●北浜流一郎の億道一直線  株ワザ向上ハイスクール
https://foomii.com/00148
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

仕事&投資、
お疲れさまでした。北浜です。


某マネー誌元編集長のご提案で誕生した、

いや、3月1日(金)誕生予定の新ネット講座。

すでに告知しましたが、
今日は企画提案者の元編集長氏から電話をもらいました。

告知とサンプル記事を見たというのです。

現役時代、結構原稿チェックが厳しい編集長だったので、
正直、ビクビクでした。

で、編集長のご感想は。

「実際の配信を見てみないことには下手なことは言えないけど、
サンプルを読んだ限りでは、

これ、自分が企画したのと近いな。

こう思いましたよ。

あと実際の配信に期待してますからね」

意外とやさしい口調でこう言っていただけました。

厳しい感想を覚悟していたので、
少々物足りない感じもしましたが、
まずは安堵でした。

改めて書いておきますと、
今回の新講座は前述の某マネー誌元編集長の、

「読者を見ていると、
株式投資で勝つのに不可欠な基本ワザが弱く、
損している人がとても多いんです。

先生、勝てる株ワザ中心の講座を開設するつもりはないですか」
の提言から始まりました。

そこで私が、頑張ってみるか、
となって誕生することになったのです。

■株で勝つには、
勝てるワザ(技術)が不可欠です 

株式投資で成果を上げる方法は、
投資家の数だけあるとされます。

まさに十人十色といったところ、
その正体は、いわゆる自己流です。。

もちろんそれでうまくいくこともあったりするでしょう。
でもほとんどはそうではないのが現実です。

株で勝つには、

「勝てるワザ(技術)」

があるのです。

正直私も、昔はこの簡単なことが分からず、


苦戦を続けてしまったことがあります。


業績好調なら株価は上がる。


こう単純に信じて投資していましたので。


もちろんそれは大間違いでした。


一時的に上がっても、利益を取り逃したり、


もうここまで下げたら回復するだろう、
と予想して買ったらさらに下げたり。

散々な結果に終わることがたびたびでした。

1億越えしても、
たちまち一日1000〜3000万円も失ったり・・・と。
(これはかなりショックですよ)


いまでは思い出したくない苦過ぎる過去の記憶です。


当時の私はファンダメンタルズ重視で、

投資の技術にはあまり重きを置いていなかったのです。


しかし成功と失敗を繰り返しているうちに、


遅まきながら、株は技術だ。


こう気がつき、チャートでリバウンドのタイミングを計ることや、


信用取引のデータをしっかり読むようになり、


収益が安定するようになりました。

しかし周囲を見ると、過去の私のように技術軽視の投資家が多く、


どんな銘柄が上がるか、


この一点だけに関心があって、


ネットでカリスマと呼ばれる投資家が手がけている銘柄の


後追いに熱心な投資家があまりに多いのに驚いてしまいます。


そんな人たちは、ネットトレーダーたちのほとんどが、

デイトレードやスイング投資が主で、
目先値動きがありさえすればそれを速攻で手がけ、


今日手がけたのは●●銘柄、××銘柄と紹介するだけ。

明日はもうその銘柄には用はない。


こうなのに、●●銘柄や××銘柄が、
非常に魅力的に見えて急いで投資。

こうなっています。

なんとも残念な投資のやり方であり、
もうそんな投資ともいえない投資は卒業しませんか。

たまたま時代は、平成から新元号時代に入ります。

しかも初心者でそんなやり方をしている個人投資家家を
見かけるケースが多くなっていることから、


もっと収益が安定する株ワザを身につけていただきたい。


こんな思いから、新たなプロジェクトを立ち上げることにしました。

メルマガによる投資講座、


 株道一直線 株ワザ向上ハイスクール


です。


■新年号元年が目前だから変わるチャンス

この原稿を書いている時点で、
東京市場は堅調に水準を高めています。

私は年初の時点で、
東京市場は1月から次第に回復する。

こんな見方であり、
それをセミナー、メルマガなどで繰り返し強調して来ましたので、
現状のような強い動きに違和感はないのですが、

市場全体が上がっているからといって、
株式投資で儲かるとは限りません。

株は、はっきり言って投資技術がなければ、
利益を増やせません。

そこで改めて提案です。

この際、投資の方針、
手法も新しいものに変えませんか。

株式投資をはじめてみたけれど、
資金がなかなか増えない。

これはまだ良いとして、
問題は資金が減ってしまうこと。

株式投資の本を読んだり、
ネットで有名トレーダーたちのブログやツイッターを見て、
彼らが手がけている銘柄を自分も投資してみても、
資金が増えるどろか資金が減ってしまっている。

時には700万円あったはずの資金が500万円を割りこんでい

あるいは必死で用意した100万円が70万円に・・・。

極端な例になると2000万円近くもらった退職金から、
1500万円を投じたところ、
たちまち1200万円に・・・、

などという方も。

これらが特例なら、特に問題視することはないかもしれません。
しかし決して特例ではなく、
ごく普通に起きてしまっています。

■株ワザを初心からベテランまで体得して欲しいので
購読料をサプリメント代並みの2980円にしました

私はバブル相場が始まる以前から
株式投資に関わって来ていますので、
以来多くの個人投資家さんにお会いして来ました。

その数を具体的に覚えているわけではありませんが、
私が主任講師を勤めている証券スクール・オブ・ビジネスは、
株式投資の学校としては日本でもっとも古いので、
当然私は国内でもっとも多くの個人投資家の方々にお会いし、
その育成に関わって来たことになります。

その経験で学んだことの一つは、

株式市場は資本移転の場である

になります。

どういうことかと言いますと、
株式市場はお金の奪い合いの世界であるため、
儲かる人と失う人とが明瞭に分かれ、

結果的には、豊かだった投資家の資金が、
そうではない人の財布に移る、

こうなってしまうことです。

一般的な考えとしては、資金豊富な人が株式投資では有利で、
投資することでそれはさらに増える。

こう思われていますし、
理論的にそうなって不思議はありません。

ところが実際にはそうなっていないのです。

どうしてなのか。

私の長年の疑問でしたが、答えは見つかっています。


投資のワザ(技術)不足。

これになります。


そこで長年多くの個人投資家さんたちに接し、
儲かる投資家育成の実績を踏まえていえるのは、

株は技術=ワザである

だからそのワザを磨けば勝てる

です。

そのために当メルマガ講座をご用意しました。

ぜひ参加して、
株で勝てる、株で稼げるワザ(技術)を磨いて下さい。


講座の詳しい内容と、


サンプルとなる実例メルマガを掲載してありますので、


ぜひご覧になり、良かったら早めにご予約下さい。


なお料金は、スタッフの強い提言を受け入れ、


私の他の有料メルマガと異なり、
思いっきり価格を引き下げ、

サプリメント代並みの
2980円としました。


繰り返しになりますが、今年は元号が変わるのです。


新たな時代が始まるのです。


投資も従来方式から、

「勝てるワザ」
「稼げるワザ」

で武装したやり方に変えませんか。


そしてそれが人生好転の切っ掛けになる。


こうなれば最高です。

最後に私の好きなことばを。

 株は損したところから始まる。

私と一緒に頑張りましょう。


その前にぜひ以下のサイトでもっと詳しくご検討下さい。


●北浜流一郎の億道一直線 株ワザ向上ハイスクール

https://foomii.com/00148