北浜流一郎の「株で自分年金作り。悠々人生 ! 金泉銘柄で逆転勝ち」

株式投資初心者、株式投資入門者へ株式投資情報を提供、株式投資セミナー、株式レポートを紹介、日経平均、NYDOW、NASDAQの動向を分析。ヤフーカテゴリ登録承認サイト。リンクは自由に可です。

2006年03月

住宅ローン金利の上昇分くらいは株で稼ぎ出せ

みずほ銀行と三井住友銀行は住宅ローン金利を4月3日から引き上げると発表した。
前月に比べ0.1%から0.2%高くなる。

みずほ銀の2年物は2.35%(前月比0.15%増)、
3年物は2.65%(0.2%増)、
5年物は3.3%(0.15%増)とする。

三井住友銀はそれぞれ2.35%(0.15%増)、
2.7%(0.2%増)、
3.4%(0.2%増)となる。

将来の金利の上昇を見込んだ消費者が、全期間固定の長期ローンを選択するケースが増えると判断し、

三井住友銀は借入期間が15年超―20年以内は2.9%(0.12%増)、
20年超―35年以内は2.98%(0.12%)と上昇幅を比較的抑えた。
みずほ銀は15年、20年とも0.2%増の2.85%とする。

以上のニュース。
住宅ローンの多い人にはかなり気になることでは。
でもわれわれには株がある。
株で儲ければ住宅ローン金利の上昇なんか問題じゃない。

05年度、年間上昇率ランキング

(1)住友チタニウム   + 378・06%

(2)山陽特殊製鋼    + 361・20%

(3)三菱製鋼       + 325・94%

(4)東邦亜鉛       + 280・31%

(5)バルス         + 266・07%

以下、ダイワボウ、日本製鋼所、東京鐵鋼、だいこう、ゼンショー、宮越商事、大京、などでした。

素材株が強かったってことになるでしょうね。

以上の中で私が推奨したことがあるのは住友チタニウム、東邦亜鉛でした。

おしらせ。明日の授業、予定通りに行います。

明日4月1日(土)開催予定の株式投資教室「目指せ1億円」(有料)、予定通り行います。

花見の帰りにでもご来校ください。

テーマ「東京市場にも春到来。
     咲く花、散る花、散らぬ株を見分けて目指す資金倍増と有望銘柄」


日本列島に春が来てます。
東京市場も負けてはいません。
日経平均は温度計のように次第に上昇、すでに17000円の大台に乗りました。

まさに絶好、素晴らしい限りの動きです。
私が繰り返し主張しているように、東京市場の「黄金波動」はまだ続いているのです。
いや、いや、続いているなんてものではありません。
もっともっと続きます。

株式投資で資金倍増を目指すなら、この「黄金波動」とうまく付き合っていかなくては話になりません。
せっかくの上昇相場なのです。
株でしっかり資金を増やしましょう。

教室ではその方法を身につけていただきます。
株はそんなに難しいものではありません。
基本さえ押さえてもらえれば誰でも堅実に利益を増やせます。

今週予定している4月1日(土)の教室もこのような点を踏まえ、回復相場にふさわしい成果を上げるためのノウハウ、姿勢などについてお話する予定です。

教室はお蔭様で毎回満員御礼状態、その勢いに乗り今回も熱気にあふれた授業になりそうです。

ところで相場には常に波乱がつきものです。
今後もそれに直面させられることもあります。
しかし私が教室で申し上げたことを参考に対処していただければ
あわてふためくことなく状況を乗り切ってもらえるはずです。
ぜひ一度ご来校下さい。

なおさらに詳しくは以下をお読み下さい。


★北浜の投資教室「目指せ1億円」セミナーのご案内

一度学んでおけば一生役立つ。
「目指せ1億円」教室の受講生を募集します。
利益直結。株が楽しくなる充実の90分。
儲けながら学べる投資教室(テープ利用の在宅学習も可)です。

1月教室も昨年に続きお蔭様で大好評でした。
2月教室もご期待下さい。
以下のような方にお勧めです。

仕事を持ちながら株式投資で儲けたい、
定年退職後、株を安全に運用したい、
家事をこなしながら株式投資で着実に利益を得たい、
これまでの損失を少しずつでも取り戻したい、
これから投資をはじめようと思っている、
これまであちこちで投資法を学んだが成果が上がらない

日本で最も歴史が古く、最も多くの個人投資家の方々に株式投資のノウハウを教えてきた実績ナンバーワンの証券スクール・オブ・ビジネス。
同校で私の新講座「目指せ1億円」教室がスタートしています。
これまでの講義体験を踏まえ、明確に1億円の達成、もしくはそれへ向けて着実に利益を積み重ねてもらえるようシステム化された実戦向き教室です。
「単なる投資家」から、「儲かる投資家」に成長するために不可欠な基本の確認から高度なノウハウまでを効率的に修得出来ます。
質問のある方はそれに答える時間も用意してあります。
投資手法、持ち株相談、特殊な事情などありましたら遠慮なくご相談下さい。
以上のような内容の私の授業に興味のある方は、以下にお問い合わせ下さい。
なお学校からは遠方、近くても土曜は時間的に通学困難という方にはテープでの「在宅学習」をお勧めします。

土曜月一回教室 

日時 4月1日(土) 午後5時00分〜午後6時30時

   テーマ「東京市場にも春到来。
     咲く花、散る花、散らぬ株を見分けて目指す資金倍増と有望銘柄」


問い合わせ先。証券スクール・オブ・ビジネス。

筍娃魁複械沓娃魁烹娃隠坑 (月曜〜土曜の10時〜18時30分)

遠方、あるいは時間的な制約により通学困難な方は、テープの利用がお勧めです。授業内容をそのまま録音したテープで「在宅学習」が可能です。費用その他、詳細については上記にお問い合わせ下さい。

「失われた13年」を無駄にするな!

今日は予想通りの展開。下がらないだけマシだ。

現在のところ日経平均は12円安。

意外に強いですね。

今日は一服があって当然の日。

それが12円安程度なのですから非常に好ましいとさえいえます。

今日のような日は、

昨日も書いたように安値で拾っていた人たちが

利食いの売りを出したいところ。

まあ、当然の動きですね。

下がらないだけマシってことです。

基調が強ければそれで十分でもありますし。

今日の展開。次のようになるんじゃないか。

NY下落、NAS小幅続伸。
原油高、長短金利の小幅上昇を嫌気。
東京市場、上昇ピッチ早く一服も。
しかし騰勢なお強い。

(1)NY65・00安、NAS3・04高。
両市場はまちまちの動きになった。
特に大きな悪材料があったわけでない。
ただ2005年10―12月期のGDP確定値は前期比年率で1.7%増と、2月末発表の改定値(1.6%増)からわずかながら上方修正された。
これは市場予想と一致、大きな影響はなかったものの、少しは影響、長短金利がやや上昇した。
これが少しマイナスに働いたところはある。
しかし個別には力強い上昇となった銘柄もあった。
ノキアが携帯電話の販売見通しを引き上げたことで同業のモトローラ株、さらには通信系半導体大手のテキサス・インスツルメンツ株などが上昇した。

(2)さて、東京市場。
昨日は絶好の動きになった。
まさに桜の開花に歩調を合わせたような展開。
日経平均株価は17000円台に乗り、そしてそのまま引けた。
今日も引続き騰勢は強い。
しかし17000円の大台に乗ったことで目先の目標達成感がある。
それに2月から3月にかけての調整局面で株を買った投資家の利食い売りも入りやすい。
それと新営業年度入りを直前にした綱引き今日の基本的な展開。
大きな下げはないが、大きな上昇もなく、上下小幅な動きに。
個別には金価格の上昇を受けて住友鉱山、松田産業などの上昇確率が高い。

株はチャートだけでは勝ちにくい

株式投資にチャートが不可欠なことはいまさら断るまでもありません。
しかしチャートオンリーも感心しません。
デイトレならそれをあり得るでしょう。

しかし通常投資=中長期投資では「株価の上昇要因」が不可欠です。
これを無視したり、無視しての投資は成果が上がりにくいのが実際です。

テレビの株式投資関連番組を見ていると、
チャートの専門家でも、巧妙にファンダメンタルズを使っています。
表面上はチャートオンリーのように見えて、実際には利益動向などもちゃんと調べている口調です。

かつて私は星座で株式投資をしているという人に出会ったことがありますが、
色々私が聞いてみると、実際にはファンダメンタルズで選んでおいて、
それに跡付けで星の運行などの説明をつけているのでした。

チャートの専門家たちも同様のやり方をしている人がほとんどであり、チャートだけで決めているような説明を鵜呑みにするのは危ないですね。
通常投資なら株価の上昇要因もちゃんとチェック。
こう
したほうが勝ちやすいですよ。

やはりファンダメンタルズ+チャートです。

このような局面で売り準備に入る人が儲かる人

今日の17000円台乗せはもちろん喜ぶべきことです。
しかしここで強気になって買いに積極的になるのはちょっとどうかなあ・・・です。

再三繰り返してきたように、2カ月近くに及んだ調整局面。
あそこが買い場だったのであり、
いまはそこから随分上がったので売り準備に入る人が株で儲かる人になります。

「そんなこと言われたってあの時は買えなかった」

これは理解できます。
でも買ったほうが良かったのです。

毎度お馴染みの日経225ETFにしても

2月20日には15540円。

3月8日には15710円。

それが今日は高値が17370円ですからね。

下がりさえすれば買えばいいのですから非常に儲かりやすいんですけどねえ・・・。
ところが難しい銘柄にチャレンジしたがる人が多くて、残念です。

今日の願望。2つ実現。

今日、多くの投資家の願いは日経平均の17000円台乗せだったのでは。

それは寄りつき後、間もなく実現しました。

これだけでも満足すべきことでしたが、

そうなるともう一つ望みたくなるもの。

それは終値でも17000円台に乗って引けること。

で、どうだったか。

17045円。

しっかり17000円台で終わりました。

願いの2つが実現したのですから今日は大満足です。

お知らせ 北浜の特別政経レポート『目指せ1億円』ご講読中の方へ

株、絶好の動きになってきましたね。

まるで桜の開花に合わせたような動き。

素晴らしい限りです。

つい数週間前までの軟調な展開がウソのようです。

しかしこのような動きは、私がレポートで予測しておいた通り。
特に珍しいことではありません。
それだけに17000円台回復を喜び、一日も早く次のレポートをお送りしたいところです。
それに「レポートは今週末に送ってくるのか」
とのお問い合わせもいただいています。

しかし今週末は確かに4月1日ではあるのですが、
レポートの送付は4月1週目が来週になるため週明け7日(金)になります。
要するにあと一週お待ちいただかなけばなりませんが、もう少々お待ち下さい。

ところでいまはまだ東証の売買時間短縮が続いていています。
これは引き続き市場の攪乱要因。
いつ何時、思いがけないことが起きないとも限りません。
このような状況では不意にアタフタさせられ、落ち着いて投資しにくいのが実際です。
株式市場は常にこのような状況を繰り返してきたのであり、私はそれらを乗り切ってきました。

レポートはこのような体験を踏まえ、もっと安全に成果をあげるために役立つよう、慎重に執筆に取り組むつもりでいます。
幸い昨年は絶好過ぎる成果を上げましたが、それに安住することなく4月以降もこれまで以上に真剣に相場に向き合っていく覚悟でおります。

来週4月7日(金)に発送を予定している4月第1週号もご期待を裏切らない内容にすべく全力投球で執筆予定です。
そして今回も新規購読者の方々には私の色紙をプレゼントさせていただきます。
なお新たにご講読ご希望の場合、以下にある詳しい説明をお読み下さい。

はもっとラクに、もっと儲かるもの
相場の行方とこれから上がる株が分かります

株式市場の明日を照らす

北浜の特別政経レポート『目指せ1億円』、ご講読のために (新規ご講読者に私の色紙プレゼント)

私の政経レポートは経済、社会など、
現代がどの方向に進もうとしているのか
大きな流れを分析するとともに、
株式市場の現状や将来を展望、
それにもとずき具体的な注目、有望銘柄も紹介しています。
これまですでに20年もの歴史と実績を持つレポートであり、
バブル崩壊以降も非常に投資環境が悪かったにしては、
有望銘柄の発掘に成功、
多くの購読者に感謝のことばをいただいてきました。


今年もレポートでいち早く取り上げた三菱自動車株が
年初から大暴騰、
非常に幸先のよいスタートを切りました。
今後も勢いに乗り、これまで以上に的確な分析と選択により、
時代や株式市場の行方を正確に先見するとともに、
有望銘柄の発掘、紹介に勤めます。


レポートは毎月2回、第一金曜、第三金曜に発行され、
速達便によって同週の土曜日にご自宅、職場に届く予定です
(郵便事情によっては日、月にずれ込むことも)。
中身は1、2ページが経済、社会状況の分析と考察
2、4ページが内外株式市場の状況分析、それに合わせての
対処法、投資戦略、テーマの解説、
5、6ページが注目銘柄の紹介。

以上のような内容になっています。
注目銘柄については毎週原則として、
低リスク銘柄、中リスク銘柄、
そしてハイリスク銘柄が1銘柄ずつ紹介されます。
(ハイリスク銘柄がない場合もあり、
その場合は中リスク銘柄が2銘柄紹介されます)

以上のような実績と内容を持つ
『北浜の政経レポート、目指せ1億円』
に関心のある人は直接電話で次にお問い合わせ下さい。

なお色紙は一枚一枚書かねばならず時間を要するため、レポートとは別に送らせていただきます。
レポートより数日遅れることもあり得ますが、必ず送ります。
名言をご期待下さい。

〒158ー0083
東京都世田谷区奥沢6ー33ー14

証券スクール・オブ・ビジネス (担当、安藤、瀬下)

電話03(3703)0191

今日の展開。次のようになるんじゃないか。

NY、NASともに反発。
利上げ実施で目先の売り材料出尽くしを好感。
東京市場、新営業年度相場を先取る動き続く。
関東地方は桜満開、東京市場も満開相場だ。

(1)NY61・16高、NAS33・32高。
両市場はともに反発した。
特にそれが際立ったのがNAS。
昨日開催されたFOMCでは0・25%の利上げが実施され、その後発表された声明文も今後の利上げ継続を示唆していた。
昨日はそれを理由に下げたが、今日は過敏過ぎる反応との見方が多く、逆に買い直される銘柄が多かった。
個別には航空機需要好調なボーイング、そしてアップルも大幅上昇と人気株が上がったことで他銘柄へも安心買いが入った。

(2)さて、東京市場。
昨日はマイナスに終わるのではと予想していたが、とんでもなかった。
先物が上昇したことを受けて現物の急騰、まさに春到来相場となった。
実質的に新営業年度に入ったことで、これまで買いを手控えていた金融機関や証券会社の自己売買部門が積極的な買いを入れた結果だ。
今日も基本的には昨日の地合を引き継ぐ展開となろう。
幸い米国市場も上昇している。
日本株を売らねばならない理由はなく、外国人投資家たちたちも積極的な買いを入れてくることになろう。
その結果、日経平均は前場で17000円台に乗る可能性が非常に高い。
問題はその後、後場になって反落することもあり得るが、細かいところまでは予測困難だ。
それでも騰勢はなお続いていて、まさに桜満開のような相場。
調整局面で買っていた人にはたまらない展開、ぼちぼち利食いを考えてもよい状況だ。

携帯でも読める有料メルマガ
2010年6月より、foomiiにて、携帯電話でも読める有料メルマガの配信を開始しました。
登録希望の方は、下記より読者登録をお願いします。

携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
Profile


■金鉱脈銘柄で逆転勝ち ! の株プロセレクター

1943年。鹿児島県生まれ。
慶応大学商学部中退後、コピーライター、週刊誌記者、作家業を経て株プロセレクターへ。

いまは「東京スポーツ」「ネットマネー」「投資レーダー」「日本証券新聞」「株主手帳」などの株式欄を担当、ラジオ日経の株番組「北浜の株式宅配」出演などお蔭様でどれも長期連載となっています。

著書は「自分年金はこの3つの銘柄で作りなさい!」他があります。

「証券スクール・オブ・ビジネス」と「フィジックス・アカデミー」の両校で金泉銘柄による株で自分年金作りを教えてもいます。

好きな歌手は「青江三奈」「水森かおり」。
仕事中も聞いていることが多く、家族には完全にあきれられています。

■HP⇒株リッチ放送局⇒http://kabu-rich.com/
■北浜の無料メールマガジン
株式投資は考え方、やり方次第
北浜の有料メルマガ。▼サンプル号と今月発行全号を無料で試し読みできます。
■有料メルマガ、株リッチ進化大学★サンプル号を見る
北浜の「Kaeta」体験
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
Amazonライブリンク
キャンペーン!!


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ