個人投資家の参加者が急速に増えている「外国為替証拠金取引(FX)」について、証券取引等監視委員会は24日、規制強化に向け、金融庁に制度改正を要請した。FX業者の財務管理体制を強化し、元手資金で取引できる倍率に上限を設けることが柱。金融商品取引法の関係政省令の改正作業に入り、今夏にも導入する見通し。

FX市場では現在、500〜600倍もの高倍率による取引が増加、為替相場の変動で、多額の損失に陥るケースもある。改正は上限を20〜30倍とする方向で調整、規制を超える商品を提供したFX業者は行政処分の対象となる。今回の規制強化がFX業者の経営を圧迫し、業界の再編・整理に進む可能性もある。

以上のニュース、歓迎です。
500倍〜600倍のレバレッジとは異常です。

100倍でももちろんそうです。

30倍でも危険です。

10倍もそうです。

まあ、せいぜい3〜5倍ですね。

株は3倍なんですから。
これでもかなりリスキーなんです。
FXだから10倍もオーケーなんて、
なんか考えがおかしいんです。

FX取引をする人は、レバレッジの大きさにご用心を。
10倍が普通なんだなんて感じでやっていると、
痛い目にあいますよ。

FXで継続的かつ安定して稼ぐための手法を公開!】
【FX初心者のための真・FX成功指南書!】