仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

今週はFOMCが開催されるため、
市場の関心はそちらに向かっています。

特に機関投資たちはそうでしょうね。

もちろんFOMCを無視などできませんが、
私がそれより気になるのは国内企業の決算発表です。

今週はこれが相次ぎます。

■株で作ろ1億円!!

いまは市場が回復に転じている途上。

多くの銘柄が底値から回復中。

こんな状況のため、決算が発表され、
その中身が期待を裏切るものであったとしても、
株価はさほど下げない。

こう見ることも出来るのですが、
私は「決算発表は怖い」という考えなので、

発表前に売っておく。

いつもこれをお勧めしています。

好決算が発表されても、株価はさほど上がりません。
しかしもし悪化していたら。

ほとんどの場合、大きく売り込まれてしまいます。

実は業績悪化銘柄には2種類があります。
今期は悪化が避けられないものの、
来期は回復する。

こんな企業の他に、

今期も悪化、来期も復調が見込めない。

こんなところもあるため、
自分が保有している企業の決算は、
見る前に株を売り、

発表が終わり、
なおその株に期待するなら、
再び買い戻す。

これが良策になります。