画像に含まれている可能性があるもの:1人

仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

日経平均、165円高。

昨日477円高したため、
さすがに上げ幅は小さくなったものの、

続伸した。

これに意味がありますね。

■株で作ろ1億円!!

いまは、指標は上昇しているものの、

市場マインド&投資家マインド、

これはまったく好転していません。

まだほとんどの投資家は、
個人投資家を中心に
様子を見ているばかりで、

投資を手控えているのが実際です。

その証拠に今日の東証1部の出来高は15・5億株に過ぎませんでした。

昨日の14・2億株よりはマシですが、
相変わらず閑散状態が続いているのです。

日経平均が上向き続けるためには、
この出来高が次第に増えてくれなくてはなりません。

そうなるのかどうか。

(1)米国の金融政策変更の可能性、

(2)米中貿易戦争解決のための協議開催、

(3)アップルショックの後退、

などの材料から見て、状況は次第に好転、
日経平均は水準を高める方向と見てよいでしょう。


では、こんな状況ではどんな銘柄が魅力的か。

私は外需と内需と分けた場合、
断然後者をお勧めしています。

そして後者の中でも期待が持てるのは、

なんといっても国内需要への依存度の高く、
それも高齢化、人手不足、美容健康指向、
ショッピングの新システム、新年号時代への期待、
ストック型ビジネス展開企業などが狙い目になります。