仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

私は、株式投資は買いだけでなく、
売りもするため、上がりそうな銘柄を探す一方で、
下げそうな銘柄も同時に探しています。
上げ、下げどちらからも利益を上げようとしているのか。まあ、そうですね。

■株で1億円作ろ!

上げて儲け,下げても儲かる。

株式投資ではこれが理想です。

実際はそんなふうにうまく行くものじゃないだろう。

こういうことになるでしょうが、もちろんその通りです。

しかしなにごともやりようです。
100%理想的とはいきませんが、
それにかなりのところまで接近することは出来ます。

たとえば現在の相場への対処法です。
今日の日経平均は大幅高してくれたので多くの銘柄が上昇した。
こう見てよいものの、取り残された銘柄も多数でした。

私の大好き銘柄の中にも。

たとえばWDBホールディングスが。

そして手がけてはいませんが、酒井重工業も。

これらの株はこのところ絶好の動きになっていましたので、
今日のように全体が上がる時には歩調を合わせて上昇してもおかしくなかったのですが、
そうはなりませんでした。

こんなふうに全体は上昇でも個別にはそれに連動高しない。
こんな銘柄があるのですから、対応策として銘柄を分散したりしているわけですが、
やはり有効度が高いのは、

あやしいと思ったら逃げる。

単純ですが、これが有効です。

では、WDBと酒井重工業。

どちらから逃げるか。
それとも両方からか。

私なら酒井重工業から逃げ出します。

空売りがいまだに多いのは魅力的なのですが、
チャートで見る限り、目先の下げ止まりポイントが見えないからです。