株で1億円作ろ 悠々人生実践会

株で1億円作り。達成するには大別して2つの方法があります。1つはデイトレなどの超短期投資によるもの。もう1つは数週間〜数カ月、銘柄によっては数年をかける中長期投資によるものです。私が詳しいのは後者。当ブログでは兼業で1億円達成を目指す個人投資家に、これまで多数の儲かる投資家を養成してきた実績を持つ私(北浜流一郎)が、「株で稼ぎ続け」悠々人生を楽しむのに欠かせない裏技や最新情報をセレクトして紹介します。ヤフーカテゴリ登録承認ブログ。リンクは自由に可です。

2017年06月

北浜式「株リッチ投資法」のキモ、その2。無料メルマガ、情報更新しました。

「成長株で自分年金作り。悠々人生」をサポートします。

北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞、

記事更新しました。

...

今日の動きを踏まえ、
明日の展開を読むのに役立つヒントやノウハウ、
他にはないお役立ち情報を配信しますので、
良かったら読者登録しておいて下さい。
無料ですので。

http://www.mag2.com/m/0000237941.htm

私の株価分析ソフト「卑弥呼の決断」による今日の市場判断

私の株価分析ソフト「卑弥呼の決断」による市場判断。

今日の「卑弥呼のお告げ」は以下のようになりました。

「お告げ」指数は昨日の72ポイントから65ポイントに下落したため、

昨日よりは安全度が下がりました。

############################################################...

ソフトが答えを出してくれる。

...

私が開発した株価分析ソフト「卑弥呼の決断」を、

当サイトの読者にも解禁します。

利用希望の方は、次の要領でお申し込み下さい。

http://kabu-rich.com/himiko.htm

############################################################...

私が開発した株価分析ソフト「卑弥呼の決断」は、

これまでラジオ日経の番組だけで紹介してきました。

しかし、私のブログやメルマガ、ツイッターなどの読者にも
解禁して欲しいとのご要望が多数でした。

そのご期待にこたえたい気持はあるものの、
そのためのスタッフを新たに揃える必要があるため、
解禁は控えてきました。

しかし今年になって、ようやく対応可能となったため、
解禁します。


利用ご希望の方は、ソフトの内容、
利用システムなどの説明をよくお読みの上お申し込み下さい。


なお当サイトを見てサンプル(卑弥呼の資料)を希望される場合は、
必ず「サイトを読んで申し込みます」とお申し出下さい。


そうすればサンプル(卑弥呼の資料)ととに、
私が毎週発行している

北浜の株式投資週報

1回分を特別にお送りします。

■株価分析ソフト「卑弥呼の決断」
についてもっと詳しく知る。

http://kabu-rich.com/himiko.htm


なお6月21日(水)のラジオ日経「北浜の株式宅配便」では、
「卑弥呼の決断」の銘柄選択機能、
「谷のお告げ」で4月17日に「谷のお告げ」でセレクトされた銘柄、
若築建設株がその後どう推移したか、
チャートで詳細に説明しました。

4月17日に買いサインが出て、
翌日の寄付き140円で投資した場合、
その後6月2日には173円の高値があったと。

そこで売っていたとすると上昇幅は33円。
1000株投資なら33000円の利益が出た計算です。

これはあくまでも計算上であり、
実際には最高値では売れないでしょうから、
その場合160円前後で売るとしても、
20000円前後の利益が出ることになります。

14万円の投資でこれだけの成果なら素晴らしいのではないでしょうか。
10000株購入、140万円投資していたら利益20万円にはなるのですし。


 

どんな株がどんなところで買いサインが出て、
それに従って投資した場合、株価はどんなふうに動き、
売り場はどこか、そしてどの程度も儲かるか、
興味ある方は以下をご覧ください。


答えが分かります。

http://blog.livedoor.jp/ssschool/


その上で株価分析ソフト「卑弥呼の決断」に興味がありましたら、

http://kabu-rich.com/himiko.htm

をご覧の上、証券スクール・オブ・ビジネスに資料送れとお申し込みください。

直接証券スクール・オブ・ビジネスに電話で申し込みも可能です。

TEL03−3589−2481

電話の場合も必ず、必ず「サイトを読んで申し込みます」とお申し出下さい。
そうすればサンプル(卑弥呼の資料)ととに、
私が毎週発行している

北浜の株式投資週報

1回分を特別にお送りします。


「サイトを読んで申し込みます」がなければ、
送れないので忘れずにお教えください。



私の株価分析ソフト「卑弥呼の決断」、昨日の「お告げ」紹介。

今週の東京スポーツ株欄「北浜のひらめき銘柄」、少々苦戦です。



今週の東京スポーツ株欄「北浜のひらめき銘柄」、

26日寄付き3480円、
その後3565円の高値があって、

今日は3405円。

一時3330円まで突っ込んで3405円に戻りました。

いまのところ26日の寄付きに届いておらず残念。

チャート的には目先の底にタッチしたので明日以降反発期待です。

なお先週のひらめき銘柄スタジオアタオは、
19日寄付き5150円。
その後5880円の高値であって、
今日は5630円の引け。

短期上昇で利益確定売りが出たといえます。
それでも取り上げた時よりはかなり上にあり、
いまは軽く一息入れつつある状況といえそうです。


株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります

北浜式「株リッチ投資法」、3つのキモ。再録。

今日、株の投資法についてネットをあちこち見ていたら、

自分が過去に書いたものが出てきました。

いまもホームページに掲載されているものですが、

このブログには書いたことがないので、
再録しておきます。

−−−−−−−−−−−ここから−−−−−−−−−−

北浜式「株リッチ投資法」。3つのキモ。

■1つ目のキモ。

EPS(1株利益)を重視

1株利益とは、企業が発行している株の1株当りの利益を表す数値です。
純利益を発行株式数で割って求め、これが株式投資の基本的な数値になります。

なぜ1株利益が重要なのか。
1株利益は文字通りに一株の価値を示すからです。
それが
前々年度、前年度、本年度、来年度予想と比較し、
毎年順調に増え続けているな
ら経営上問題のない企業ということになります。
1株の価値が上がりつづけているわけですから。

ではどれだけ増えればいいのか。
増えれば増えるほど好ましいのですが、通常は10%は増えて欲しいところです。
30%とか、2倍なればいうことありません。
しかも増え具合はこれまでの実績ではなく、今後増えること、つまり増える予想であること、
これが大事です。

しかし残念ながらこれだけでは不十分です。
もう一つ重要なのが営業利益です。
営業利益とは本業でいく
ら儲けたかを示す数値。
これが増えていればいるほど、本業が好調であることを意味しています。
そしてそれが増える予想であれば本業がさらに好調になることを意味することになります。


以上より、
1株利益と営業利益が増加予想あること、
この条件を満たす銘柄が上がりやすいことになります。
銘柄を選ぶ場合、ぜひこの点を忘れないようにしたいものです。
簡単なことなのに、多くの投資家が重視していないので成果が上がりやすいのです。

さて日々多くの銘柄が上がっています。
うまく流れ、銘柄に乗れていますか。
こんな時でも基本重視を忘れないようにしましょう。

大事なことはしっかり押さえねばなりません。
大事なこととは、私の投資法ではEPS(1株利益)
そのプラス変化率が大きければ大きいほど株は上がりやすくなります。

株はシンプルな原理で動いているのですから、まずは基本作業の実行です。
それがおろそかでは成果は上がりにくくなってしまいます。
現実に多くの銘柄がどんどん高値を追っているはずです。
それと無縁。
これではもったいない限りです。
あまり難しいことをせず、ぜひぜひシンプルに基本の徹底を。

デイトの人やスイング以外の人で、
『会社四季報』なんか、
1株利益なんか・・というのではあまりに株を軽視しています。
初心の人の場合、10年は早過ぎます。

新聞に発表された決算欄の利用法について。
業績のチェックは、
まず今期の1株利益が前期に対して増えるかどうかが問題です。
1株利益は企業が発行している1株でどれだけの利益を出しているかを示す数値。
それだけに企業にとっては基本になるため、株式投資では最重要のデータになります。
そこで銘柄選びの基本は1株利益が増える見込の銘柄を選出し、
増えなければカットします。

増えない銘柄でも上がることはありますが、初心段階では基本重視で行くべきで
それに従いカットしてしまいます。
その上で、売上、経常利益、利益などもチェック、
それらも増加予想であることが大事です。
ただ売上は必ずしも増えなくても構いませんが、増えるに越したことはありません。
なお新聞には前々期(2000年3月)からのデータが載っていて、
前期(2001年3月)とも比較出来るようになっていますが、
さほど意味はありません。

ともかく大事なのは前期に対して今期(2002年3月)がどうなるかです。
数字が増えることが不可欠であり、そうでない銘柄は好きな銘柄でも除外してしまうことです
(まあ、どうしても入れたいなら1つ、2つ入っても構わないでしょうが)
以上のような観点から自分の予算に合わせて
10銘柄〜30銘柄ぐらいリストアップしたいものです。

決算発表の見方は前回書きましたが、補足があります。
通常、新聞に発表される決算発表には「営業利益」が抜けています。
新聞は「経常利益」重視だからです。
しかし私の見方では「営業利益」の方が重要です。
営業利益は本業の収益を示すからです。
そしてそれが前期に比べて増加予想銘柄の上昇確率が高くなります。
ところがそれが決算発表にはないわけですから問題です。

どうするか。
『会社四季報』
これを使います。同誌の業績欄には営業利益が出ているのです(『会社情報』には載っていません)
ただ現時点では現在発表された決算の数字に見合うものではありません。
現在われわれが使ってる『四季報』は3月中旬に発売されたもので
今回の決算発表に対応していないからです。

しかし大体の予想は可能です。現在の売上、経常利益、利益などの数値と
照らし合わせることで営業利益がどうなるのか
大体の予測が可能です。
そしてその数値が前期に対して増加見込みなら、
その株は上昇要因を持っていることになり、有望度が高くなります。
新聞の業績欄と『四季報』の営業利益欄の数値、
これらをセットで見ることで投資成果も上がりやすくなります。

決算発表欄は日々チェックが必要です。
方法としてはこれまで説明して来たように業績向上銘柄を選ぶわけですが
その際、選んだ銘柄に○印をつけるなど、
マーカーなどで印をつけて分かりやすいようにしておきます。
そして決算が載っている欄は、新聞のそのページを
丸ごと切り取り(破り取るのが簡単)保存します。

決算が発表されているページだけ残すのですからそんなにかさばりません。
そして最低限、6月中旬に『会社四季報』『会社情報』が発売されるまでは
保存しておきます。
両書には企業が発表した数字が載っているため
(『四季報』は独自予想をするため違うこともある)
それが全部まとめて載るわけで、それまで保存しておけば通常は十分です。

■北浜式「株リッチ投資法」 2つ目のキモ

本間宗久開眼「非風非幡」の教え


私の投資手法の基本は前述したようにEPS(1株利益)重視であり、
EPS投資法とか、1株利益投資法と呼ぶべきものですが、
実はもう一つ大事なことがあります。
投資家心理を大事にする考え方で、

「非風非幡」投資法

です。「ひふうひばん」投資法と読みます。
「非風非幡」とは何か。
話せば長くなるのでポイントだけを紹介します。

日本の相場の神様といえば、本間宗久です。
それでも常に相場が勝てたわけではなく、
大敗北したこともあり、
そのとき、出会ったことばが、
「非風非幡」とされています。
そのことばを借りているのが私の「非風非幡」投資法になります。

では「非風非幡」とはどういう意味か。
株価が動くのは風ではなく、幡でもなく、人の心による。
つまり、風=材料、幡=企業の業績などだけでなく、
人の心が動かしている。
大事なのは、事実よりも市場参加者たちの認識である。
こういう意味が込められているのです。 

■北浜式「株リッチ投資法」 3つ目のキモ。

「予測の限界」を知れ

私の株式投資に対する理論的根拠を紹介しておきます。
昔から株式投資をしてきたわけですが、それは残念ながら理論を欠くものでした。
ところが1990年、バブルが崩壊しはじめた局面において、
それを予測出来なかったことでとまどっていた時、
一冊の本に出会ったのです。

塩沢由典氏の「市場の秩序学」(筑摩書房刊)です。
これは株式投資とはまったく関係のない、経済における複雑系に関する本で、同書によって私ははじめて、
ハーバート・A・サイモンという学者が不確実性について、なぜ不確実なのかを次のように分析してくれていることを知ったのです。
サイモン教授によると人間には、

(1)視野の限界、
(2)合理性の限界、
(3)働きかけの限界、

この3つの限界があるため、未来を予測出来ないというのです。
そのために何が必要か。

満足原理だというのです。

この理論についてさらに突っ込んで解説する塩沢氏の本が、
97年に刊行されました。

「複雑さの帰結」(NTT出版)です。

複雑化した社会で人間がより幸福であり続けるための帰結として、
満足原理に基づく選択、決断の有効性を論ずる内容であり、
それは私が以前から単に直感や経験則に基づいて実行しながらも、理論的な根拠が不十分だった投資に対する考え方、手法をしっかりと支えてくれる柱になり、現在に至っています。

なお3つの限界を私は、

(1)五感の限界
(2)判断力の限界
(3)行動力の限界

このように言い換えていますが、内容は塩沢教授が紹介しているサイモン教授の考えと同じです。

では以上のような考え方が株式投資にどう関わるのか。
未来の予測は正しく出来ないがゆえに、

 分散分割投資が必要
 株価が上昇したらほどほどのところで満足して売る

勝ち残るにはこの分かりきったことの真剣で徹底的な実行が不可欠になります。

以上のような考え方は古く、しかも当たり前過ぎるように見えるかもしれません。
でもデイトレードの成功者たちがなぜ成功しているかを考えれば、
このような考え方が決して古くはないどころか、もっとも新しいとさえ言えるのです。
彼ら自身はこのことに気付いているのかどうか分からないものの、彼らが一日、もしくは数日で実行しているのはこの考えの具体化だからです。デイトレードやスイングトレード自体もこの考え方が根底にあることになります。

そして大事なのは、通常投資でもこの理論が非常に役立つことです。
以上をまとめると、ポイントは以下のようになります。

北浜式「株リッチ投資法」の7大自戒

(1)1株利益・営業利益・売上増予想銘柄を選ぶ
(2)上昇トレンド銘柄に乗る
(3)好材料に飛びつくな。飛びつく魚は釣られる
(4)追いかけ買いをせず、押し目を待ち、反発の兆しを確認してから買う
(5)銘柄分散だけでなく時間分散を行なう
(6)株価上昇で嬉しくなったら売り準備に入り、とても嬉しくなったら売る
(7)見込み外れは−8%までに切る(5%以内が望ましい)。評価益の20%が消えかけたら売る


株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

主力株中心に買い戻し盛んに。

[6月29日朝刊

NYダウ、NASDAQともに反発
アップルなど人気IT関連株の買い戻し盛んに
東京市場、米国市場高へ連動へ
主力株中心に見直し買い

NYダウ143・95ドル高、NASDAQ87・95ポイント高。
28日の米株式市場で両市場はともに反発、特にNYダウは大幅高となった。
前日売られたことで見直し買いが入ったと見てよい。
特にそれが健著たったのはアップルなどのIT関連株。
それだけではなくキャタピラー、ウォルト・ディズニー、インテル、ビザなどの人気銘柄にもそれが見られた。

以上のような動きを受けて今日の東京市場はどうか。
いまは適度な押しを入れながらの回復相場。
これが基調であり、今日はそれがプラス方向の動きになるだろう。
NYダウが大幅高しているのにそれを無視して下げるというのは考えにくいからだ。
それに円も対ドルで112円台前半で推移している。
これならトヨタ自動車、ソニー、ソフトバンク、さらにはコマツなどが買われやすく、
全体に堅調な展開が見込める。
昨日売られた中小型株は銘柄差が大きく、全体に戻るとは言いきれないが、
主力株の反発に引っ張られて戻る銘柄が多くなるとはいえます。


株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10500人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除

おはようございます。見直し買いが入りやすい一日になりそうだ。

  1. おはようございます。どんな上昇相場もまったく休みなく上昇することはまずありません。この点からは日経平均の現在の値動きは望ましい形。中小型株もこのところ高値波乱、昨日は大きく下げた銘柄もありましたが、今日は早速買い直されそうです。「成長株で自分年金作り」真剣に取組みたいですね。
    1.           
    1. NY株式ダウ:21454.61ドル +143.95 (+0.68%)(2営業日ぶり反発)ナスダック:6234.41ポイント +87.79 (+1.43%)(3営業日ぶり反発)S&P総合500種:2440.69 +21.31(+0.88%)(2営業日ぶり反発)
    1.                       
    1. CME225:20245円(大証先物比 +105円)大証先物日中終値 20140円CME225円建て:20210円(大証先物比 +70円)大証先物(5:30現在)20220円(日中比 +80円)日経平均(ドル建て)179.50 -1.68(6/28)
    1.           
    1. 米国長期金利(米10年国債)2.2230% +0.0250 +1.14%為替 ドル/円:1ドル=112.284円 ユーロ/円:1ユーロ=127.743円(シカゴ先物市場 円・建玉 6/20 29週連続ショート(売り越し 49959)(前週比-594 2週連続売り残減少))
    1.                       
    1. 29日の株式相場見通し=米株高を好感し買い先行も上値重い展開に
    1.           
    1. 【株式投資名言】トレーダーが立て続けに損を出すのは自己欺瞞が達者なためでもある。自分がどこでどう間違ったかを知るのが怖いのだ。私がブレイクイーブン(損益がとんとん)のトレーダーから堅実に稼ぐトレーダーへと変身したのは、取引を一件ずつ精密に分析した結果なのだ。(ゲイリー・スミス)
    1.           
    1. 熟達の境地実践で株価チャートを読むとは、基本的なチャートであるローソク足、移動平均線(従ってグランビルの法則)、出来高を三位一体で瞬時に読むということです。出典:秋津学【株価チャート練習帳 スイング&デイトレ編】
    1.                       
    1. 【株式投資名言】うまくやるためには技術と強みを持つ必要があるけど、さらに重要なのがマネー・マネジメント(資金管理)です。重要なのは損失管理なんです。(マーク・ミネルヴィニ)
    1.           
    1. 今日みたいに地合いが悪い日に安い!追加したい!って思えないとこはそもそも持ってちゃダメ
    1.           
    1. 【私は重要な発表の前には多くの資金をリスクに晒すようなことはしない。それはトレードではなくギャンブルだからだ】ポール・チューダー・ジョーンズ

      株式投資のブログランキングに参加しています。
       お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

      人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

    日経ラジオ「北浜の株式宅配便」、今日も冗談多めでした。


    今日はラジオ日経「北浜の株式宅配便」出演日。

    当然「株が上がるぞ水曜日」を祈念したものの、
    結果は「株は買い準備だぞ水曜日」に。

    番組で先週取り上げた注目銘柄は22日寄付き2450円。

    昨日2539円の高値があって今日は2289円の引け。

    今日はさすがに失速したものの、
    勝負はこれからです。


    それにしても、いま振り返ると、

    番組は今日も盛り上がり過ぎになってしまいました。

    私がつい調子に乗ってしまい、

    最近社会問題化した女性国会議員(秘書に暴力を振るったあの議員さんです)を、
    真似た口調になったりして、
    日経平均の下落に対する悲観が吹き飛ぶような、
    しょっ中笑いが弾ける番組になりました。

    次回は引き締め気味に話そうと思っています。
    毎回こう決心しながら、大抵忘れてしまうのですが・・・。(笑)

    米グーグルへの制裁金で、東京市場の中小型株がとばっちり安。

    今日の東京市場、日経平均は94円の下落。

    それでも下落率は0・47%ですんだが、

    ジャスダック1・26%の下落、

    マザーズ2・60%の下落、

    と新興市場が高値波乱の動きに。

    ともに下げ始めて4日(厳密にはジャスダックは下落2日目)しかたっておらず、
    目先すぐには落ち着きそうにありません。

    もちろん早期反発を期待してはいますが。

    では、主力株はどうだったか。

    トヨタ自動車28円高(0・48%高)

    ソニー21円安(0・48%高)

    ソフトバンク54円安(0・58%安)

    とまちまちで、総じて弱かったといえます。

    ただ三菱商事は42円高(1・83%高)ととなったのは、
    原油先物価格が下げなかったことで、今後は次第に回復に向かうだろう、
    との見方から買い直されたと見てよさそうです。

    個別に見るとこのように上昇した銘柄ももちろんありますが、
    総じて弱かった要因として考えられるのは、
    欧州連合(EU)の欧州委員会がEU競争法(独占禁止法)に違反したとしてインターネット検索大手の米グーグル(持ち株会社はアルファベット)に制裁金を課すと発表したことが響いたといえそうです。

    ダントツ人気のグーグルに制裁金を課すというのですから、
    IT分野のシンボル的企業だけに、同社と直接関係はなくても、
    新興銘柄というだけで売られてしまったのです。

    もちろんその影響がいつまでも続くことはまずありません。
    市場は常に非常に忘れっぽいからで、
    早ければ明日にはもう忘れて、新たなことに関心を移してしまうことだってあり得ます。

    指に1センチの傷を負った場合、明日は治っている。
    こういうことはまずありません。
    しかし株式市場は今日市場全体を大幅安させる悪材料に見舞われても、
    明日はそのことがまったく問題になることなく急反発する。

    こんなことはしょっ中であり、
    グーグルへの制裁金問題も急速に負の影響力を失う。
    こう見ています。

    そこで、「成長株で自分年金作り」の投資なら、
    ここでの対処法としては、

    売り込まれた中小型株の下げ止まりを待つ。
    まずはこれであり、次に回復の兆候が見えるのを待つ。
    こうしたいですね。


    株式投資のブログランキングに参加しています。
     お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

    人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

    スター株はデンジャラス

    「成長株で自分年金作り。悠々人生」をサポートします。

    北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞、

    記事更新しました。

    ...

    今日の動きを踏まえ、
    明日の展開を読むのに役立つヒントやノウハウ、
    他にはないお役立ち情報を配信しますので、
    良かったら読者登録しておいて下さい。
    無料ですので。

    http://www.mag2.com/m/0000237941.htm

    画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
    成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。
    北浜の無料メルマガ。成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
    ■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
    スポンサードリンク
    スポンサードリンク
    カテゴリ
    QRコード
    QRコード
    Amazonライブリンク
    Profile


    ■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
    北浜流一郎 プロフィールはこちらです
    携帯でも読める有料メルマガです。


    ■北浜の無料メールマガジン
    ■ブログの約束
    「資金倍増」を毎日サポートします
    ■リンクフリーです
    ■当ブログはリンクフリーです。
    当方に連絡も不要です。
    お互い仕事がある身です。
    よけいな手間、気遣いは無用です。
    自由にご利用下さい。
    ■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
    Yahoo! JAPAN
    Archives
    Amazonライブリンク
    キャンペーン!!


    Amazonライブリンク
    • ライブドアブログ