NYダウ 51・74ドル高

NASDAQ 57・39ポイント高


今日のポイント

(1) 29日の米国は両市場がまちまちの動きになった。

(2)基本的には、FOMC開催を控え、結果待ちといえる展開だった。

(3)個別には収益悪化が懸念された3Mの四半期決算が市場予想を上回り、好感高となった。
   3Mは中国での販売が多く、収益が悪化しなかったことで、中国リスクが全般的にやわらいだ。

(4)NASDAQの下落要因はアップルなど主力株が下げたことによるもの。特にアップルの四半期決算発表を控えていたため警戒売りが広がった。

(5)取引終了後発表されたアップルの10〜12月期決算は、市場予想ほど悪化せず、
  利益は前年比わずか0・5%減に過ぎなかった。

(6)曙ブレーキ工業が、収益悪化により借入金の返済が困難になり(実に1000億円ほどある)取引金融機関に金融支援を要請したと発表した。

(7)東証マザーズ市場で時価総額が最大の創薬ベンチャー、サンバイオ株が急落した。慢性期脳梗塞向けの再生細胞医薬品「SB623」の臨床試験について主要評価の項目を達成できなかったとのこと。

(8)円は対ドル109・26〜29

円で推移している。 


「以上の記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

 ⇩⇩⇩⇩⇩ 

人気ブログランキングへ⇦応援クリックで次回の投稿にも合が入ります。



⇒無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り認定)、
今日の動きを踏まえ、
明日の展開を読むのに役立つヒントや
お役立ち情報を配信します。
良かったら読者登録お願いします。
無料です。

メルマガ登録・解除