STAR株クラブ

株で1億円作り。達成するには大別して2つの方法があります。1つはデイトレなどの超短期投資によるもの。もう1つは成長株に投資し、数週間〜数カ月、銘柄によっては数年をかける中長期投資によるものです。私が実践し成果を上げて来たのは成長株投資。当ブログでは兼業で1億円達成を目指す、しかもこれまでの苦戦を逆転したい。こんな希望を持つ個人投資家に、多数の儲かる投資家を養成してきた実績を持つ私(北浜流一郎)が、株で稼ぎ続け悠々人生を楽しむのに欠かせないノウハウや最新情報を紹介します。ヤフーカテゴリ登録承認ブログ。リンクは自由に可です。

2020年12月

今年もお世話になりました。コロナの猛威続く中、いまは健康第一にして佳き新年をお迎えください。

2cbeced1.jpg仕事、投資お疲れさまでした。


2020年も本日が最終日。

改めて書くまでもなく、
今年は100年に一度あるかないかといえるほど、
大変な年になってしまいました。

それでも幸いなことに、
世界の株式市場は上昇を続け、
東京市場もそれに歩調を合わせて上昇した。

株式投資をしていない人には、
とても信じられないことに違いありません。

しかしこのような上昇こそ
株式市場らしい動きといえるのです。

株式市場が見ているのは、

脱コロナの世界

これだからです。

それは正確にはいつ来るのか分かりません。
しかしやがて来るのです。

それを予見&期待して動いているのが現在の株式市場であり、
来年もこのような状況が続く。

こう見てよいため、
株式投資をしている以上は年明け以降も、
ぜひこの折角訪れた大きな続伸波動に、
しっかり乗るようにしたいですね。

そこには必ず大輪に育つ時代の花株があります。

それを探して投資する。

そうすることで、遠い老後の安心だけでなく、
老後になる前から余裕の日々が得られるようになります。

株が人生を豊かにしてくれる。

こんな恵まれた状況が
なお続く可能性が高いだけに、
ぜひぜひ来年もやはり株と真剣に取り組みたいですね。

2020年の東京市場、絶好の形で終わってくれた。史上最高値更新銘柄も328に。来年も期待が持てます。

DSC_2054[1]仕事、投資お疲れさまでした。


2020年相場が終わりました。

日経平均は123円安だったものの
終値は27444円。

昨日の大幅高を考えると形だけの反落
素晴らしい終わり方になったといえます。

世界的にコロナの感染拡大が続くなかで
27000円台で終われたのは
奇跡としか言いようがありません。


(1)3月の日経平均暴落時点でつけた安値は16358円。

今日はそこから11000円ほど戻ったことになります。

よくこんなにも戻ってくれたものだ、です。

その間、数えきれないほどの銘柄が、
素晴らしい大輪の花を咲かせた。

結果的にはこんな相場になったことになります。


(2)日本経済新聞の調査によると、
今年東証一部で上場来高値を更新した銘柄は、

昨日時点で328銘柄に及んだとのこと。

反対に上場来安値を更新した銘柄は
269銘柄あったそうで、
上場来高値更新銘柄の方が多かったことになります。

それだけ大輪開花銘柄多数だったってことになりますね。


(3)メーテルリンク作の「幸せの青い鳥」では
チルチルミチルの兄妹が

「幸せの青い鳥」

を探して旅に出ます。

そしてその鳥は
自分たちの鳥籠の中にいた。

こんな物語でしたが、

東京市場の328もの上場来高値更新銘柄は、

「青い鳥」に当たるでしょうね。

来年も東京市場に多くの「青い鳥」がいそうですよ。

年末ギリギリになって意外な急騰。上昇相場では株を寿司と見做しての「回転寿司投資法」が有効。

DSC_1415[1]仕事、投資お疲れさまでした。

日経平均714円高。

え〜っ、なんだこれは?でした。

トランプ大統領が追加経済対策9000億ドル(約93兆円)法案に
署名したことが好感された。

こういうことになるでしょうが、
それにしてもこんなに上がって良いものだろうか
でした。

もちろん良いんですけどね。


(1)今日の日経平均の日足を見ると

典型的な持ち合い離れ
それも大陽線が立つ形になりました。

このような場合チャートの読み方として
続伸確率が高いとされますが、
私はとても新規に買う勇気ないですね。

なので今日はほとんどの持ち株を売るか
ヘッジをかけました。

大発会まで安楽に過ごしたいので。


(2)今日強かった銘柄を見ると

信越化学、富士通、TDK、キーエンス、村田製作所
HOYA、東京エレクなど

いわゆる値がさ株の上昇が際立ちました。

機関投資家たちが頑張って買いを入れたと見てよいでしょう。

そうせざるを得ない理由があったんでしょうね。

結果的にそれで「掉尾の一振」になりました。


(3)今日の日経平均の日足を見ると

典型的な持ち合い離れ
それも大陽線が立つ形になりました。

このような場合チャートの読み方として
続伸確率が高いとされますが、
私はとても新規に買う勇気ないですね。

なので今日はほとんどの持ち株を売るか
ヘッジをかけました。

大発会まで安楽に過ごしたいので。


(4)株は他力の世界。

自分が投資したあとどこかの他人が
その株を買ってくれないことには上昇しないので、

機関投資家たちには
明日もガンガン買い上げて欲しいですね。

資金はたっぷりあるはずなので、

世のため人のため、
日本経済のため、
いや、いや、個人投資家のため、

積極買いよろしく、です。

ラジオで私は、「持ち株の3分の1〜半分を手放しておこう」と提案。年末年初の思い掛けない事態発生に備えるために。

DSC_3130[1]仕事、投資お疲れさまでした。


日経平均197円高は結構頑張って上げた印象です。

残るはあと2日。

大きく上がらなくてもよいので
300円以上下げたりしないよう
踏ん張って欲しいものです。

そのためには誰かに買い支えてもらわねばなりませんが、
今年は儲かっている投資家が多いはずなので
彼らに任せたい・・。


(1)今日のラジオ日経「北浜の株式宅配便」で私は、
福井ディレクターに

「株を枕に正月を迎えるのはどうですか」

と問われ、

株枕は空気枕、

不安定なので、

「私は持ち株の3分の1〜半分は売っておくつもり」

と答えました。

実際はつなぎ売りもいれると
全面的にヘッジした形にして大発会を待ちます。


(2)今日のラジオ番組「北浜の株式宅配便」では
これまで番組で取り上げた銘柄の検証をしましたが、

先週の日立造船は、22日寄りつき491円、
今日は年初来高値610円を付けました。

引けは591円だったので、
一週間では丁度100円上昇(約20%高)したことに。

この株にしては良く上がってくれました。


(3)現在の東京市場が有り難いのは、
コロナの感染拡大が止まらないばかりか、

変異種が国内でも発見されたりしているのに、
投資魅力大な銘柄が多数あること。

東証1部の新値更新銘柄でさえ68銘柄ありました。

東京市場はやはりごく身近にある

「現代の宝島」

ってことになりますね。


(4)株式投資では完璧主義投資家は苦戦、
こうなりがちです。

増益率や株主資本利益率の計算でも
数字の小さな違いにこだわり重視し

たとえば増益率が12・1%と12・3%の企業では
12・3%の方が株価が上がると考えてしまいがち。

実際は両社に違いはなく、
12・1%の方が有望ということも多いのです。

明日から今年最終週。最後の一勝負など考えず、グリーン政策大綱関連株をリスト化しておこう。

DSC_2121[1]仕事、投資お疲れさまでした。


明日からは今年最終週。

この時期になると、

「 掉尾の一振 (とうびのいっしん)」

なんてことばが聞かれ、
最後の一勝負を促されたりしますが、

それに乗るのは、

余裕で投資する人か、
逆に損していて焦ってそれを取り戻そうする人。

こうなるので、後者であって欲しくないものです。


(1)先週、某中堅証券の支店長が年末の挨拶に来て、
ショッキングな話しをしてくれました。

支店長氏の会社では、
1〜3億というように多額の預かり資産があるお客は、
ほとんどが米国株投資をしている人たちとのこと。

彼らは保有したまま売らないため
「お客としてはあまり有り難くない」とのことでした。


(2)明日からの相場、
やはり注目したいのは

政府が先週発表したグリーン政策大綱と関連する銘柄群の動き。

来年の相場を主導する可能性が高いですからね。

グリーンエネルギーを最大限引き上げ、
原発依存度を減らし、
化石燃料依存度を抑制するということなので。


(3)老後の資金作りのために株式投資をしたい。

投資目的がこのようなものだとしても

銘柄選びや投資手法が老齢化してしまっては
投資成果は上がらないばかりか
リスキーなってしまいます。

馴染み深い企業ではあっても、

一歩前に出る経営を忘れた企業と

腐れ縁が続くような投資は早く卒業したいですね。

「株探」の連載、情報更新しました。

株の人気情報サイト「株探」の連載

【北浜流一郎のズバリ株先見!】、

情報更新しました。

⇒ 日本にもある!長期保有で報われる銘柄たち | 市況 - 株探ニュース

kabutan.jp/news/marketnew

グリーン政策(脱炭素による成長戦略)に素直に資金を投じる。来年もこれが株で手堅く資金を増やせる有効策。

DSC_3902[1]
仕事、投資お疲れさまでした。


今日の東証1部の出来高、見ました?

6・9億株。

鳴く閑古鳥も見当たらないような閑散相場でした。

外国人投資家がクリスマス休暇となると、
こんなに売買が減るものなのか・・です。

こうなると、彼らのクリスマス、
年末休暇が終わる年初に期待しよう、
となりますね。

(1)やはりグリーン関連株強かったですね。

政府が温暖化ガス排出量を
2050年に実質ゼロにする行動計画を公表した。

これが買い手がかり材料になったといえます。

新車は30年代半ばに全て電動化するというのですから
結構大胆な方針です。

投資家には目の前に黄金のビフテキがぶら下げられた格好です。


(2)脱炭素の成長政策に対しては
今後様々な方向から批判の目が向けられるでしょう。

新たな計画がスタートすると
必ずネガティブ材料が出てくるので
投資する立場からはそれに足をとられがちです。

もちろんそれを無視するわけに行かないものの
市場がスルーするのだったら
それに従うのが正解です。

(3)今年は100年に一度といえるほどの疫病に見舞われ
世界中が大苦境に陥っているのに

株式投資をしている人は
金銭的な損失が少ないか、プラスになっている。

これはもう恵まれているなどという言葉では足りない
特大幸運です。

来年はこれを資金量に関わりなくさらにフル稼働させたいですね。

有料レポート「北浜流一郎の政経レポート」、12月募集再開します。良かったらお申込み下さい。

DSC_0593[1]
■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

数々のヒット銘柄を出して来た、
有料レポート「北浜流一郎の政経レポート」

12月ご講読募集中です。

良かったらお申込み下さい。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株でのお困りごと、
なんでもご相談ください。
電話で直接お話し出来るシステムになっています。

(株をやるなら絶対儲けて欲しいので、
私が電話でのご相談に応じます)

波乱に右往左往させられるのではなく、
「株の真実」を知ることで、
取り敢えず資金倍増を目指しませんか。


そのため前述したように、
個別にご相談に応じられる相談電話を用意してあります。


レポート+電話相談が成果に直結、
株で資金倍増、悠々人生、引き寄せて下さい。

TEL03−3589−2481

http://kabu-rich.com/fand.htm

株式投資は個別銘柄勝負。
そのためレポートでは有望銘柄の発掘と紹介に勤めていますが、
お蔭様でレポートで取り上げた銘柄は大健闘してくれていて、
感謝のことばをいただけるのは嬉しい限りです。

そこで、波乱相場でも資金倍増を果たし、
悠々人生を実現したい。

こんな目的を忘れずに
株に真剣に取り組んでおられる方へ改めてご提案です。

この際、リスクの高いFXや外債、
最近話題になったものの暴落したビットコインなどではなく、
日頃商品を購入したりして良く分かっている日本株で
しっかり資金を増やしませんか。

今は多くの有望銘柄が安値から反発に向かっている状況だけに、
タイミング的にも好機です。

「株で悠々人生の仕組み作り」

のための政経レポート、
現在お申し込み受付け中です。

自分の資金は自分で運用する、を実践中の方は、
ぜひ株価が上がって思わず感謝したくなる「ありがとう株」を増やし、
株で儲けて悠々人生を実現して下さい。

そのためのサポートをさせてもらいます。

TEL03−3589−2481

http://kabu-rich.com/fand.htm

実際にこんな相場で利益を出していくにはどうしたら良いのか。
そのノウハウを紹介しています。

(なお市場が暴落に見舞われるなど、
緊急局面では、特別に緊急メールを配信、
なぜこんなことになっているのかはもちろん、
状況をどう見て、どう対応すれば良いのか、
参考にしていただきました)

■株リッチへの扉を開く、
北浜流一郎の政経レポート「目指せ資金倍増」について
今すぐ調べてみる。

http://kabu-rich.com/fand.htm

TEL03−3589−2481
お問い合わせはレポートを発行している
証券スクール・オブ・ビジネスまで。

株式投資のお困りごとは、100人の投資家がいれば、
100の種類があります。
そこでそれらの一つ一つに電話でお答えすることで、
利益増を達成してもらえるシステムにしてあります。

それにより読者の方から「カユイところに手が届く、
至れり尽くせりのサービスになった」と嬉しい評価をいただいています。

■「資金倍増個別サポート室」ご利用権提供

私北浜と証券スクール瀬下校長が、
電話で直接ご相談に応じます(予約制です)
 

いまもしあなたが自分にとって、

・ 1.塩漬け株を少なくし、出来たら一掃してしまいたい
・ 2.ここで株式投資のノウハウをしっかり身につけたい
・ 3.株の利益で人生の自由度を増やしたい

こんな思いから本気で株式投資と取り組む決意を固めておられるなら、
私からの以下の提案は必ずお役に立てるものとなるでしょう。
ぜひここで一度しっかり目を通して下さい。

他にないサポートシステムの政経レポート「目指せ資金倍増」のご案内です。


まずは、悲観的な見方に捕まってしまわないようにする。
これが大事です。

多くの方が、マイナス材料や上下動の激しさに振り回され、
折角の利益を取り逃すどころか、
安値で売らされるなどして損してしまっています。

もったいない限りです。

正直、私は市場環境の少しぐらいの悪化は
個人的にはほとんど関係ないと考えています。

たとえ全体がサエなくても、個別に上昇銘柄があれば良い、
最悪下げても投資法次第で利益を出せるからです。

こんな実績を分かち合うべく、
私が月に2回発行てしいるのが政経レポート「目指せ資金倍増」です。

私の投資体験とメンター(師)から学んだ「投資根本原理」に基づき、
執筆しています。

ご講読開始とともにあなたはもう、
どんな波乱相場とも一人で戦わなくてもすむようになります。

株は失敗したやり方を繰り返すと、
また失敗します。

そんなことにならないように
このレポートをお役立て下さい。
レポートには、他社のそれと比べてあり得ないサービスを付けてあります。

[レポート強化サービス(1)]

毎月第1週の土曜日に開催される
1時間30分の特別セミナーDVDをお付けし、お送りします。

レポートは第2週、第4週の送付になるため、
第1週をカバーする目的で特別にお送りすることにしました。
それゆえこれまではレポートも講読、
セミナーも受けるという方もおられましたが、
今回からはセミナーの受講は自宅で無料でやっていただけるようになります。

ぜひご活用下さい。   
(ただスケジュールの都合上、
第一週のセミナーがない場合があり、
その時はDVDの送付はありません)

サービスの追加はまだあります。

[レポート強化サービス(2)]

前述したように、第1週目はセミナーを録画したDVD、
第2週は政経レポート、
そして第4週も政経レポートをお送りするわけですが、
途中で市場が急変することもあり、
その場合は状況に応じて私が特別メッセージを送らせてもらいます。

定期的ではありませんが、適時状況に合わせて、
投資の参考になる情報やノウハウを提供させていただきます。
特に問題がない場合、通常は第3週の配送になります。

当レポートは、市場動向や対処法、
重要テーマや有望銘柄を私が特別に月2回お知らせする究極シークレット特報です。

もう発行が20年近く続いており、
これだけ長期にわたりご支持をいただいていることに感謝申し上げますとともに、
ご期待を裏切らないよう常に心がけて執筆しています。

なお新規にご予約いただく方には
現在4800円で発売中の、
北浜流一郎のDVD・VHS版
「会社四季報、会社情報の読み方」
をプレゼントします。

■株リッチへの扉を開く、

北浜流一郎の政経レポート「目指せ資金倍増」について 今すぐ調べてみる
http://kabu-rich.com/fand.htm

■料金などもっと細かく知りたいという方は以下にお電話を。
知りたいことを遠慮なく聞いて下さい。スタッフがすべてにお答えします。

TEL03−3589−2481

■インターネットからのお申し込みは、
窓口となっている以下からどうぞ。

http://www.kabu-school.com/furi.html

■株リッチへの扉を開く、

北浜流一郎の政経レポート「目指せ資金倍増」について 今すぐ調べてみる
http://kabu-rich.com/fand.htm

投資助言者   : 北浜流一郎
  関東財務局長(金商)第2272号

いまは「初押し銘柄」が多数に。押し目狙いが有効と分かっていても実行しなければ意味なし。

DSC_3172[1]

仕事、投資お疲れさまでした。


日経平均88円高。

コロナ異変種への懸念がかなり薄らいだためですが
それでも取引は閑散、

東証1部の出来高は9・9億株、
売買代金1兆8106億円と低水準でした。

もう今年の相場は終わったようなムードだったのは残念です。


(1)全般低調だった今日異例ともいうべき動きが
見られたのはマザーズ市場。

昨日上場されたばかりのウェルスナビ、KAIZANの2銘柄

単に続伸ではなくS高でした。

ウェルスナビの場合いまは

インデックス投資など貯蓄型投資に対する関心が高まっている時だけに、

その運用法に対する期待が大きいようです。


(2)今日も中国・新興諸国経済の回復を当てにして上昇して来た
非鉄や素材関連株は、
ほとんどが回復できずでした。

コロナ異変種発生への懸念は
この分野には残っていることになります。

いつになったらそれは去るのか。

それは誰にも分かりません。

このような場合、経験則では暫く待てば良しです。


(3)いまは11〜12月まで上昇が続いた銘柄が反落、

いわゆる「初押し」を付けたか、付けつつあります。

投資格言「初押しは買い」に従うなら

投資対象となる銘柄を探す。

この実行が望ましいことになりますが、

実際に押す=下げると買いにくくなるのが株なので
実行は結構難しいですね。


(4)株は時代の花。

時の変化とともに咲く花は違いますが、
それらの寿命にはかなりの差があります。

数カ月から数年。

この間起伏を見せながら
水準を上げ続けるのが成長株であり、

そんな銘柄を数銘柄保有できれば、
資産作りは楽しいものになります。

資産だけでなく、
自分も次第に成長できますので。

コロナ異変種懸念で売り優勢に。新値更新銘柄中心に売られる。でもトヨタ自動車株は強かった。

DSC_2954[1]
仕事、投資お疲れさまでした。


日経平均278円安。

下落要因になったのは、
コロナ変異種に対する懸念。

昨日報じられた時には
特に大きくマイナスしなかったのに、

今日は改めて売り直された形になってしまいました。

釈然としませんが、
市場(投資家の総意)の反応なので
素直に受け入れるしかないですね。


(1)今日東証1部で5%以上下落した銘柄。

159銘柄に及びました。

3%以内の下落なら、許容範囲内になりますが
5%を越えると、私の場合はちょっと問題だなあ・・です。

買い値からの損切りラインが7〜8%の場合
それまで3〜5%下げていた銘柄は
簡単にラインを割り込んでしまいます。


(2)今日下落率が5%を超えた銘柄を見ると、

三井金属

東邦亜鉛

住友金属鉱山

など昨日新高値をつけたばかりの銘柄が目立ちました。

ホットなテーマ関連銘柄だけに、まだ信頼性低く
取り敢えず利食っておこう。

こう考えた投資家が結構多数いたってことになりますね。


(3)日経平均の今日の下落率は1・04%

日経平均ETF 1・09%安

日経平均ブル2 2・24%安

では個別の主力株は?

トヨタ自動車 0・93%安

SB 2・38%安

ソニー 3・36%安

こうなっていて
トヨタ株に対する信頼性が
高かったことになりますね。

明日からも続くか注視です。
成長株投資で資産形成するためのメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
Profile


■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
北浜流一郎 プロフィールはこちらです
携帯でも読める有料メルマガです。


■北浜の無料メールマガジン
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
  • ライブドアブログ