仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

日経平均102円高。
上昇率0・48%高。

では上海市場は?

157ポイント高。
上昇率5・60%。

なに、この違い!

ですよね。

■株で作ろ1億円!!

東京市場と上海市場。

上昇要因になったのは同じでした。

(1)米中貿易協議が順調に進展している、

(2)米国の対中関税引き上げ延期、

(3)3月中に米中首脳会談開催の可能性がある、

これらだったものの、市場の反応に大差が。

東京市場は、
対中協議がスムースに進んでいるなんて信じられない。
こういうことだったようです。

最近の東京市場は、指標は上昇を続けているものの、
出来高と売買代金が伴っていません。

これはいわゆるニッパチなのか、
基本的に投資が敬遠されているのか。

前者の可能性が高いといえます。
東京市場の2月は、毎年のように売買が少ないのです。

16年の2月は結構多かったものの、
市場は急落、出来高は結構多かったものの、
それは投げ売り急増によるものでしたし。

今年はそんなことにはなっていないわけで、
出来高減少でも特に問題ではないことになり、
あとはもう3月相場に期待ですね。

個別にはかなり強い動の銘柄が多数になっていることでもあり、

株は、

業績の「向上好転」、

チャートの「向上好転」、

そして収益の「向上好転」の実現に真剣に取り組みたいですね。


株式投資のブログランキングに参加しています。
 
お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります