仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

米国の要請を受け、
カナダ当局が中国の通信機器大手、
華為技術(ファーウェイ)の副会長を逮捕した。

これが日経平均を一時600円以上も下げさせると
正直、少々驚きです。

■株で作ろ1億円!!

ファーウエイ創業者の娘の逮捕とはいうものの、
いくらなんでも東京市場は下げすぎ。

こう言いたいところですが、
いつも繰り返すように、
株式投資では市場の反応がすべて。

それに棹を差しても意味がありません。
ここは流れを素直に受け入れるべきですが、
当時に近々訪れるであろう反発に備える必要あり、です。

すでに日経平均はこの3日で1000円も下げました。
これだけ下げれば、
次第に買い戻しが入りますし、
売り厭き気分も高まって来ます。

いまはそれを待ちたいところです。

私が開発した株価分析ソフト「卑弥呼の決断」を見ても、
「谷のお告げ」銘柄が8銘柄ピックアップされました。

「谷のお告げ」銘柄は、谷底にある銘柄なので、
有望な低位株ってことになります。

その中には銀行株が3銘柄入っているのが印象的です。
銀行株が総じて厳しい状況にあることが分かるからです。

今後それらが「谷のお告げ」銘柄の条件を満たさなくなる、
つまり底値圏を脱するとともに、全体も浮上に転じると見てよいでしょう。

いまはそれを待ちたいところです。

「以上の記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります