NYダウ 8・07ドル高

NASDAQ 14・35ポイント高

今日のポイント

(1)2月19日の米国市場はプレジデントデーの祝日明け、両市場とも小幅ながら上昇した。
    
(2)NYダウは11月9日以来、約3カ月ぶりの高値に進んだ。
NASDAQは11月8日以来の高値だった。

(3)買い要因となったのはウォルマートの決算。
2018年11月〜19年1月期決算は米国の既存店売上高や1株利益が市場予想を上回った。

(4)連休前に発表された12月期の全米小売り売り上げ高が予想に反して低調だっただけに、
ウォルマートの好業績はサプライズ効果があった。

(5)米国で米中閣僚級経済協議が21日から再開される。すでに中国劉鶴副首相がワシントンを訪問している。

(6)トランプ大統領はこの件に関し、「協議はうまく言っている」とし、交渉妥結最終日としていた3月1日の延期示唆発言をしている。

(7)黒田総裁は昨日の衆院財務金融委員会で、円高進行により経済や物価に影響が及んだ場合、
「物価安定目標の達成のために必要になれば、追加緩和も検討していくことになると思う」と発言した。。

(8)円は対ドル110・84〜110・87円で推移している。
 

「以上の記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

 ⇩⇩⇩⇩⇩ 

人気ブログランキングへ⇦応援クリックで次回の投稿にも合が入ります。


⇒無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り認定)、
今日の動きを踏まえ、
明日の展開を読むのに役立つヒントや
お役立ち情報を配信します。
良かったら読者登録お願いします。
無料です。

メルマガ登録・解除