北浜流一郎の「株で自分年金作り。悠々人生 ! 金泉銘柄で逆転勝ち」

株式投資初心者、株式投資入門者へ株式投資情報を提供、株式投資セミナー、株式レポートを紹介、日経平均、NYDOW、NASDAQの動向を分析。ヤフーカテゴリ登録承認サイト。リンクは自由に可です。

2004年09月

楽観と恐怖の間を往来する投資家心理を読む

株が理詰めで分かるものなら、ありがたいのですが、そうは行きません。
経済の専門家や高学歴の人が株で勝てるとは限らないのは、こんなところに原因があります。

では株は理を超えた次元で動いているのか。

そうです。
楽観から恐怖までを往来する人間心理の変化が株価を動かしています。
そのため上昇中だった銘柄が下落に転じたような場合、上げ幅の半値押しとか、3分の2押しなどと計算しますが、ほとんど役立ちません。

株式市場は付和雷同の世界であり、投資家はその時々の状況によって感情で動いているからです。
しかもそれは一定したものではありません。
右からAという情報が流れてくるとそちらに傾き、左から情報Bが流れるとそれに反応するという具合です。
要するに付和雷同するため、株価も同様に行方定めぬ動きになります。

それでも上昇中は特に問題はないのですが、一旦下落に転じると不安と恐怖が投資家の心理を支配し、パニックが起きます。
そうなると株価は乱高下、その動きを正しく読むことなどまず出来ません。

ここ数日の巴やニチモウなどの動きがその典型ですね。
これらに取り組む場合、投資家たちの心理、特にあわてふためく状況になったら人間はどう動くかを想像しながら対応する。これを心がけたいものです。
それを理詰めで読み切ろうとすると、まず、失敗しますよ。
目を向けるべきは自分も含めた投資家たちの不安心理と恐怖心理です。

冷や冷やのプラス終了

やはり後場は弱かったですね。
日経平均は37円高。先物が100高だったとはいえ、冷や冷やのプラス終了でした。
色々理由はありますが、もう少し上がっても良かったのに。
愚痴りたくもなりますよね。

まあ、常時ウォッチングのソフトバンク、トヨタ自動車などオーソドックス銘柄が反発してくれているのであまり文句は言えないのですが。
珍しくヤフーも上がってますし。
これで底を打ったのか。
そうであって欲しいところですが、正直明朝発表の日銀短観次第です。
期待外れの内容だったら・・・いや、いや、いまからそんなこと考えないようにしよう、です。

今日は昨日よりずっと気分よく水森かおりのCDでも聞くことにします。本当は「24」を見たい。でも見てしまうと何も出来なくなるので我慢です。

ストップ・ザ・10連敗。久しぶりに予想通りの展開

前場が終わり、日経平均は123円高。
久しぶりに予想通りの展開です。
150円は上がっておかしくないですが、いまは10連敗が止まったことだけで満足すべきでしょう。

中身も悪くないです。巴やニチモウなどは浮上出来ないでいるものの、
不二家、三菱自動車など低位株が結構頑張っているし、私の好きな豊田紡織も元気を取り戻しています。

楽天、ライブドアの2社株も久しぶりに揃って上昇。
後場も安心してみておれそうですが、手放しの楽観はもちろん出来ない。
前場強くても後場崩れるのが最近の東京市場の特徴。
この点用心したい。

原油価格一服でようやく光射す

昨日は9営業日続落。
2002年12月4〜16日以来のことになり、正直気分のよろしくない一日でした。

今日下がれば記録になる。
イチロウ選手がわれわれを幸せな気持ちにしてくれる記録を作りつつあるのに、東京市場はマイナス気分になる記録にチャレンジ中ということになります。

しかし今日は原油安から米国市場がしっかりとした上昇ぶりでした。
引けにかけて着実高したことも歓迎できます。
これなら東京市場も連動する確率高く、光射す、です。

ただし東京市場は、今日は絶対上がると思える時に限り、
意外な売りをぶつけられ、下げてしまうことが多々あります。
この点では今日も警戒は怠れないですね。
ほんと、もっと素直な動きをする市場であって欲しいものです。

間違って削除した投稿を再録(それはないでしょ!の一日に)

ついに9営業日連続安。
昨日まで8営業日安だったため、今日はさすがに打ち止め。
こう見たが、日経平均の下落は止まらなかった。

8営業日下げたからといって、9営業日下げないという保証はなかった。
でも原油価格の高値更新はすでに株価に読み込まれているため今日は反発という見方は甘かったようだ。

こうなると8日下げるも9日そうなるも同じようなもの。
明日下げても驚かないが、10日連続安となると記録だ。

なぜこんなにも下げるのか。
たびたび繰り返すように、原油高の他に、
(1)新規上場が多過ぎる、
(2)信用売りの期日が到来中
これらが大きい。

閉塞状況を打破する役割を背負って登場した巴、ニチモウもバンジージャンプ的な展開。
これでは頼るべき柱がない。

株は基本的には明日は明日の風が吹くため深刻になることはないものの、
今日も面白くない一日であったことは認めばなるまい。
明日も下げるなら10営業連続安で記録となるが、
イチロウ選手が素晴らしい記録を作るのに対して、東京市場が作るかもしれない記録はあまりに幸運からほど遠い。

ほんと、今日は幾度も、
それはないだろう
こう口にしたくなる無念の一日でした。

ちょっと驚き。今日も1200超のアクセス

今日は朝方6時頃から午後の10時過ぎまで原稿3本、ラジオ出演、学校と超多忙だったため、食事をする間もなかったほど。
Blogの書き込みも朝早く書いただけだったが、アクセス数はすでに1200円を越えています。

昨日も正確な数値は忘れましたが、1200以上はあったと思います。
日々多数のアクセスをいただき感謝です。
正直なところ、どれくらいアクセスがあればランキング入りするのか分かりませんが、1000を越えても入らないところを見ると2000を越える必要があるのかもしれません。

いまは「24」のビデオにハマっている最中でもありますし、
まあ、ボチボチ行きましょう。
「24」は現在5本目を見終わったところです。
未見の人はぜひご覧あれ。絶対イケます。
「冬のソナタ」なんかメじゃないですよ。

損を一気に取り戻そうとするな

損したらそれを一気に取り戻したい。
これが自然な心情だ。
しかしこれが墓穴を掘ることが多い。
まず小ロットで小さな利獲を目指すのが勝利につながる。

昨日は8連敗。記録は9連敗(91年10月、02年12月)だが、今日はさすがにそれはなさそうなだけに小さな勝ちなら可能性ありです。

中山参与、ご苦労さまでした

北朝鮮による拉致問題の解決に尽力した中山内閣参謀参与が辞任するとのこと。
被害者家族の全幅の信頼を得ていた人だけに被害者家族にとっては残念なことだろう。

しかし参与は十分すぎるほど尽力してくれた。
もう休ませてあげてよい。

参与は実は私の同窓生で、今回文部科学相に就任した中山成彬くんの奥さん。中山くんの妻としての仕事もしたいことだろう。ここはもうゆっくり休ませて上げたい。

仕手株、材料株は腹を決めて

このところ急騰していた元気株が急落。
疲れる一日でしたが、仕手株、材料株を手がける以上は、
今日みたいな波乱は当然と受け入れる姿勢が必要だ。

とはいえ、持ち株が下がると気分がよろしくない。
資金が多ければ夜も眠れなくなる。
それを避けるには株数を少なくすること。

低位株はつい万株単位の勝負になる。
腕達者なトレーダーならそれでも構わないでじしょうが、普通投資で、しかも初心者の場合は万株投資は怖い。
やるなら腹を決めて、です。

8営業日連続安。でも・・・

東京市場は今日も下落。これで8営業日連続安だ。
この調子だと記録を作るかも。

でも上げ続ける相場、上げ続ける株がないように、
下げ続ける相場、下げ続ける株もない。

ここはこう自分に言い聞かせ、ジタバタしない人が生き残れる。
相場の女神は気まぐれ。
それゆえにいつまでも冷淡ではない。
携帯でも読める有料メルマガ
2010年6月より、foomiiにて、携帯電話でも読める有料メルマガの配信を開始しました。
登録希望の方は、下記より読者登録をお願いします。

携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
Profile


■金鉱脈銘柄で逆転勝ち ! の株プロセレクター

1943年。鹿児島県生まれ。
慶応大学商学部中退後、コピーライター、週刊誌記者、作家業を経て株プロセレクターへ。

いまは「東京スポーツ」「ネットマネー」「投資レーダー」「日本証券新聞」「株主手帳」などの株式欄を担当、ラジオ日経の株番組「北浜の株式宅配」出演などお蔭様でどれも長期連載となっています。

著書は「自分年金はこの3つの銘柄で作りなさい!」他があります。

「証券スクール・オブ・ビジネス」と「フィジックス・アカデミー」の両校で金泉銘柄による株で自分年金作りを教えてもいます。

好きな歌手は「青江三奈」「水森かおり」。
仕事中も聞いていることが多く、家族には完全にあきれられています。

■HP⇒株リッチ放送局⇒http://kabu-rich.com/
■北浜の無料メールマガジン
株式投資は考え方、やり方次第
北浜の有料メルマガ。▼サンプル号と今月発行全号を無料で試し読みできます。
■有料メルマガ、株リッチ進化大学★サンプル号を見る
北浜の「Kaeta」体験
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
Amazonライブリンク
キャンペーン!!


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ