株で1億円作ろ 悠々人生実践会

株で1億円作り。達成するには大別して2つの方法があります。1つはデイトレなどの超短期投資によるもの。もう1つは数週間〜数カ月、銘柄によっては数年をかける中長期投資によるものです。私が詳しいのは後者。当ブログでは兼業で1億円達成を目指す個人投資家に、これまで多数の儲かる投資家を養成してきた実績を持つ私(北浜流一郎)が、「株で稼ぎ続け」悠々人生を楽しむのに欠かせない裏技や最新情報をセレクトして紹介します。ヤフーカテゴリ登録承認ブログ。リンクは自由に可です。

2006年01月

現在のような局面は儲かって当然

今日も多くの銘柄が上昇しました。
でも株の難しさは、
市場環境が良くても儲かるとは限らないところにあります。

現在のような局面は儲かって当然でもあるだけに、
儲からないとすると当然問題です。

この点をどうするか。

自分独自の基準を持って売買する。

これにつきます。

具体的には、

得意ワザ、
得意株を持つ。

これですね。
株は技術なのです。

住友チタニウムと東邦チタニウム

短期投資で成果を上げるのに非常に有効な方法をご紹介。
といっても秘密でもなんでもないんです。
すでに実行している人も結構多いでしょうし。

でも一般的には使っている人が意外と少ないんですよね。
使えば簡単に儲かるのに。

連動銘柄にシフト。
これです。

今日なんか住友チタニウム、
まずこれが大幅高してましたよ。
ところが連動性の高い東邦チタニウム、
こちらは上がっていませんでした。

こんな時は狙い目ですよ。
もちろん東邦チタニウムを。
住友チタニウムが値を飛ばしている場合、
東邦チタニウムがそのままってことは滅多にないですからね。

となると東邦チタニウムにシフトして様子を見る。
上がればもちろんそれについて行き、
上がらなければ、ま、しょうがないか、で切る。
こうすればいいんです。

実際の結果はどうだったか。

住友チタニウム1980円高。
東邦チタニウム890円高でした。
ともに上昇率は11%ほどになっていましたが、
投資妙味があったのは遅れて上昇した東邦チタニウムになります。

その成果を手にするには、
連動確率の高い銘柄を記憶してその様子をウォッチング、
これですね。

どこまで上がる日経225ETF

日経平均株価が上がれば、それに連動して上がるのが、

そうです。

日経225ETFです。

今日も上がって16820円。

一時16880円もあったので相変わらず強烈高です。

正直言ってこの強さは私の予想以上。

個別株と勝負しても決して負けないこの上昇力。

素晴らしいとしかいいようがありません。

しかもほとんど苦労なく儲かるのですから最高です。

ただし、例によってここで買ってはリスクが高いですけど・・・・。

今日の展開。次のようになるんじゃないだろうか。

NY小幅下落、NAS小幅高。
31日のFOMC開催待ちで積極買い入らず。
東京市場、さすがに戻り売り多く横ばいの動きに。
基調の強さは変わらず。

(1)NY7・29安、NAS2・55高。
両市場はまちまちの動きながら、実質は横ばいだった。
特に大きな気がかり材料があったわけでない。
31日にFOMCの開催を控えているため、積極買いが入りにくかったことが最大要因。
FOMCでは0.25%の利上げ実施が予想されている。
市場はそれよりも声明文の内容がどうなるかに関心を寄せているのだ。
これも中身は大体わかっているのだが、毎回慣例のようになっているのが実情だ。
個別にはエクソンモービル、ウォルマートなどが好業績、売上好調などの発表をきっかけに上昇した。

(2)さて、東京市場。
昨日も力強い動きになった。
しかし引け近くになって売り物に押されたことから見て、今日も戻り売りが多くなりそうだ。
それにより頭が押さえられる銘柄が多く、全体も昨日ほどは上がれまい。
上がっても小幅であり、基本的には横ばいの動きになろう。
ただ為替が円安となっているため、トヨタ、ホンダなど自動車の主力株には積極買いが入る可能性も。
金価格の上昇も注目したいところ。
住友金属鉱山をはじめ非鉄関連株も続伸確率高い。

大忙し、東京地検特捜部。

またまた東京地検特捜部の出動だ。
今度は防衛施設庁発注の空調設備工事をめぐり、
現職幹部らが不正な受注調整を主導したとして同庁ナンバー3の技術審議官河野孝義容疑者(57)ら3人が談合容疑で逮捕された。

河野審議官らは同庁OBのメーカーへの天下り実績を基準に、
自ら工事配分を決めていたとされ、特捜部は悪質な「官製談合」と判断した。

特捜部による
一連の官製談合事件の捜査は、中央官庁の上層部が刑事責任を問われる事態に発展した。

東京地検特捜部は、「鬼も恐れる」といわれるほどの組織。
その気になれば首相でも逮捕してしまうのだから実質的には日本の最高権力だ。
それが先日のライブドアに続き今度は防衛施設庁に乗り込んだ。
特捜部は今日も頑張っているのである。

さあて、しっかり利獲してますか

ほとんどの株が急騰ですね。
もうたっぷり利が乗った銘柄もあるのでは。
そういうのが沢山ある人は、一部利獲も考えましょう。

吹き値は売り。

これが株の鉄則ですからね。

吹くほど上がってない。
だったら持続もいいでしょうけど、売りの準備はしておく。
これが大事ですよ。

日経225ETF、ついに16920円の高値

私がたびたびその素晴らしさを強調する

日経225ETF

今日はついに16920円の高値がありました。
これへの投資は日経平均にそうしているようなのもの。
そしてもっと重要なのは、あれこれ株を買い、
それがトータルでプラスになっていないとすれば、
始めっからこの日経225ETFを買ったほうがよかったってこと。

有名な投資信託でも、このETFほど上がっていないとすれば、
運用者はその資格なしともいえます。

これまでちょっと下がると悲観論が説得力を持ったりしましたが、
過ぎてみると東京市場は連騰、また連騰、
日経225も同ETFも堂々の高値更新です。

買いながら売り、売りながら買おう

こんな局面は買い一方、
売り一方ではなく、

買いながら売り、
売りながら買う、

これで行くのが正解です。

これぞ東京市場

今日も素晴らしい限りの展開です。

これぞ東京市場です。

やはり黄金波動は健在です。

こんなに上がっていいのか。

こう思える銘柄も多々ですが、

もちろん上がっていいのです(笑)

今日の展開、次のようになるんじゃないだろうか。

先週末のNY、NASともに続伸。
昨年10−12期GDP減速で金利上昇打ち止め観測。
東京市場、久しぶりに文句なしの上昇へ。
ソニーの好決算を歓迎。

(1)先週末のNY97・74高、NAS21・23高。
両市場とも揃って続伸した。
しかも上昇幅は前日とほぼ同じという堅調さだった。
昨年10―12月期の米実質国内総生産(GDP)速報値は前期比年率1.1%増とプラス成長だった。
それでも市場予想(2.6%増)を下回ったため、売り要因となりそうだったが、景気の減速懸念は金利引き上げの打ち止めにつながるとの見方から次第に買い優勢となった。
個別にはマイクロソフト、ファイザーなど主力株が上昇、全体のムードも急好転して終わった。

(2)さて、東京市場。
先週はライブドアショックを乗り換えたばかりか、週末などは驚異的な上昇ぶりとなった。
ソニーの業績が増額修正されたことが大きかった。
今日も強い地合を引き継いだ動きになろう。
前述したように先週末の米国市場が高くなったことも支援材料になる。
為替が円安に転じている点も好ましく、ソニー株をはじめ、ハイテク主力株を中心に多くの銘柄が上昇することになろう。
それでも今日はともかく、目先はさすがに高くなり過ぎた銘柄も多い。
この点、値が飛んだような銘柄の新規買いには慎重でありたい。

成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。
北浜の無料メルマガ。成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
Profile


■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
北浜流一郎 プロフィールはこちらです
携帯でも読める有料メルマガです。


■北浜の無料メールマガジン
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
Amazonライブリンク
キャンペーン!!


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ