株式投資は7つの成長株で勝てる

株式投資は経験年数が長い、資金が多い、こんな投資家ほど勝ちやすいはずなのに、実際はそうなっていません。しかし実はこれまで多くの儲かる成功投資家を育ててきた北浜式投資法による7つの成長株で勝てるのです。投資初心者からベテランまで速効性高いそのノウハウを紹介するヤフーカテゴリ登録承認ブログです。リンクは自由に可です。

2010年11月

0円メルマガ、記事更新しました。投資の参考にして下さい。無料新規購読受け付け中です。

先程メルマガの記事を更新しました。

今日の動きを踏まえ、
明日の展開を読むのに役立つヒントやノウハウを配信しています。

塩漬け株追放、逆転勝利にお役立て下さい。

 0円定期講読申し込みはからどうぞ。
「一株開運」資金倍増株リッチ新聞


メルマガは次のような方に向けて無料配信しています。

○株を安定収入源にしたい
○家事の合間に株で副収入を得られないか
○在宅しながら株で資金を増やしたい
○定年退職前に株式投資の勉強をしておきたい
○老後に必要な資金を株で作れないか・・・
○波乱に負けない投資のやり方を知りたい
○親から譲られた遺産を減らしたくない

それには少しの時間を活かして、
目的に近づく意欲は十分ある
こんな方にお読みいただきたいと思っています。

なおこの無料メルマガ、
発行所の「まぐまぐ」で、「殿堂入り」に認定されています。
厳しい条件をクリアしての認定です。

読んでみて役立たないと思われたら
いつでも削除可能です。
あなたにリスクはまったくありません。

なお冷やかしや、
私を誹謗中傷する資料集めのためのご講読はお断りさせてもらいます。
内容の無断使用は著作権侵害となりますのでご注意ください。
調査専門会社により随時チェック、法的手段をとります。

北浜の無料メールマガジンです。ラブレターじゃありませんのでご安心を(笑)
「一株開運」資金倍増株リッチ新聞を読んでみる

塩漬け株を減らし逆転勝ちするのに使えます。DVDブックシリーズ12月号、発売しています。

DVDブックシリーズ、

12月号

発売中です。


2010年最終コーナー、
やって来た個別銘柄勝負の相場と有望銘柄

(無料で見られます)
質問ありましたら、遠慮なくお電話ください。電話042-759-3221


こんばんは。
今日は下げたものの、
このところ東京市場、結構強いですね。
塩漬け株が減ったり、株損が縮小したりしているのでは。

ようやく株式市場が付き合いやすくなって来て、
お蔭でセミナーや教室でも明るい表情の方にお会いすることが多くなっていますが、中には残念ながらこの回復相場に取り残されておられる人も。


回復中とはいうものの、すべての銘柄が上がっているわけではありませんし、上がるのを見ても今後それが続くのかどうか。確信が持てない。こんな迷いの中におられるのでしょう。

 

それは正直、当然でもあります。
10月などは最悪の動きだったのに、11月に入って急回復といっても、
簡単に信じられるものではないですからね。


しかし状況は明らかに好転しています。
そこで今回制作した、
「儲かる株の伝道館」DVDブックシリーズ12月号では、


2010年最終コーナー、

やって来た個別銘柄勝負の相場と有望銘柄

こんなテーマで東京市場の現状と今後の展開、
そして有望銘柄を紹介させてもらいました。
すでにそのダイジェスト版がいつでも見られるようになっていますので、
時間の許す方はぜひご覧ください。
もちろん無料です。

(無料で見られます)
質問ありましたら、遠慮なくお電話ください。電話042-759-3221


今回のDVDブックシリーズ12月号、DVDほんとにお待たせしてしまって申し訳ありませんでした。
あまりに忙しくなり過ぎてしばらく休ませてもらいました。
自分はそんなに休んでいた感じはないのですが、
実際にはたちまち時間が過ぎてしまっていました。


でも今月から制作再開し、12月号をお送り出来るようになりました。


前述しましたように東京市場はやや出来過ぎ。
こんな感じすらある回復ぶりです。


そんな中で塩漬け株を減らし、しっかりと利益を積み増していくためにいま大事な見方、そして狙い目の銘柄を取り上げてあります。


簡単なように見えて難しいのが株式投資です。
そんなやっかいな金融商品を、資金を奪うものから資金を引き寄せるものに変える。
そのためにいま不可欠な項目を選定して詰め込んであります。
株式投資に付き物のストレスを減らすのにも使えますよ。


なおもう購入も出来るようになっています。
以前ご講読いただいた方、新規の方、いずれも
よろしかったら以下からお申し込みください。

以下からどうぞ  ↓↓↓

注目プレスリリース 自工会

2010年10月の自動車生産実績

■四輪車
 10月の四輪車生産台数は751,620台で、前年同月の820,861台に比べ69,241台・8.4%の減少となり、12カ月ぶりに前年同月を下回った。
 乗用車の生産は644,965台で前年同月比9.7%の減少となり、12カ月ぶりのマイナス、トラックは97,781台で同0.1%の増加となり、11カ月連続のプラス、バスは8,874台で同0.9%の増加となり、3カ月ぶりのプラスとなった。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

1.乗用車-644,965台で69,400台・9.7%の減少。
 このうち普通車は387,650台で1,101台・0.3%の増加、小型四輪車は152,466台で68,613台・31.0%の減少、軽四輪車は104,849台で1,888台・1.8%の減少。

2.トラック-97,781台で84台・0.1%の増加。
 このうち普通車は42,494台で918台・2.2%の増加、小型四輪車は17,929台で2,127台・10.6%の減少、軽四輪車は37,358台で1,293台・3.6%の増加。

3.バス-8,874台で75台・0.9%の増加。
 このうち大型は607台で211台・25.8%の減少、小型は8,267台で286台・3.6%の増加。

 10月の国内需要は304,328台で前年同月比23.2%の減少であった。 (うち乗用車251,492台で前年同月比25.9%の減少、トラック52,187台で同6.2%の減少、バスは649台で同25.4%の減少。)

 輸出は前年同月比110.9%。(実績)

 また、1~10月の生産累計は8,075,984台で、前年同期の6,286,420台に比べ1,789,564台・28.5%の増加であった。
 このうち乗用車は6,972,543台で1,548,960台・前年同期比28.6%の増加、トラックは1,014,631台で221,377台・同27.9%の増加、バスは88,810台で19,227台・同27.6%の増加であった。

●2010年10月分四輪車生産実績速報
 ※添付の関連資料を参照


■二輪車
 10月の二輪車生産台数は58,205台で、前年同月の51,018台に比べ7,187台・14.1%の増加となり、8カ月連続で前年同月を上回った。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

1.原付第一種 - 6,629台で 21台・ 0.3%の増加。
2.原付第二種 - 8,591台で 2,066台・ 31.7%の増加。
3.軽二輪車 - 10,580台で 1,618台・ 13.3%の減少。
4.小型二輪車 - 32,405台で 6,718台・ 26.2%の増加。

 10月の国内需要(出荷)は29,277台で、前年同月比14.1%の増加となった。(うち原付第一種16,310台で前年同月比1.3%の増加、原付第二種9,880台で同59.4%の増加、軽二輪車1,825台で同24.4%の減少、小型二輪車1,262台で同33.7%の増加。)

 輸出は前年同月比101.3%。(実績)

 また、1~10月の生産累計は550,712台で、前年同期の544,405台に比べ6,307台・1.2%の増加であった。
 このうち原付第一種は72,650台で26,217台・前年同期比26.5%の減少、原付第二種は67,571台で22,999台・同51.6%の増加、軽二輪車は92,215台で13,913台・同13.1%の減少、小型二輪車は318,276台で23,438台・同7.9%の増加であった。

★人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックしていただければ助かります。
知り合いの中原圭介氏やS氏の相場観など、
株資金増に役立つ優れたブログを読める株情報の宝庫ですよ。
人気ブログランキングへ  

宝探しに出かけませんか。新講座第5回、今週12月4日(土)開催します。お申し込み受け付け中です。

こんばんは。
株式投資を「現代の宝探し」と主張し、いい年をして「宝探し」なんてと笑われている北浜です(笑)
 
「株を安いところで買って、損を少しでも取り戻したい。
でも、新しく投資するとまた失敗しそうで・・・。
どこで買ったらいいんでしょうか」
 
こんなご相談を受けることが多くなっています。
無理もありません。
実際、上げたり下げたり、上下動が激しいですから。

 
実際昨日の日経平均は86円高、
ところが今日は188円安でしたし。
これでは普通は、やりにくいですよね。
でもなたも多くの投資家が、儲からない、
株はもうダメだ
と嘆き、諦めている中で、
笑える側に回りませんか。
 
特別セミナーと在宅学習用DVDを用意しました。

市場では日本株はダメだ、ともかく上がらない。
こんな声がほとんどでしたが、11月は様変わりの動きでした。

日本ペイント、日本化成、フルキャスト、愛知製鋼、住友精密、エムスリー、シップヘルスケア、プレス工、大日本スクリーン、ミツバ、大日精化、浜松ホトニクス・・・・。

こんな銘柄が次々と新高値をつけました。
これらの中には私がすでにセミナーで取り上げ、
受講者の方々にたっぷり儲けていただいている銘柄もあります。

たとえば医療器具関連の●●●●株やトヨタ系の××××株などが。

株式投資には実は「肝」があります。
セミナーではその「肝」を紹介します。

実は私は毎月、月初めに3時間特別セミナーを行って来ました。

それがすでに12回を数えていました。
つまり1年が過ぎたのです(いつの間にか、の感じです)。
そこで8月から新たなテーマで新講座を開講することに。

12月4日(土)、その5回目を開催します。

新講座をはじめたのは、
1年前とは投資環境が大きく変化しているからです。
セミナーも当然、状況に合わせてシステム、テーマともに変えるべきだと考え、新講座は、

全10回とし、
1回目は「株の大敵塩漬け株追放策と有望銘柄」とし、すでに終わりました。

今月は5回目であり、テーマは、

「利益確定法の究極と有望銘柄」です。

東京市場はなお不安定な動きの中にあります。
しかしそれにただ耐えているだけでは生き残れない。
これが現実です。

ではどうするか。

私が出した結論は、株式投資の原点に戻り、
投資とは何かから再スタート、
投資の基礎を学びつつ資金を増やしていく新講座の開講です。

もっと平たく表現しますと、
学びながら効率よく株で稼ぐ、
こんな方法です。

このような講座の開講に踏み切ったのは、
最近多くの投資家にお会いして話しを聞きますと、
ほとんどの方が塩漬け株の処理に困っておられるという現実があります。

一方で多くの株が下がっているため、新たにそれに投資する。
株は安くなったところで買わねば、とばかり。

ところが底値だと思ったのにそうではなく、
さらに下げてしまう。
こんなことが多くなっています。

そこで今回は、投資常識となっていることで実際には勘違いということが多々あり、それに気づかないために損失を出している人が驚くほど多いため、この点についてセミナーします。

もちろん投資ノウハウの紹介もあります。
いずれも過去、教室の生徒さんたちにも実行してもらい成果が上がった方法です。

正直、私が知る限り、

もっとも簡単に、効率よく、底値圏で株を買い儲ける、
こんな方法です。
それをセミナーでバッチリご紹介させてもらいます。

時間は1時間30分です。
開催日時は今週末11月13日(土)午後3時からになります。
料金は1回9000円(複数回受講の方は次回から8000円)

テーマは前述しましたように、

  利益確定法の究極と有望銘柄

です。

なお次回以降のテーマは、
来年になるため順次発表します。
(テーマは状況により変更があります)
 
なお以上のいずれのセミナーもこれまで同様、
デイトレード、仕手株投資などで
一発逆転的成果を上げようと思っておられる方には向きません。
以下のような方を対象としています。

◆回復第1ステージ相場に乗り遅れた、
◆塩漬け株がまだ結構残っている、
◆そこそこ利益が出ているが、期待には届かない、
◆なにをどう売買すればよいのかさっぱり分からない、
◆買いはわかっても、売りがどうも・・・、
◆今後の東京市場の展開と対処法を知りたい、
◆株ははじめたばかりで、何が大事で何がそうでないか判断がつかない、
◆老後資金を株でなるべく安全に増やしたい、

セミナー終了後は、もう株のことで悩まないですみます。
株式市場の見えない構造、
ほとんどの人が損するようになっている特異なシステムが見えてくるばかりか、
それを逆手にとって自分だけは儲かる仕組みが出来上がりますのでお楽しみに。

自分だけ儲かるようになる。

これがポイントです。

もちろん有望銘柄の選び方も分かるようになりますので、
どんどんそれ活かして利益を増やして下さい。

株式投資が分かりにくく、やっかいなもの、時には悩みのタネだったものが、
分かりやすく、利益をもたらしてくれるばかりか、楽しいものに変わります。
これまたお楽しみに。

ともかくやっかいな塩漬け株を一つずつ減らし、
気がついた時には新しい、しかもイキの良い銘柄に変わっていた、
塩漬け株はいつの間にか追放されていた、
こうするのにセミナーをお役立て下さい。

そして新講座も従来通りDVDで在宅学習出来るシステムになっています。
在宅で学習したいという方は、DVDをご利用ください。


お申し込み、お問い合わせは以下へどうぞ

03(3589)2481


証券スクール・オブ・ビジネス
http://www.kabu-school.com/furi.html

スクール・コンダクター、安藤さんが電話をお受けします。
不明な点などありましたら質問にも答えてくれます。
遠慮なくお問い合わせ下さい。
 

school3

 

 


 
 
なお学校の事務が終わっていた場合、
ネットでのお申し込みが出来ます。
以下からどうぞ。
03(3589)2481
ネットから申し込む↓
証券スクール・オブ・ビジネス(安藤・瀬下担当)
http://www.kabu-school.com/furi.html
 
 [教室の地図です]
 
フィジックスアカデミー map

下落幅拡大中。その理由。

最新株式投資情報で塩漬け株を減らし逆転勝ちするなら株マイスター北浜流一郎です≫北浜?の方はこちらをどうぞ♪


日経平均、175円安。

結構、下げますねえ。

原因として考えられるのは円の反転、
84円の前半ですから。

そしてもう一つ。

上海市場の急落です。
同市場は以下のような動きです。

2778.866 -87.490 -3.052%

3%も下げれば東京市場も気にせざるを得ないといったところです。
でも宝探しは続けたいですね。

株初心者からベテランまで、北浜流一郎の個人投資家サポートシステム
(無料)
 
(有料。ただし現在新規募集は締切り中。12月1日より再開)
■携帯でも読める有料配信メルマガ 逆転投資術!金泉銘柄で道は開らける
 
DVDブックシリーズ12月号。2010年最終コーナー、
やって来た個別銘柄勝負の相場と有望銘柄
以下からどうぞ  ↓↓↓

お知らせ。有料メルマガ、いまはまだ申し込まないで下さい。明日12月1日から新規ご講読申し込み再開します。

こんにちは。
前場終わって日経平均は41・53円安ですが、
結構多くの銘柄が上がっています。
東京市場、相変わらず強いですね。

現代の宝探しをするのにふさわしい状況、
こう言っても良いのではないでしょうか。

お蔭様で私が発行している有料メルマガ2誌。

多くの方にご講読いただき、
注目銘柄がよく上がっていることもあり、
厳しい市場を乗り切る参考にしてもらっていますが、
現在は新規募集を締め切っております。

しかし明日から12月に入りますので、明日以降再開の予定です。
そのためいまはまだお申し込みにならないで下さい。

新規ご講読をご希望の方は、サンプル号をよくお読みの上、お申し込みください。

勝手言いますが、ご理解よろしくお願いします。

なお両メルマガは内容、配信システムともに違います。
お申し込みを予定しておられる方は、両者のサンプル号をよくお読みいただいた上で、明日以降お申し込みください。

塩漬け株を減らし、逆転勝ちするのに役立つ情報をお届けします。

■有料メルマガ(1)

北浜の有料メルマガ、今週号配信中です。
▼サンプル号と今月発行全号を無料で試し読みできます。
⇒株リッチ進化大学★サンプル号を見る
http://www.mag2.com/m/0001093203.html
 
■有料メルマガ(2)
◎北浜流一郎の逆転投資術!金泉銘柄で道は開らける
http://foomii.com/00005/

▼ケータイからアクセスする方は、こちら。
http://foomii.com/images/qrcode.png
※QRコードを読み込んでアクセスできます。

東京株式市場、今日は次のようになりそうだ

[11月30日朝刊

NYダウ、NASDAQともに続落。
アイルランド支援決定でも欧州財政・金融不安なお強く警戒売り。
東京株式市場、米国市場安と円の下げ限定的で買い慎重に。
主力株一服で小型株、材料株、出遅れ株には見直し買い。

■NYダウ39・51安、NASDAQ9・34安。
両市場はともに続落で終わった。
終値段階では小幅安だったものの、途中NYダウは160ドルも下げていたほど。
市場ムードとしてはかんばしくない展開だった。
財政金融危機に陥っているアイルランドに対するEUなどの支援が決定したことで市場はそれを好感すると見られていた。
しかしアイルランドの次が問題となり、売りが優先してしまった。
実際どうなるかは分からないが、欧州の財政・金融不安が簡単に解決しそうもないのは明らか。
しかもこれから資金が必要な年末に入るとあって、米国市場は不安拡大懸念を強める一方となってしまった。
そんな中にあって25日~28日の年末商戦滑り出しが好調だったとの明るいニュースもあった。
ところが市場はそれを売り材料とした。
小売り株はそれまで上がっていたため、好材料出尽くしとの見方から百貨店、アマゾンなどの関連株が売られた。

■東京株式市場。
昨日の東京市場は日経平均が86・43円も上昇、
意外高となった。
上昇したのは想定通りだったものの、86円も上がるとは、だった。
為替が円安で推移しており、株高要因ではあったものの、
先週末の米国市場が下げ、欧州財政・金融不安に対する警戒感から銀行など金融株が下落する恐れがあり、
それが日経平均の足を引っ張るだろう。
その結果として上げ幅が縮小してしまう。
こんな見方だったが、銀行株が下がらず、結局想定以上の上昇となった。

このような動きを受けて今日はどうか。
環境的には昨日とほとんど変わらない。
となると上昇か。
しかしそれは難しいだろう。
昨日の86円高がかなりの上昇だったことで売りが出やすい上に、
円は確かに84円台であり下落基調ではあるのだが、
下落のスピードが鈍りやや円高だ。
市場はこれを警戒する恐れがあり、利食い先行になりそうだ。
少なくとも昨日まで強い動きだった自動車、ハイテクなどの主力株については買いが見合わせられるだろう。
代わって物色対象になるのは小型株、低位株、出遅れ株、インフルエンザ関連などの材料株になろう。

★人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックしていただければ助かります。
知り合いの中原圭介氏やS氏の相場観など、
株資金増に役立つ優れたブログを読める株情報の宝庫ですよ。
人気ブログランキングへ  

昨夜の米国株式市場、以下のような結果に


 

★人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックしていただければ助かります。
知り合いの中原圭介氏やS氏の相場観など、
株資金増に役立つ優れたブログを読める株情報の宝庫ですよ。
    
人気ブログランキングへ 

為替、こんな動きです

為替 ドル対円(10分足)

リアルタイム版世界の株価チャート

為替 ユーロ対円(10分足)
リアルタイム版世界の株価チャート

★人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックしていただければ助かります。
知り合いの中原圭介氏やS氏の相場観など、
株資金増に役立つ優れたブログを読める株情報の宝庫ですよ。
人気ブログランキングへ  

いまのところ日銀追加緩和の効果なし

現在の円安は米国雇用情勢の改善と欧州財政・金融不安によるドル高によるもの。日銀には、追加緩和効果が出て来たと誤解して欲しくないですね。
成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。
北浜の無料メルマガ。成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
Profile


■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
北浜流一郎 プロフィールはこちらです
携帯でも読める有料メルマガです。


■北浜の無料メールマガジン
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
Amazonライブリンク
キャンペーン!!


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ