画像に含まれている可能性があるもの:1人


仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

ある投資家さんから、質問を受けました。

「ある投資の先生が、●●●●株を勧めておられて、
ある大物投資家が買いに入っている、
というんですけど、先生はどう思われます?」

思わず私は、その方の顔をまじまじと見てしまいました。
この種の質問は、時々あるのですが、
知人の投資家さんにそんな質問をされるとは思わなかったからです。

■株で作ろ1億円!!

なぜ、「そんな質問」なのか。

あまりに陳腐で、まともな投資家ならまず信用しないことに、
関心があるように思えたからです。

「ある大物投資家」、とか、
「香港系の投資家」など、
あれこれ呼び方は違うものの、それらしい名前を使って、
それらが買っているように装う。

昔はしょっ中この種の話しがあって正直うんざりでしたが、
近年はグッと少なくなっています。

しかしいまでも時々、お目にかかるというか、
お耳にかかるのです。

知人投資家から久しぶりにそんな質問を受けて、

まだこんな質問をする人がいるのか、
お思うとともに、

●●●●株を勧めていたという「株の先生」が、

「ある大物投資家が買いに入っている」
なんて実に初歩的でこども騙しのようなことを本気で言っているとしたら、
かなりいいかげんなことを言っている、としか言いようがありません。

株価が上がるという根拠として、
これほど根拠希薄なものはないと昔から決まっているからです。

それを信じる人もいるでしょう。

それはそれでいいんです。
自分がそうでなければ。