画像に含まれている可能性があるもの:1人

仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

日経平均、477円高。

私は500円程度は上がるだろうという予想だったので、
それに近く、まず満足出来る上昇幅になりました。

何より好ましいのは、
週明けから回復に転じる、
との見通し通りになったこと。

これでもう絶対安心とまではいかないものの、
滝壺から這い上がりはじめた。

こうはいえます。。

■株で作ろ1億円!!

ほんとに、今週から上がると予想していたのか?

このメルマガをお読みの方は、
すでにご存じだと思うのですが、

敢えて前回書いたことを再録します。

  これだけ下げるとさすがに、

  行き過ぎ感

  が出てくるところ。

  なので来週は見直し買いを期待できます。

  なにしろいまは、株を買いたくなるような材料は皆無の状況。

  実はそれだからこそ株は反発しやすいですからね。


  株式市場が多くの投資家の常識的なコンセンサス通りに動くものなら、
  誰だって株で儲かってしまいます。

  それも常識的な考え方をする人が儲かる。

  こうなるはずですけど、実際はそうはなっていません。

  市場は意外性の連続で動くのです。
  そのため悪材料テンコモリで、株はとてもあがりそうにない、
  と思えるにもかかわらず、上がってしまう。

  こういうケースがいくらでもあります。

と書いたのですが、その通りになったと言えるのではないでしょうか。

それに私は、買いと売りを行なういわゆるロングショート投資をしており、

空売りをしています。

空売りの場合、株価が下がると儲かるので、
下げ局面では当然空売り株を増やしたくなるのですが、
それにも限界があります。

調子に乗って売り続けていると、
急反発してしまい、儲かるつもりが大痛手を被る。

こういうことになるので、下手に売りは増やせないのです。

実は先週末がそんな状態、
つまり売りたいけれども、それをやってしまうと損してしまう恐れがあるぁ

そんな懸念がある状況でした。

さらに下げると見て空売りをすると危ない。

つまり市場が反発する恐れがある。

こう見えたのです。

このように、状況最悪と思える時に、、
空売りする投資家の目線、

いわゆる「売り目線」でその時の状況を見ると、
反発しそうか、そのままさらに下げるか、
の見極めがつきやすくなります。

空売りをしなくても、売り手になったつもりで、
相場を見る。

実行してみて下さい。