株式投資は7つの成長株で勝てる

株式投資は経験年数が長い、資金が多い、こんな投資家ほど勝ちやすいはずなのに、実際はそうなっていません。しかし実はこれまで多くの儲かる成功投資家を育ててきた北浜式投資法による7つの成長株で勝てるのです。投資初心者からベテランまで速効性高いそのノウハウを紹介するヤフーカテゴリ登録承認ブログです。リンクは自由に可です。

北浜のプロフィール書き直しました。あまりに事務的とイタイ批判をいただいたので。

はじめまして。北浜流一郎です。

株式投資、うまく行っていますか。


株式投資をはじめてみたけれど、
資金がなかなか増えない。


これはまだ良いとして、
問題は資金が減ってしまうこと。

株式投資の本を読んだり、
ネットで有名トレーダーたちのブログやツイッターを見て、
彼らが手がけている銘柄を自分も投資してみても、
資金が増えるどろか資金が減ってしまっている。


時には700万円あったはずの資金が500万円を割りこんでいる・・・・、
あるいは必死で用意した100万円が70万円に・・・。

極端な例になると2000万円近くもらった退職金から1500万円を投じたところ、
たちまち1200万円に・・・などという方もおられます。


これらが特例なら、特に問題視することはないかもしれません。
しかし決して特例ではなく、ごく普通に起きてしまっていることです。


私はバブル相場が始まる以前から株式投資に関わって来ていますので、
以来多くの個人投資家さんにお会いして来ました。


その数を覚えているわけではありませんが、
私が主任講師を勤めている証券スクール・オブ・ビジネスは、
株式投資の学校としては日本でもっとも古いので、
当然私は国内でもっとも多くの個人投資家の方々にお会いし、
その育成に関わって来たことになります。

その経験で学んだことの一つは、


株式市場は資本移転の場である


になります。どういうことかと言いますと、
株式市場はお金の奪い合いの世界であるため、
儲かる人と失う人とが明瞭に分かれ、


結果的には、

豊かだった投資家の資金が、そうではなかった人の財布に移る、

こうなってしまうことです。


一般的な考えとしては、資金豊富な人が株式投資では有利で、
投資することでそれはさらに増える。


こう思われていますし、理論的にそっなって不思議はありません。

ところが実際にはそうなっていないのです。


どうしてなのか。


私の長年の疑問でしたが、答えは見つかっています。

市場は投資家の思惑など無視して勝手に動いているからです。
ところが資金豊富な投資家のもちろんすべてではないものの、
多くの方がそれまでビジネスで成功して資金が豊かになっているためか、
市場に合わせるのではなく、多くは独自の理論や経験則に基づき、
頑張ってしまうのです。


市場に合わせる。


これが苦手な方が多い結果、売るべき時も売らず、
損切りなど自分の失敗を認めることになるとして実行しない。



こんな依怙地な投資になりがちで、
その結果として豊富な資金も、投資を続ければ続けるほど細ってしまう。
こんなことになってしまっているケースが多々です。


ではその資金はどこへ行ったのか。


資金豊富ではなかったものの、
市場に合わせた投資論と技術を持つ投資家の財布に移ってしまったのです。


そこで私が提案したいのは、
長年多くの個人投資家さんたちに接し、
儲かる投資家育成の実績を踏まえた投資法、


株は7つの成長株で勝てる


です。

タイトルにあるように、

株は7つの成長株で勝てるのです。

しかし、

(1)どんな株が成長株になるのか、
(2)それをどうやって探せばよいのか、
(3)探したあと、どう売買するのか、
(4)売買のタイミングの取り方はどうすればよいのか、
(5)見込みが違って上がらなかったり、損勘定になったらどうするのか、
(6)買い増しはしていいのか、するとすればどんなときにするのか、
(7)資金の管理はどうすればもっとも効率的か、

このような項目の詳細については当ブログで随時紹介していきますので、
よかったらぜひ目を通してみて下さい。


株はわれわれの資金を増やしてくれる道具であるだけでなく、
生き方の自由度を広げて悠々人生を約束してくれるもの。
その実現を長年の儲かる投資家育成実績を活かしてサポートさせてもらいます。

以上、株式プロセレクター北浜流一郎


■北浜の履歴。

成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター

1943年。鹿児島県生まれ。
慶応大学商学部中退後、コピーライター、週刊誌記者、作家業を経て株プロセレクターへ。

いまは「東京スポーツ」「ネットマネー」「株主手帳」、ネット株情報サイト「株探」などの株式欄を担当、ラジオ日経の株番組「北浜の株式宅配」出演などお蔭様でどれも長期連載となっています。

著書は「自分年金はこの3つの銘柄で作りなさい!」他があります。

「証券スクール・オブ・ビジネス」で金泉銘柄による株で自分年金作りを教えてもいます。

好きな歌手は「青江三奈」「水森かおり」。
仕事中も聞いていることが多く、家族には完全にあきれられています。

株式投資のブログランキングに参加しています。
 
お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります

カゴメ株を15年所有して4・96倍をあなたはどう見ます?

つかんし‏ @tsukanshi

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります


無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10500人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除

無料メルマガの記事、更新しました。株の売り方について書いておきました。

「成長株で自分年金作り。悠々人生」をサポートします。

北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞、

記事更新しました。

...

今日の動きを踏まえ、
明日の展開を読むのに役立つヒントやノウハウ、
他にはないお役立ち情報を配信しますので、
良かったら読者登録しておいて下さい。

無料です。

http://www.mag2.com/m/0000237941.htm

売り方が分かりません、ってご相談でした。簡単で効果的な方法を紹介しました。

株価が上がって利益が出ていても、

売り場が分からず、結局損してしまうことがある。

どう売ればよいのか教えて欲しい。

時々、こんな質問を受けます。

実は昨日もある方からご相談がありました。

売り方についてあまり神経質になると、
皮肉なことに売り場を逃してしまうことがあります。
あれこれデータと照合しているうちに株価が急落してしまったりして、
折角の評価益が急減したり、最悪の場合、マイナスになってしまいます。

こんなことにならないようにするにはどうすればいいんだろう、
ということで、複雑な指標に基づいて売ろうとしたり、
チャートの研究に熱中したりとなり、
研究そのものは決して悪いことではないのですが、
肝心の利益はその間も減ってしまう。

こうなってしまいます。

これはもったいないですよね。

で、私がセミナーなどで受講者さんたちに紹介している方法を。

(1)もっとも実行しやすいのは、株価が急騰したところ、
いわゆる吹いた時は、投資して間もなくでも問答無用で売る。

(2)そんな上がり方ではなく、
上下動を繰り返しながら普通に上がる。
この場合は株価が上昇してうれしくなったら売り準備、
とても嬉しくなったら売る。

(3)評価益の20%が消えそうになったら売る。
500円で買った株が700円になり、
20万円の評価益が出ている場合、
その20%が消えるようだったら売るのです。

10万円評価高がある場合なら、
20%減ですと2万円消えそうだったら売りってことです。
それにより80%の利益を確保できます。

他にも指標を使う売り方もありますが、
(たとえばボリンジャーバンドを)、
まずは以上を実行してみて下さい。

評価益を吹き飛ばし、マイナスになるような残念なことにはなりません。


「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります


無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10500人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除





モバイルファクトリー(東証マザーズ)、6月2日東証1部へ昇格です。

東京証券取引所市場第一部への上場市場変更承認に関するお知らせ

2017年5月26日(金)


株式会社モバイルファクトリー(本社:東京都品川区、代表取締役:宮嶌裕二)は、本日、株式会社東京証券取引所の承認を受け、2017年6月2日(金)をもちまして、当社株式が東京証券取引所マザーズから東京証券取引所市場第一部へ市場変更されることとなりましたので、お知らせいたします。


これもひとえに、株主の皆様、お客様、お取引先の皆様をはじめ、多くの関係者の皆様からのご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

当社は、『わたしたちが創造するモノを通じて世界の人々をハッピーにすること。それがモバイルファクトリーの存在意義である』の使命(Mission)のもと、ユーザーが感動するコンテンツを提供することを経営方針としてサービスを開発・提供してまいりました。

現在注力しております、位置情報を活用した位置情報連動型ゲームにおいては、映画作品とのタイアップや他社コンテンツとのコラボイベントなどを実施しております。

また、地方自治体や鉄道事業者と連携し、モバイル端末に限定せずリアルと連動した企画を行うことで、新しいユーザー体験を提供するとともに、地方創生などを通じて広く社会に貢献できるよう取り組んでまいります。

今後も皆様のご期待にお応えするべく、さらなる企業規模の拡大と一層の企業価値の向上に努めてまいりますので、引き続き変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、東京証券取引所市場第一部への市場変更に関する詳細につきましては、日本取引所グループのホームページ(
http://www.jpx.co.jp/)をご覧ください。

株式会社モバイルファクトリー 会社概要

・会社名:株式会社モバイルファクトリー http://www.mobilefactory.jp/
・所在地:東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル8階
・代表者:代表取締役 宮嶌 裕二
・設立日:2001年10月1日
・資本金:4億7,276万円
・事業内容:モバイルサービス事業

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
IR担当 TEL/03-3447-1181 FAX/03-3447-1188
e-mail:press@mfac.jp



「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります


無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10500人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除


有料メルマガで取り上げた銘柄が早速急騰。読者は売り逃げてくれただろうか。

今日こなさなければならない仕事、
先程ようやく終わりました。

午前6時の起床後すぐに仕事に取りかかり、
午後6時前に終了。
いつもより早く終れた感じです。

しかも朝食、昼食、ともに摂れましたので、
いつもより効率的に書けたことになります。

気温があまり上がらず、涼しかったお蔭げでしょうね。

書いた原稿は、

(1)有料メルマガ、

北浜流一郎の逆転投資術!金泉銘柄で道は開らける

(2)株の人気情報サイト「株探」の連載、
「北浜のズバリ株先見」

(3)「政経レポート」の執筆。
発行がもう20年以上も続いているメインレポート。

(4)東京スポーツ株欄「北浜のひらめき銘柄」

(5)証券スクール発行の「北浜の株式週報」

以上のうち、もっとも時間を費やしたのは「政経レポート」。
ページ数が6ページあるので、書いても書いても終らない感じがする。
それでも20年以上も月2回発行し続けているのだから、
自分でも不思議です。

なお今日配信の有料メルマガ、

北浜流一郎の逆転投資術!金泉銘柄で道は開らける

で取り上げた短期急騰候補銘柄、
寄付きから吹っ飛んだため、
(327円が392円に)

読者はどう対応しただろうかと気になります。
速攻で売り逃げてくれていればいいのですが。


「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります

米国市場6連騰でも、慎重姿勢キープの東京市場が付いていくとは限らない。

[5月26日朝刊

NYダウ、NASDAQ共に6日続伸
金融引き締めがゆるやなペースで進むとの思惑で
東京市場、直近の窓埋め完了で安堵感
週末でもあり積極買い見合せ

NYダウ70・53ドル高、NASDAQ42・23ポイント高。
25日の米株式市場は両市場とも続伸、しかも両市場とも6日営業日上昇となった。
素晴らしい上昇ぶりであり、NYダウ過去最高値にあと一歩と迫った。
一方NASDAQは過去最高値を更新、さらに新値に進んだ。
羨ましいほど強い動きが続いていることになる。
昨夜の上昇要因は、今後想定される利上げについて、
金融引き締め策はゆるやかなものになるだろうとの見方がなされ、
それを好感して買い優勢のままに終わりました。

以上のような動きを受けて今日の東京市場はどうか。
相変わらず国内には買い材料がないため、米国市場高に追随して欲しいところながら、
日経平均は17日から18日にかけての急落で日足のチャート上に空いた「窓」を完全に埋めた。
これは好ましいと同時に、目先の目標達成感を出やすくさせる。
そのため特別な売り材料があるわけではないものの、
売りに押されやすい状況です。
ただ好決算発表銘柄への期待はなお生きているため、
この点からの買いは継続すると見てよく、
食品株などを中心に積極買いを見込めます。


「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります


無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10500人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除

おはようございます。今朝の投資情報です。

  1. おはようございます。今日の横浜は雨。適度な湿りは歓迎ですが、東京市場は湿ることなく上昇を続けて欲しいものです。そうなる可能性は?日経平均日足は17日から18日にかけて空いた「窓」を完全に埋め蘇生力を取り戻しつつありるので期待が持てます。今日も「成長株で自分年金作り」へGOです。
  •                  
    1. NY株式ダウ:21082.95ドル +70.53(+0.34%)(6営業日続伸)ナスダック:6205.26ポイント +42.23 (+0.69%)(6営業日続伸)(史上最高値更新)S&P総合500種:2415.07 +10.68(+0.44%)(6日続伸)(史上最高値更新)
    1. CME225:19815円(大証先物比 +15円)大証先物日中終値 19800円CME225円建て:19810円(大証先物比 +10円)大証先物(5:30現在)19810円(日中比 +10円)日経平均(ドル建て)177.19 +0.80(5/25)
    1. 米国長期金利(米10年国債)2.2550% -0.0110 -0.49%為替 ドル/円:1ドル=111.863円 ユーロ/円:1ユーロ=125.371円(シカゴ先物市場 円・建玉 5/16 24週連続ショート(売り越し 60006)(前週比+23699 3週連続売り残増加))
    1. まったく意外な効用ですね。 ベネズエラの人々は、ビットコインのお陰で、家族を飢えから守ることができたという記事です。ボリバルの価値は下がり、ベネズエラは1800%を超えるインフレ状態ですが、ビットコインに投資していた人は、危機を乗り越えているようです。
  •               
    1. 一部のベネズエラの人々は、ビットコインのお陰で、家族を飢えから守ることができたという記事です。ボリバルの価値は下がり、ベネズエラは1800%を超えるインフレ状態ですが、ビットコインに投資していた人は、危機を乗り越えているようです。
  •                  
    1. 先ほど読んだ記事から「もし2010年にビットコインを1000ドル分買っていれば、今日その額は3500万ドルになっている。もし2010年に100万ドル分買っていれば、私は今日世界で23番目の金持ちだ。」

    「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
    下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

    人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります

    期待に答えられるよう明日も気合を入れて銘柄セレクトします。

    明日(5月26日)の予定。


    明日は金曜日。
    金曜日ということばを聞くだけで私は身構えてしまう。
    金曜日はクレイジーなほど多忙になるからだ。

    (1)有料メルマガ、

    北浜流一郎の逆転投資術!金泉銘柄で道は開らける

    の配信がある。市場水準が高いので、
    今後の展開を読みくくなっているだけに本文、注目銘柄の選択、
    ともに時間がかかってしまいそうだ。

    (2)株の人気情報サイト「株探」の連載、
    「北浜のズバリ株先見」の執筆。
    毎回記事は人気ランキング方式の掲載になっているので、
    ランキング上位を保つのは容易ではない。

    (3)「政経レポート」の執筆。
    発行がもう20年以上も続いているメインレポートのため、
    長年の読者の期待を裏切らないためには注目銘柄のパフォーマンスの高さが求められる。
    銘柄は成長株とともに継続上昇が続く可能性が高い銘柄も取り上げることにしている。

    (4)東京スポーツ株欄「北浜のひらめき銘柄」の執筆。
    今週掲載の銘柄は22日寄付き4300円。
    今日は4450円の高値があったので順調に上昇してくれた。
    明日取り上げる銘柄も、これ以上のパフォーマンスになる銘柄にしたい。
    もちろん願望なので実現するとは限らないが、気合を入れれば実現することが多い。

    (5)証券スクール発行の「北浜の株式週報」執筆
    毎週、株価分析ソフトの利用者、セミナー受講者に配信している。
    明日の最終仕事になるので気がゆるまないよう緊張感を保って執筆、
    週末を締めくくりたい。


    「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
    下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

    人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります

    有料メルマガの注目銘柄は仮想通貨(ビットコイン)関連株にしました。

    今日の午前中は有料メルマガ、

    北浜流一郎の鎌倉隠れ家オフィス特報 新興市場銘柄で株リッチ

    の執筆にほとんどの時間をかけた。
    このところ新興市場銘柄がかなり上がっているため、
    注目銘柄の選択に手間取ってしまったのだ。

    市場が高値を更新するのは好ましい。
    しかしそれは多くの銘柄が高値圏にあることを意味している。

    それらはなお上昇力を残していると見るものの、
    急反落のリスクも高くなるため、銘柄を簡単には決められないのだ。

    執筆しはじめた時は、仮想通貨関連の中から選ぼうと思っていたのが、
    途中で消費関連株に心が移り、急遽銘柄を変更したものの、
    やはりここは仮想通貨関連株だと思いなおし、ある銘柄に決めた。

    その際、J−REIT株はどうなっているんだろう。
    ふと気になって調べてみると、
    ほんどが低迷を続けている。

    名古屋でタワーマンションが完売したとのニュースもあったが、
    J−REITは浮上の兆しを見せない。
    気になる動きだ。

    有料メルマガの配信が終ったあとは、
    所有している貸し店舗の水道管から水漏れがしていると、
    管理をお願いしてる不動産業者さんから電話。

    水道工事業者に見積もってもらうことにしたが、
    他の不動産、これまた店舗ではタイルの張り替え中であり、
    その点検に出かけてみた。

    雨が降ったため工事が遅れているとのこと。
    あと一週間はかかってしまうそうだが、
    業者を急がせるわけにも行かず、
    「お願いします」
    と頼むしかなかった。

    株式投資はこの点、他人に頼むことも、
    急がせる必要もないので有り難いし、素晴らしい。


    「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
    下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

    人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります

    成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。
    北浜の無料メルマガ。成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
    ■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
    スポンサードリンク
    スポンサードリンク
    カテゴリ
    QRコード
    QRコード
    Amazonライブリンク
    Profile


    ■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
    北浜流一郎 プロフィールはこちらです
    携帯でも読める有料メルマガです。


    ■北浜の無料メールマガジン
    ■ブログの約束
    「資金倍増」を毎日サポートします
    ■リンクフリーです
    ■当ブログはリンクフリーです。
    当方に連絡も不要です。
    お互い仕事がある身です。
    よけいな手間、気遣いは無用です。
    自由にご利用下さい。
    ■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
    Yahoo! JAPAN
    Archives
    Amazonライブリンク
    キャンペーン!!


    Amazonライブリンク
    • ライブドアブログ