リバウンド株投資法で逆転勝ち ! 億への近道塾

株で1億円作り。達成するには大別して2つの方法があります。1つはデイトレなどの超短期投資によるもの。もう1つは数週間〜数カ月、銘柄によっては数年をかける中長期投資によるものです。私が詳しいのは後者。当ブログでは兼業で1億円達成を目指す、しかもこれまでの苦戦を逆転したい。こんな希望を持つ個人投資家に、多数の儲かる投資家を養成してきた実績を持つ私(北浜)が、株で稼ぎ続け悠々人生を楽しむのに欠かせないノウハウや最新情報を紹介します。ヤフーカテゴリ登録承認ブログ。リンクは自由に可です。

2018年04月

私の3大有料メルマガ、5月1日(火)ご講読募集再開します。ご希望の方はいますぐご予約ください。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、屋外


ところで、

「株で作ろ1億円」、順調ですか。

残念ながら思わしい成果が上がっていない。

こんな方がおられたら、
私から提言です。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

北浜の3大有料メルマガ、
5月1日(火)からご講読募集再開します。

講読希望の方はしばらくお待ち下さい。
(ご予約はいまでも出来ます)

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株で稼ぎ続けるために、
ここは取り敢えず資金倍増を目指して真剣に株に取り組みませんか。

そのためには私の3大有料メルマガがお役に立ちます。

で、まず紹介したいのは、もっとも歴史の古いメルマガからです。

#################################################
■株リッチ進化大学コース・有料メルマガ紹介
◎北浜流一郎の株リッチ進化大学★「損小利大」投資法で永続収入
http://www.mag2.com/m/0001093203.html
#################################################

まぐまぐ版 最新号は4月23日(月)配信、
次回は5月1日(火)配信します。

⇒株リッチ進化大学★サンプル号を見る
メルマガでは毎回、信長銘柄・秀吉銘柄・家康銘柄の紹介があり、
買い適切ゾーン、撤退価格を表示しています。

http://www.mag2.com/m/0001093203.html

ところで有料メルマガ、

北浜流一郎の株リッチ進化大学★「損小利大」投資法で永続収入
http://www.mag2.com/m/0001093203.html

をはじめ、サンプルが数年前のものになっていたため、
新しいものに変更しました。

今年の新年度相場がスタートした17年4月3日発行のメルマガです。
かなり長いので、時間のない人はパスして下さい。

http://www.mag2.com/m/0001093203.html

(サンプルといっても、サンプル用として制作したものではなく、
実際に過去に配信した実物です)

#################################################
■着実資産増をサポート、新興市場銘柄中心の希少有料メルマガ
◎北浜流一郎の鎌倉隠れ家オフィス特報
  新興市場銘柄で株リッチ
http://foomii.com/00068
#################################################

最新号は4月26日(木)配信、次回号は5月3日(木)配信します。

http://foomii.com/00068
⇒短縮URL:http://goo.gl/5kBRw

このメルマガは毎週木曜日昼頃の配信です。
ジャスダック、マザーズ、EFF、J−REIT、
そして東証2部市場から有望銘柄を発掘紹介しています。
つまりイキのよい中小型株を専門に紹介するメルマガとお考えください。

詳しくはぜひサンプルをご覧ください。

http://foomii.com/00068

#################################################
■逆転投資術コース・有料メルマガ紹介
◎北浜流一郎の逆転投資術!金泉銘柄で道は開らける
http://foomii.com/00005/
#################################################

メルマガでは毎週月・水・金曜日に注目の「金泉3銘柄」を紹介。
各銘柄には投資に適した水準、撤退価格などを明示してあります。

最新号4月27日(金)配信、次回号は5月2日(火)配信します。
http://foomii.com/00005/

なお支払いは従来のクレジットカードに加え、銀行振込も出来るようになりました。
ご自分のご都合に合わせてお選びください。

「株で作ろ1億円」、株式投資でもっとも難しいのは「早めの損切り」ですよね?

今日は本来ならラジオ番組の出演があったのですが、
GWでお休み。
東京スポーツの株欄「北浜のひらめき銘柄」も休載なので、
少々調子抜けの感じしてます。(笑)

■株で作ろ1億円!

株式投資でもっとも大事なことはなにか?

こう聞かれたら、あなたはどう答えます?

私は、経験上、

  早めの年切り

こう答えます。

もちろん損しないように投資できれば、

早めの損切り、など不必要です。

しかし株式見込み違い、
それによる損失は付き物です。

そのため投資と損とは不即不離の関係にある、
とまで言えるほどです。

ところが多くの投資家さんと接した限りでは、
損をすることを強い意識し過ぎている方が多すぎます。

中には株式投資で損して奥さんにもう二度と投資しないよう、
誓わされたという方もおられました。

後者は極端なケースとしても、
株式投資では損を出してはならない。
こんな考えで投資に取り組んでいる人が多数だろうと思います。

しかし実際の投資では、前述したように損は付き物です。
そしてそれでよいのです。

ただ問題は、損を拡大させない。
これが非常に大事になります。

損はあって当然であり、
それは避けられないものではあるけど、

拡大させてはならない。


こういうことです。
損が出るのは投資環境の変化や、
銘柄個々の理由によるものなので避けがたいのですが、


損を拡大させるか、小さなうちに処理してしまうか(損切りするか)は、
投資家個々の考え次第です。

つまり損を小さなうちに切ってしまうことは可能なので、
自分の「損は早めに切る」を断行すればよいことになります。

早めとはどれくらいか。

私がお勧めしているのは5〜8%です。


波乱に強い二刀流投資法が分かる有料メルマガ「リスクヘッジ投資法の極意」5月1日(火)募集再開。ご予約ください。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然

まずはGW前半が終わり、

明日からはいよいよ5月相場。

4月が期待&予想通りの展開だったので、

5月はそれが加速されそうな予感しています。

■株で作ろ1億円!

ここはぜひその波に乗っていきたいですね。

しかし株式市場は一寸先は闇の世界。
いつ何時、思い掛けないことが起きて、
予想と反する動きになるか分かりません。

そこで私が以前から実行し、
お勧めもしているのが「買い」だけではなく、
株価が下げる方にかける「空売り」もする、

二刀流投資です。

そんなことが出来るのか。

もちろん出来ます。

しかし大事なのは有効性。

それを一人でも多くの人に知ってもらい
投資の安全度を高めるとともに、
利益を着実に積み上げて欲しい。

こんな思いから私が2カ月前から配信を開始したのが、

『リスクヘッジ投資法の究極』です。

といっても、米国では特別なやり方ではないのです。

ヘッジファンドが採用しているごく普通の
投資法なのですが、

日本ではほとんど馴染みがなく、
前述したように実行者も少なく、

それを詳細に教えてくれるところもない。

こんな情況にあります。

私は以前から実行していますので、
株式市場の急落、
暴落に大慌てしている投資家が多いのに改めて気づき、

この方法を使っている人が少ないからだ、

こんな考えから、
有料メルマガの形で利用者を増やす計画を
実行し始めたところです。

幸い予想以上に多くの方の賛同が得られ、
執筆に力が入っていますが、
早くも発行して2カ月が過ぎ、
週明け1日には、3カ月目に入ります。

新規に講読を希望される方は、
ぜひお申し込みください。

なお「リスクヘッジ投資法」とは、

そもそもどんなものなのか。

以下にアウトラインを述べておきましたので、

ご覧ください。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

私が久しぶりに創刊した有料メルマガ、、

  リスクヘッジ投資法の極意

5月1日(火)募集再開します。

講読希望の方は、良かったらご予約ください。

http://foomii.com/00119

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

安全重視ながら、成果は大きい。

こんな投資法に関心がある方は、
ぜひご覧下さい。

では、一体、

  北浜流一郎の株で儲かり続ける新次元への旅立ち

  リスクヘッジ投資法の極意

はどんな内容なのか。

もちろんリスクを防御する投資法になりますが、
単なる投資法ではなく、
初期のヘッジファンドが行なっていた、

ロング・ショート投資法ということになります。、

米国では昔から利用されている手法ですが、
日本ではヘッジファンドという呼び方に
アレルギーがあるようで、

肝心の手法に目を向けることも、
そして利用されることもほんどなし
になっているのが現実です。

しかし本当にその手法を理解し、
投資に活かすなら、
資金を安全に増やせるようになるのです。

もちろん100%ではなく、
リスクもありますので、
そのメリットを活かすにはリスクも知る必要があります。

そこで私の有料メルマガは、
これらの点を一から知っていただき、
実際の投資に活かして勝利体験を重ねてもらう。

こんな目的で創刊したものであり、
すでに想定以上の方々にご講読いただいています。、

それにしても今回の新有料メルマガのテーマがなぜ、

リスクヘッジ投資法

なのか、
改めて紹介させていただきますと、

波乱続き、世界一対応しにくい東京市場で、

生き残るばかりか、
資金を増やすという、

簡単には実現できないことを、
一人でも多くの投資家に、
一日も早くマスターし、
収益を安定的に上げ続けていただきたい。

まずはこんな思いがあり、
加えてもう一つあります。

前述したように日本ではほとんど無視されている
この優れたノウハウを、
なるべく多くの投資家に知っておいてもらたい。

たとえば、自分の妻子や孫をはじめ、
友人、知人たちに伝えて資金増に役立ててもらう。
老後不安など自分たちには関係ない。
こうなってもらえれば最高。

こんな思いもあって発信しています。

まだ申し込んでいない、
こういう方は、説明やサンプル版をよくお読みになり、
良さそうだとの判断になりましたら、
いますぐお申し込み下さい。

http://foomii.com/00119

ただ、当メルマガは、
はっきり言って、少々特殊です。

なにしろ、「売り」と「買い」の両方で市場に立ち向かうという点で、

武士なら、二刀流投資法であり、

野球なら大谷選手流でもありますので。

そのため日本に他に紹介する本がまだありません。
書店に行けば、数えきれないほど多種多様の株本があるものの、
その中にはもちろん、
アマゾンでも販売されていないのです。

分厚いヘッジファンド関連の書籍の中に、
一部紹介されたりはしていますが、
詳しく売買のやり方を説明してくれてはいません。

しかし前述しましたように、
投資手法としては非常に有効で、

現在のような超波乱、
もう目茶苦茶相場と呼びたいほどの日々があっても、

運用成績はマイナスが少ないどころか、
プラスも十分あり得るのです。

そして何より素晴らしのは、日々慌てることなく、
仕事があればそれをこなしながら、
余裕で投資できます。

ところが通常ほとんどの投資家は、

実際は大事な資金を無防備に市場に投じている。

こうなっていて、
実質的には市場に資金を放置した格好のため、
市場に翻弄されているのが実際です。

これでは仕事どころではありませんし、
遊びに出かけても落ち着いていられません。

そして挙げ句の果てには、
市場に資金をどんどん奪われかねません。

しかも恐ろしいことに、
資金が多ければ多いほど、
投資経験が長ければ長いほど。

多くを奪われてしまう。

こんな状況にどう対応したらよいのか。

自分の大事な資金はどうすれば守れるのか。

この切実な疑問、不安に答える。

新メルマガは、こんな意図から創刊したものです。

改めて書くまでもなく、投資する以上は、
資金を安全に、しかも増やさねばなりません。

家族を養っているなら、
株式投資する以上は、
絶対損より儲けが大きくなければならないのです。

しかし市場があまりに乱調でそれが難しいとするなら、
どうすればよいのか。

新創刊した有料メルマガでは、
私が実践し、よく知っている答えを紹介します。

最後に繰り返しになりすが、
新メルマガで紹介する投資法は、
国内では解説書もなければ、
実行者がいるのかいないのかもよく分かりません。
(少数はおられるようです)

それだけマイナーとも言えますが、
実行することで波乱続きだろうが、凪状態であろうが、
株で稼ぎ続けられるようになる投資法となりますので、
よかったら、ぜひあなたもご講読ください。

そう、そう。

忘れるところでした。
この投資法を使って稼ぎ続けるためには、

信用取引の口座を開設している。

これが不可欠になりますので、
信用取引口座のない方は、
口座を開いてからご講読ください。

もちろんいまは口座はないが、
そのうち開設するので、
いまは勉強だけでもしておきたい。

こういう方でも構いません。

それにもう一つ。

資金は多いに越したことはなく、
3000万円でも1億円でも構いませんが、
300万円〜500万円ほどの資金で投資をしている。
こんな読者を想定して記事を書き進めていきます。

そして発行は時間を少しゆるくしてもらい、

毎週1回、週前半(月〜水)、それも昼前後の配信になります。

価格は9800円(消費税含む)です。

サンプル版を用意しましたので

(実際の配信とは少し違うこともあり得ますが、
基本は変わりません)、

ぜひご覧の上、良かったらご講読申し込み下さい。
以下から読めます。

http://foomii.com/00119

私の3大有料メルマガ、5月1日(火)募集再開です。講読希望の方はしばらくお待ちください。ご予約はいまでも可です。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然、水

ところで、

「株で作ろ1億円」、順調ですか。

残念ながら思わしい成果が上がっていない。

こんな方がおられたら、
私から提言です。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

北浜の3大有料メルマガ、
5月1日(火)からご講読募集再開します。

講読希望の方はしばらくお待ち下さい。
(ご予約はいまでも出来ます)

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株で稼ぎ続けるために、
ここは取り敢えず資金倍増を目指して真剣に株に取り組みませんか。

そのためには私の3大有料メルマガがお役に立ちます。

で、まず紹介したいのは、もっとも歴史の古いメルマガからです。

#################################################
■株リッチ進化大学コース・有料メルマガ紹介
◎北浜流一郎の株リッチ進化大学★「損小利大」投資法で永続収入
http://www.mag2.com/m/0001093203.html
#################################################

まぐまぐ版 最新号は4月23日(月)配信、
次回は5月1日(火)配信します。

⇒株リッチ進化大学★サンプル号を見る
メルマガでは毎回、信長銘柄・秀吉銘柄・家康銘柄の紹介があり、
買い適切ゾーン、撤退価格を表示しています。

http://www.mag2.com/m/0001093203.html

ところで有料メルマガ、

北浜流一郎の株リッチ進化大学★「損小利大」投資法で永続収入
http://www.mag2.com/m/0001093203.html

をはじめ、サンプルが数年前のものになっていたため、
新しいものに変更しました。

今年の新年度相場がスタートした17年4月3日発行のメルマガです。
かなり長いので、時間のない人はパスして下さい。

http://www.mag2.com/m/0001093203.html

(サンプルといっても、サンプル用として制作したものではなく、
実際に過去に配信した実物です)

#################################################
■着実資産増をサポート、新興市場銘柄中心の希少有料メルマガ
◎北浜流一郎の鎌倉隠れ家オフィス特報
  新興市場銘柄で株リッチ
http://foomii.com/00068
#################################################

最新号は4月26日(木)配信、次回号は5月3日(木)配信します。

http://foomii.com/00068
⇒短縮URL:http://goo.gl/5kBRw

このメルマガは毎週木曜日昼頃の配信です。
ジャスダック、マザーズ、EFF、J−REIT、
そして東証2部市場から有望銘柄を発掘紹介しています。
つまりイキのよい中小型株を専門に紹介するメルマガとお考えください。

詳しくはぜひサンプルをご覧ください。

http://foomii.com/00068

#################################################
■逆転投資術コース・有料メルマガ紹介
◎北浜流一郎の逆転投資術!金泉銘柄で道は開らける
http://foomii.com/00005/
#################################################

メルマガでは毎週月・水・金曜日に注目の「金泉3銘柄」を紹介。
各銘柄には投資に適した水準、撤退価格などを明示してあります。

最新号4月27日(金)配信、次回号は5月2日(火)配信します。
http://foomii.com/00005/

なお支払いは従来のクレジットカードに加え、銀行振込も出来るようになりました。
ご自分のご都合に合わせてお選びください。

旅行に持って行きたい株本「成長株投資の公理」

GW、改めて考えてみると、
上手に過ごすには、結構苦労しそうですね。
私は前半、旅行にいくつもりですが、
後半はまったく未定です。あなたはどうですか。

■株で作ろ1億円!

どこでどう過ごすにしろ、
株関係の本を一冊は読みたいですね。

明日からの旅行には、今回は、

『成長株投資の公理』(ルイス・ナベリア著 パンローリング社刊)を、
持っていくつもりです。

この本は、タイトルで分かるように、
成長株投資をする際、最も大事な銘柄選びについて、
そのポイントを8つの法則にまとめて紹介してあります。

すでに読んだことはあるのですが、
完全に頭に入っているとはいえませんし、
再読することで新たに気付くこともあるに違いありません。

それに、文字が大きい。

これも旅行に持っていく理由の一つになります。

列車の中や、ホテルで寝ころがって読んだりするには、
文字が大きい方が読みやすいですからね。

旅行に持っていくには、文庫になっている投資関係の本がよい。
こんな考えの方もおられるでしょう。

視力に自信のある方には、私もそれをお勧めします。
荷物が軽くてすみますからね。

でも、文庫本の多くは文字が小さく読みにくいのが普通です。
そのためすぐに読む気を喪失、数ページ読んだだけで帰宅する。

こうなってしまうことが多いため、
私は本を旅行中に一冊は読了するという目的を果すには、
読みやすさを優先しています。

東京市場の4月相場は、月足チャートが4カ月ぶりに陽転しました。
5月も期待が持てるだけに、GW中に鋭気を養うためにも、
株関係の本を一冊は読みたいですね。

4月日経平均日足チャート、美しき上昇トレンド。

4月の日経平均日足チャート。

見事なほどの上昇トレンドを見せてくれました。

外国人投資家の日本株買い直しのお陰です。

 

有料メルマガ「リスクヘッジ投資法の極意」5月1日(火)募集再開。しばらくお待ちください。ご予約はいまでも可です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、クローズアップ

いよいよ明日から華のGWですね。

ご予定は?

4月の東京市場はネガティブ材料満載の中、順調展開。

5月も期待が持てるだけに、
GW中に鋭気を養っておきたいですね。

■株で1億円作ろ!

それにしても来週の東京市場、
相場が開くのは5月1日と2日の2日だけ。
あとはぜ〜んぶお休み。

世界中で、こんなに休みがぶっ続く市場って珍しく、
それだけリスクにさらされ続けることになるわけですが、
これはもういまに始まったことではないので、
いまさらあれこれ文句を言っても始まりません。

そこで私が対策として実行しているのが、
リスクヘッジ投資法です。

株式市場がいきなり思いがけない急落、暴落に見舞われても、
あわてふためいたりしなくてもよくしておくやり方であり、
何が起きた時だけでなり、
何も起きなくても、日々の波乱を乗り切るのにも非常に有効な投資法です。

実はこの投資法について私は、2カ月前から有料メルマガを発行しています。

このメルマガは、日本で唯一のリスクヘッジ投資を紹介するものであり、
「買い」と「売り」を同時進行で行なう、
いわゆる、

二刀流投資法

を体得していただくために発行しているものです。

といっても、米国では特別なやり方ではないのです。
ヘッジファンドが採用しているごく普通の投資法なのですが、
日本ではほとんど馴染みがなく、
実行者も少なく、
それを詳細に教えてくれるところもない。

こんな情況にあります。

私は以前から実行していますので、そんな状況を特に意識することはありませんでしたが、
株式市場の急落、暴落に大慌てしている投資家が多いのに改めて気づき、

この方法を使っている人が少ないからだ、

こんな思いから、有料メルマガの形で利用者を増やす計画を実行し始めたところです。

幸い予想以上に多くの方の賛同が得られ、
執筆に力が入っていますが、
早くも発行して2カ月が過ぎ、
週明け1日には、3カ月目に入ります。

新規に講読を希望される方は、ぜひおお申し込みください。

なお「リスクヘッジ投資法」とはそもそもどんなものなのか。
以下にアウトラインを述べておきました。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

私が久しぶりに創刊した有料メルマガ、、

  リスクヘッジ投資法の極意

4月1日(日)募集再開しました。
そして本日4月最初の号を配信しました。

講読希望の方は申し込みお急ぎください。

http://foomii.com/00119

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

安全重視ながら、成果は大きい。

こんな投資法に関心がある方は、
ぜひご覧下さい。

では、一体、

  北浜流一郎の株で儲かり続ける新次元への旅立ち

  リスクヘッジ投資法の極意

はどんな内容なのか。

もちろんリスクを防御する投資法になりますが、
単なる投資法ではなく、
初期のヘッジファンドが行なっていた、

ロング・ショート投資法ということになります。、

米国では昔から利用されている手法ですが、
日本ではヘッジファンドという呼び方にアレルギーがあるようで、
肝心の手法に目を向けることも、
そして利用されることもほんどなしになっているのが現実です。

しかし本当にその手法を理解し、
投資に活かすなら、
資金を安全に増やせるようになるのです。

もちろん100%ではなく、リスクもありますので、
そのメリットを活かすにはリスクも知る必要があります。

そこで私の有料メルマガは、
これらの点を一から知っていただき、
実際の投資に活かして勝利体験を重ねてもらう。

こんな目的で創刊したものであり、
すでに想定以上の方々にご講読いただいています。、

それにしても今回の新有料メルマガのテーマがなぜ、

リスクヘッジ投資法

なのか、
改めて紹介させていただきますと、

波乱続き、世界一対応しにくい東京市場で、

生き残るばかりか、
資金を増やすという、

簡単には実現できないことを、
一人でも多くの投資家に、
一日も早くマスターし、
収益を安定的に上げ続けていただきたい。

まずはこんな思いがあり、
加えてもう一つあります。

前述したように日本ではほとんど無視されているこの優れたノウハウを、
なるべく多くの投資家に知っておいてもらたい。

たとえば、自分の妻子や孫をはじめ、
友人、知人たちに伝えて資金増に役立ててもらう。
老後不安など自分たちには関係ない。
こうなってもらえれば最高。

こんな思いもあって発信しています。

まだ申し込んでいない、
こういう方は、説明やサンプル版をよくお読みになり、
良さそうだとの判断になりましたら、
いますぐお申し込み下さい。

http://foomii.com/00119

ただ、当メルマガは、
はっきり言って、少々特殊です。

なにしろ、「売り」と「買い」の両方で市場に立ち向かうという点で、

武士なら、二刀流投資法であり、

野球なら大谷選手流でもありますので。

そのため日本に他に紹介する本がまだありません。
書店に行けば、数えきれないほど多種多様の株本があるものの、
その中にはもちろん、
アマゾンでも販売されていないのです。

分厚いヘッジファンド関連の書籍の中に、
一部紹介されたりはしていますが、
詳しく売買のやり方を説明してくれてはいません。

しかし前述しましたように、
投資手法としては非常に有効で、
現在のような超波乱、もう目茶苦茶相場と呼びたいほどの日々があっても、
運用成績はマイナスが少ないどころか、プラスも十分あり得るのです。

そして何より素晴らしのは、日々慌てることなく、
仕事があればそれをこなしながら、余裕で投資できます。

ところが通常ほとんどの投資家は、

実際は大事な資金を無防備に市場に投じている。

こうなっていて、実質的には市場に資金を放置した格好のため、
市場に翻弄されているのが実際です。

これでは仕事どころではありませんし、
遊びに出かけても落ち着いていられません。

そして挙げ句の果てには市場に資金をどんどん奪われかねません。

しかも恐ろしいことに、
資金が多ければ多いほど、
投資経験が長ければ長いほど。

多くを奪われてしまう。

こんな状況にどう対応したらよいのか。

自分の大事な資金はどうすれば守れるのか。

この切実な疑問、不安に答える。

新メルマガは、こんな意図から創刊したものです。

改めて書くまでもなく、投資する以上は、
資金を安全に、しかも増やさねばなりません。

家族を養っているなら、
株式投資する以上は絶対損より儲けが大きくなければならないのです。

しかし市場があまりに乱調でそれが難しいとするなら、
どうすればよいのか。

新創刊した有料メルマガでは、
私が実践し、よく知っている答えを紹介します。

最後に繰り返しになりすが、
新メルマガで紹介する投資法は国内では解説書もなければ、
実行者がいるのかいないのかもよく分かりません。
(少数はおられるようです)

それだけマイナーとも言えますが、
実行することで波乱続きだろうが、凪状態であろうが、
株で稼ぎ続けられるようになる投資法となりますので、
よかったら、ぜひあなたもご講読ください。

そう、そう。

忘れるところでした。
この投資法を使って稼ぎ続けるためには、

信用取引の口座を開設している。

これが不可欠になりますので、
信用取引口座のない方は、
口座を開いてからご講読ください。

もちろんいまは口座はないが、
そのうち開設するので、
いまは勉強だけでもしておきたい。

こういう方でも構いません。

それにもう一つ。

資金は多いに越したことはなく、
3000万円でも1億円でも構いませんが、
300万円〜500万円ほどの資金で投資をしている。
こんな読者を想定して記事を書き進めていきます。

そして発行は時間を少しゆるくしてもらい、

毎週1回、週前半(月〜水)、それも昼前後の配信になります。

価格は9800円(消費税含む)です。

サンプル版を用意しましたので
(実際の配信とは少し違うこともあり得ますが、基本は変わりません)、
ぜひご覧の上、良かったらご講読申し込み下さい。
以下から読めます。

http://foomii.com/00119

「北浜厳選 7人のサムライ銘柄」明日27日(金)販売終了です。ご希望の方はお申し込みお急ぎ下さい。

久しぶりに著書を出版するため、
担当編集者さんと打ち上げをしていたら、

「先生、『北浜厳選 7人のサムライ銘柄』DVD5月号、
明日で販売終了ではなかったですか?」

こう言われて、あっ、そうだった。
早く事務所に戻って告知しなくては、

となった結果がこのメルマガです。

■株で1億円作ろ!

GWを控えていなければ、
いつものように週明けまで販売を続ける予定でした。

しかし今月は特別な月。

誠に勝手ながら明日27日(金)で、販売終了させていただきます。

お蔭様で今回も多く方にご購入いただき、
ありがとうございました。

幸い4月相場は前半は厳しいところもあるが、
後半上がる。

私はこれまでこう主張して来て、実際もそうなっているので喜ばしい限りですが、
指標が上がっただけでは意味がありません。

それに連動して、投資家さんの資金も増えてくれないことには意味なしです。

今回発売のDVDはこの点を考え、

市場分析はもちろん、
資金を安定的に伸ばすのに不可欠な投資ポイントの紹介に、
力を入れてあります。、、

そして大事なのは、

・外向き銘柄と内向き銘柄の違いです。

・当面は内向き銘柄の時代

と述べていて、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

波乱相場でも勝てる即効投資法に興味のある方は、
ぜひいまのうちにご予約下さい。

早急に宅配便で配送します。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株で儲け続けるための武器を提供。

「北浜厳選 7人のサムライ銘柄」DVD5月号、
GW直前のため4月27日(金)で発売終了させていただきます。

ご希望の方はいますぐご予約ください。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

このDVDは以前はラジオ日経で制作発売されていたのですが、
昨年10月から発売中止となったため、
私が頑張って制作を引き継いだのです。

お蔭様で第1弾〜第5弾といずれも大好評をいただき、
多くの方にご購入いただき大感謝でした。
それだけにラジオ日経から思い切って引き継ぎ、制作に踏み切って良かった。
つくづくこう思う日々でもあります。

それだけに第6弾も、
第1弾〜第5弾に負けない充実した内容にしましたので、
講読ご希望の方は、いますぐお申し込みください。

なお価格は前回と同じく、
商品+配送料+税で、9720円となります。
つまり着払いで9720円ということになります。

お申し込みは以下の3つの方法を用意しましたので、
ご都合に合わせてご利用ください。

いずれの場合もヤマト運輸の宅急便でお送りしますので、
時間指定が可能です。

(午前中)(14〜16時)(16〜18時)(18〜20時)(19時〜21時)の5つから

選べます。

■メールで申し込む

       メールアドレス kitahama.dvd@gmail.com

です。メールには、

       郵便番号 
       住所 
       
       電話番号

       お名前

       それぞれご記入下さい。面倒でしょうが、記述がなければDVDを送れませんので、
       書き漏らしがないよう、送信直前にもう一度お確かめください。
        
■FAXで申し込む 

       FAXならいつでも申し込み可です。

       03(6441)0419

       ただFAXの場合、以下のように書いてお送り下さい。      

FAXでのお申し込み書式

       ご面倒かけますが、以下のように書いてお送り下さい。

       北浜DVD申し込み書

       郵便番号 
       住所 
       
       電話番号

       
       お名前

       それぞれ分かりやすいように大きな文字でお書きいただければ事務手続上、助かります。
       なお書き漏らしがないよう、送信直前にもう一度お確かめください。
        
       以上、お手数ですが、よろしくお願いします。

■電話で申し込む(ただし午前10時から午後5時頃までになります) 

      「北浜DVD」係

        03(3589)2481
      
です。


最後に、繰り返しになるものの、今回のDVDは、
「株で作ろ1億円」のためには、
波乱続きの東京市場にどう対応し、

どんな観点から

どんな銘柄に投資すれば資金が増えるのか、

肝心なことについて具体的に話しています。

ぜひ投資の参考にして下さい。

今年は勝負の1年になります。

どうすべきか。

市場のネガティブ情報に惑わされない。
これが大事ですので、それを避けてもらうために制作したのが、

「厳選 7人のサムライ銘柄」DVD5月号です。

明日の展開が読みにくい波乱局面を乗り切り、
逆転勝利のためにぜひご活用ください。

私は、昔から個人は株式投資を第二の収入源にした方がよいという考え方です。
そして実際、それを実行してきました。

あなたもぜひ、株式投資を真剣に第2の収入源に育てませんか。

DVDはそんな決意をされたあなたの強い味方になってくれます。

「株で作ろ1億円」、注目株の現金及び現金同等物は増えてますか。

利益は増加しているのに、
営業キャッシュフローが増えない。
こんな会社がありますが、投資対象としては好ましくないですよ。
稼ぎは大きいけど、貯金が出来てない。こんな家と同じですから。

■株で1億円作ろ!

3種類のキャッシュフローの中で、

営業キャッシュフローが特に大事であり、
それが増える会社は投資の対象にしてもよいが、
減少する会社は、敬遠した方がよい、

こうなると書きましたが、
なぜ営業キャッシュフローがそれほど大事なのか。

企業は、会社は当然のことに資金がたっぷりあれば、
経営破綻することはないからです。

企業にとってもっとも大事なのは、
生き残ること。

それには現金、もしくは現金同等物が大事、
こういうことになります。

では、現金同等物とはなにか。

預金、当座預金などの企業がいつでも出し入れが可能な預金(要求払い預金)、
預入期間が3カ月以内の定期預金、

などになりますが、どちらも借入金の担保に入っていないことが条件になります。

これらの額がどの程度あれば企業として安泰なのか、
興味あるところですが、金額ではそれを決められません。

そのため年々営業キャッシュフローが増加している。

こうなるのが望ましい形になります。

「株で作ろ1億円」、営業キャッシュフロー、チェックしたことありますか?

さんまさん司会のバラエティ番組によると、

いま女子高校生たちの間では、

「いい波に乗ってるねえ〜」

が流行の挨拶ことばなのだそうです。

■株で1億円作ろ!

「いい波に乗ってるねえ〜」

なんて、感じのよい挨拶ですね。

「いい株に乗ってるねえ〜」

でもいい感じします。

ともかく株式投資は、

いい波、いい株に乗っていればそれで良いって世界ですからね。

で、当然、いい波、いい株に乗るべくあれこれ勉強もしなけれならない。
こうなるのですが、

いい波、いい株、どちらが乗るのは簡単か。

いい株の方です。

いい波は世界各地で生じる政治、経済、経済政策、
そして紛争などが関わってくるため、
なかなか方向性を読みにくいからです。

個々の企業もそんなグローバル化した世界の中で運営されているので、
波と無関係ではないのですが、それでも企業は大きな波の影響を避けながら、
収益を伸ばすことも出来ます。

投資対象としたいのはそんな銘柄であり、
「株で作ろ1億円」を達成するには、
それを真剣に探したいですね。

その作業を軽くしてくれるのが、キャッシュフローへの着目です。

キャッシュフローには3種類があります。

(1)営業キャッシュフロー、

(2)投資キャッシュフロー、

(3)財務キャッシュフロー

です。これらの中で、増加が不可欠なのが(1)の営業キャッシュフローであり、
それが増加を続けると、

現金及び現金同等物

これらも増加、企業運営がスムースであることが分かります。

つまり、

営業キャッシュフロー、

現金及び現金同等物

これらが増加中の企業が経営的に安定していて、
株価も上がりやすいという判断になります。


成長株投資で資産形成するためのメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Profile


■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
北浜流一郎 プロフィールはこちらです
携帯でも読める有料メルマガです。


■北浜の無料メールマガジン
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
キャンペーン!!


「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ