画像に含まれている可能性があるもの:フルーツ、食べ物、室内

仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

「投資すれば高額の配当を得られる」
などと、国に無登録で投資を募っていたとして、
投資グループの8人が金融商品取引法違反の疑いで逮捕された事件。

警視庁は、このグループが全国のおよそ6000人から、
現金や数十億円分のビットコインを集めていたとみて、
実態の解明を進めているということですが、

いつもこの種の犯罪で驚くのは、騙される人の多さ。
今回は6000人もの人が騙されたとのこと。

信じられない数ですね。

■株で作ろ1億円!!

逮捕されたのは、「SENER」という投資グループの関係者で、
会社役員の柴田千成容疑者(46)ら8人。

警視庁によりますと、柴田容疑者らは去年、
国に無登録で投資を募り、男女9人から2900万円余りを集めたとして、
金融商品取引法違反の疑いが持たれているという。

「投資すれば、ひとつきに最大20%の収益が得られる」などとして、
全国各地で勧誘のためのセミナーを開催していたということです。

集まった現金は4億9000万円、ビットコインで数十億円だというのですから、
驚きですね。

ビットコインが人気を集めていた時だとしても、
数十億円集めるなんて、正直信じられません。

それに応じた人がいたということですからね。

どんなセミナーを開催し、
どんな話しをしていたのか知りませんが、

ひとつきに最大20%の収益が得られる、

なんて、説明が相当巧みだったと考えられますね。

ひとつきに必ず20%の収益ではなく、
最大で20%ですから、
そういうこともあるかもしれないと思わせますからね。

私も、株式投資をするとひとつきに最大20%の収益を上げられます、

なんて言えればいいんですけどね。(笑)

でも、もちろんそんなことは言えません。
ひとつきに20%儲かることはあります。
でもしょっ中、それがあるわではありませんし、
確実にそうなるなんてこともありません。

投資はそういうものなのに、
それが忘れられ、簡単に詐欺師にひっかかる人が多いのは、
正直残念です。