自動代替テキストはありません。

仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

昨夜私はこのメルマガで、

  
  私が実行しているのは、リスクヘッジ投資法、
  つまり株を買うと同時に、売りも行なう、

  ロングショート法です。

  これなら市場が想定外のことで急落してしまっても、
  損失を抑えられますし、利益を拡大できることもあります。

  そんなやり方があるのか。

  こういうことになるかもしれませんが、
  あるのです。

以上のように書きました。
その時点ではもちろん今日のような暴落に近い下げがある、
なんてことはまったく想定していませんでした。

しかし内外の市場は、
「想定外のことで急落して」しまったのです。

■株で作ろ1億円!!

このような展開に対応するには、
私にいわせると、前述したようにリスクヘッジ投資法が極めて有効です。

そんなことをするより、
事前にあやしいと思ったら売っておけばよい。

こういう意見もあるでしょう。

しかしそれは言うはやすし、行なうは難しです。
実際には数日前に持株を売っておく。

こんな人がいるのは確かですが、
それはごく例外、
ほとんどの人は持続していたはずです。

そこに不意打ち的下げなのですから、
逃げるに逃げられない。
こうなって当然といえます。

しかし私が提案し、実行もしているロングショート投資法(リスクヘッジ投資法)なら、
今日のような局面でもあわてることはありません。

嬉しくはないものの、余裕で下げを見ていられます。
下げることによって利益が増える銘柄も多数だからです。

それにしても、大きな下げでした。
今後どう対応するか。

まずはジタバタしない。
これが大事です。

そして自律反発を待つ。

腹をくくってこうするのが良策になります。
これまで幾度も暴落は経験しましたが、
嵐はいつまでもは続かないのです。

しばらくすると落ち着きを取り戻すのが普通ですので、
いまはそれを待ちたいところです。

その場合、急激に戻るようなら、
警戒が必要です。

一旦戻ったところで、
逃げ後れたと思っている投資家たちによって売り直されることがあるからです。

この点ご用心を。