北浜流一郎の「株で自分年金作り。悠々人生 ! 金泉銘柄で逆転勝ち」

株式投資初心者、株式投資入門者へ株式投資情報を提供、株式投資セミナー、株式レポートを紹介、日経平均、NYDOW、NASDAQの動向を分析。ヤフーカテゴリ登録承認サイト。リンクは自由に可です。

2011年10月

お知らせ。株で資金倍増、悠々人生を。無料メルマガ、更新しました。

メルマガの記事を更新しました。

今日の動きを踏まえ、
明日の展開を読むのに役立つヒントやノウハウを配信しています。
逆転勝ちで資金倍増を果たすのにお読み下さい。

 無料定期講読申し込みはからどうぞ。
「一株開運」資金倍増株リッチ新聞


メルマガは次のような方に向けて無料配信しています。

○株を安定収入源にしたい
○家事の合間に株で副収入を得たい
○在宅しながら株で資金を増やしたい
○定年退職前に株式投資の勉強をしておきたい
○老後に必要な資金を株で作りたい・・・
○波乱に負けない投資のやり方を知りたい
○親から譲られた遺産を減らしたくない

それには少しの時間を活かして、
目的に近づく意欲は十分ある
こんな方にお読みいただきたいと思っています。

なおこの無料メルマガ、
発行所の「まぐまぐ」で、「殿堂入り」に認定されています。
厳しい条件をクリアしての認定です。

読んでみて役立たないと思われたら
いつでも削除可能です。
あなたにリスクはまったくありません。

なお冷やかしや、
私を誹謗中傷する資料集めのためのご講読はお断りさせてもらいます。
内容の無断使用は著作権侵害となりますのでご注意ください。
調査専門会社により随時チェック、法的手段をとります。

北浜の無料メールマガジンです。ラブレターじゃありませんのでご安心を(笑)
「一株開運」資金倍増株リッチ新聞を読んでみる

注目プレスリリース 日立製作所

日立製作所、富士電機、明電舎の変電・配電事業の
合弁解消における日立製作所の承継方法の決定について

 2011年9月29日にお知らせしましたとおり、株式会社日立製作所(以下、日立)、富士電機株式会社、株式会社明電舎の3社は、変電・配電事業の分野における合弁関係の解消に関して基本合意(以下、本基本合意)し、日立は、合弁会社の株式会社日本AEパワーシステムズ(以下、AEパワー)が営む当該事業の一部を日立又は日立の子会社が承継することとしておりましたが、このたび、下記の通り日立が承継(以下、本承継)することを決定しましたのでお知らせします。なお、本承継は、日立による吸収合併を伴いますが、簡易吸収合併であるため、開示事項・内容を一部省略しています。

                    記

I.承継方法の概要
(1)承継方法
 AEパワーが営む変電・配電事業の一部については、日立が承継するものとします。その方法につきましては、承継に伴うコスト面などを勘案し、今後新たに設立する100%子会社(以下、承継準備会社)を経由するものとし、日立は2012年4月1日付で承継準備会社を吸収合併します。

(2)日程(予定) *表形式は添付の関連資料を参照

 承継準備会社の設立:2011年12月
 承継準備会社における次の事項の承認のための株主総会
  (1)AEパワーから承継準備会社への会社分割
  (2)日立による承継準備会社の吸収合併(※)
  :2012年01月
 上記の会社分割及び吸収合併期日:2012年04月01日

(※)上記の合併は、会社法第796条第3項に定める簡易吸収合併に該当するため、日立において吸収合併契約承認のための株主総会は開催しません。

(3)その他
 承継準備会社は、新株予約権及び新株予約権付社債を発行しない予定です。

II.承継当事会社 ※表形式は添付の関連資料を参照

 承継準備会社(吸収合併消滅会社)の概要(予定)

(1)商    号    :日立T&D株式会社
(2)本店所在地   :東京都千代田区外神田一丁目18番13号
(3)代 表 者    :取締役 八坂 保弘
(4)事 業 内 容  :本基本合意に基づくAEパワーから日立への事業承継の準備他
(5)資 本 金    :1百万円
(6)設立年月日   :2011年12月
(7)発行済株式総数:1株
(8)決 算 期    :3月31日
(9)株       主:日立(持株比率100%)
(※1)承継準備会社は、今後設立予定につき、直前事業年度の財政状態及び経営成績は該当ありません。
(※2)日立(吸収合併存続会社)の概要につきましては、2011年9月29日付ニュースリリース「日立製作所、富士電機、明電舎の変電・配電事業の合弁解消に関する基本合意のお知らせ(経過報告)」をご覧ください。

III.承継後の状況
 本承継に伴う日立の商号、本店所在地、代表者、事業内容、資本金及び決算期についての変更はありません。IV.今後の見通し
 本承継に伴う日立の連結業績への影響につきましては未定です。今後、日立の連結業績に重大な影響を与えることが明らかとなった場合は、速やかにお知らせします。

塩漬け株を減らして資金倍増を目指すなら
北浜流一郎の「株リッチ放送局

円売り介入、株式市場には効果なし

もちろん今日一日だけの動きで結論を下すつもりはありません。 先週3連騰し、日経平均が9000円台に乗ったため、戻り売りに押された。 こう解釈したいですね。 東証1部の出来高17・7億株もまずまずといったところ。 閑散状態に戻ったわけでもありません。 これらは評価できます。

円急落でも日経平均足踏み

政府・日銀の円売り介入実施により円は確かに下げました。
いまも79・18〜24円と下値確認中といったところです。
ところが日経平均はほとんど上がりません。

一時プラスに転じていましたが、日経平均は現在20円ほどのマイナス。
朝方の予想通りの展開であり、やや失望です。

これだけ円が下げたのなら、少しは上がってもおかしくないからです。
少なくともプラス圏での動きはあって良いのですが、
そうなっていないのは、市場は円の下落が長続きしない、
こう見ているのでしょうね。

私もそう思っていますし・・・(笑)
でも個別には強い動きの銘柄が結構数多く、
実際の投資にはさほど影響ないので助かります。

★もう少しお待ち下さい。
明日11月1日(火)、11月ご購読募集開始です(ご購読予約はできます)

今日も最近の注目銘柄の中から急騰銘柄が出現しています。
(スマートフォン関連の銘柄です)
※逆転勝ちで資金倍増を本気で目指す投資家用メルマガ。
北浜式「招きネコ投資法」で幸せを招き寄せませんか。
波乱の中で儲けられる腰の座った読者のご購読をお待ちしています。
招き猫右手(おカネ)
イラストTADAira(タダイラ)
http://www.taka.co.jp/tada/index.html
☞「招きネコ投資法」の株リッチ進化大学コース・有料メルマガ紹介
まぐまぐ版今月最新号、10月24日(月)配信しました。
サンプル号と「最新号のお取り寄せ」がともに無料で出来ます。ぜひご利用ください。

⇒株リッチ進化大学★サンプル号を見る
メルマガでは毎回、信長銘柄・秀吉銘柄・家康銘柄の紹介があり、
買い適切ゾーン、撤退価格を表示しています。
http://www.mag2.com/m/0001093203.html

「最新号のお取り寄せ(無料)」を申し込む⇒http://www.mag2.com/otoriyose/

政府・日銀、円売り介入実施

政府・日銀は1ドル=75円台前半にまで達した歴史的な円高を受け、約3カ月ぶりの単独での円売り介入に踏み切りました。
単独介入なので効果は限定的と分かっていながらの介入は、
投機筋に対するプレッシャー効果を狙ったものといえます。

現在円は対ドルで79・18〜23円。
介入前は95円半ば近くだったのでかなり下がったといえます。
日経平均も反発したため、それなりの効果があったことになるでしょうが、
問題は永続性。
この点になると疑問ありです。

★もう少しお待ち下さい。
明日11月1日(火)、11月ご購読募集開始です(ご購読予約はできます)


今日も最近の注目銘柄の中から急騰銘柄が出現しています。
 
※逆転勝ちで資金倍増を本気で目指す投資家用メルマガ。
北浜式「招きネコ投資法」で幸せを招き寄せませんか。
波乱の中で儲けられる腰の座った読者のご購読をお待ちしています。
招き猫右手(おカネ)
イラストTADAira(タダイラ)
http://www.taka.co.jp/tada/index.html
☞「招きネコ投資法」の株リッチ進化大学コース・有料メルマガ紹介
まぐまぐ版今月最新号、10月24日(月)配信しました。
サンプル号と「最新号のお取り寄せ」がともに無料で出来ます。ぜひご利用ください。

⇒株リッチ進化大学★サンプル号を見る
メルマガでは毎回、信長銘柄・秀吉銘柄・家康銘柄の紹介があり、
買い適切ゾーン、撤退価格を表示しています。
http://www.mag2.com/m/0001093203.html

「最新号のお取り寄せ(無料)」を申し込む⇒http://www.mag2.com/otoriyose/

東京株式市場、今日は次のようになりそうだ

[10月31日朝刊

NYダウ続伸、NSDAQ小反落。
主要経済指標改善で景気後退懸念薄らぐ。
東京株式市場、米国市場まちまちで方向性失い軟調展開へ。
為替75円台の円高重荷ながら影響は軽微。

■NYダウ22・56高、NASDAQ1・48安。
両市場はまちまちの動きになったものの、NYダウは引き続き強く、続伸でした。
同市場は前日大幅高したあとの上昇であり、
通常は利食い売りに反落してもよい状況だっただけに騰勢の強さが感じられる展開でした。
買い材料になったのは9月の米個人消費支出(PCE)の増加ど10月の消費者信頼感指数(ミシガン大学調べ)の確報値上方修正。、
これらにより景気の先行き後退感が薄らぎました。
それでも前述したように前日大幅高したことによる利益確定売りも多く、
伸びは限定的でした。

以上のような動きを受けて今日の東京市場はどうか。
NY高は歓迎できるものの、やはり無視できないのは75円台半ば近くまで上昇している為替の円高。
これではどうしても主力株を積極的に買うわけに行かず、
手控え気分が強まってしまいます。
しかし、最近の東京市場は円高への免疫力が強くなっていて、
下げるにしてもその幅は小さく、一般的に恐れられているほど株は下げません。
今日もこの点変わらず、下げても小幅ですみそうです。
その背景には日々発表が相次ぐ決算を見ると、円高にもかかわらず収益好調企業が多くなっています。
この点を考えると、今日も収益の上方修正をしたような銘柄を中心に、堅調な値動きの銘柄が多く、
全体も軟調程度の動きですむと予想されます。

「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります。


夕刊は次の無料メルマガで読めます

近頃証券マンたちの顔色がサエない

最近証券各社を訪れてみると、どうも証券マンたちの顔色がサエません。
東証の出来高が少なくなっていることもさることながら、
もう一つ大きな原因があるからです。

欧州債務危機問題による円高・株安で国内外の株式や国債などで運用する投資信託がこの半年足らずで計10兆円超の運用損を出しているのです。

損失が出ていることは分かっていましたが、
朝日新聞によるとその額は10兆円に及んでいるとのこと。

10兆円とは、外国人投資家たちが日本株を積極的に買った場合の、
年間の買い越し額に匹敵します。
それほどの巨額損失が出ているわけで、
証券マンたちの表情がサエないのも理解できます。

それにして、私にいわせると外債や外国株で運用する投資信託を売りすぎたのではないでしょうか。
日本株をもっと熱心に売って欲しいものです。
円高基調が続くことを考えると、外債や外国株で運用する投資信託は、
いかに高金利であろうとリスクが高すぎます。

なので私にいわせると、
逆転勝ちで資金倍増を目指すなら、投資はやはり日本株です。

★有料メルマガ、11月募集あと2日お待ち下さい。
(ご購読予約はできます)

先週末も最近の注目銘柄の中から急騰銘柄が出現しました。
 
※逆転勝ちで資金倍増を本気で目指す投資家用メルマガ。
北浜式「招きネコ投資法」で幸せを招き寄せませんか。
波乱の中で儲けられる腰の座った読者のご購読をお待ちしています。
招き猫右手(おカネ)
イラストTADAira(タダイラ)
http://www.taka.co.jp/tada/index.html
☞「招きネコ投資法」の株リッチ進化大学コース・有料メルマガ紹介
まぐまぐ版今月最新号、10月24日(月)配信しました。
サンプル号と「最新号のお取り寄せ」がともに無料で出来ます。ぜひご利用ください。

⇒株リッチ進化大学★サンプル号を見る
メルマガでは毎回、信長銘柄・秀吉銘柄・家康銘柄の紹介があり、
買い適切ゾーン、撤退価格を表示しています。
http://www.mag2.com/m/0001093203.html

「最新号のお取り寄せ(無料)」を申し込む⇒http://www.mag2.com/otoriyose/

野田首相、カンヌで円高懸念表明へ

野田首相は11月3〜4日にかけてフランスのカンヌで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で、
円高に対する懸念を表明するとのことです。

ほとんどの国が通貨安に安堵している中で、
円高懸念を表明して各国の理解と協力を得ようとしてもほとんど効果がないのでは。

首相は合わせて2010年代半ばまでに消費税を10%台へ引き上げる方針も示すすそうで、国内では所信表明演説でも消費税にはまったく触れなかったのに、
海外では具体的な数値を上げて海外に約束するのはいかがなものか。

国民を軽視した態度といわざるを得ません。
そういえば、財務相も先日海外で同様の約束をしていましたねえ・・・。
ともに国内より海外向けアピールに熱心というのは、計画的と考えざるを得ません。

まず国内で、次に海外で説明、
これが順序です。

逆転勝ちで資金倍増を目指すなら
北浜流一郎の「株リッチ放送局

日経平均123・93円高

今日の日経平均、まずまずだったですね。
為替が円高でなければ・・・と言いたくなりますが、
もちろん株式投資では「たら・れば」は許されません。

ただ、逆転勝ちで資金倍増を狙うなら、
円高を恐れていては目標達成は困難です。
円高の影響が少ない銘柄、
円高でも上る銘柄、
これらに投資すればよいことですので。

★11月からのご購読予約募集開始です

注目銘柄の中から今日も急騰銘柄が出現しました。
 
※逆転勝ちで資金倍増を本気で目指す投資家用メルマガ。
北浜式「招きネコ投資法」で幸せを招き寄せませんか。
波乱の中で儲けられる腰の座った読者のご購読をお待ちしています。
招き猫右手(おカネ)
イラストTADAira(タダイラ)
http://www.taka.co.jp/tada/index.html
☞「招きネコ投資法」の株リッチ進化大学コース・有料メルマガ紹介
まぐまぐ版今月最新号、10月24日(月)配信しました。
サンプル号と「最新号のお取り寄せ」がともに無料で出来ます。ぜひご利用ください。

⇒株リッチ進化大学★サンプル号を見る
メルマガでは毎回、信長銘柄・秀吉銘柄・家康銘柄の紹介があり、
買い適切ゾーン、撤退価格を表示しています。
http://www.mag2.com/m/0001093203.html

「最新号のお取り寄せ(無料)」を申し込む⇒http://www.mag2.com/otoriyose/

財務相がしょっ中口にする「断固たる措置」とは一体なに?

もちろん市場介入でしょうが、実際には何もしない方がよいのでは。円がどこまで上るかただ見守るだけの方が良い。単独介入は効果なしです。
携帯でも読める有料メルマガ
2010年6月より、foomiiにて、携帯電話でも読める有料メルマガの配信を開始しました。
登録希望の方は、下記より読者登録をお願いします。

携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
Profile


■金鉱脈銘柄で逆転勝ち ! の株プロセレクター

1943年。鹿児島県生まれ。
慶応大学商学部中退後、コピーライター、週刊誌記者、作家業を経て株プロセレクターへ。

いまは「東京スポーツ」「ネットマネー」「投資レーダー」「日本証券新聞」「株主手帳」などの株式欄を担当、ラジオ日経の株番組「北浜の株式宅配」出演などお蔭様でどれも長期連載となっています。

著書は「自分年金はこの3つの銘柄で作りなさい!」他があります。

「証券スクール・オブ・ビジネス」と「フィジックス・アカデミー」の両校で金泉銘柄による株で自分年金作りを教えてもいます。

好きな歌手は「青江三奈」「水森かおり」。
仕事中も聞いていることが多く、家族には完全にあきれられています。

■HP⇒株リッチ放送局⇒http://kabu-rich.com/
■北浜の無料メールマガジン
株式投資は考え方、やり方次第
北浜の有料メルマガ。▼サンプル号と今月発行全号を無料で試し読みできます。
■有料メルマガ、株リッチ進化大学★サンプル号を見る
北浜の「Kaeta」体験
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
Amazonライブリンク
キャンペーン!!


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ