STAR株クラブ

株で1億円作り。達成するには大別して2つの方法があります。1つはデイトレなどの超短期投資によるもの。もう1つは成長株に投資し、数週間〜数カ月、銘柄によっては数年をかける中長期投資によるものです。私が実践し成果を上げて来たのは成長株投資。当ブログでは兼業で1億円達成を目指す、しかもこれまでの苦戦を逆転したい。こんな希望を持つ個人投資家に、多数の儲かる投資家を養成してきた実績を持つ私(北浜流一郎)が、株で稼ぎ続け悠々人生を楽しむのに欠かせないノウハウや最新情報を紹介します。ヤフーカテゴリ登録承認ブログ。リンクは自由に可です。

2023年11月

北浜の4大人気有料メルマガ、12月ご講読募集開始します。株に本気な方お申込み下さい。

1130

早速ですが、明日から年末相場入りです。
昨年、そして一昨年と2年連続で年末相場は失速でした。

米国市場が金利の上昇懸念によって下げてしまったからで、
残念な年末相場になってしまったといえます。

それだと今年も・・・、
こんな見立てになる人も多いでしょうね。

でも、私は今年の年末相場は続伸。
こう見ています。

米国が簡単に金利を引き上げられる状況にはない。
こういえるからです。

この点で今年の12月相場は大いに期待が持てます。

さて、こんな状況下、
目先の波乱に右往左往することなく、
株で安定的に稼いでもらうために、
特別な提案がありますので、
以下ご覧ください。

/////////////////////////////////////////////////
波乱に動揺することなく、
株で儲けて悠々人生の実現を目指しませんか。
私の3大有料メルマガがお役に立ちます。
/////////////////////////////////////////////////
■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ご講読ご希望の方は以下の3種類のメルマガの中から、
自分の希望に合わせて選択、お申し込み下さい。
どのメルマガも読者はほとんどが長期ご講読の方々です。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

■株リッチ進化大学コース・有料メルマガ紹介

◎北浜流一郎の株リッチ進化大学★「損小利大」投資法で永続収入

まぐまぐ版 最新号11月27日(月)配信、
次回12月4日(月)配信します。

⇒メルマガでは毎回、信長銘柄・秀吉銘柄・家康銘柄の紹介があり、
買い適切ゾーン、撤退価格を表示しています。

http://www.mag2.com/m/0001093203.html

■高成長株中心の希少有料メルマガ

◎北浜流一郎のグロース株特急便

   爆益成長株で株リッチ

http://foomii.com/00068

最新号は11月30日(木)配信、
次回号は12月7日(木)配信します。
http://foomii.com/00068
⇒短縮URL:http://goo.gl/5kBRw

このメルマガは東証プライムの小型株、
東証グロース株、ETF
など銘柄を投資対象としています。

そのため実質的には、
躍進中で、株価の上昇力に期待が持てる
成長株を重点的に取り上げています。

http://foomii.com/00068

■逆転投資術コース・有料メルマガ紹介

◎北浜流一郎の逆転投資術!金泉銘柄で道は開らける

http://foomii.com/00005/

メルマガでは毎週月・水・金曜日に注目の「金泉3銘柄」を紹介。
各銘柄には投資に適した水準、撤退価格などを明示してあります。

最新号11月29日(水)配信、
次回号12月1日(金)配信します。

http://foomii.com/00005/

※メルマガにはどんなことが書かれているのか。
詳細については各メルマガの紹介やサンプルを
お読みいただければ分かるようになっていますが、
ここでかいつまんでポイントを紹介しておきますと、

(1)私の長年の投資経験、
そして儲かる投資家育成実績からまとめ上げた投資法に基づく、
現状分析と今後の展開予想。

(2)それに基づく対処法。投資データの独自活用による、
もっとも有利な投資作戦の提言。

(3)現状はもちろん近未来を見据えて選択した銘柄の紹介。

などになります。特に銘柄は、中長期銘柄だけでなく、
短期投資銘柄も紹介、つまり中長期、短期の二段構えの紹介となります。

いつ何が起きるか分からないリスク多発の時代。
そんな厳しい株式市場を生き抜き抜き、資金を増やすのに頼りになる武器。
これが私の3大メルマガの使命となっています。

それぞれの特長をよく比較検討の上、
自分にもっとも合うメルマガをお申し込み下さい。

お支払いは従来のクレジットカードに加え、銀行振込も出来るようになりました。
ご自分のご都合に合わせてお選びください。

なおどのメルマガも、読者のほとんどは長期でご講読いただいています。
長いお付き合いが出来る。
これが私の願いでもありますので嬉しい限りなのですが、
一方で期待を裏切らないよう相場見通し、
銘柄選択などの精度を高めねばと常に意識しています。

それが実際に市場の先見力、
銘柄の的中率を高めてくれる要因ともなっていますので、
すでにご講読の方々には心より感謝申し上げますとともに、
新たにご講読を希望される方々のご期待を裏切らないよう
執筆に取組みます。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

新しいウェッブマガジン、

  億道一直線  株ワザ向上ハイスクール

23年12月ご講読募集再開します。
ご希望の方は早めにご予約下さい。

 https://foomii.com/00148

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

このネットマガジン、
初・中級者向けとして発行したのですが、

お蔭様で、いまでも新たな受講者が増え続けていて、
嬉しいやら、驚くやら、です。

最近では、

「すでに成果が出た」

というご報告をいただけるようになっています。。

一時低迷していたトヨタ自動車、ソニー、
村田製作所など、主力株が浮上に転じ、
中小型株の健闘も続いているからでしょう。

ところで、

  億道一直線  株ワザ向上ハイスクール 
  https://foomii.com/00148

は、実は、
以前一緒に仕事をし、
お世話になった某マネー誌元編集長の
ご提案で誕生することになったもの。

「読者を見ていると、
株式投資で勝つのに不可欠な基本ワザが弱く、
損している人がとても多いんです。

先生、勝てる株ワザ中心の講座を開設するつもりはないですか」

元編集長のこんなご提言から始まりました。

そこで私が、頑張ってみるか、
となって誕生することになったのです。

■株で勝つには、
勝てるワザ(技術)が不可欠 

株式投資で成果を上げる方法は、
投資家の数だけあるとされます。
まさに十人十色といったところ、
その正体は、いわゆる自己流です。。

もちろんそれでうまくいくこともあったりするでしょう。
でもほとんどはそうではないのが現実です。

株で勝つには、
「勝てるワザ(技術)」
があるのです。

正直私も、昔はこの簡単なことが分からず、
苦戦を続けてしまったことがあります。

好材料があるなら、
テーマに乗っているなら
株価は上がる。


こう単純に信じて投資していましたので。


もちろんそれは大間違いでした。
一時的に上がっても、利益を取り逃したり、
もうここまで下げたら回復するだろう、
と予想して買ったらさらに下げたり。
散々な結果に終わることがたびたびでした。

1億越えしても、
たちまち一日1000〜3000万円も失ったり・・・と。
(これはかなりショック。胃に悪いどころじゃありません)
いまでは思い出したくない苦過ぎる過去の記憶です。


当時の私は材料重視で、
投資の技術、
売り方、損切りの手法などにはあまり重きを置いていなかったのです。

しかし成功と失敗を繰り返しているうちに、
遅まきながら、株はワザ(技術)だ。
こう気がつき、チャートでリバウンドのタイミングを計ることや、
信用取引のデータをしっかり読むようになり、
収益が安定するようになりました。

しかし周囲を見ると、
過去の私のように技術軽視の投資家が多く、
どんな材料があるのか、
テーマに乗っているいるのか、
これら重視で、
ネットでカリスマと呼ばれる投資家が手がけている銘柄の
後追いに熱心な投資家があまりに多いのに驚いてしまいます。


そんな人たちは、ネットトレーダーたちのほとんどが、
デイトレードやスイング投資が主で、
目先値動きがありさえすればそれを速攻で手がけ、
今日手がけたのは●●銘柄、××銘柄と紹介するだけ。
明日はもうその銘柄には用はない。


こうなのに、●●銘柄や××銘柄が、
非常に魅力的に見えて急いで投資。
こうなっています。

なんとも残念な投資のやり方であり、
もうそんな投資ともいえない投資は卒業しませんか。

しかも初心者でそんなやり方をしている個人投資家家を
見かけるケースが多くなっていることから、
もっと収益が安定する株ワザを身につけていただきたい。


こんな思いから、新たなプロジェクトを立ち上げることにしました。
メルマガによる投資講座、

 株道一直線 株ワザ向上ハイスクール
  https://foomii.com/00148

です。

■本格的に始まったコロナ禍からの回復相場
投資する以上は勝ち狙いで

この原稿を書いている時点で、
東京市場は目先不安定な動きながら、
トレンドは明らかに回復中です。

しかし残念ながら市場全体が上昇だからといって、
株式投資で儲かるとは限りません。

株は、はっきり言って投資技術がなければ、
利益を増やせません。

そこで改めて提案です。

この際、投資の方針、
手法も新しいものに変えませんか。

株式投資をはじめてみたけれど、
資金がなかなか増えない。

これはまだ良いとして、
問題は資金が減ってしまうこと。

株式投資の本を読んだり、
ネットで有名トレーダーたちのブログやツイッターを見て、
彼らが手がけている銘柄を自分も投資してみても、
資金が増えるどろか資金が減ってしまっている。

時には700万円あったはずの資金が500万円を割り込んでしまう。

あるいは必死で用意した100万円が70万円に・・・。

極端な例になると2000万円近くもらった退職金から、
1500万円を投じたところ、
たちまち1200万円に・・・、

などという方も。

これらが特例なら、
特に問題視することはないかもしれません。
しかし決して特例ではなく、
ごく普通に起きてしまっています。

■株ワザを初心からベテランまで体得して欲しいので
購読料をサプリメント代並みの2980円にしました

私はバブル相場が始まる以前から
株式投資に関わって来ていますので、
以来多くの個人投資家さんにお会いして来ました。

その数を具体的に覚えているわけではありませんが、
私が主任講師を勤めている証券スクール・オブ・ビジネスは、
株式投資の学校としては日本でもっとも古いので、
当然私は国内でもっとも多くの個人投資家の方々にお会いし、
その育成に関わって来たことになります。

その経験で学んだことの一つは、

株式市場は資本移転の場である

になります。

どういうことかと言いますと、
株式市場はお金の奪い合いの世界であるため、
儲かる人と失う人とが明瞭に分かれ、

結果的には、豊かだった投資家の資金が、
そうではない人の財布に移る、

こうなってしまうことです。

一般的な考えとしては、資金豊富な人が株式投資では有利で、
投資することでそれはさらに増える。

こう思われていますし、
理論的にそうなって不思議はありません。

ところが実際にはそうなっていないのです。

どうしてなのか。

私の長年の疑問でしたが、答えは見つかっています。
投資のワザ(技術)不足。
これになります。


そこで長年多くの個人投資家さんたちに接し、
儲かる投資家育成の実績を踏まえていえるのは、

株は技術=ワザである

だからそのワザを磨けば勝てる

です。

そのために当メルマガ講座をご用意しました。
ぜひ参加して、
株で勝てる、株で稼げるワザ(技術)を磨いて下さい。

それには、
良かったら早めのご講読をお申込み下さい。

なお料金は、スタッフの強い提言を受け入れ、
私の他の有料メルマガと異なり、
思いっきり価格を引き下げ、

サプリメント代並みの
2980円としました。


繰り返しになりますが、
新たな時代が始まっています。
投資も従来方式から、

「勝てる株ワザ」
「稼げる株ワザ」

で武装したやり方に変えませんか。
そしてそれが人生好転の切っ掛けになる。
こうなれば最高です。

最後に私の好きなことばを。

 株は損したところから始まる。

私と一緒に頑張りましょう。
その前にぜひ
以下のサイトでもっと詳しくご検討下さい。

●北浜流一郎の億道一直線 株ワザ向上ハイスクール
  https://foomii.com/00148

株式投資が上手になるもっとも簡単な方法、

1127

 ➡️株式投資が上手になるもっとも簡単な方法、
ご存じですか。 あまりに簡単な方法なので、 答えを書いてしまうと、 な〜んだ、になってしまうのですが、 実際に私が実行してみて成果が上がった方法なので、 有効性は保証します。 では、どんな方法か。 いま、あなたが投資未経験者や初心者の人や、 自分の知人などから、 株で儲かるにはどうやればいいの? と聞かれたらどう答えるか、 その答えを想定するか、 メモしてみて下さい。 1・2・3・・・・と箇条書きにすると 分かりやすくなりますので、 1から7〜10くらいまで書いてみる。 それを知人、もしくは聞かれた人に話すともに、 自分もそれを必ず実行する。 こうすれば投資の技術は確実に向上し、 当然成果も上がるようになります。 私は投資のノウハウをシステム化していますが、 それは長年投資のノウハウを個人投資家さんたちに教えつつ、磨き上げてきたものです。 この点では私一人で構築した勝利システムではなく、 多くの個人投資家さんたちがいてくれたゆえに確立したといえます。 この点そんな投資家さんたちに感謝するとともに、 ぜひあなたにも、 人に教えるつもりで勝利鉄則を箇条書きにしてみて、 自分もそれを実行する。 こうすれば成功はまず間違いなしです。

株の人気情報サイト「KABUTAN」連載、記事更新しました。


 
➡️北浜流「新NISA」攻略術!【ETF編】 株の人気情報サイト「KABUTAN」連載、 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 記事更新しました。 時間あったらご一読下さい。 ─ | 市況 - 株探ニュース

先週の「KABUTAN」記事ランキング、7位でした。


➡️先週の「KABUTAN」記事ランキング、私の連載は7位でした。 【今週読まれた記事】雌伏を経て逆襲なるかグロース株 |

特集 - 株探ニュース
 

パルグループ株強い。

1122

 ➡️パルグループ株強い。 明日は勤労感謝の休日で株式市場も休場。 休日前は株が上がりにくいのが普通なのに、 今日の日経平均は97円高。 相変わらず堅調な動きが続いています。 実際私がセミナーやDVDで取り上げている銘柄も、 相次いで上昇、 特に嬉しいのは一般的にはあまり知られていない銘柄が、 意外に強い動きになっていること。 たとえばパルグループ株。 若い女性向けのファッションショップ 「チャオパニック」 を運営している会社ですが、 株価は10月半ば過ぎから上昇に転じ、 このところ連日新値更新となっています。 恐らく年末商戦の盛り上がりを予見しているのでしょうね。 こんなふうに若い消費者たちに支えられた銘柄が上昇中なのは 未来に期待する積極派の投資家がいるから。 それは東京市場が衰退中ではない証拠ともなるため、 ここはしっかりこの流れに乗って、 手堅く利益を増やしたいですね。

意外高銘柄が次々出現中。

1121

➡️意外高銘柄が次々出現中。 昨日の日経平均 33年8カ月ぶりの高値33853円。 さすがにこれは驚きの水準だったですね。 本日は早速短期筋の利益確定売りが入りましたが、 日経平均の下落幅はわずかに33円。 意外なほど小幅ですみました。 これはやはり東京市場の基調が強い。 こう見てよいですね。 円が147円台に上昇したのに さほど下げないんですから。 それにしても強いのが半導体関連株。 私がセミナーDVDなどで取り上げて来た オルガノやSCREENなどは えっ、こんなに上がっていいんだろうか、 と正直驚きますね。 こんな動きがいつまでも続くものではなく しばらくすると半導体株に代わって 新たなテーマ株が物色される。 こんな展開が続くことで、 東京市場は新たなゾーンに入っていく。 こう見てよいため、 ここは改めて株と本気で向き合いたいですね。 その先に嬉しい爆益待つ、です。

総合商社株、紅海での貨物船だ捕で下落

11211

 ➡️総合商社株、紅海での貨物船だ捕で下落 中東の紅海で起きた イエメンの武装組織フーシ派による貨物船のだ捕。 株式市場に影響が出ました。 伊藤忠、丸紅、三井物産、住友商事、三菱商事の 5大総合商社株は揃って下げてしまいました。 だ捕された貨物船を運行していたのは日本郵船。 しかし所有はイスラエルに住む実業家が 経営する会社なので、 日本企業にはほとんど影響しないだろう。 こう見ていたのですが、実際は前述したように、 総合商社株が一斉安でした。 そして興味深いことに、 日本郵船株は下がるどころか上昇でした。 同社の所有船ではなかったことで、 安心買いが入ったと見てよいですね。 では、総合商社株はなぜ下げたのか。 紅海で船舶がだ捕されるようなことがあると、 ビジネスを自由に展開出来なくなります。 世界中でビジネスを展開している総合商社にとって、 自由な活動が阻害されるのは致命的。 そんな懸念が生じたのを警戒して株は売られた。 こんなことになるでしょうね。 総合商社株に投資している人には 有り難くない材料が降って湧いたことになりますが、 株式市場ではこの種のネガティブ材料は避けようがありません。 それゆえ、遭遇してしまったら、 仕方がない、と受けとめてしまいたいですね。 それに今回のような事件による下落は、 長続きすることは滅多にありません。 しばらく下げに耐えていると戻るのが普通なので、 今回もそれを待つ。 これが正解です。

株は市場全体が上昇しても儲かるとは限らない。

11201

 ➡️株は市場全体が上昇しても儲かるとは限らない。 市場全体が上がった場合、 投資家のほとんどは儲かる。 こうなって当然なのですが、 私のこれまでの経験では、 市場全体が上昇している時でも、 市場全体が下げている時と変わらず、 苦戦に陥っている投資家が多かったといえます。 理論上はそんなことはないはずなのです。 日経平均がどんどん上がれば、 投資家のほとんどが大儲けしていてもおかしくないのです。 ところが実際はそうはならない。 市場全体、つまり日経平均が力強く上昇していても、 損勘定になってしまう投資家が多いのは実に不思議ですが、 市場が人気化して急騰株が続出したとしても、 それをすっ高値で買っていたりすれば、 当然損してしまいます。 それに指数が上昇を続けたとしても、 全部の銘柄が上がるわけではなく、 上がれない銘柄もあります。 それに投資した場合でも損します。 このような実例を 多数見てきた経験から言わせてもらうなら、 好環境だからといって手抜きをしない。 これを心がけたいですね。 多くの銘柄がどんどん値を飛ばしたりすると、 つい気がゆるみ、 ファンダメンタルのチェックも疎かになりがち。 これはないようにしなくては・・・ですね。 株式投資は結局企業の「美点」を探し出し、 それに投資する行為なので、 まずはファンダメンタルを抑える。 これをやると当然銘柄に強くなるので、 少々の上下動にたじろいだりしなくなり、 成果も上がりやすくなるんですよね。 (☟世界の株価と日経平均先物nikkei225jp.com より)

東京市場、33年8カ月ぶりの高値。

1120

➡️東京市場、33年8カ月ぶりの高値。 33年前のことなど覚えていない。 こういうことになるでしょうが、 本日日経平均は6月につけた33772円の高値を突破し、 33853円の高値をつけました。 つまりバブル崩壊後の新高値をクリアしたことになります。 その後は急失速してしまったものの、 記録的な高値をつけたのですから、 利食いの売りが出て当然、 問題になるような下げではありません。 この明らかな回復相場で、 あなたの資金はどうですか。 日経平均に連動する形で増えているなら問題なしですが、 そうなっていないとなったら 投資方針の修正が必要かもしれないですね。 なんといっても好ましいのは、 東京市場には株高支援材料が揃っていることです。 ・増収増益予想企業が多い ・正月明けから新NISAが始まる ・日銀が大規模金融緩和を続けている ・証券取引所がPBR1以下の企業に対して引き上げを求めている ・年末に向けて投資信託の設定が相次ぐ これらあることを考えると、 株は投資しやすく、 利益も出やすくなっているのは明らか。 要するに儲かりやすくなっているってことになるので、本気で投資に取り組む。 こうしたいですね。

株式投資では完璧主義はさっさと捨ててしまおう。

1113

 ➡️完璧主義の人っていますよね。 そういう人が株式投資をするとどうなるか。 自分が完璧主義者ではないので、 想像の域を越えないのですが、 多分非常に苦戦すると思うんです。 株式投資で完璧を目指すとどうなるか。 損切りが難しくなります。 完璧主義だと買い銘柄が下げてしまった場合、 それは間違いになります。 完璧主義者には当然間違いは許されません。 そこでどうするか。 損を認めなければよいので、 損切りをしなくなる、 いや、出来なくなくなってしまうのです。 株式投資で勝つためには、 損切りは不可欠なのですから、 それが簡単に出来ないのは、 大きなハンディになってしまうんです。 それを避けるには、 もちろん完璧主義はさっさと捨てて、 株で損は当たり前、 と割り切って、 株って損しながら儲けるものだ って早く分かってしまうことです。 そうすれば成果違って来ます。
成長株投資で資産形成するためのメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
Profile


■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
北浜流一郎 プロフィールはこちらです
携帯でも読める有料メルマガです。


■北浜の無料メールマガジン
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
  • ライブドアブログ