
逆に言えば結果の無い原因なんて何処にもないということです。
それがここでいうところの『因果応報』です。

なので、因果応報というものはこの世の全てに遍くあります。
何人もその因果の法則から逃れることは出来ないのです。

先ほど申し上げた『非合理』とは因果応報を超越しているという意味です。
だから、「たった一人の霊能者が依頼主自身や、依頼主の先祖が犯したことによる過去から来る因縁を霊能力を使って消していく」ってのは、「自分のチカラで因果応報なんて軽く超越してやるぜ!」と宣言しているのに等しいわけです。
そんなことは先ず不可能と申し上げるしかないのです。

ただ、因果応報と言っても壁にボールをぶつけたみたいにすぐさまダイレクトに返ってくるとは限らないのです。 
大体はタイムラグがあると申しましょうか…ブーメランみたいにグルーっと一周回って返ってきます。 

例えばその場その場で小狡く立ち回って直ぐにしっぺ返しが来なければ「しめしめ上手いことやったぜ」でお終いってわけではありません。
単に因果のツケが貯まってるだけに過ぎないのです。

「他人の因縁を霊能力で消す」なんて行為は「他人の因果のツケを自分が全部肩代わりしますよ!」って宣言してるのと変わりません。
しかも、依頼者には依頼者で「他人(この場合は霊能者)に自分の因果のツケを肩代わりさせた」という新たなる因果のツケが加わることになる…
まぁ、どう転んでもただの人間にそんなこと不可能でしょうが、万が一出来たところで悪いこと尽くめなので、やめといた方が無難です。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「ありふれた平凡さ」こそが人としての最強!

世の中には『特別』であることを求める人がたくさん存在います。  
特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 
『特別』に憧れ、『特別』に囚われているといったほうがいいかも知れませんが… 

ここで言う『特別』とは例えば「自分は他人より世界の真実を知っている!」とか「自分は神より選ばれた人間である!」とかいう優越感に溢れた状態のことです。  
そういう状態になりたいと渇望し、「既にそうなったに違いない!」と思い込みたい方々が大勢いらっしゃるわけです。  

優越感を渇望する人は当然劣等感に苛まれている人です。
強いコンプレックスこそが『スペシャルな自分』を夢見させるのです。

そういう方々が行き着く果てが所謂スピリチュアルな世界なのでしょう。
少なくとも『特別』を求める人が立て籠もる『最後の砦』としてスピリチュアルが有るのは確かだと思います。

スピリチュアルな世界において一番特別感が出せるモノは何か?
それは霊感とか霊能力とか呼ばれるモノではないでしょうか?
そういったチカラには大体二通りのパターンがあるように感じられます。 

一つには人間が生き物として生まれながらに持っている所謂『第六感』です。 
一般的には勘とか呼ばれるモノです。

個人的にはそれは他の五感と並列的に在るものだと思っています。
特別な人間に与えられた特殊なチカラではなくね。

もう一つは『物の怪』など目に見えない存在から何かの拍子に後天的に与えられた超自然的なチカラ です。 
本来その人が持っていなかったモノなので、チカラを貸してくれるモノの影響によって出来ることやチカラの強弱は変わっていきます。

(引用はじめ)
私が特殊能力に基づいて霊的次元の距離感が計れるというのは、私自身の魂が本来人間とは別系統の存在だからです。なので、本来人間には備わらない筈の能力を持っています。
(引用終わり)

以上の文章をもう少し分かりやすくするなら「自分が人間離れした優秀な能力を持ってるのは、凡百の人間とは全然違う特別な魂を持ってるから!」って意味になるでしょう。
「何か特殊能力系のバトル漫画かファンタジー系のラノベに出てきそうな設定だな」って感じがします。

先ほども申し上げたように、人間に元々備わった『勘の類い』以外の所謂霊能力ってのは、十中八九人外のモノに授けられたチカラじゃないかと推測しています。
だから、「ありふれた平凡さという『普通能力』を持った者こそが本当は人として最強!」なのです。(まぁ、本当は『強い弱いの話』じゃないですが、バトル漫画風に言えばね(笑))



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

『特別』を求める心とスピリチュアルな『チカラ』

世の中には『特別』であることを求める人がたくさん存在います。  
特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 
『特別』に憧れ、『特別』に囚われているといったほうがいいかも知れませんが… 

ここで言う『特別』とは例えば「自分は他人より世界の真実を知っている!」とか「自分は神より選ばれた人間である!」とかいう優越感に溢れた状態のことです。  
そういう状態になりたいと渇望し、「既にそうなったに違いない!」と思い込みたい方々が大勢いらっしゃるわけです。  

優越感を渇望する人は当然劣等感に苛まれている人です。
強いコンプレックスこそが『スペシャルな自分』を夢見させるのです。

そういう方々が行き着く果てが所謂スピリチュアルな世界なのでしょう。
少なくとも『特別』を求める人が立て籠もる『最後の砦』としてスピリチュアルが有るのは確かだと思います。

スピリチュアルな世界において一番『特別』感が出せるモノは何か?
それは霊感とか霊能力とか呼ばれるモノではないでしょうか?

それらは学歴とも運動神経とも容姿とも無縁です。
霊能力の世界は言わばコンプレックスを持つ者に残された行き止まりのパラダイスなのです。

で、そういったチカラには大体二通りのパターンがあります。 
一つには人間が生き物として生まれながらに持っている所謂『第六感』です。 
一般的には勘とか呼ばれるモノです。

個人的にはそれは他の五感と並列的に在るものだと思っています。
『特別』な人間に与えられた特殊なチカラではなくね。

もう一つは『物の怪』など人外のモノから何かの拍子に後天的に与えられた超自然的なチカラ です。 
本来その人が持っていなかったモノなので、チカラを貸してくれるモノの影響によって出来ることやチカラの強弱は変わっていきます。

『特別』が好きな人が求めるチカラは大抵後者の方です。
人外のモノ絡みのチカラってことです。

(引用はじめ)
(スピリチュアルな) 集まりの中で「能力」があるとか、あなたには無いとか、そんな言葉が何度も出てたいへん不快になったというお話を伺いました。
(中略) 自分を承認してほしいタイプの人です。視える、聴こえるということを「すごい」「特別な人」と言ってほしくて、こちらが何も頼んでもいないのに、いきなりオーラを見たり、何か憑いてると言ってきたり…
(引用終わり)

以上のお話は『特別』を求め、霊能力を求める人々の現実を如実に表しています。
そこにあるのは結局チカラ自慢、チカラ比べの殺伐とした世界です。
別に霊能力に限らず、スピリチュアルに限らず、それがチカラを求め、『特別』を求める者の行きつく果てなんだろうなと思います。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「超能力獲得にはカミサマの許可が必須なのだ!」とかいう話

世の中には霊能力と呼ばれるような類いのモノがあります。
そういったチカラには大体二通りのパターンがあるように感じられます。 

一つには人間が生き物として生まれながらに持っている所謂『第六感』です。 
一般的には勘とか呼ばれるモノです。

個人的には勘は他の五感と並列的に在るものだと思っています。
特別な人間に与えられた特殊なチカラではなくね。

ここで五感というのは誰もが日々ごく普通に感じている感覚のアレヤコレヤのことです。
それぞれに個体差はあっても人が生まれた時から持っている『感じるチカラ』全般を指しています。

第六感を含んだ人間の感覚は身体の衰えとともに劣化していきます。
しかし、その100%全てがなくなるということは死ぬまでないのです。
っていうかそれが完全に無くなるってのが「亡くなること」ですからね。

もう一つは『物の怪』など目に見えない存在から何かの拍子に後天的に与えられた超自然的なチカラ です。 
本来その人が持っていなかったモノなので当然何者かから貰わなければ使えません。

またチカラの源泉たるアチラさんの力量によって出来ることは異なります。 
そして、そのチカラを付与していたモノが去れば当然チカラは無くなります。

これまで以上のようなことを繰り返し書いてきました。
で、最近それを裏付けるような文章に出会ったのです。

(引用はじめ)
神様たちの「 OK! 」が無ければ、サードアイはおろか、ヒーリングも出来ないし、オーラを見ることも出来ません。
ましてや、超能力の獲得など、絶対に出来ません。
(引用終わり)

上にも書きましたが、眼に見えない世界の他者から受け取らなければ使えないチカラってのは十中八九物の怪の類いによってもたらされると考えて間違いありません。
しかも自らがそれを望んだ結果としてね。

引用文にもそれはハッキリと書かれています。
もらえる相手は物の怪ではなくありがた〜い神さまって設定なんでしょうけどね…
まぁ、人間の都合で眼に見えない存在を勝手に神だの悪魔だのと呼んでるだけなのでそれも間違っちゃいないと思います。

ただ、そんなチカラがなくたってヒーリングはちゃんと出来ますけどね。
少なくともクリアー整体ヒーリングはね!

ていうか人外のモノのチカラを借りなけりゃ出来ないヒーリングって何なんでしょうかねぇ?
それってヤバいニオイがプンプンしますけどね…



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp


所謂一つの『操れる系』と「マジで堕ちてく5秒前」

「全部とはいかないけど、この世の可成りの部分はテクニカルに操れるんじゃないか」と考えてる人って世の中には結構いらっしゃる気がします。
そういう人々の心の奥底には「やり方さえ間違わなければ人間なんて簡単に操作出来る! チョロいもんだ!」っていう想いがあるのでしょう。
その手のメンタリティを持つ人をごく個人的に『操れる系の人』と呼んでいます。

何故「チョロいもんだ!」と思ってるかというと、過去に人を操ることが出来た成功体験を『経験値』として持っているからです。
簡単にいえば、操ることに一度ならず何度も成功したので、人間なり世界なりをナメ切ってるんですよね…

例えば目端の利く女の子なら早いうちから『男』の方から手を貸させる手練手管とかを覚えたりするものです。
良くも悪くも『生きるための知恵』としてね。

そういう経験を積み重ねて所謂『世渡り上手』になった女性は若いうちから「世の中なんてチョロいもんさ!」と見切ったりします。
そして、色んなことが自分の思い通りに操れるんだと勘違いし出すのです。

その人が美形なら尚更、世間を自分の手のひらの上で転がしてるような気分になったりもします。
まぁ、男性でもそれと似たような人はごまんといらっしゃるでしょう。

これって霊能者とか呼ばれるような人たちでも同様です。
眼に見えない世界のことで色々と見えたり聞こえたり操ることが出来たりしたら、それが『普通で当たり前のこと』だと信じるようになるのです。
そういう霊能者みたいな人々が操るエネルギー体をここでは仮に式神と呼びます。

ここでいう『式神』とは特定の人間や集団などが何らかの霊的・呪術的な方法を用いて意図的に使役することの出来るエネルギー体全般のことを指します。 
昔の陰陽道で言わていたような狭義のモノとは違うとお考えください。

今の世でも呪術的な方法によって何らかのエネルギー体を使役しようと試みる人々は後を絶ちません。 
使役されるエネルギーには死霊・生き霊・物の怪・オニなど様々なモノがあります。
当然その大きさやそのチカラの強さも千差万別です。
 
ただ、操ってる者がその『式神』をいつでも何処でも操れ、制御出来る保証なんてありません。
場合によったら操ってる者と『式神』の関係性がひっくり返ることも十分あり得るでしょう。

一言でいえば取り憑かれるってことです。
そうやって取り憑かれた者は『式神』だったモノに逆に操られるようになります。

一番恐ろしいのは取り憑かれてる人ほど操られているのに操っているつもりになることです。
それどころか「オレって何でも操れるようになったぜ! スゲェ!」くらいの勢いになります。

以前「人は『マジで堕ちてく5秒前』が一番万能感に溢れている」って話をしました。
人外のモノを操っているつもりで操られるようになった状態の人がまさに『それ』です。

なので、「自分は眼に見えない存在を自在に操れるんだ!」みたいなことを普通に言う人には近づかない方が無難です。
その話がどこまで本当か嘘かに関係なくね…




『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら上下2回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「ホントの霊能力は神さまがくれるモノだ」とかいう話

「身も心も支配されて完全に操られている状態」を所謂『憑依』とするならそういった人はごく少数でしょう。 
ただ、様々な波動エネルギーの影響を受けて、心や身体に大きく変調を来たしてしまう人が世の中には少なからずいらっしゃいます。 
そういった状況をここでは一応「憑かれた状態」としておきます。 

「憑かれた状態」といっても最初はその人の内側からジワジワとゆっくり浸食されていきます。
浸食された部分は本来のその人では無いモノに差し替えられていくのです。

差し替えられた部分は元からある部分と比べると擬態したカメレオンみたいになっています。
よく見れば違うのですが、ちょっと見には違いがわからない感じと申しましょうか…
差し替えられた部分が大きくなればなるほど周りから見れば明らかに違和感が大きくなっていきます。

その時が『憑かれた状態』から引き返せる最大で最後のチャンスです。
明らかにオカシイことが本人以外には隠せなくなっているからです。

ただし、引き返すためにはその人自身の明確な認識が重要になります。
自分の状態のおかしさにはっきりと気付くことが必要なのです。

しかし、世の中には憑かれたことを良い意味でスゴいんだって思う人々がいらっしゃいます。
「何処ぞの神さまが憑いた!」「龍が憑いた!」といって憑き物自慢をされる方々です。

その方々からしたら多分「良いモノに憑かれるのは所謂一つの『憑き物』と全然は違うだろ!」ってことなのかも知れません。
「未成仏霊とかの良からぬモノに憑かれるのとは話が違うよ!」って感じなのでしょう。

でも、何がどんな風に憑こうと『憑かれる』ってことには変わりはないのです。
現実に「憑かれて人生良くなった!」なんてケースに出会ったことはないですしね…

そもそも憑かれるってのは「自分の心や身体の中に自分じゃないモノが侵入してくること」を意味します。
相手が何だろうと憑かれるってのは『相手に自分を奪われていくこと」に他なりません。

(引用はじめ)
私たちが本当に身につけなければならないのは、あてものをするような低級な霊能力なんかではなく、周りの人も自分も幸せになる神霊能力です。
神霊能力は言葉の通り真正の神がかりによる、能力です。
(引用終わり)

最近また以上のような文章を拝見しました。

真正の神がかりって一体何でしょう?
ていうかその『カミ憑り』の正体どうこういうっていう前に「誰にとっても神憑りは良いものだ!」って前提になってる時点でもう十分危険な話だなと個人的には思うんですけどね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

所謂霊感と「ブレないココロ」とかいう話

人間生まれた時はみんな赤ん坊で、あっちへ頭をゴチンとやり、こっちでドタンとコケながら大きくなっていくものです。
大怪我しない程度にそういうのがなけりゃキチンと歩けるようにはなりません。

じゃあ、大人になったら何処にもぶつからないのか?或いは転けないのか?っていうとそんなことはありません。
元々あっちへフラフラこっちへフラフラしながら人生を歩いていくのが人間です。
  
人間は生きている限り『ブレること』を繰り返し、心のバランスを常に取り続けるしかないのです。  
その「バランスを取る」というところからズレてしまうと遅かれ早かれ心は迷います。

『完全無欠の正解』なんて求め出すと心は迷うのです。
ブレてるのにも関わらずバランスを取らなくなるからです。

人間は元々主観的な存在です。
純粋に客観的な視点を持つ人間などというものは古今東西一人も存在しません。

主観というものには大なり小なり偏りが存在します。
一人一人が見ている『世界』というモノはそれぞれに常に偏りがあるということです。

元々偏っているんだからその偏りを小まめに修正していかないとバランスを崩します。
バランスを崩したままほっとけば心はドンドン捻れて歪んでいくのです。
そうやって捻れて歪んでいくことが所謂『ブレる』ということです。

要するに人間ってのは多かれ少なかれ『ブレ続ける者』としてこの世に存在しています。
人間の歴史の中でそうじゃなかった人は一人も居ないのです。

(引用はじめ)
霊感はブレるのか?ですが、人に寄ると思います(^-^)
私の場合は、ブレることがないのです。
(中略)人に寄るとは思いますが、きちんとしたヒーラーさんなら、ブレないと思います❗
(引用終わり)

最近こんな文章を拝見したのですが、もうハッキリ言って最初からブレブレですよねぇ(-_-)
人間のやることは全部ブレるに決まってるんで、「私の霊感はブレない!」ってなってる時点でもうすでに相当ブレています。
しかもブレないことがスタンダードだと信じてしまってますしね…

この「霊感はブレない」って考え方は相当ヤバいと思います。
そういう考え方でいる限り人外のモノにマヤカされるのも時間の問題でしょう…

そして、マヤカシの上にマヤカシが乗っかり、最後にはエキセントリックなファンタジー世界に埋没していくなんてことにもなりかねません。
ていうか残念ながら現実にそういう人を見たことがありますからねぇ…

「霊感なんてのは、あったとしても他のモノよりずっとブレやすい」ってくらいに思ってて丁度いいんじゃないでしょうかね。
元々あやふやなモノですから。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

人外のモノのマヤカシと所謂一つの『霊界の真実』とか

普通の人が眼に見えないモノが見えているという方がいらっしゃいます。
所謂『霊能力』があるという方々です。

その人には確かに何か見えているのでしょう。
見えていること自体を否定するつもりはありません。

ただ、その『見えてるモノ』が何時も必ず真実とは限らないのです。
というかそれぞれの知識や理解の範疇でしか認識は出来ません。

だから、眼に見えないモノが本当に見えたとしても何処まで行っても曖昧模糊とした部分は残るのです。
全部分かったつもりになると直ぐにマヤカシの渦に呑まれてしまいます。

肉眼で見えてる『現実』と呼ばれてる領域でさえ「何処までが本当で何処までがマヤカシか」なんて随分とあやふやに出来ています。
ましてや眼に見えないアチラ側に至っては混沌とした人間の想像など遥かに超えた世界でしょう…

でもね、実際には他人に見えないモノが見えたり、聞こえないことが聞こえたりすることで何もかも分かってしまったような気になっている人が少なくありません。
例えば「自分は霊界の真実を知り尽くしているのだ!」っていう風な感覚を持ってしまわれたりされるわけです。

じゃあ、そもそも所謂『霊能力』ってのは何かというと大概は物の怪を筆頭とする人外のモノのチカラのことなんだろうなと思います。
亡くなったヒト、物の怪、オニ、式神、蟲、生き霊などのエネルギー体、それらエネルギー体の合体した得体の知れないモノ等々
それらを纏めてここでは『人外のモノ』と呼んでいます。

そういったモノのチカラを借りてる人ってハッキリ申し上げて世の中には多いです。
霊能者と呼ばれるような日常的に霊能力を発揮してる人に限らずね。

(引用はじめ)
人を霊視すれば確かに色々なものが見えますし、アドバイスも出来るでしょう。
 しかし、自分自身の頭はどんどん回らなくなり、左肩は常に冷たく、右肩の張りは異常で、胸も苦しくなってくるでしょう。
(引用終わり)

この方によると霊能力というのは霊界を通してのみ使える力らしいです。
霊視というのも当然霊界を通じて行うモノということになるでしょう。
そして、霊界を通せば必ず代償を取られるみたいです。

これって私からするとコテコテの人外のモノとの悪魔の契約に見えます。
この方のおっしゃる霊界の真実というのは物の怪の見せるマヤカシの世界なんだろうと感じるのです。

その証拠に関わるとダメージを受けてしまってます。
この方によるときちんとした代償を霊界に払わなかったせいだということになるのかもしれませんが、実際は人外のモノにドップリ関わったからんじゃないでしょうかね、多分…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

所謂『第六感』と「チカラには『代償』が必須」とかいう話

前々回の出だしでこんなことを書きました。

目に見える世界がそうであるように、眼に見えないエネルギーの世界だって『自然の理』は同じように作用するんじゃないでしょうか?
アチラ側だけ別建ての原理で動いているなんてことは考えにくいのです。

で、最近こんな文章を拝見しました。

(引用はじめ)
まず理解するべくは、見えない世界を動かすこと、すなはち霊能力を行使するというのは、霊界を通してのみ行えるものです。
霊界を動かす際には、必ず代償を要求されます。
通行料のようなものだと思って頂ければと思うのですが…
(引用終わり)

この方のおっしゃることが正しいとすると霊能力や霊感などは全て霊界の産物だということになります。
しかも少しでも霊界に関わるとそのたびに否応なく相当『ハードな代償』を支払わされるということのようです。

っていうことは霊界ってのは生きてる人間にとっては『ものすごく稀有で特殊な世界』だってことになります。
その上「オレに触れると火傷するぜ」って感じの世界です。

ぶっちゃけそれなら霊能力なんて生きてる人間にとっては百害あって一利なし、全く必要のない能力ってことではないでしょうか?
この方の理屈が正しければの話ですが…

しかし、矛盾しているのはそれをおっしゃってるのがいわゆる霊能者の方だってことです。
その方のおっしゃることが正しいならせっせと自己否定していることになりますけどねぇ…

所謂スピリチュアルな世界で霊的な能力と呼ばれるようなモノがあります。
そういったチカラには大体二通りのパターンがあるように感じられます。 

一つには人間が生き物として生まれながらに持っている所謂『第六感』です。 
一般的には勘とか呼ばれるモノです。

個人的にはそれは他の五感と並列的に在るものだと思っています。
特別な人間に与えられた特殊なチカラではなくね。

もう一つは『物の怪』など目に見えない存在から何かの拍子に後天的に与えられた超自然的なチカラ です。 
本来その人が持っていなかったモノなのでそのチカラの対価を払わなくちゃならなくなる場合がほとんどです。

そのチカラの対価をこの方は『代償』と呼ばれているのかなぁと推察します。
そういう意味では『代償』は確かに有るのでしょう。
カタチはどうあれ人外のモノからわざわざ分けて貰ったものですからね。

でも、普通にみんなが持っている感覚の延長が第六感だとするならば、そんな『代償』は必要ないでしょう。
だって、五感を使って何かを見たり聞いたり触ったりするたびに一々霊界から『代償』を求められるなんて話一度も聞いたことありませんからねぇ。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp
ランキング参加中


記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ