株式投資は7つの成長株で勝てる

株式投資は経験年数が長い、資金が多い、こんな投資家ほど勝ちやすいはずなのに、実際はそうなっていません。しかし実はこれまで多くの儲かる成功投資家を育ててきた北浜式投資法による7つの成長株で勝てるのです。投資初心者からベテランまで速効性高いそのノウハウを紹介するヤフーカテゴリ登録承認ブログです。リンクは自由に可です。

2008年01月

やはり政策に問題あり

日本経済の現況が悪化しているのは海外要因。

こんな見方が一般的です。

しかし国土交通省が今日日発表した昨年12月の新設住宅着工戸数は前年同月比19.2%減の8万7214戸でした。

昨年6月に建築確認を厳しくして以来、2ケタ台の減少が続いています。

幸い戸建てなど中小住宅は制度改正前の水準にほぼ戻したとのこと。

しかしマンションは49.7%減と大幅減が続いています。

年間着工戸数は、結局2007年は1967年以来、40年ぶりの低水準。

40年ぶりですよ、40年ぶり。

バブル崩壊局面でもなかったことが起きているんです。

明らかに政策に問題ありですよ、これは。

お知らせ。2月セミナーは今週末2月2日(土)開催します。

この大波乱を機会に株のやり方を改善、勝ち組投資家に変わろうとしているのであれば、
以下のセミナー紹介をぜひご一読下さい。


流れに大変化、活路が見つかる。

バーゲンセール中の先高銘柄が分かり、
株の苦戦、疑問も解消、
特にご質問には徹底回答します。
(ご質問がある方はその場で急に思い出してするのではなく、
事前に紙に書くなりして、そうされるようお勧めします。急な質問では大事なことを忘れてしまうことがありますよ。
自分は忘れないという方はもちろんその場で思い出して質問されても私は構いませんが)

こんな特徴を持つ私の「目指せ資金倍増」08年2月セミナー。

開催は今週2月2日(土)です。

申し込みはお早めに。なお受講は有料です。


テーマ、決まりました。

「いま東京市場に起きている重大変化とは。
買える再起銘柄と買えない過去銘柄の選別ポイントと有望銘柄」

詳しくは以下をご覧下さい。

http://kabu-rich.com/newpage7.htm

三菱UFJ 、プラスへ

三菱UFJ株にはぜひ上がって欲しいところでしたが、

すでにプラス転換しています。

そしてみずほも。

モノライン問題が顕在化している中での大手銀行株の反発。

これは悪くないですね。

本日引けあと四半期決算の発表を予定しているソニー株も意外なことに140円高です。

どこかの外資系大手金融機関がレーティングを下げ、

急落を開始したところ(5270円)にはまだ届きませんが、

着実に戻りつつあります。

方向感定まらず

なかなか安定しませんね。

でも崩れたりはしていません。

三菱UFJ、みずほも持ち直しつつあります。

プラス転換までは無理かもしれませんが、まったく可能性がないわけではありません。

ここからはそれに期待です。

ヤフー、S高

ヤフーがストップ高中です。

昨日発表された業績が良かったですからね。

ヤフーのストップ高、最近では珍しい。

米国ヤフー株が急落しているだけに意外な強さです。

日本のヤフーはいまのところグーグルを圧していますからね。

今日は次のようになりそうだ

[1月31日 朝刊]

NY、NASともに小幅反落。
FOMCの利下げ歓迎しながらもモノラインの格下げ懸念で上れず。
東京市場、国内金融機関のサブプライム関連損失拡大で積極買い入りにくい。
JR東海、テルモなど好決算発表銘柄は浮上へ。

■NY37・47安、NAS9・06安。
両市場は揃って小幅に反落した。
今日の市場の関心事はFOMC開催で利下げがあるかどうか。
市場予想は0・5%の引き下げだった。
先週22日に0・75%引き下げたばかりなので、一週間しかたったいない状態で引き下げがあるとは思えなかった。
しかしFRBは市場の期待にこたえる形で引き下げた。
それが明らかになると市場は急騰した。
しかしそれはすぐに終わった。
サブプライムローンを保証しているモノライン(債券専門の信用保証会社)が格下げされたことで、引けにかけて急落してしまったのだ。
個別にはヤフーの業績がかんばしくなかったことで大幅安となり、市場マインドを冷え込ませる要因になった。

■東京市場。
期待された米国市場が反落したことで非常に展開を読みにくい一日になりそうだ。
東京市場は昨日FOMCの開催を睨み、すでに下げてはいた。
そのため大幅安はないだろうが、米国市場が期待を裏切る動きになったことは意外感がある。
利下げがあれば米国市場は上昇する。
これが市場コンセンサスとなっていたからだ。
私もそうなるだろうと読んでいたが、実際はマイナス。
モノライン問題が急浮上したことによるが、理由はともかくマイナスだったのは想定外。
市場は困惑、上がりにくい。

モノラインについては新たな懸念材料となっていたが、いよいよそれが形になりはじめた格好だ。
モノラインとは公社債など債券専門の信用保証会社。
信用格付けはトリプルAとなっている。
そうでなければ債券の格付けも下げてしまうことになるからだ。
ところが今日は格付け会社フィッチがモノラインのFGIC社の格付けを下げたのだ。
これは日本の大手金融機関にも影響を及ぼす可能性があり、今日は三菱UFJ、みずほなどの大手銀行株が売られるだろう。
それは日経平均の大きな下落要因、全体も足を引っ張られる。
好決算を発表した銘柄も上がりにくくなっていて、今日は昨日好業績を発表したコマツ株の値動きが気になるところだ。
任天堂株同様、コマツ株も昨年のヒーロー株だった。
それが上れないとなると市場の流れの変化がより明確になることになる。

FOMC、金利引き下げ

FRBはFOMCを開催、金利は0・5%引き下げられました。

市場期待通りではありましたが、

ダウ、NASDAQともに引けにかけて売られ、マイナス引けでした。

「目先の好材料出尽くし」の形です。

メルマガ、HPのアクセスアップを願っている人へ

先日、このブログでメルマガ、HPのアクセスアップを願っている人に、

私のメルマガを紹介しました。

株式投資のためのメルマガではなく、

インターネットの資産化を目指す無料メルマガです。

タイトルは、

   ブログ、メルマガ、HPの資産化で100年ゆとり生活実現法

です。多くの方に講読の申し込みをいただきましたが、

問題がありました。

昨日、新たな記事を書き送信したのですが、

私のところや家族にも届かなかったのです。

どこかにミスがあったようです。

それともみなさんのところに送られたのか。

残念ながらよく分かりません。

そこで昨日のメルマガを再送することにしました。

それでも送信されないこともあり得るため、

ブログにも転載しておくことにしました。

今夜中に送っておきます。

未読の方はそちらもご覧下さい。

なお新たに講読を申し込まれる場合は次のサイトを。

申し込み欄を用意しておきました。

前回も書いたことですが、そのブログとメルマガは株式投資とはまったく無関係なのでこの点勘違いのないようお願いします。

インターネットを資産化するにはどうするかについて書かれています。

最近の内容は、どうやってアクセスを増やすか、その方法をテーマにしています。

株式投資とはまったく関係ありません。

アクセスは以下を。

http://takarazima.seesaa.net/

四半期決算注意報

四半期決算の発表。

これは実に嫌ですね。

今日はホンダ、キャノンなどがありました。

住友信託、大和証券なども。

これらを受けて明日の値動き、どうなるのか。

いまは好決算でも株が売られてしまうことが多いだけに対応困難です。

悪化していればストップ安もあり得ます。

要するに決算内容がよくても売られ、悪ければもっと売られる。

こんな状況だけに、

四半期決算発表注意報です。

FOMC、利下げするのか

FOMCで利下げがあるかどうか。

市場は0・5%を期待しています。

先週0・75%下げたばかり、、

1週間しかたたないので0・5%の下げがあるとは思えません。

でも市場はそれを期待しています。

実際には私も下げてくれることを願っていますが、

下げなかった場合が問題。

期待外れとして株は売られる恐れがあります。

そうなると困るので下げて欲しいものです。

 

成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。
北浜の無料メルマガ。成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
Profile


■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
北浜流一郎 プロフィールはこちらです
携帯でも読める有料メルマガです。


■北浜の無料メールマガジン
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
Amazonライブリンク
キャンペーン!!


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ