はじめまして。北浜流一郎です。

株式投資、うまく行っていますか。


株式投資をはじめてみたけれど、
資金がなかなか増えない。


これはまだ良いとして、
問題は資金が減ってしまうこと。

株式投資の本を読んだり、
ネットで有名トレーダーたちのブログやツイッターを見て、
彼らが手がけている銘柄を自分も投資してみても、
資金が増えるどろか資金が減ってしまっている。


時には700万円あったはずの資金が500万円を割りこんでいる・・・・、
あるいは必死で用意した100万円が70万円に・・・。

極端な例になると2000万円近くもらった退職金から1500万円を投じたところ、
たちまち1200万円に・・・などという方もおられます。


これらが特例なら、特に問題視することはないかもしれません。
しかし決して特例ではなく、ごく普通に起きてしまっていることです。


私はバブル相場が始まる以前から株式投資に関わって来ていますので、
以来多くの個人投資家さんにお会いして来ました。


その数を具体的に覚えているわけではありませんが、
私が主任講師を勤めている証券スクール・オブ・ビジネスは、
株式投資の学校としては日本でもっとも古いので、
当然私は国内でもっとも多くの個人投資家の方々にお会いし、
その育成に関わって来たことになります。

その経験で学んだことの一つは、


株式市場は資本移転の場である


になります。
どういうことかと言いますと、
株式市場はお金の奪い合いの世界であるため、
儲かる人と失う人とが明瞭に分かれ、


結果的には、

豊かだった投資家の資金が、そうではない人の財布に移る、

こうなってしまうことです。


一般的な考えとしては、資金豊富な人が株式投資では有利で、
投資することでそれはさらに増える。


こう思われていますし、理論的にそうなって不思議はありません。

ところが実際にはそうなっていないのです。


どうしてなのか。


私の長年の疑問でしたが、答えは見つかっています。

市場は投資家の思惑など無視して勝手に動いているからです。

ところが資金豊富な投資家のもちろんすべてではないものの、
多くの方がそれまでビジネスで成功して資金が豊かになっているためか、
市場に合わせるのではなく、多くは独自の理論や経験則に基づき、
勘違い投資で突き進んでしまうのです。


市場に合わせる。


これが苦手な方が多い結果、売るべき時も売らず、
損切りなど自分の失敗を認めることになるとして実行しない。


こんな依怙地な投資になりがちで、
その結果として豊富な資金も、投資を続ければ続けるほど細ってしまう。
こんなことになってしまっているケースが多々です。


ではその資金はどこへ行ったのか。


資金豊富ではなかったものの、
市場に合わせた投資論と技術を持つ投資家の財布に移ってしまったのです。


そこで私が提案したいのは、
長年多くの個人投資家さんたちに接し、
儲かる投資家育成の実績を踏まえた投資法、


株は7つの成長株で勝てる


です。

タイトルにあるように、

株は7つの成長株で勝てるのです。

そして勘違いを次第に修正、改善してもらえばよいのです。

そのために、

(1)どんな株が成長株になるのか、
(2)それをどうやって探せばよいのか、
(3)探したあと、どう売買するのか、
(4)売買のタイミングの取り方はどうすればよいのか、
(5)見込みが違って上がらなかったり、損勘定になったらどうするのか、
(6)買い増しはしていいのか、するとすればどんなときにするのか、
(7)資金の管理はどうすればもっとも効率的か、

このような項目の詳細については当ブログで随時紹介していきますので、
よかったらぜひ目を通してみて下さい。

特に自分としては結構熱心に投資に取り組んでいるつもりだけど
期待したほど成果が上がっていない。
こんな投資家さんにはお役に立つよう執筆します。

株式投資をしている以上、
折角の資金、経験を正しい方向に活かさねばもったいない限りです。

私の考えでは、
株はわれわれの資金を増やしてくれるだけでなく、
生き方の自由度を広げて悠々人生を約束してくれる素晴らしい道具です。

それをフルに活用して豊かな未来=悠々人生を手にしていただく。
そのために長年の儲かる投資家育成実績を活かしてサポートさせてもらいます。

以上です。
株式プロセレクター北浜流一郎


■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
北浜流一郎の履歴。

1943年。鹿児島県生まれ。
慶応大学商学部中退後、コピーライター、週刊誌記者、作家業を経て株プロセレクターへ。

いまは「東京スポーツ」「ネットマネー」「株主手帳」、ネット株情報サイト「株探」などの株式欄を担当、ラジオ日経の株番組「北浜の株式宅配」出演などお蔭様でどれも長期連載となっています。

著書は「自分年金はこの3つの銘柄で作りなさい!」他があります。

「証券スクール・オブ・ビジネス」で金泉銘柄による株で自分年金作りを教えてもいます。

好きな歌手は「青江三奈」「水森かおり」。
仕事中も聞いていることが多く、家族には完全にあきれられています。

株式投資のブログランキングに参加しています。
 
お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります