トヨタ自動車の2019年3月期の業績予想下方修正、

結構大きな数字の変化になりました。

なんと純利益が従来予想の2兆3千億円(前年比7・8%減)から、

1兆8700億円(25・0%減)に、

ですからね。

このところ日経平均がゆるやかに浮上を続ける中、
トヨタ自動車株は置き去りにされた格好でしたが、
原因は業績下方修正。

問題は今日それが明らかになったことで、
明日以降は目先のネガティブ材料出尽くし感から、
株価は浮上に転じられるか。

トヨタ自動車のような大企業株になると、
世界経済が問題なく成長を続けるのでなければ、
自動車販売、収益ともに大きく伸ばすのは困難。

そこを頑張るのがトヨタだ、

とも言えるので来期の増収増益に期待してみたいですね。


「以上の記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

 ⇩⇩⇩⇩⇩ 

人気ブログランキングへ⇦応援クリックで次回の投稿にも合が入ります。