トランプ政権は10日、中国の衣料品や食料品など、
2千億ドル(約22兆円)に相当する6031品目の輸入に、
10%の追加関税を課すと発表した。

この問題、どう決着するのか。

中国側がどの程度譲歩するかにかかっている。

トランプ大統領はディールの天才、
容易なことでは要求を取り下げないからだ。

中国から米国への輸出額は5056億ドル(約55兆6千億円)、

米国から中国への輸出額は1300億ドル(約14兆円)。

差し引き中国が3756億ドル(約41兆3千億円)も多い。

互いに課税し合った場合、中国の負担が途方もなく大きくなり、
明かに不利だ。
そればかりか、中国経済は多大な影響を受ける。

トランプ大統領は当然この点を読んで、
中国側がなお譲歩せず徹底対抗するなら、
最大5056億ドル分に丸々課税すると言い出すだろう。

そして実際にそれを実行する。