ダウ 746・94ドル高

NASDAQ 275・35ポイント高


今日のポイント

(1)4日の米国両市場は両市場とも大幅急初発となった。

(2)12月の雇用統計で非農業部門の雇用が31・2万人増となっていて、
   市場が案じていて景気減速懸念が後退した。

(3)パウエルFRB議長が講演会で、金融政策の正常化について「必要とあれば大幅に変更することをためらわない」などと述べた。

(4)パウエル議長は12月に利上げを実施し、19年は年2回の利上げを予告し、
   バランスシート圧縮の継続が適切との見方を示していたが、
   それを前面修正したことになる。

(5)市場の急落と、トランプ大統領の「FRBの金融政策は理解できない」と強烈に批判していたことに
   配慮したと見てよい。中国関連株も一斉売りの対象となった。

(6)米中が7〜8日に次官級の貿易協議を実施することが明らかになった。

(7)前日市場急落の最大要因となったアップル株が反発した。

(8)円は対ドル108・15円前後で推移している。

「以上の記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります

⇒無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り認定)、
今日の動きを踏まえ、
明日の展開を読むのに役立つヒントや
お役立ち情報を配信します。
良かったら読者登録お願いします。
無料です。

メルマガ登録・解除