株で1億円作り 悠々人生実践会

株式投資は経験年数が長い、資金が多い、こんな投資家ほど勝ちやすいはずなのに、実際はそうなっていません。しかし実はこれまで多くの儲かる成功投資家を育ててきた北浜式投資法による7つの成長株で勝てるのです。投資初心者からベテランまで速効性高いそのノウハウを紹介するヤフーカテゴリ登録承認ブログです。リンクは自由に可です。

2013年07月

「株で自分年金作り」を応援。無料メルマガ、更新しました。無料講読申し込み出来ます。

株で自分年金作り

早く始めた人が成果も早い

株長者養成塾・無料メルマガ記事を更新

今日の動きを踏まえ、
明日の展開を読むのに役立つヒントやノウハウを配信しています。
株で儲けて独立自尊を実現するのにお読み下さい。

無料定期講読申し込みはからどうぞ。


「一株開運」資金倍増株リッチ新聞

今日はラジオ日経の放送日でした

今日はラジオ日経の株番組「北浜の株式宅配便」放送日。

例によって今日は、4月中旬発売のDVDで取り上げた銘柄のパフォーマンスが問われました。

5月23日の暴落1か月前だったため、パフォーマンス最悪かと思いましたが、
福井ディレクターのチェックでは全勝だったとのこと。

正直ホッとしました。

ほんと、胃に悪いビジネスしています(笑)

でもそれが決して嫌ではないんです。
だから長く続いているともいえます。

Mなんでしょうか(笑)

次に発売されるDVDも全勝を目指す、
たとえ市場環境の悪化が続いても、
と静かに気合を入れたところです。

Mなんでしょうね、きっと(笑)
写真: 今日はラジオ日経の株番組「北浜の株式宅配便」放送日。

例によって今日は、4月中旬発売のDVDで取り上げた銘柄のパフォーマンスが問われました。

5月23日の暴落1か月前だったため、パフォーマンス最悪かと思いましたが、
福井ディレクターのチェックでは全勝だったとのこと。

正直ホッとしました。

ほんと、胃に悪いビジネスしています(笑)

でもそれが決して嫌ではないんです。
だから長く続いているともいえます。

Mなんでしょうか(笑)

次に発売されるDVDも全勝を目指す、
たとえ市場環境の悪化が続いても、
と静かに気合を入れたところです。

Mなんでしょうね、きっと(笑)

注目プレスリリース スルガ銀行

「教育資金贈与信託」取扱開始のお知らせ


 スルガ銀行(社長兼CEO 岡野 光喜)は、2013年8月1日(木)より、「教育資金贈与信託」の取り扱いを開始いたします。
 大切なお孫さまの将来を応援するため、祖父母さま等がお孫さま等の教育資金を当社に信託した場合に、1,500万円を限度に贈与税が非課税になる商品です。


■取扱期間■
 2013年8月1日(木)〜2015年12月30日(水)


■対象の方■
<個人のみ>
 委託者さま:受益者さまの直系尊属(父母、祖父母、曾祖父母)
 受益者さま:30歳未満の子、孫、ひ孫(未成年の場合、親権者等)


■取扱店舗■
 全店(インターネット支店を除く)


■信託拠出額■
 100万円以上1円単位(追加信託も可)
 ※ただし信託金額の総額1,500万円以内


■手数料・信託報酬■
 契約にかかる手数料、財産払い出しの際の事務手数料および信託報酬は無料です。


■信託財産の管理方法■
 拠出いただいた信託財産は、受託者である当社がスルガ銀行名義の普通預金(無利息型)に預け入れる方法によって管理します。


■信託財産の払出方法■
 店頭窓口など面前にてお手続きいただき、お手続きされた日の翌営業日に、受益者さまがあらかじめご指定された当社の普通預金口座へお振込をさせていただきます。


■ご留意いただきたい事項■
 ・受益者さま1人あたり1,500万円が上限となります。
 ・ご利用は、受益者さま1人あたり1金融機関の1営業所に限定されています。
 ・信託契約後、祖父母さま等(委託者)からの払い出しや取消し、中途でのご解約は一切できません。
 ・非課税措置を受ける受益者さまは、領収書等に記載された支払年月日の属する年の翌年3月15日までに、領収書等の原本をまとめて当社へご提出いただきます。


■お客さまのお問い合わせ
 アクセスセンター 0120−50−8689
 お電話承り時間:月〜金曜日9:00〜19:00<祝日を除く>

日経平均、今日も円高に勝てず結局大幅反落

  1. 機関投資家たちは常に何かを手掛かりに売買を繰り返さざるを得ない。FOMCの開催とバーナンキ議長の記者会見。これらは最高の手掛かり材料。そして週末には雇用統計の発表もある。プロのトレーダーたちは週末まで片時も気が抜けない。われわれ個人投資家は結果が出てから動いても遅くはない。

  2. 引け間際にかけての円の上昇。株式投資ではこれは対応のしようがない。とうとう97・85円前後になってしまった。FOMC開催待ちとはいうものの、実際はすでに米国の金融緩和継続観測に賭けた動きになっている。果たしてバーナンキ議長はFOMC終了後どんなことを語るのか。

  3. 4〜6期が好決算になった企業の株は上がっている。今日は日立製作所、コニカミノルタ、KDDI、オリックス株などが総じて強い。しかし問題は継続性。最近は長続きしない銘柄が多い。特に輸出関連株にその傾向が強い。やはり円が下げないことにはどうしようもない。97円台に上昇してはなおさらだ。

    1. ファーストリテイリング株が安値だ。この株が上がれないと全体も厳しい。現在1300円安。これでは日経平均へのマイナス寄与度が大きくなってしまう。案じられる軟調さだ。

東京株式市場、今日は次のようになりそうだ

[7月31日朝刊

NYダウ反落、NASDAQ上昇
FOMC開催前で買い手控え

東京株式市場、円高基調変わらずで輸出関連株に売り継続
市場ムード引き続き軟調

NYダウ 1・38ドル安、NASDAQ 17・33ポイント高。
両市場はまちまちの動きになりました。
肝心なダウが上がれなかったのは、目先FOMC(米連邦公開市場委員会 )開催を控えているためといえます。
それに31日には4〜6月期の米実質国内総生産 (GDP)速報値の発表もあることから、様子見気分の強い展開に終わったといえます。
FOMC終了後は週末に雇用統計の発表も控えているのもマイナスに働いたといえます。

以上のような動きを受けて今日の東京市場はどうか。
昨日は急反発して日経平均は200円以上高となりましたが、またまた失速が避けられそうにありません。
為替が98円前後で高度止まりしているからで、97円台に入りかねない水準。
これでは自動車、ハイテク主力株に積極的な買いが入り辛く、基本的には様子見。
こうなってしまうことで、昨日は折角戻ったものの、今日は軟調。
こんな展開になる確率大です。
もちろん米国市場同様、FOMC開催前であることにも足を引っ張られると考えられます。


「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります


夕刊は以下の無料ルマガで読めます

 

為替、こんな動きです

リアルタイム版世界の株価チャート

為替 ユーロ対円(10分足)
リアルタイム版世界の株価チャート

「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります

昨夜の米国株式市場、以下のような結果に

「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります

「株で自分年金作り」を応援。無料メルマガ、更新しました。無料講読申し込み出来ます。

株で自分年金作り

早く始めた人が成果も早い

株長者養成塾・無料メルマガ記事を更新

今日の動きを踏まえ、
明日の展開を読むのに役立つヒントやノウハウを配信しています。
株で儲けて独立自尊を実現するのにお読み下さい。

無料定期講読申し込みはからどうぞ。


「一株開運」資金倍増株リッチ新聞

経済のことなど考えていない財務省

北浜 流一郎さんがリンクをシェアしました。
昨日は麻生財務相、経団連会長の消費税引き上げ積極派を黒田日銀総裁が援護射撃する形になったことで市場は暴落した。

今日の反発は、消費税引き上げに対する慎重論がクローズアップされたからといえる。
何しろ格付け会社のS&Pが消費税引き上げに懸念を示すという珍しいことが起きている。
これはもう、何かの間違いじゃないかと思えるほど異例だ。

だから小刻みな消費税引き上げがベストとはいわないものの、
もう決めたのだからこのまま2段階で引き上げてしまおうという考えはやはり増税ありきであり、
民意に配慮しているとは言い難い。

一部の識者によると消費税増税の先送りは財政の健全化が遅れ、株売り要因となっているとの説があるが、
ちょっと違うのではないか。

財政健全化を言い出すと、株は下がるのが実際だ。
特に昨年はそうだったのです。

財務省などから財政健全化ということばが出てくるたびに株は下げた事実を忘れないようにしたい。

これからも麻生財務相が財政健全化を口にするたびに株が下がるんじゃないかと心配です。
昨年、民主党政権では財務相たちは財政健全化を口にしない日がないほどだった。
そして口にするたびに株式市場は下げたのです。

首相はこの事実を踏まえて財政健全化至上主義者たちの主張に安易に妥協しないようにして欲しいものです。
そんなことになれば安倍政権は第2の野田政権になりかねません。

経済が本格回復するどころか、失速するなら安倍政権は無用になるからです。
そうなる確率は決して低くないと見ています。

浜田参与やS&Pの見解、提言が妥当と思うのです。

お知らせ。北浜の3大有料メルマガ、8月ご講読募集、今週8月1日(木)から再開。もう少々お待ち下さい。予約申し込みは出来ます。


アベノミクス第二幕相場はやや波乱の日々です。

しかし上がるべき銘柄はちゃんと上がっています。

再び走り始めた「株高列車」に乗っておられますか。

蒔かない種は生えません。

有料メルマガでは毎号、この局面にどう対処し、どう乗り切ればよいのか、

そして期待が持てる有望銘柄を紹介、

投資成果を上げていただけるようサポートしています。

8月講読募集、1日(木)から再開します。

7月も多数のご講読申し込みをいただき、感謝申し上げます。

しかし間もなく7月は終わり、新たな月に入ります。

8月はこれまで同様危機に備える一方で、

株で自分年金作り[コツコツ築城]にさらに精力的に取り組んでいきます。


5月23日から6月半ばにかけて東京市場は暴落したものの、

時に激しい急落を交えながら回復に転じています。

時々われわれを驚かす急落は押し目買いの好チャンス。

アベノミクス相場はまだまだ続きます。

「株高列車」も当然止まりません。 

株で自分年金を作り、増やすにはまたとない好機到来です。

せっかくの黄金波動。

うまく乗っていきたいものです。

株で自分年金作り[コツコツ築城]を応援する私の3大有料メルマガ、

ご講読ご希望の方は以下の3種類のメルマガの中から、

自分の希望に合わせて選択、お申し込み下さい。

(どのメルマガも読者は90%以上が長期ご講読の方々です)

■株リッチ進化大学コース・有料メルマガ紹介
北浜流一郎の株リッチ進化大学★「損小利大」投資法で永続収入

まぐまぐ版最新号、7月29日(月)配信しました。
次回8月5日(月)配信します。

サンプル号と「最新号のお取り寄せ」がともに無料で出来ます。ぜひご利用ください。
⇒株リッチ進化大学★サンプル号を見る
メルマガでは毎回、信長銘柄・秀吉銘柄・家康銘柄の紹介があり、
買い適切ゾーン、撤退価格を表示しています。

http://www.mag2.com/m/0001093203.html
「最新号のお取り寄せ(無料)」を申し込む⇒http://www.mag2.com/otoriyose/


■逆転投資術コース・有料メルマガ紹介
◎北浜流一郎の逆転投資術!金泉銘柄で道は開らける

http://foomii.com/00005/
メルマガでは毎週月・水・金曜日に注目の「金泉3銘柄」を紹介。
各銘柄には投資に適した水準、撤退価格などを明示してあります。
最新号7月29日(月)配信しました。
次回号7月31日(水)配信します。
http://foomii.com/00005/
お支払いは従来のクレジットカードに加え、銀行振込も出来るようになりました。
ご自分のご都合に合わせてお選びください。

着実資産増をサポート、J−REIT&ETFに特化した希少有料メルマガ
(従来のJ−REITに来月からご希望の多かったETFが加わります)

◎●北浜流一郎のコツコツ儲けて独立自尊
 J-REIT&ETF蓄財術


最新号は7月25日(木)配信しました。

次回は8月1日(木)配信します。
http://foomii.com/00068
⇒短縮URL:http://goo.gl/5kBRw

北浜流一郎のコツコツ儲けて独立自尊 J-REIT蓄財術

成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。
北浜の無料メルマガ。成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
Profile


■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
北浜流一郎 プロフィールはこちらです
携帯でも読める有料メルマガです。


■北浜の無料メールマガジン
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
Amazonライブリンク
キャンペーン!!


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ