画像に含まれている可能性があるもの:木、家、植物、屋外、自然


仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

昨日私は、日経平均の急反発を受けて、
次のように書きました。

  急反発する形になった場合、
  少々問題です。

  回復トレンドが長続きしないことが多い。
  こうなってしまうケースが多いからです、と。

■株で作ろ1億円!

以上に続いて、

  そのためV字型の反発には注意が必要です。
  急激に上がったと喜んでいると、
  急激に下げてしまうことも多く、
  成功確率は非常に少なくなってしまいます。

  そこで採るべき対応策は、

  3〜7日連続高銘柄には手をつけない。

  これが大事です。

とも。

今日はまだ3〜7連騰しないうちに下げてしまったわけですが、

こんな不安定な値動きになるのは、
ともかく売買が少ないから。

今日の東証1部の出来高は12・4億株に過ぎませんでした。
昨日の12億円よりは少し増えたものの、
こんなに少なければちょっとした材料で市場は大きく動いてしまいます。

昨日はそれが好ましい方向になったものの、
今日はマイナスに働いた。

こういえます。

では、少ない出来高はどうすれば増加するのか。

残念ながら投資するわれわれには何の方法もありません。
だから売買が増えるのを待つ。

基本的にはこうする他ありません。

株式投資は一度株を買ってしまうと、
あとはただ売り時を決め、実行する。
こうするだけですので、

出来高が増え、株価も上がる。
こうなるのを辛抱強く待たねばなりません。

それが出来れば投資成果が上がりやすくなります。

夏枯れ相場はいずれ終わり、
出来高も次第にふくらんで来ますので。