伊藤忠によるデサントへの高圧的TOBに対して、
デサントが反対の意志を表明した。

伊藤忠はデサントの韓国展開成功を一本足経営だと厳しく批判し、

TOB実施の理由の一つにしていた。

国内企業間のこんな高圧的TOBは珍しい。

デサントが反対するのは当然だ。

⇨伊藤忠によるTOB、デサントが反対へ:日本経済新聞


率直なところ、伊藤忠はいくら大株主とはいえ、
実際には子会社でもない企業に対して、
あまりに高圧的ではないか。

資本力の横暴という他ない。

要するにデサントが喉から手が出るほど欲しい。

それでも完全買収では世間の批判を浴びるから、
コントロールできるだけ株を買い占め、

自分たちの言いなりになる経営者に変えたい。

こういうことだからだ。

「以上の記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

 ⇩⇩⇩⇩⇩ 

人気ブログランキングへ⇦応援クリックで次回の投稿にも合が入ります。