北浜流一郎の「株で自分年金作り。悠々人生 ! 金泉銘柄で逆転勝ち」

株式投資初心者、株式投資入門者へ株式投資情報を提供、株式投資セミナー、株式レポートを紹介、日経平均、NYDOW、NASDAQの動向を分析。ヤフーカテゴリ登録承認サイト。リンクは自由に可です。

2006年12月

投資レーダーの「日足集」がお勧め

今日は大晦日。

大晦日に掃除などすべきじゃないというのが私の日頃の主張。

疲れるからです。

で、私は先程からネットサーフィンをしているのですが、

それにも飽きてきて、チャートブックの「日足集」を手に取ったところ、

やはりテレビを見るよりこちらが楽しいですね。

年末ギリギリまで株の話をするな、

しかもチャートなど持ち出すな。

なんて文句が出そうですが、

チャートの日足集、今週発売されたのには1年間の日足が載っています。

いつもは半年分なのです。

1年分のチャートを見ると、

どこが買い場だったか、売り場だったがよく分かります。

もう過ぎたことではありますが、

年明け参考になると思いますよ。

今日はテレビは歌番組ばかりのはず。

そう、そう、紅白もありますしね。

あんなのを見るよりチャート集を見る。

これが正しい大晦日の過ごし方ですよ(笑)

フセイン、イラク元大統領、死刑執行さる

フセイン、イラク元大統領が死刑に処せられたとのこと。

死刑の判決が下っているのだから、いつか執行される可能性はあったものの、

年内とは。

イスラム圏では判決後すぐの処刑は普通のことなのか。

日本人の感覚では、早過ぎるような気がする。

現実に日本では多数の死刑囚がいて、

いまだに刑に処せられていない。

それをわれわれも受け入れているところがある。

この点から考えるとフセイン元大統領の処刑は早過ぎる。

そんな気がします。

よき新年をお迎え下さい

今年の相場は昨日で終わった。
1・02円の上昇。
このところ上がり過ぎてさすがに大幅高とはいかなかったものの、1円でもプラスはプラス。
好ましい終わり方だったといえる。
しかし今年は新興市場が散々なことになってしまっした。
すべてはライブドア堀江前社長の逮捕から始まった。
東証は売買停止に陥り、その後再開されたものの、取引時間が30分遅れる状態が続いた。
それは5月までには正常化されたものの、新興市場は復活できなかった。
それどころか下げ続ける銘柄がほとんどで、年末もサエないままに終わった。

代わりに上昇したのはトヨタ、キャノンなどのいわゆる国際優良株。
これらは着実高を続けてはいたが、後半になってからの上昇ぶりは驚くものがあった。
一体これらの銘柄に何が起きたのか。
外国人投資家の買いと投資信託への組み入れである。
新興市場の回復遅れに苦戦を続ける多くの個人投資家を置き去りにして、彼らはいわゆる王道銘柄を集中買いしたのだった。
資金が集中したのは新日鉄や住金などの大型鉄鋼株であり、特に新日鉄株の上昇ぶりは驚異的なものになった。
1980年代のいわゆるバブル相場を思い出させるほどの活況ぶりであり、11月の下げがなんだったのかと我が目を疑うほどの勢いがあった。

このような動きが意味するのは、金利の年内引き上げが見送られたこと。
その大きさだ。
この点に変化があれば、株価は下げてしまう。
でも幸いなことにいまのところ1月の引き上げもなさそうだ。
株式投資の観点からは非常に好ましいことであり、年明け相場も期待が持てる。
それが始まるまで1週間ほどの休みに入る。
その間、よき休日を過ごされることを願っています。

終わり良ければすべて良し

わずか1・02円の上昇とはいえ、

上昇は上昇。

今日も強かったですね。

トヨタ株は、まあ、当然としても、

新日鉄株の続伸力。

素晴らしいというより、驚異的でさえありました。

東京市場にまだこんなパワーが残っていたとは、ってやつですね。

ほんと、驚きました。

実はいまや今日の仕事がようやく終わったところ。

これから忘年会へ出かけます。

カラオケが絶対ないので安心して出かけられます(笑)。

今日は次のようになりそうだ

[12月29日 朝刊]

NY、NAS、ともに小反落。
各種指標が好調で早期利下げ観測が後退。
東京市場、今日が今年の最後。
終わり良ければすべて良しとはいえないが、まずまずの締めくくりに。

■NY9・05安、NAS5・65安。
両市場は揃って小幅な下げに終わった。
年末であることと、経済の順調さを示す各種指標が発表されたことで動きにくかった。

まずは12月の消費者信頼感指数。
109.0と、4月以来の水準に改善されていた。
12月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI)も52.4と前月(49.9)から改善していた。
さらに11月の中古住宅販売件数は年率換算で628万戸だった。
これも市場予想(617万戸)を上回っていた。
これらが示すのは米国経済の好調さ。
そのため年明け以降すぐにも利下げがあるとの観測が後退してしまった。
もう一つ気がかり材料が。
フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が、アップルのスティーブ・ジョブズCEOにストックオプションに絡む不正会計疑惑があると報じたのだ。

■東京市場。
いよいよ今年も最後だ。
昨日は日経平均は小幅安となったものの、新日鉄株が大量の買いを集めた。
地合は引き続き良好であり、年末を飾るにふさわしい状況となっている。
日経平均は17200円台となり、あと300円ほどで4月高値に届く水準だ。
欲をいわせてもらえるなら17563円を突破して欲しいところだったが、17200円台に戻ったことで満足すべきだろう。
それにしても今年はライブドア問題がすべてだった。
新興市場は同社株の崩壊によるショックからついに立ち上がれなかった。
それは夢の崩壊だったといえよう。

代わりに上昇したのが新日鉄やトヨタ自動車などだったことを考えると、それはよりはっきりする。
「夢」よりも「実」。
イミテーションゴールドからリアルゴールド。
これが明確なった1年だったといえるだろう。
今日はそれを締めくくる形で終わるだろう。
ここはもう、終わり良ければすべて良し。
こう考えたい。
みなさん、よいお年を。

新日鉄、出来高4億株に

まさに鉄は熱いうちに買えということか。

上昇幅も30円を越えました。

出来高が凄い。

4億株に達しています。

買う時には買うよ。

資金なんかいくらでもあるからさあ。

なんて感じの展開です。

新日鉄が凄い

新日鉄株、昨日で一杯かと思いましたが、

今日も大量買いを集めています。

現在27円高。

ラストスパートの凄さ。

久しぶりに見る華々しさです。

最後の最後になって、全力投球の投資家が結構いることになります。

ご苦労さまです。

今日は次のようになりそうだ

[12月28日 朝刊]

NY、NAS、ともに続伸。
ダウ、歴史的高値12500ドル台へ。
東京市場、地合引き続き良好ながら利益確定売り多い。
下げはしないが、伸びも限定的で高値持ち合いに。

■NY102・94高、NAS17・71高。
両市場は好調そのものの動きになった。
クリスマス休暇あけで昨日に続き今日も買い意欲旺盛、ダウはついに12500ドルの高値となった。
これは史上最高値、驚くほどの高値圏にあるわけだが、それへの警戒感は少ない。

11月の新築住宅販売件数が前月比3.4%増の104万7000戸となったことも好感された。
この種のデータはマイナスに働くことが多いが、今日は住宅関連株の上昇によりプラス材料となった。
それだけ地合が強いことになる。
個別にはフォード、GMなど自動車株の上昇が目立った。

■東京市場。
今年も今日、明日だけになった。
続伸、また続伸であり、安心していられる状況となっている。
年末に下げると正月休みが楽しくない。
この点では好ましい限りの展開だ。
今日もそれは続くものの、さすがに利益確定売りが出やすい。
機関投資家などは基本的には売り姿勢で臨むことになる。

昨日までトヨタ、新日鉄などが大量の買いを集めていただけにそれらを利食うところが多いだろう。
日経平均の騰落レシオが140ポイントを越えていることも積極買いをためらわせる。
個別にはトヨタ株が8000円に届くかどうかが気になるところだ。
届いた場合、目先目標達成感から下落も。
届かずに終わった場合もちょっと問題だ。
大量の買いが入っているにもかかわらず届かないのは売りが多いことを意味するからだ。
このところ自動車、鉄鋼と買いまくってきたため、医薬品株に注目が集まりつつある点も見逃せない。

07年に備え、デザイン、変えてみました

おはようございます。

今日も株が上がりそうですね。

07年相場はすでに始まっているので、

デザインもこれまでのものとは変わったほうが良い。

こんな気がして変えてみました。

ご理解、よろしく。

楽天、イートレードが止まっている

原因不明ながら、楽天、イートレードが止まっている。

台湾での地震が影響しているとのことだが、

どう想像力をふくらませても関連性が分からない。

ともかくネット証券の情報サイトが動かないってことです。

携帯でも読める有料メルマガ
2010年6月より、foomiiにて、携帯電話でも読める有料メルマガの配信を開始しました。
登録希望の方は、下記より読者登録をお願いします。

携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
Profile


■金鉱脈銘柄で逆転勝ち ! の株プロセレクター

1943年。鹿児島県生まれ。
慶応大学商学部中退後、コピーライター、週刊誌記者、作家業を経て株プロセレクターへ。

いまは「東京スポーツ」「ネットマネー」「投資レーダー」「日本証券新聞」「株主手帳」などの株式欄を担当、ラジオ日経の株番組「北浜の株式宅配」出演などお蔭様でどれも長期連載となっています。

著書は「自分年金はこの3つの銘柄で作りなさい!」他があります。

「証券スクール・オブ・ビジネス」と「フィジックス・アカデミー」の両校で金泉銘柄による株で自分年金作りを教えてもいます。

好きな歌手は「青江三奈」「水森かおり」。
仕事中も聞いていることが多く、家族には完全にあきれられています。

■HP⇒株リッチ放送局⇒http://kabu-rich.com/
■北浜の無料メールマガジン
株式投資は考え方、やり方次第
北浜の有料メルマガ。▼サンプル号と今月発行全号を無料で試し読みできます。
■有料メルマガ、株リッチ進化大学★サンプル号を見る
北浜の「Kaeta」体験
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
Amazonライブリンク
キャンペーン!!


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ