自動代替テキストはありません。

仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

波乱の展開を乗り切る。
口で言うほど楽でないのは当然です。

なので私は、リスクヘッジ投資法をお勧めし、
自分でも実践しているわけですが、
この乱高下相場もうまく乗り切れています。

今夜はその証拠の一端を紹介させてもらいます。

■株で作ろ1億円!!

私が有料メルマガ、

  北浜流一郎の株で儲かり続ける
  新次元への旅立ち リスクヘッジ投資法の極意

を配信していることをご存じでしょうか。

これは株を買う一方で、ヘッジ売りをすることで、
損失をカバーする投資法をお勧めするもので、
まあ、知る人ぞ知るメルマガということになっていますが、

それに私は、私が売買している銘柄を紹介、
その結果も逐一書き残しています。

つまりどの程度儲かっているか、
あるいは損しているかが一目瞭然になっています。

要するに戦績を残していますし、
毎週、メルマガの配信日には、

毎回、新たな銘柄を買う一方で、
売りも実行しています。

どんなに市場環境が悪化していようが、
これまでのところ休みなしでそれを行なっているのです。


その結果、どうなっているか。

非常に厳しい現在のような状況でも、
利益が出ています。

以下、具体的に紹介しておきます。

−−−−−−−−ここから−−−−−−−−

[売買実例1]

投資成果(今回)

     ブレインパッド      +376537円
     カルビー          +20513円

     差し引き         +397050円


投資評価 上述の組み合わせは、動かさないままでした。十分利益が出ているので、前回同様つなぎ売りを入れて276537円をキープし、
     たが様子を見ているだけです。もちろんいつまでもこのままでは、いずれつなぎ売りを外したりします。 

[売買実例2]

投資成果(今回)

     キッコーマン          +61928円
     松屋              +39086円 

     差し引き           +101014円



投資評価 キッコーマン株の利益が少し減りましたが、特に問題にするほどではなため、セットは当面このままです。
     松屋株はすでに40000円近い利益を確保しています。

[売買実例3]

○買い銘柄


投資成果(今回)

     ソニー               −15490円
     西武ホールディングス         −7714円 

     差し引き              −23204円

投資評価  先週プラス展開していたソニー株がまた下げてしまいました。折角トータルでもわずかな利益になっていたのに今回は損失拡大となってしまいました。
      ソニーの回復に期待していますので、当面このまま持続します。

[売買実例4]


投資成果(今回)

     ソフトバンクグループ            −9241円
     ヤマハ発動機               +24518円 

     差し引き                 +15277円                 +60351円


投資評価  ソフトバンクグループ株が急失速してしまいまた。ファーウェイ製品を販売しているためです。その結果折角の利益は吹っ飛んだものの、
      ヘッジしていたヤマハ発動機株が下落したことで利益に。しかしあまり嬉しくない状況です。

[売買実例5]


投資成果(今回)

     日産自動車                −17598円
     ブリヂストン               −10945円 

     差し引き                 −28543円 


投資評価  ブリ字ストンのマイナスが半分以下に縮小したのはよいのですが、頼りの日産が売られてしまいました。
      ゴーン追放は好ましいとの判断ながら、マスコミの日産に対する報道は厳しいものもあり、いまのところ軟調です。
      しかし当面このまま持続します。  

[売買実例6]


投資成果(今回)

     MonotaRO           +69374円
     戸田工業               +46551円 

     差し引き              +115925円 


投資評価  MonotaROの利益が少し減少したのは残念ですが、戸田工業株は急落して利益がふくらみました。
      ここは戸田工業の利益を確定する予定です。 

[売買実例7]


投資成果(今回)

     セントラル警備保障          −40054円
     住友精化               +38497円 

     差し引き                −1557円 


投資評価  セントラル警備がまったくのきたいはずれなっていますが、それを住友精化がほぼカバーしてくれており、
      リスクヘッジ投資が完璧に機能していることになります。このセット、目先なおこのままとします。 


−−−−−−−−−ここまで−−−−−−−−

という具合です。(実際のメルマガには、銘柄の買い理由、売り理由、
前週までの実績も書いてありますが、スペースの関係で、
ここでは省略してあります)

それに今日売買したセットもあります。
でもそれはまだ値動きがないので省略します。

ということであり、
投資環境が悪化しても、
乗り切れる投資のやり方があることを
ぜひ知っていただきたいものです。

リスクヘッジ投資法に興味がある方は、
以下をどうぞ。
http://foomii.com/00119


「以上の記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります