画像に含まれている可能性があるもの:植物


仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

前回私がこのメルマガで書いたことを、
覚えてもらえているでしょうか。

忘れた?

そうですか・・・。

では、また繰り返させてもらいます。

■株で作ろ1億円!!

私は次のように書いたのです。

  ただこの先上がってくれなくては意味がありません。

  この点どうなのか。

  上がる、という材料は皆無です。

  逆に上がらない、
  上がりそうにない、
  さらに下がる恐れがある、

  という材料ならあります。

  米国金利の上昇基調に変化は見られない、
  米中貿易戦争の落しどころがまったく見えない、

  これらが。

  そのため来週も苦戦が続く。
  こう見た方が理解者も多く、
  説得力もあるのですが、

  そうであればあるほど、
  株式市場は逆の動き、
  つまり上昇する可能性が高くなります。

  市場とはほとんど常に、
  市場参加者=投資家たちの予想や期待とは逆の動きになるものだからです。


このような見方は、無理して逆の見方をしているように見えてしまうかもしれません。
中には、目立とうとしているんだろう、
と疑っている人もおられるでしょう。

しかし私の長年の投資経験でも、
自分がもう右しかないと思い、
周囲もそんな声が圧倒的という時に限って、
逆に左に向かってしまう。

こんなことがたびたびでした。

そんな時はもちろん大損であり、
いま思いだしても苦々しい失敗が多数あります。

そんな経験を経て思うのは、
自分も含めてほとんどの投資家が右と言い出したら、
敢えて自分はそれを裏切り、左に向かう。

気持はみんなと同じく右と思っても、
身体は左に向かう。

頭で思っていることと逆の動きをするのは非常に難しいのですが、
そうした方が成功確率が高くなりますよ。