画像に含まれている可能性があるもの:橋、空、屋外


仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

日経平均、45円安。
上海市場が50・31ポイント上昇したのに続落。

こうなってしまいました。

6月の機械受注統計が期待外れだった。
これが売り要因になったといえます。

■株で作ろ1億円!

6月の機械受注統計がどうだったというのか。

内閣府が本日発表した数字は、
企業の設備投資の先行指標となる民間需要の受注額が、

かなりの減少になりました。

前月比8.8%減の8276億円だったので。

しかも先月も減少していたので、
これで2カ月連続。

さすがに気にせざるを得ないことであり、
内閣府は経済の基調判断を、

「持ち直している」から、
「持ち直しの動きに足踏みがみられる」

に変更しました。

「持ち直して」いたはずなのに、
実際はそうではなかったため、

「持ち直しの動きに足踏みがみられる」

こう変更しました。

つまり「持ち直しつつあるのではなく、
足踏みしている」というのですから、

それを株式市場からみると、

設備投資が足踏みしているのは、
経済の成長拡大が止まり、下向きの恐れさえある。
こうなるため、売り優勢が止まらなかったといえます。

経済が失速するとなると、
株は売っておこうか、
新たに投資する気はしない、

などとなるのは必定。

その結果が今日の下げだったといえます。

こんな展開への備えは、どうすればいいのか。

私なら上昇トレンド銘柄の小反落狙い。

これになります。

それを実行するのにふさわしい銘柄はあるのか。

間違いなく、多数あります。