画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

東京市場が、別格の下落ぶりです。
昨夜はNY市場が1・49%、
NASDAQ2・17%の下落率。、

そして今日の上海市場0・52%、

こんな下げだったのに対し、
日経平均は2・84%。

■株で作ろ1億円!!

この下落率、とんでもないと思いませんか。

実はもっと極端な下げになった市場があります。

東証マザーズ市場です。

5・40%もの下落率になりました。

東京市場で特別なことがあったのか。

まったくありません。

では、海外ではどうか。

米国でFOMCが開催され、12月の利上げが決定した。
これが今日の東京市場の下落要因になった。
こう言ってよいでしょう。

正直、こんなことぐらいで?

と言いたいところですが、
東京市場は世界でもっとも神経質な動きをするのです。
そのためマイナス情報に過剰に反応してしまう傾向が強く、
今日はそれが形になって現れた。

こういえます。

問題は今後ですが、ここまで下げれば見直し買いに反発。
こう見たいところですが、
下げはじめると勢いがついてしまい、

いわゆる、

オーバーシュート

になってしまうことがあるので、
いまはそれを計算に入れておきたい局面です。

「以上の記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります