株で1億円作ろ 悠々人生実践会

株で1億円作り。達成するには大別して2つの方法があります。1つはデイトレなどの超短期投資によるもの。もう1つは数週間〜数カ月、銘柄によっては数年をかける中長期投資によるものです。私が詳しいのは後者。当ブログでは兼業で1億円達成を目指す個人投資家に、これまで多数の儲かる投資家を養成してきた実績を持つ私(北浜流一郎)が、「株で稼ぎ続け」悠々人生を楽しむのに欠かせない裏技や最新情報をセレクトして紹介します。ヤフーカテゴリ登録承認ブログ。リンクは自由に可です。

2011年01月

お知らせ。有料メルマガ2誌、2月募集は明日1日(火)再開します。もうしばらくお待ち下さい。

申し訳ありませんが、
まだ募集再開しておりません。

お蔭様で私が発行している有料メルマガ2誌。
注目銘柄がよく上がっていることもあり、多くの方にご講読いただき、
回復相場を乗り切る参考にしてもらっています。

これら2誌、1月入りとともに募集を再開していましたが、
今月はすでに読者が規定の人数に達したため、
20日以降募集を締め切らせてもらっています。

今月も間もなく終わりますが、まだ募集再開はしておりません。
ご講読ご希望の方は、明日2月1日の募集再開までもうしばらくお待ちください。
その間にサンプル号をよくお読みの上、2月1日以降お申し込みください。
勝手言いますが、ご理解よろしくお願いします。

両メルマガは内容、配信システムともに違います。
申し込みを予定しておられる方は、両者のサンプル号をよくお読みいただいた上で、ご自分の投資スタイル、発行スケジュールなどに合わせてお申し込みください。

ただどちらも塩漬け株を減らし、
逆転勝ちするのに役立つ情報をお届けしている点では変わりはありません。

特に仕事、家事をこなしながら無理なく逆転勝ちを果たしたい、
こんな希望をお持ちの方向けの内容になっています。
(はっきり言いまして一日中パソコンにかじりつき、株式投資を本業にしようと休みなく売買を繰り返しておられたり、もしくはすでにもう半プロというような方には不向きです)

実は両メルマガとも、これまで強力上昇銘柄がいくつも出現しています。
現在市場で話題になっている新値銘柄の多くは、これまで両メルマガで注目銘柄として取り上げたものが多く、読者の方々にはすでにこの回復相場にしっかり乗っていただいており、嬉しい限りです。

しかし株式市場はいつ何が起きるか分かりません。
目先急落などということもありますので、上昇銘柄続出に気をゆるめず、常に激変への警戒、対応を怠ることなく配信を続けていきます。

どちらにするか、サンプル号をよく吟味してお選びください。
なおサンプル号はどちらもサンプル号としては長くなっていますが、
本物の方はもっと長文になります。

特に(1)の本物は携帯では読み切れないほど長くなりますので、
携帯での講読には向かないかもしれません。
(携帯でお読み方も少数おられますけど、ご苦労されているのではと申し訳なく思っている次第です。ともかく(1)は長文です)

■有料メルマガ(1)

北浜の有料メルマガ、明朝1月5週号配信です。
▼サンプル号と今月発行全号を無料で試し読みできます(現在新規申し込み停止中)。
⇒株リッチ進化大学★サンプル号を見る
http://www.mag2.com/m/0001093203.html
 
■有料メルマガ(2)

こちらは明朝、今月最終号を配信します(現在新規申し込み停止中)。

◎北浜流一郎の逆転投資術!金泉銘柄で道は開らける
http://foomii.com/00005/

▼ケータイからアクセスする方は、こちら。
http://foomii.com/images/qrcode.png
※QRコードを読み込んでアクセスできます。

株投資情報 注目プレスリリース 日本鉄鋼連盟

2010年12月普通鋼鋼材需給速報について

 12月の普通鋼鋼材生産は、前年同月(606.7万トン)比16.9万トン・2.8%増の623.6万トンと14ヵ月連続の増加となり、15ヵ月連続で600万トン台乗せとなった。また、前月比でも19.6万トン・3.2%増加した。

 12月の出荷は、国内向けは373.4万トンで、前年同月比では13.2万トン・3.7%増と12ヵ月連続で増加した。一方、前月比では29.5万トン・7.3%減少した。輸出向けは235.4万トンで、前年同月比で9.3万トン・3.8%減となり、2ヵ月振りに減少した。また、前月比でも0.4万トン・0.2%減少した。

 この結果、出荷合計では、前年同月(604.9万トン)比3.9万トン・0.6%増の608.9万トンと14ヵ月連続の増加となり、8ヵ月連続で600万トンを上回った。また、前月比では29.9万トン、4.7%の減少となった。

 12月末のメーカー・問屋在庫は、前月末(618.6万トン)比14.8万トン・2.4%増の633.4万トンで、2ヵ月振りに増加した。内訳をみると、メーカー在庫が前月末(495.2万トン)比18.5万トン・3.7%増の513.7万トンと2ヵ月振りに増加した。問屋在庫は前月末(123.5万トン)3.8万トン・3.1%減の119.7万トンと2ヵ月振りに減少した。

 国内・輸出別では、国内向在庫が前月末(499.7万トン)比15.7万トン・3.1%増の515.4万トンと2ヵ月振りに増加した。また、輸出船待在庫は前月末(118.9万トン)比1.0万トン・0.8%減の118.0万トンと2ヵ月連続して減少したが、昨年11月以降14ヵ月連続で100万トン台が続いている。

 在庫増減についてみると、在庫が前月末比1万トン以上増加した品種は、鋼帯(幅600mm以上)(6.6万トン増の163.7万トン)、亜鉛めっき鋼板(1.8万トン増の101.7万トン)、H形鋼(1.4万トン増の22.9万トン)、冷延電気鋼帯(1.4万トン増の10.6万トン)、ティンフリースチール(1.3万トン増の9.2万トン)、小形棒鋼(1.1万トン増の58.6万トン)の各品種であった。また、在庫が前月末比1万トン以上減少した品種は無かった。

 12月末の在庫率(在庫÷出荷)は、前月末の96.9%から7.1ポイント上昇し104.0%となり、2ヵ月振りに100%を上回った。うち、国内在庫率は前月末の124.0%から14.0ポイント上昇し138.0%となった。

上る株、下がる株が分かるようになる
カリスマトレーダー運営の尾崎塾チャート練習帳ならこちらをクリックです

お知らせ。2月特別セミナー、今週5日(土)開催します。在宅学習用DVDでの参加も出来ます。お申し込み受け付け中です。

今年は株に本気で取り組みませんか。
全体は上らないように見えて、
実際は多くの株が上がっていますよ。

画像 726
このところ東京市場は反落中ですが、
今年は底上げ相場。
出遅れの東京市場が見直されるため、
仕事、家事をこなしながら無理なく株収入を増やすには非常に適した年になります。
 
それでも売買を激しく繰り返したり、
株価が急騰したところを追いかけ買いするなどしては、成果は上らないどころか、大事な資金を失ってしまいます。
 
そこで今回の特別セミナも予定通り開催します。
教室に行くのは距離的、時間的に無理という方へは、在宅学習用DVDを用意してありますのでご利用下さい。

最近では在宅での受講が多くなっているため、直接お会い出来ない寂しさがありますが、一方で全国各地で在宅用DVDを参考に成果を上げておられる方が増えるのは、これまでとはまた別の楽しみがあります。
 
世は外債投資やFXが人気です。
しかし株式投資は死なずです。

かつてのやり方は通用しにくくなっていますが、
考え方、やり方を少し変えることで成果を上げる人が増えています。
あなたも直接セミナーを受ける、あるいは在宅学習用DVDによって
逆転勝ちを果たして下さい。
 
そうです。
投資のスタイルを少し変える。
こうすることで成果が上がるようになります。

市場では日本株はダメだ、ともかく上がらない。
いまだにこんな声がほとんどです。
しかし実際の日本株はどんどん水準を高めているのです。

最近も三菱ケミカル、戸田工業、帝人、旭化成、ニッタ、コマツ、アンリツ、日立製作所、マキタ、高岡製作所、アルプス電気、村田製作所、大日本スクリーン、タカラレーベン、タクトホーム、カヤバ工業、NOKなどの銘柄が、高値を更新しました。

これらの銘柄のうち、全部ではないものの、多くはセミナーで注目銘柄として取り上げたことのある銘柄であり、この点でも現在の東京市場は素晴らしい展開を見せている。

こういえる状況です。

株式投資には実は「肝」があります。
セミナーではその「肝」を紹介します。

2011年も一カ月が終わりましたが、
東京市場はいまのところ不安定な動きの中にあります。
しかしそれにただ耐えているだけでは生き残れない。
これが現実です。

ではどうするか。

私が出した結論は、株式投資の原点に戻り、
投資とは何かから再スタート、
投資の基礎を学びつつ資金を増やしていく。

これになります。

もっと平たく表現しますと、
学びながら効率よく株で稼ぐ、
こんな方法です。

もちろん投資ノウハウ全開であり、
いずれも過去、教室の生徒さんたちにも実行してもらい成果が上がった方法です。

正直、私が知る限り、もっとも簡単に効率よく、底値圏で株を買い儲ける、
こんな方法です。
それをセミナーでバッチリご紹介させてもらいます。

時間は1時間30分です。
開催日時は今週末1月8日(土)午後3時からになります。
料金は1回9000円(複数回受講の方は次回から8000円)

なお今回のセミナーもこれまで同様、
デイトレード、仕手株投資などで
一発逆転的成果を上げようと思っておられる方には向きません。
以下のような方を対象としています。

◆回復第1ステージ相場に乗り遅れた、
◆塩漬け株がまだ結構残っている、
◆そこそこ利益が出ているが、期待には届かない、
◆なにをどう売買すればよいのかさっぱり分からない、
◆買いはわかっても、売りがどうも・・・、
◆今後の東京市場の展開と対処法を知りたい、
◆株ははじめたばかりで、何が大事で何がそうでないか判断がつかない、
◆老後資金を株でなるべく安全に増やしたい、

セミナー終了後は、もう株のことで悩まないですみます。
株式市場の見えない構造、ほとんどの人が損するようになっている特異なシステムが見えてくるばかりか、それを逆手にとって自分だけは儲かる仕組みが出来上がりますのでお楽しみに。

もちろん有望銘柄の選び方も分かるようになりますので、
どんどんそれ活かして利益を増やして下さい。

やっかいな塩漬け株を一つずつ減らし、
気がついた時には新しい、しかもイキの良い銘柄に変わっていた、
つまり塩漬け株はいつの間にか追放されていた、
こうするのにセミナーをお役立て下さい。

最後に繰り返しになりますが、
今回のセミナーも従来通りDVDで在宅学習出来るシステムになっています。
在宅で学習したいという方は、DVDをご利用ください。


お申し込み、お問い合わせは以下へどうぞ

03(3589)2481


証券スクール・オブ・ビジネス
http://www.kabu-school.com/furi.html

スクール・コンダクター、安藤さんが電話をお受けします。
不明な点などありましたら質問にも答えてくれます。
遠慮なくお問い合わせ下さい。 

school3

 

 


 
 
なお学校の事務が終わっていた場合、
ネットでのお申し込みが出来ます。
以下からどうぞ。

03(3589)2481
ネットから申し込む↓
証券スクール・オブ・ビジネス(安藤・瀬下担当)
http://www.kabu-school.com/furi.html

株投資情報 意外に下げなかった日経平均

今日はラジオの番組があり、
放送前に日経平均を見ると120円ほどの下落でした。

正直これは意外でした。

今日は私は150円~250円幅の下落を想定していたからです。
先週末の米国市場の下落ぶりから算出するとこんな数字になったのです。

ところが後場は一時下げ幅を縮小したほど、
結局先週末比122円安で終わりました。

これは喜べるほどではないものの、悲観無用の動きだったことになります。
為替が82円台前半で頭を押さえられた、
これが良かったのでしょう。

ただ個別株の動きを見るとやはり上昇銘柄は少なく、
ほとんどが小幅に下げました。
ちょっと面白くないですね。

このところ滅多に下げない大日本スクリーンだって今日は小幅に下げましたし。

上る株、下がる株が分かるようになる
カリスマトレーダー運営の尾崎塾チャート練習帳ならこちらをクリックです

東京株式市場、今日は次のようになりそうだ

[1月31朝刊

先週末のNYダウ、NASDAQともに急落。
エジプト情勢緊迫化を懸念。
東京株式市場、米国市場急落と地勢学リスクで売り優勢。
主力株中心にほぼ全面安へ。

■先週のNYダウ166・13安、、NASDAQ68・39安。
両市場はともに上昇後、急落して終えた。
2010年10~12月期のGDPの伸び率が前期比年率で3.2%で、市場予想(3.5%程度)に届かなかった。
フォードの四半期決算が大幅減益となったことなどを懸念しているところにエジプト情勢の緊迫化が報じられ、
一斉売りになってしまった。
エジプトに関係ない銘柄も売られたのを見ると、地勢学リスクばかりではなく企業収益の先行きに対する懸念も強かったと見るべきだろう。
アマゾン、マイクソフト株なども売り物に押されていた。

■東京株式市場。
先週末の東京株式市場は日経平均が118・32安と軟調だった。
エジプト情勢の緊迫化に対してはさほど懸念する様子はなかったものの、
為替市場で円が下がらず82円台前半で推移し売り優勢となってしまった。
スタンダード・&・プアーズが日本の長期国債の格付けを引き下げた直後でもあり、
円は下げてもおかしくなかったが、下げたのは一時的、すぐに戻ってしまったばかりか、
円高になったことで市場は失望売りに見まれた形になった。
こんな動きを受けて今日はどうか。

前述したように先週末の米国市場は大幅安だ。
これでは単純に考えても東京市場は耐えられない。
日経平均は計算上150円~250円下げてもおかしくないことになる。
それにやはりエジプトの緊迫化、これは先週末から分かっていたことではあるものの、
米国市場の反応が大きなものになったことで東京市場は改めて強く反応すると見ておきたい。
ただ為替は円高基調の推移ながら、驚くほどではない。
81円台に入るほどではないため、下げても200円前後まででは。
ほとんどの銘柄が下げてしまうものの、結果的には押し目が入る程度の下げになると見てよく、
あわてて逃げ出すようなことはしなくてすみそうです。

★人気ブログランキングに参加中です。
↓クリックで株収入を増やすのに役立つ他ブログを読めます。
人気ブログランキングへ

先週末の米国株式市場、以下のような結果に


 

★人気ブログランキングに参加中です。
↓クリックで株収入を増やすのに役立つ他ブログを読めます。
人気ブログランキングへ

為替、こんな動きです

リアルタイム版世界の株価チャート

為替 ユーロ対円(10分足)
リアルタイム版世界の株価チャート

★人気ブログランキングに参加中です。
↓クリックで株収入を増やすのに役立つ他ブログを読めます。
人気ブログランキングへ

最新エジプト情勢

ムバラク大統領が辞任するか、次の大統領選には出ないと約束しなければ騒乱はおさまりそうにないですね。

スタンダード・&・プアーズの格付けでは日本よりスペインが上

スペインの失業率、20・33%には驚きますね。それでもS&Pの長期債格付けではスペインが日本より上だそうで、これにも驚きです。天下のS&Pの格付けなのてすから、間違いなどないのでしょうけどね。

おしらせ。有料メルマガ2誌、現在新規購読募集は停止中です。再開までもうしばらくお待ち下さい。


申し訳ありませんが、
まだ募集再開しておりません。

お蔭様で私が発行している有料メルマガ2誌。
注目銘柄がよく上がっていることもあり、多くの方にご講読いただき、
回復相場を乗り切る参考にしてもらっています。

これら2誌、1月入りとともに募集を再開していましたが、
今月はすでに読者が規定の人数に達したため、
20日以降募集を締め切らせてもらっています。

今月もあと1日ですが、まだ募集再開はしておりません。
ご講読ご希望の方は、2月1日の募集再開までもうしばらくお待ちください。
その間にサンプル号をよくお読みの上、2月1日以降お申し込みください。
勝手言いますが、ご理解よろしくお願いします。

両メルマガは内容、配信システムともに違います。
申し込みを予定しておられる方は、両者のサンプル号をよくお読みいただいた上で、ご自分の投資スタイル、発行スケジュールなどに合わせてお申し込みください。

ただどちらも塩漬け株を減らし、
逆転勝ちするのに役立つ情報をお届けしている点では変わりはありません。

特に仕事、家事をこなしながら無理なく逆転勝ちを果たしたい、
こんな希望をお持ちの方向けの内容になっています。
(はっきり言いまして一日中パソコンにかじりつき、株式投資を本業にしようと休みなく売買を繰り返しておられたり、もしくはすでにもう半プロというような方には不向きです)

実は両メルマガとも、これまで強力上昇銘柄がいくつも出現しています。
現在市場で話題になっている新値銘柄の多くは、これまで両メルマガで注目銘柄として取り上げたものが多く、読者の方々にはすでにこの回復相場にしっかり乗っていただいており、嬉しい限りです。

しかし株式市場はいつ何が起きるか分かりません。
目先急落などということもありますので、上昇銘柄続出に気をゆるめず、常に激変への警戒、対応を怠ることなく配信を続けていきます。

どちらにするか、サンプル号をよく吟味してお選びください。
なおサンプル号はどちらもサンプル号としては長くなっていますが、
本物の方はもっと長文になります。

特に(1)の本物は携帯では読み切れないほど長くなりますので、
携帯での講読には向かないかもしれません。
(携帯でお読み方も少数おられますけど、ご苦労されているのではと申し訳なく思っている次第です。ともかく(1)は長文です)

■有料メルマガ(1)

北浜の有料メルマガ、明朝1月5週号配信です。
▼サンプル号と今月発行全号を無料で試し読みできます(現在新規申し込み停止中)。
⇒株リッチ進化大学★サンプル号を見る
http://www.mag2.com/m/0001093203.html
 
■有料メルマガ(2)

こちらは明朝、今月最終号を配信します(現在新規申し込み停止中)。

◎北浜流一郎の逆転投資術!金泉銘柄で道は開らける
http://foomii.com/00005/

▼ケータイからアクセスする方は、こちら。
http://foomii.com/images/qrcode.png
※QRコードを読み込んでアクセスできます。

成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。
北浜の無料メルマガ。成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
Profile


■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
北浜流一郎 プロフィールはこちらです
携帯でも読める有料メルマガです。


■北浜の無料メールマガジン
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
Amazonライブリンク
キャンペーン!!


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ