画像に含まれている可能性があるもの:屋外

仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

セブン・アイ・ホールディングス株、
まさに底無しですね。

今日も下げ止まりませんでした。
正直下げすぎだろう、
こう言いたくなるのですが、
市場はそう思っていないようです。

■株で作ろ1億円!!

なにか問題があった企業の株価が下げた場合、
つい逆張りで買いたくなります。

それがうまくいくこともあるのですが、
多くの場合失敗します。

検査の誤魔化しなどで株価が急落するケースが増えていて、
それらがマスコミで大々的に報じられると、
株価は必ずといってよいほど大きく叩き売られてしまいます。

そんな場合、昔は実際に逆張りで投資すると、
儲かるケースが多々でした。

しかしいまは滅多にそれはありません。
一度叩き売られると、再起に非常に時間がかかってしまいます。

ネット時代になって、
企業が一度問題を起こすと、
いつまでもそのことがネット上で存在し続け、
長期間ネガティブな見方がなされ続ける。

こうなってしまうからでしょう。

タレントたちでもそうですが、
一度覚醒剤事件や女性への暴行行為があった場合、
もうそのタレントは再起不能、
こうなっています。

企業も基本的には同じ。

こんな時代になっているため、
株価はなかなか再起しないってことですね。

セブン・アイ・ホールディングスは、
事件を起こしたわけではありません。

この点、検査不正があった企業などとはまったく違いますが、
フランチャイズに参加している企業の一部オーナーが、
無理して24時間経営をしていることに対して、
無情な要求をしていることに対し、
改善の意志を明確にしない。

この点に市場はノーと言っているといえます。

24時間開業を改善すべく実験中。

セブン・イレブンはこう言っているわけですが、
かつては店名通り午前7時開店、
午後11時閉店だったのです。

改めて長々と実験しなくても、
どんな結果になるか大体のことは分かるはずです。

それなのになかなか24時間営業を改めようとしない。

これでは株価の反発は当面ないといわざるを得ません。
同社株を所有している株主は泣いているでしょうね。

「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ⇦応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります